情報科作業日誌(http://blog.goo.ne.jp/machida-ohara/)のWiki版です。

ローカルマシンで最後にログオンしたユーザー名を、次回ログオン時に表示させない方法です。
Windows2000以降のサーバー版ならば、ADのグループポリシーを使うという手が一般的だと思いますが、
単機でこれを行うにも、XpProならばグループポリシーが使えるようです。
  • 1.管理ユーザーでログオンし、MMCを立ち上げる
    • (1)管理者アカウントでログオンします。
    • (2)「ファイル名を指定して実行」で、「gpedit.msc」と入力し、エンターをします。
    • (3)サーバー版では見慣れたグループポリシーの設定画面が出てきます。
  • 2.グループポリシーの設定をします。
    • (1)「ローカルコンピュータポリシー」「コンピュータの構成」「Windowsの設定」「ローカルポリシー」「セキュリティオプション」と選択します。
    • (2)一番下にある「対話型オプション:最後のユーザー名を表示しない」を「有効」にします。



他にも、ポリシーで設定できるものが多くありますから、単機で使うにはいいかもしれません。
特に、サーバーを持たずに、1台のPro版をみんなで使う場合など、例えば「ホームのURL」や「お気に入り」などを設定しておけば、ユーザーごとに変わらなくて済みますよ。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メニューバーB

ここは自由に編集できるエリアです。

管理人/副管理人のみ編集できます