当wikiは、高橋維新がこれまでに書いた/描いたものを格納する場です。

作評トップ

アサシン クリード レディ リバティ

 はい。これもオデッセイのシーズンパスに入ってたやつです。
 3のスピンオフ作品だそうです。17世紀半ばから後半にかけてのニューオーリンズを舞台に、女性アサシンのアヴリーンを操るゲームです。
 3のスピンオフである以上、基本的な特徴は3と一緒です。ステルスプレイはあんまりできず結局無双的な立ち回りが必要になるようなゲームバランスなんかそのまんまです。
 今作独自の要素は主人公が能力の異なる3つの恰好(アサシン・奴隷・レディ)を使い分けることでしょうか。ただ、奴隷とアサシンは体力の大小以外にあんまり違いがなく(一応奴隷だと尾行が楽になりますが、尾行自体そんなに楽しいものではないので違いとして目立ちません)、レディはアサクリ名物の崖のぼりができず戦闘能力にも乏しいほぼイベント用みたいな恰好なので、さほどゲームに活かせているとは言えません。使える武器やバトルスタイルがもっと大幅に違った方が良かったでしょう。あと、特定の場所に行かないとモード変更ができないのも良くないと思います(後述の通りファストトラベルがないので着替えるのにもいちいち徒歩移動が必要で、かなり面倒くさいのです)。

 舞台はニューオーリンズの街とバイユーという湿地帯(この2ヶ所に加えて時期限定で訪れる場所がいくつかあります。ミッションリプレイを使えば何度も行くことも可能ですが、フリーロームはできません)ですが、「オープンワールド」と言うほど広くありません。せいぜい500m四方ぐらいじゃないかと思います。そのせいなのか、ファストトラベルも全くできないのですが、移動はかなり面倒くさいです。バイユーは木が鬱蒼と茂る沼地なので陸路を直線的にとることができないのです。

 ストーリーは、現代編が一切描かれていないにもかかわらず相変わらずよく分かりません。もうちょっと集中して見た方が良かったかしら。
 ボリュームは、原作がVitaのゲームだからかかなり薄めです。サイドミッションや収集物を全部片付けても20時間もあれば終わるでしょう。3と違って海戦や狩りといったゲーム性の違う寄り道要素が何にもないので、何をやってもやることは一緒です。飽きは早いのではないでしょうか。

 まあ、こんなもんじゃない?

 ちなみに密輸人ミッションというものをクリアできなくなる重大なバグがあります。私はこれにハマりました。トロフィーには関係なかったので、そのまま無視してしまいました。

作評トップ

管理人/副管理人のみ編集できます