当wikiは、高橋維新がこれまでに書いた/描いたものを格納する場です。

作評トップ

バトルフィールド 1 Revolution

 「何で今更これをやらされているんだ」シリーズの最新作です。弟がなぜかシングルプレイのキャンペーンだけをやり散らかして、私に下賜してきました。
 バトルフィールドシリーズは、今更私が説明するまでもないでしょうが、マルチプレイに重点を置いているFPSフランチャイズの一大巨頭です。ナンバリングがややこしいのですが、1は4(2013年)と后2018年)の間、2016年に発売された作品らしいです。そして、元の1のDLC全てをくっつけたバージョンが、本作「Revolution」です(といっても弟は中古でパッケージ版を買っていたので、パッケージ内に入っていたDLCを入手するためのプロダクトコードはもう使われていました)。

 私はFPSがそんなに好きではなく、マルチプレイも苦手なので、これまでBFにもCODにも一切手を出したことがありませんでした。そんな私が本作をやってみた感想は、「普通におもしろい」の一言に尽きます。それ以上でもそれ以下でもありません。私はWolfensteinシリーズを「普通の良FPS」と評しましたが、まさにそれと通じるフラットな感情が私の中に広がっています。

 本作にもシングルプレイのキャンペーンモードは一応付いていますが、ボリュームはそこそこのオマケ的な内容であり、全部やっても1周10時間もかからずに終わると思われます。
 というわけで、本作のメインはあくまでマルチプレイモードなのですが、前述の通り2016年発売の作品であり、2023年8月時点で人はまだいることはいますが、猛者揃いで私並みの初心者はなかなか付け入る隙がなく、また特定の人気のあるルールやマップに人が集中しています。プラチナトロフィーだけであれば、私みたいなヘタクソでもチマチマ野良でプレイを続ければ十分獲得できますが(とはいっても2023年8月時点の情勢であり、シリーズの最新作がこけたことも加味すればこれから緩やかに人は減っていくと思われます。予断は許しません)、DLCトロフィーは、現在過疎になっているルールやマップでのプレイを求められるものが多く、本格的な談合をしない限りかなりコンプリートがかなり困難である印象です。そのため私はDLCトロフィーのコンプリートにまで本腰を入れる踏ん切りがつかず、プラチナを獲得したところで本作を放置してしまっています。

 トロファーには当然お勧めはできません。

作評トップ

管理人/副管理人のみ編集できます