Wiki内検索
最新コメント
FrontPage by ≪潟若 2014 <潟
FrontPage by Y,H
FrontPage by Y,H
FrontPage by くろすけ
FrontPage by くろすけ
FrontPage by げじげじ
FrontPage by げじげじ
FrontPage by げじげじ
FrontPage by くろすけ
FrontPage by くろすけ
作者のコメント
とりあえず暫定的に公開してみます。一部の記事は、ついついウィキペディアに投稿してしまいましたので似ていたら、それはきっとくろすけの仕業です。更には、ウィキペディアに影響された箇所もあるかも知れませんが、ごめんなさい。
少しずつ修正していきます。
あ”っ、ちなみにWikiだけどカキコできません。

著作権などに関しては >> Memo
タグ
カウンター
Menu
 リンク

千葉歳胤のHP

FrontPage

Wiki版・仙台藩の天文史

 
 「悪いことをしたら、天罰が下るよ」
 
 江戸時代の主な学問であった儒学には、こんな思想が含まれています。
 天罰、天命、天下、天子、天災、天上人、天は人の上に人を作らず・・・。
 天には天帝が住み、天帝から天命を受けた人物が、天下を治めるのです。
 そして彼が悪い政治を行うと、天には警告の彗星が現れ、
 天災が起こり天罰が下るのです。
 中世の陰陽師・安倍清明は天の文を読み解き、異変があると天子に密奏した。
 同じ思想が、江戸時代まで続いていたのです。
 今から300年前に貞享の改暦を行い、幕府初代の天文方となった渋川春海から
 仙台に伝わった学問も、このような思想に基づいたものでした。
 
 そして庶民もまた天気・天候を占う日和見の技術を、日々の生きる糧としていたのです。
 冷害、干ばつなどから家族を守るために・・・。
 そこで、指標となったのが”暦”でした。
 日々の吉凶を占い、未来を予測するアイテム。。。
 江戸時代の人々にとって、暦は生活の基盤だったのかも知れません。
 
 渋川春海と天文・に続く

 仙台藩の天文史
 
  天文と信仰
  渋川春海と天文
  天文家と天文学者
  仙台藩と寛政の改暦
  伊能忠敬と仙台藩
  名取春仲と坤輿万国全図
  幕末の天文方
 
 
  仙台藩の天文史年表


HP版・仙台藩の天文学史 コンテンツ

天文史跡めぐり・1
天文史跡めぐり・2
天文史跡めぐり・3
古機器/書物
宮城の古記録
きっずるーむ 暦と天文

資料庫



くろすけの調査記録など 
  >> ブログ版・仙台藩の天文学史


このページにコメントやトラックバックをしたい方は、右下の[コメント]か[トラックバック]をクリックしてください。
2007年10月24日(水) 23:59:34 Modified by m_donchan

添付ファイル一覧(全3件)
22e3b24fe4d081b7.jpg (237.31KB)
Uploaded by m_donchan 2007年10月13日(土) 21:59:54
a39d97b7459aec2f.jpg (22.73KB)
Uploaded by m_donchan 2007年10月08日(月) 20:27:21
271764917b6d8c48.jpg (31.15KB)
Uploaded by m_donchan 2007年10月08日(月) 14:30:12



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。