このウィキの読者になる
更新情報がメールで届きます。
このウィキの読者になる
カテゴリー
最近更新したページ
最新コメント
VIP的19夏選抜チーム by 名無し(ID:UGsB5MMxfw)
19夏用語解説 by 名無し(ID:3yUHMey5ag)
19夏選手とエピソード by 名無し(ID:DwOQM21Rhg)
19夏用語解説 by 名無し(ID:UGsB5MMxfw)
19夏試合結果 by 名無し(ID:SHILu9ppyw)
FrontPage by (´・ω・`)
FrontPage by 名無し
Menu

18夏出場校

第100回全国高校野球選手権大会


出場校

北海道   学校名   区分出場歴    六紙評価今大会成績勝敗
北 北 海 道旭 川 大 高私立9年ぶり8回目BBCCCC1回戦敗退
南 北 海 道北     照私立5年ぶり4回目BBBBCC1回戦敗退
東北    学校名  区分出場歴    六紙評価今大会成績勝敗
青      森八 戸 学 院 光 星私立2年ぶり9回目BBBBBB2回戦敗退○●
岩      手花  巻  東私立3年ぶり9回目BBBBBB1回戦敗退
秋      田金  足  農県立11年ぶり6回目BBBBBB準優勝○○○○○●
山      形羽     黒私立15年ぶり2回目BBBCCC1回戦敗退
宮      城仙 台 育 英私立2年連続27回目ABBBBB2回戦敗退−●
福      島聖 光 学 院私立12年連続15回目AABBBB2回戦敗退−●
関東    学校名   区分出場歴    六紙評価今大会成績勝敗
茨      城土 浦 日 大私立2年連続4回目BBBBBC1回戦敗退
栃      木作 新 学 院私立8年連続14回目ABBBBB1回戦敗退
群      馬前 橋 育 英私立3年連続4回目ABBBBC2回戦敗退○●
北  埼  玉花 咲 徳 栄私立4年連続6回目AAAABB2回戦敗退○●
南  埼  玉浦 和 学 院私立5年ぶり13回目AABBBBベスト8−○○●
東  千  葉木 更 津 総 合私立3年連続7回目AAAAAA3回戦敗退○○●
西  千  葉中 央 学 院私立初出場BBBBBB1回戦敗退
東  東  京二 松 学 舎 大 付私立2年連続3回目BBBBBB3回戦敗退−○●
西  東  京日  大  三私立5年ぶり17回目AABBBBベスト4○○○○●
北 神 奈 川慶     應私立10年ぶり18回目AABBBB2回戦敗退○●
南 神 奈 川横     浜私立3年連続18回目SAAAAA3回戦敗退○○●
山      梨山 梨 学 院私立3年連続8回目BBBBBB1回戦敗退
北信越   学校名   区分出場歴    六紙評価今大会成績勝敗
新      潟中     越私立2年ぶり11回目BBCCCC1回戦敗退
長      野佐 久 長 聖私立2年ぶり8回目BBBCCC2回戦敗退○●
富      山高  岡  商県立2年連続19回目BBBBCC3回戦敗退○○●
石      川星     稜私立2年ぶり19回目AAAABB2回戦敗退○●
福      井敦 賀 気 比私立3年ぶり8回目BBBBBC1回戦敗退
東海    学校名   区分出場歴    六紙評価今大会成績勝敗
静      岡常 葉 大 菊 川私立2年ぶり6回目BBBBCC3回戦敗退○○●
東  愛  知愛 産 大 三 河私立22年ぶり2回目BBBCCC1回戦敗退
西  愛  知愛 工 大 名 電私立5年ぶり12回目BBBBBB3回戦敗退−○●
岐      阜大 垣 日 大私立2年連続5回目BBBBBC2回戦敗退○●
三      重白     山県立初出場CCCCCC2回戦敗退−●
近畿    学校名   区分出場歴    六紙評価今大会成績勝敗
滋      賀近     江私立2年ぶり13回目BBBBBBベスト8○○○●
京      都龍 谷 大 平 安私立4年ぶり34回目AAABBB3回戦敗退○○●
北  大  阪大 阪 桐 蔭私立2年連続10回目SSSAAA優勝○○○○○○
南  大  阪近  大  付私立10年ぶり5回目BBBBBB1回戦敗退
東  兵  庫報 徳 学 園私立8年ぶり15回目AABBBBベスト8−○○●
西  兵  庫明  石  商市立初出場ABBBBB1回戦敗退
奈     良奈 良 大 付私立初出場BBBBBC2回戦敗退○●
和  歌  山智 弁 和 歌 山私立2年連続23回目SAAAAB1回戦敗退
中国    学校名   区分出場歴    五紙評価今大会成績勝敗
岡      山創 志 学 園私立2年ぶり2回目ABBBBB2回戦敗退○●
広      島広     陵私立2年連続23回目AABBBB2回戦敗退−●
鳥      取鳥 取 城 北私立3年ぶり5回目BCCCCC1回戦敗退
島      根益  田  東私立18年ぶり4回目BCCCCC1回戦敗退
山      口下 関 国 際私立2年連続2回目BBBBBCベスト8○○○●
四国    学校名   区分出場歴    六紙評価今大会成績勝敗
香      川丸 亀 城 西県立13年ぶり5回目BCCCCC1回戦敗退
徳      島鳴     門県立2年ぶり12回目BCCCCC1回戦敗退
愛      媛済     美私立2年連続6回目BBBBBBベスト4○○○○●
高      知高  知  商市立12年ぶり23度目BBBBBC3回戦敗退○○●
九州    学校名   区分出場歴    六紙評価今大会成績勝敗
北  福  岡折 尾 愛 真私立初出場BBBBBC1回戦敗退
南  福  岡沖  学  園私立初出場BBBCCC2回戦敗退○●
佐      賀佐  賀  商県立10年ぶり16回目BBCCCC1回戦敗退
長      崎創  成  館私立3年ぶり2回目AAAAAB1回戦敗退
熊      本東 海 大 星 翔私立35年ぶり2回目BBCCCC1回戦敗退
大      分藤     蔭私立28年ぶり2回目CCCCCC1回戦敗退
宮      崎日 南 学 園私立2年ぶり9回目BBBBCC2回戦敗退○●
鹿  児  島鹿 児 島 実私立3年ぶり19回目BBBBBC1回戦敗退
沖      縄興     南私立2年連続12回目BBBBBB2回戦敗退○●
※五紙…ニッカン・報知・スポニチ・サンケイ・中日・デイリー(順不同) 詳しくはコチラ

【六紙評価・評価順一覧】

SSSAAA  大阪桐蔭
SAAAAA  横浜
SAAAAB  智弁和歌山
AAAAAA  木更津総合
AAAAAB  創成館
AAAABB  花咲徳栄 星稜
AAABBB  龍谷大平安
AABBBB  聖光学院 浦和学院 日大三 慶応 報徳学園 広陵
ABBBBB  仙台育英 作新学院 明石商 創志学園
ABBBBC  前橋育英
BBBBBB  八戸学院光星 花巻東 金足農 中央学院 二松学舎大付 山梨学院 愛工大名電 近江 近大付 済美 興南
BBBBBC  土浦日大 敦賀気比 大垣日大 奈良大付 下関国際 高知商 折尾愛真 鹿児島実
BBBBCC  北照 高岡商 常葉大菊川 日南学園
BBBCCC  羽黒 佐久長聖 愛産大三河 沖学園
BBCCCC  旭川大高 中越 佐賀商 東海大星翔
BCCCCC  鳥取城北 益田東 丸亀城西 鳴門 藤蔭
CCCCCC  白山 藤蔭




地方大会勝ち上がり(ベスト8以降)


*北北海道


釧路江南 ─┐          . .┌─ 紋別高校  【準々決勝】 釧路江南 2−6 北見北斗
        ┏━┐    . .┌━┓                   旭川龍谷 1−13 クラーク記念国際 (5回コールド)
北見北斗 ━┛ . .│ . .┃  │ . .┗━ 旭川実業           紋別 0−5 旭川実
           ├─┗━┓                      旭川大高 3−2 帯広大谷
旭川龍谷 ─┐ . .┃    . .┃ . .┌─ 帯広大谷  【準決勝】  クラーク記念国際 9−6 北見北斗
        ┏━┛    . .┗━┓                   旭川実 8−9x 旭川大高
クラーク... ━┛          . .┗━ 旭川大高  【決勝】    旭川大高 5−3 クラーク記念国際

記念すべき100回大会で甲子園一番乗りを果たしたのは旭川大高だった。
秋・春と地区大会の代表決定戦で敗れていた旭川実相手に準決勝でサヨナラ勝ちを収めて勢いに乗った。
2年ぶりの代表を狙った通信制のクラーク記念国際はあと一歩及ばず。
昨夏代表の滝川西が地区大会で姿を消す中、初めて夏の道大会にコマを進めた紋別が初戦を突破する健闘も光った。


*南北海道


札幌光星 ─┐          . .┏━ 北照高校  【準々決勝】 北海道栄 7−3 札幌光星
        ┏━┐    . .┏━┛                   北海 1−8 駒大苫小牧 (7回コールド)
北海道栄 ━┛ . .│ . .┃  ┃ . .└─ 札幌第一           札幌第一 2−4 北照
           ├─┗━┛                      札幌日大 10−3 北星大付 (8回コールド)
北海高校 ─┐ . .┃    . .│ . .┌─ 北星大付  【準決勝】  北海道栄 3−4 駒大苫小牧
        ┏━┛    . .└━┓                   札幌日大 2−6 北照
駒苫小牧 ━┛          . .┗━ 札幌日大  【決勝】    北照 15−2 駒大苫小牧

北照が尻上がりに調子を上げ、決勝では相手を圧倒。5年ぶりの復活を果たすこととなった。
とりわけ、決勝では4番の岡崎がなんとサイクルヒットを達成。聖地での活躍にも期待できそうだ。
センバツ出場の駒大苫小牧は最後に力尽き、11年ぶりの夏の甲子園はお預けに。
また、4連覇のかかっていた北海はその駒大苫小牧に敗れ、1935−38年の4連覇という学校記録に届かなかった。


*青森


八戸光星 ━┓          . .┏━ 弘前工業  【準々決勝】 大間 0−10 八戸学院光星 (6回コールド)
        ┗━┓    . .┌━┛                   青森 1−12 青森山田 (6回コールド)
大間高校 ─┘ . .┃ . .┃  │ . .└─ 八工大一           八戸工大一 3−4x 弘前工
           ┗━┛─┤                      弘前学院聖愛 11−5 弘前東 (延長12回)
青森山田 ━┓ . .│    . .┃ . .┏━ 弘前聖愛  【準決勝】  青森山田 7−15 八戸学院光星 (7回コールド)
        ┗━┘    . .┗━┛                   弘前工 1−2 弘前学院聖愛
青森高校 ─┘          . .└─ 弘前東高  【決勝】    弘前学院聖愛 4−6 八戸学院光星

5試合で46得点、9お誕生日。打線の破壊力をまざまざと見せつけた八戸学院光星が2年ぶりに頂点に立った。
今年もほぼ地元出身選手で固めた弘前学院聖愛はりんごパワーの追撃もわずかに及ばなかった。
昨年代表の青森山田は準決勝でライバル・光星の前に4お誕生日を食らって玉砕。
また、マグロで有名な大間は初の8強進出。光星に大敗するもさわやかに散った。


*岩手


花巻東高 ━┓          . .┌─ 黒沢尻工  【準々決勝】 花巻東 4−3 福岡
        ┗━┓    . .┌━┓                   岩谷堂 0−10 一関学院 (6回コールド)
福岡高校 ─┘ . .┃ . .┃  │ . .┗━ 盛岡市立           盛岡市立 13−11 黒沢尻工 (延長10回)
           ┗━┛─┤                      盛岡商 5−6x 盛岡大付
一関学院 ━┓ . .│    . .┃ . .┌─ 盛岡商業  【準決勝】  一関学院 1−8 花巻東 (8回コールド)
        ┗━┘    . .┗━┓                   盛岡大付 6−0 盛岡市立
岩谷堂高 ─┘          . .┗━ 盛岡大付  【決勝】    花巻東 4−3 盛岡大付

幾度かあった接戦をしぶとくものにし続けた花巻東が春夏連続出場を勝ち取った。
6試合中3試合が1点差、そのうち2試合は終盤の逆転劇とセンバツベスト8は大いに苦しめられた。
3連覇にあと一歩及ばなかった盛岡大付だが、涙のサヨナラヒット、サヨナラホームスチールなど、馬鹿試合名勝負メーカーの健在ぶりを見せた。
剛腕・佐々木擁する大船渡は温存された3回戦で敗退。岩谷堂は45年ぶりに8強にコマを進めた。


*秋田


金足農業 ━┓          . .┏━ 明桜高校  【準々決勝】 秋田商 0−7 金足農 (7回コールド)
        ┗━┓    . .┏━┛                   新屋 1−11 由利 (5回コールド)
秋田商業 ─┘ . .┃ . .┃  ┃ . .└─ 大舘鳳鳴           大舘鳳鳴 2−3x 明桜
           ┗━┛─┤                      能代松陽 6−4 秋田
新屋高校 ─┐ . .│    . .│ . .┏━ 能代松陽  【準決勝】  由利 4−7 金足農
        ┏━┘    . .└━┛                   能代松陽 9−11 明桜
由利高校 ━┛          . .└─ 秋田高校  【決勝】    明桜 0−2 金足農

昨年と同じ顔合わせとなった決勝戦。金足農が昨年の雪辱を果たして11年ぶりとなる甲子園行きを決めた。
連覇を狙った明桜は決勝で打線が沈黙。昨年の決勝で脱臼を負った山口が4番に座るも及ばず。
センバツ21世紀枠の由利工は初戦で姿を消したが、同郷の由利が初の4強入りと刺激になっていた様子。
そしてその由利工を止めたのが第1回全国準優勝の秋田。ベスト8で力尽きたが見せ場は作った。


*山形


羽黒高校 ━┓          . .┌─ 新庄北高  【準々決勝】 羽黒 5−3 酒田光陵
        ┗━┓    . .┏━┓                   山形城北 3−5 酒田南
酒田光陵 ─┘ . .┃ . .┃  ┃ . .┗━ 鶴岡東高           新庄北 1−11 鶴岡東 (5回コールド)
           ┗━┛─┤                      東海大山形 2−3x 山形南
酒田南高 ━┓ . .│    . .│ . .┏━ 山形南高  【準決勝】  酒田南 4−5x 羽黒 (延長10回)
        ┗━┘    . .└━┛                   鶴岡東 7−3 山形南
山形城北 ─┘          . .└─ 東海山形  【決勝】    鶴岡東 4−5x 羽黒 (延長11回)

準決勝・決勝と2試合続けて延長サヨナラお誕生日が飛び出した羽黒が15年ぶりとなる夏の甲子園出場を決めた。
その決勝でサヨナラお誕生日の4番・竹内は今大会3お誕生日と聖地でのその打棒に期待がかかりそうだ。
サヨナラで屈した鶴岡東は2年ぶり、酒田南は6年ぶりの復活を果たすことができなかった。
センバツ出場の日大山形は鶴岡東に屈して16強止まり。4強入りの山形南は全て逆転勝ちと粘り強かった。



*宮城


古川工業 ━┓          . .┌─ 東北学院  【準々決勝】 古川工 16−0 東北生文大高 (5回コールド)
        ┗━┓    . .┏━┓                   石巻 1−5 柴田
東北生文 ─┘ . .┃ . .┃  ┃ . .┗━ 仙台育英           東北学院 0−3 仙台育英
           ├─┗━┛                      古川学園 1−8 仙台三 (7回コールド)
柴田高校 ━┓ . .│    . .│ . .┏━ 仙台三高  【準決勝】  古川工 3−1 柴田
        ┗━┘    . .└━┛                   仙台三 2−5 仙台育英
石巻高校 ─┘          . .└─ 古川学園  【決勝】    古川工 0−7 仙台育英

6月まで対外試合禁止の処分を受けていた仙台育英が実戦不足の懸念も跳ね除け連覇達成。ライバルの早期脱落にも助けられたか。
ノーシードから決勝にコマを進めた古川工だったが、無死満塁の反撃機をZGSで潰すなどホームが遠く7年ぶりの出場はならず。
春の東北大会準優勝の東北はベスト16で早々に脱落。秋春と上位に顔を出した利府も3回戦敗退と下馬評の高い学校が力を発揮できず。
一方で、柴田仙台三といった公立校が4強に食い込んだり、1・2年中心の東北生文大が8強入りするなどの健闘も。


*福島


聖光学院 ━┓          . .┏━ 福島商業  【準々決勝】 聖光学院 7−1 いわき光洋
        ┗━┓    . .┏━┛                   いわき海星 5−3 福島
いわき光. ─┘ . .┃ . .┃  ┃ . .└─ 平工業高           福島商 12−7 平工
           ┗━┛─┤                      湯本 6−3 光南
福島高校 ─┐ . .│    . .│ . .┏━ 湯本高校  【準決勝】  いわき海星 2−3 聖光学院
        ┏━┘    . .└━┛                   福島商 6−2 湯本
いわき海. ━┛          . .└─ 光南高校  【決勝】    聖光学院 15−2 福島商

聖光学院以外の私立勢がベスト8を前に全滅。今年の包囲網は公立校で作られることとなった。
とりわけ、初めてベスト4にコマを進めたいわき海星は絶対王者を1点差まで追い詰めるも及ばず。
2000年以来となる21世紀甲子園初出場を目指した福島商も終盤に決壊し、王者を止められなかった。
ここ数年僅差の続いた決勝戦(2013年以降5年連続1点差)で久々に圧勝の王者、勢いがついたか?


*茨城


常総学院 ━┓          . .┌─ 明秀日立  【準々決勝】 常総学院 11−1 中央 (5回コールド)
        ┗━┓    . .┏━┓                   藤代 5−9 水戸商
中央高校 ─┘ . .┃ . .┃  ┃ . .┗━ 土浦日大           土浦日大 8−3 明秀日立
           ├─┗━┛                      取手一 1−6 霞ヶ浦
水戸商業 ━┓ . .│    . .│ . .┏━ 霞ケ浦高  【準決勝】  水戸商 1−5 常総学院
        ┗━┘    . .└━┛                   土浦日大 8−5 霞ケ浦
藤代高校 ─┘          . .└─ 取手一高  【決勝】    土浦日大 6−1 常総学院

秋・春共にベスト4入りしていた3校を全てなぎ倒したのは、春8強止まりの昨年代表・土浦日大だった。
昨年の復活劇を支えた主力が残っての連覇、今度は聖地でどんな戦いを見せてくれるか。
守りから崩れた常総学院は2年ぶりの復活ならず。センバツ2勝の明秀日立も初の夏の舞台は遠かった。
古豪・水戸商も4強止まり。夏は2000年以来、21世紀になってまだ出場無しとすっかり甲子園が遠くなってしまった。


*栃木


宇都宮工 ━┓          . .┌─ 宇都宮南  【準々決勝】 足利大付 2−3 宇都宮工
        ┗━┐    . .┌━┓                   作新学院 13−1 佐野日大 (5回コールド)
足利大付 ─┘ . .│ . .┃  │ . .┗━ 青藍泰斗           青藍泰斗 5−0 宇都宮南
           ┏━┛─┤                      文星芸大付 2−3 白鴎大足利
佐野日大 ─┐ . .┃    . .┃ . .┏━ 白鴎足利  【準決勝】  宇都宮工 1−2x 作新学院
        ┏━┛    . .┗━┛                   青藍泰斗 0−7 白鴎大足利 (7回コールド)
作新学院 ━┛          . .└─ 文星芸大  【決勝】    作新学院 2−0 白鴎大足利

作新学院が県記録をさらに更新する8連覇を達成。王座奪還へ、まずは県大会を突破してみせた。
6試合中5試合で初回に先制点を入れるなど、試合巧者ぶりは健在だが、決勝戦初回でひじの違和感を訴えたエース・高山が心配だ。
10年前の記念大会にも出場した白鴎大足利はそれ以来となる甲子園まであと一歩に迫るも及ばず。
センバツ2勝の国学院栃木を破り、準決勝では作新を追い詰めた古豪・宇都宮工の健闘も光った。


*群馬


健大高崎 ━┓          . .┏━ 関東学園  【準々決勝】 健大高崎 9−1 伊勢崎清明 (7回コールド)
        ┗━┓    . .┌━┛                   前橋工 0−2 高崎商
伊勢崎清 ─┘ . .┃ . .┃  │ . .└─ 藤岡中央           藤岡中央 0−5 関東学園大付
           ├─┗━┓                      前橋商 1−3 前橋育英
高崎商業 ━┓ . .│    . .┃ . .┏━ 前橋育英  【準決勝】  高崎商 3−4 健大高崎
        ┗━┘    . .┗━┛                   関東学園大付 3−13 前橋育英
前橋工業 ─┘          . .└─ 前橋商業  【決勝】    健大高崎 5−6x 前橋育英

終盤2回で3点差をひっくり返した前橋育英が3連覇を達成。3連破は1998-2000年の桐生第一以来、21世紀初だ。
決勝でサヨナラ打を放ったヒーローは背番号16ながら全試合スタメン出場の梅沢。本番で背番号の昇格はあるか。
春の関東王者ながら、5月終わりに発覚した不祥事の影響もあったか、健大高崎は逃げ切りに失敗した。
秋・春と県大会準優勝の関東学園大付は、前橋育英に大量失点で4強止まりと夏の厳しさに屈した形に。


*北埼玉


花咲徳栄 ━┓          . .┏━ 上尾高校  【準々決勝】 正智深谷 1−4 花咲徳栄
        ┗━┓    . .┏━┛                   滑川総合 11−1 白岡 (7回コールド)
正智深谷 ─┘ . .┃ . .┃  ┃ . .└─ 早大本庄           上尾 13−4 早大本庄
           ┗━┛─┤                      本庄東 3−13 昌平 (5回コールド)
白岡高校 ─┐ . .│    . .│ . .┏━ 昌平高校  【準決勝】  花咲徳栄 11−0 滑川総合 (5回コールド)
        ┏━┘    . .└━┛                   上尾 7−3 昌平
滑川総合 ━┛          . .└─ 本庄東高  【決勝】    上尾 1−4 花咲徳栄

昨年の覇者・花咲徳栄が順調な勝ち上がりで4年連続出場を達成。埼玉勢で4年連続の夏の甲子園出場は花咲徳栄が初だ。
プロ注の右の大砲・野村はこの夏ピッチャーとしても活躍。初戦以外の5試合に登板し、31イニングを4失点にまとめた。
34年ぶりの復活を目指した古豪・上尾は鮮やかな先制攻撃を見せるも、最後は王者の底力の前に屈した。
初の4強入りを果たした昌平のエース・米山はまだ2年生と、こちらは来年に繋がる戦いになったか。


*南埼玉


浦和学院 ━┓          . .┏━ 川越東高  【準々決勝】 浦和学院 11−4 朝霞 (7回コールド)
        ┗━┓    . .┌━┛                   川口市立 3−6 聖望学園
朝霞高校 ─┘ . .┃ . .┃  │ . .└─ 市立川越           川越東 7−5 市川越
           ┗━┛─┤                      ふじみ野 5−6 県川口
川口市立 ─┐ . .│    . .┃ . .┏━ 県立川口  【準決勝】  浦和学院 7−0 聖望学園
        ┏━┘    . .┗━┛                   川越東 2−7 県川口
聖望学園 ━┛          . .└─ ふじみ野   【決勝】    浦和学院 17−5 県川口

決勝戦では19安打17得点の圧勝。浦和学院が久々に夏の県予選を勝ちきって5年ぶりの復活だ。
他のライバルが早々に崩れる中、危なげない勝ち上がり。2年連続で埼玉に優勝旗を持ち帰ってくる可能性もありそうだ。
快進撃を続け初の甲子園にあと1つと迫った県川口。4年前の夏の予選で浦和学院に勝っていたが、その再現はならず。
9年ぶりの復活を目指した聖望学園は浦和学院に完敗で4強止まり。川越東も県川口の勢いに飲まれ4強で姿を消した。


*東千葉


木更津総 ━┓          . .┏━ 志学館高  【準々決勝】 千葉商 0−5 木更津総合
        ┗━┓    . .┌━┛                   東海大市原望洋 11−6 拓大紅陵
千葉商業 ─┘ . .┃ . .┃  │ . .└─ 木更津高           志学館 5−2 木更津
           ┗━┛─┤                      安房 3−8 成田
東海望洋 ━┓ . .│    . .┃ . .┌─ 安房高校  【準決勝】  木更津総合 9−2 東海大市原望洋
        ┗━┘    . .┗━┓                   成田 4−2 志学館
拓大紅陵 ─┘          . .┗━ 成田高校  【決勝】    木更津総合 10−2 成田

全試合で5点差以上と大差をつけて木更津総合がAシードの力をまざまざと見せつけて3年連続の夏切符だ。
今年は増枠があったとはいえ、激戦の千葉から3年連続出場は1996-98の市船橋(西千葉)以来20年ぶりの快挙だ。
全国4強入りした2010年以来8年ぶりの甲子園を狙った成田は木更津総合の力に飲み込まれて復活ならず。
4強入りの東海大市原望洋は4年ぶり、志学館は24年ぶりの復活を目指すも及ばず増枠のチャンスを逃した。


*西千葉


習志野高 ━┓          . .┌─ 四街道高  【準々決勝】 西武台千葉 1−9 習志野 (7回コールド)
        ┗━┐    . .┏━┓                   中央学院 4−3 八千代
西武千葉 ─┘ . .│ . .┃  ┃ . .┗━ 学館浦安           四街道 0−2 東京学館浦安
           ┏━┛─┤                      千葉商大付 2−7 市船橋
中央学院 ━┓ . .┃    . .│ . .┏━ 市立船橋  【準決勝】  習志野 5−6x 中央学院 (延長10回)
        ┗━┛    . .└━┛                   市船橋 3−4x 東京学館浦安
八千代高 ─┘          . .└─ 千葉商大  【決勝】    中央学院 6−2 東京学館浦安

センバツに出場し、明徳義塾(高知)を苦しめた中央学院が春夏連続出場。春に続いて夏も初出場を決めた。
5月の練習試合で二刀流のエース・大谷が顔面に打球を受けて1ヶ月離脱のアクシデントも、チーム全員で乗り越えた。
7年ぶりに決勝にコマを進めた東京学館浦安だったが、度重なる牽制死が響き初の聖地はまたもお預けに。
準決勝の2試合がいずれもサヨナラになるなど、習志野市船橋も甲子園までは紙一重だったと言えるだろう。


*東東京


関東第一 ━┓          . .┏━ 帝京高校  【準々決勝】 修徳 1−2x 関東一 (延長10回)
        ┗━┐    . .┌━┛                   堀越 1−11 二松学舎大付 (5回コールド)
修徳高校 ─┘ . .│ . .┃  │ . .└─ 東亜学園           東亜学園 6−10 帝京
           ┏━┛─┤                      小山台 6−4 安田学園 (延長10回)
二松学舎 ━┓ . .┃    . .┃ . .┌─ 安田学園  【準決勝】  二松学舎大付 5−3 関東一
        ┗━┛    . .┗━┓                   小山台 7−2 帝京
堀越高校 ─┘          . .┗━ 都小山台  【決勝】    小山台 3−6 二松学舎大付

6試合中、実に5試合で逆転勝ち。リードされてから底力を見せた二松学舎大付が初めて夏の大会を連覇した。
かつて夏の決勝10連敗で名を馳せたが、それ以後は今年も含めて3連勝と過去の呪縛の分も取り返すかのような勝負強さを見せた。
小山台は2度のリードを守り切れず、都立勢15年ぶりの夏の甲子園はならなかったが、エース・戸谷を中心に力強く戦い抜いた。
4強入りの関東一帝京は共に逆転負け。特に帝京は逆転を許してからは淡泊な試合になり、7年連続で甲子園を逃す形に。


*西東京


日大三高 ━┓          . .┌─ 創価高校  【準々決勝】 片倉 6−8 日大三
        ┗━┓    . .┏━┓                   東海大菅生 5−3 八王子
都立片倉 ─┘ . .┃ . .┃  ┃ . .┗━ 日大鶴丘           創価 2−3 日大鶴ケ丘
           ┗━┛─┤                      国士館 4−2 国分寺
東海菅生 ━┓ . .│    . .│ . .┌─ 都国分寺  【準決勝】  東海大菅生 6−9 日大三
        ┗━┘    . .└━┓                   国士舘 5−7 日大鶴ケ丘
八王子高 ─┘          . .┗━ 国士舘高  【決勝】    日大鶴ケ丘 3−5x 日大三

別競技で世間を騒がせた日大門下の2校が激突した決勝戦は、日大三が大塚のサヨナラ2ランで制し、5年ぶりの復活を果たした。
終盤までリードを許した片倉戦など決勝以外にも苦しい試合が多く、百戦錬磨の小倉監督も思わずインタビューで感極まって涙した。
その日大三相手に2度追いつくなど互角に戦った日大鶴ケ丘は最後に力尽き、4年ぶりの甲子園出場は果たせなかった。
昨夏全国ベスト4の東海大菅生も日大三に屈した。国士舘も4強止まりで、西東京移籍後初の夏の甲子園はまたしてもお預け。


*北神奈川


慶應義塾 ━┓          . .┏━ 桐光学園  【準々決勝】 桐蔭学園 4−6 慶応
        ┗━┓    . .┏━┛                   相模原 8−9x 東海大相模
桐蔭学園 ─┘ . .┃ . .┃  ┃ . .└─ 弥栄高校           桐光学園 10−7 弥栄
           ┗━┛─┤                      白山 1−2x 横浜商大高
東海相模 ━┓ . .│    . .│ . .┏━ 横浜商大  【準決勝】  慶応 7−4 東海大相模
        ┗━┘    . .└━┛                   横浜商大高 0−7 桐光学園 (7回コールド)
相模原高 ─┘          . .└─ 白山高校  【決勝】    慶応 7−5 桐光学園

準々決勝からは楽な試合が一つも無かったものの、しぶとく勝ちきった慶応が10年前と同様に北神奈川大会を制している。
春夏連続出場もその10年前以来。10年前もセンバツ初戦敗退から夏はベスト8まで勝ち残り、その再現、あるいは上回ることができるか。
桐光学園は序盤の失点が重くのしかかり、松井裕樹を擁して奪三振記録を打ち立てた2012年以来の夏の甲子園出場とはならず。
センバツ4強の東海大相模は慶応戦で攻守が噛み合わずに敗退。エース・斎藤が打球直撃の影響もあってか4回持たずに降板と誤算だった。


*南神奈川


横浜高校 ━┓          . .┌─ 藤嶺藤沢  【準々決勝】 横浜 12−0 立花学園 (6回コールド)
        ┗━┓    . .┌━┓                   星槎国際湘南 6−2 金沢
立花学園 ─┘ . .┃ . .┃  │ . .┗━ 横浜創学           横浜創学館 12−6 藤嶺藤沢 (延長10回)
           ┗━┛─┤                      藤沢翔陵 3−4x 鎌倉学園 (延長12回)
金沢高校 ─┐ . .│    . .┃ . .┏━ 鎌倉学園  【準決勝】  横浜 9−8 星槎国際湘南
        ┏━┘    . .┗━┛                   横浜創学館 4−5 鎌倉学園
星槎湘南 ━┛          . .└─ 藤沢翔陵  【決勝】    横浜 7−3 鎌倉学園

秋・春に続いて今季3度目の顔合わせとなった両雄の対戦は春に続いて横浜が制し、3年連続で夏の甲子園出場を決めた。
大会直前にベンチ外から滑り込んだ万波が決勝のお誕生日など大会を通じてメキメキ復調。聖地では更なる活躍があるか。
1969年センバツ以来、夏は初出場に王手をかけた鎌倉学園だったが、反撃が9回になってからと遅く夢には届かず。
横浜相手に序盤はリード、終盤も1点差まで追い上げた新鋭・星槎国際湘南の戦いぶりも見事だった。


*山梨


山梨学院 ━┓          . .┏━ 東海甲府  【準々決勝】 都留 4−8 山梨学院
        ┗━┓    . .┌━┛                   日本航空 4−5 甲府工
都留高校 ─┘ . .┃ . .┃  │ . .└─ 甲府城西           甲府城西 4−11 東海大甲府 (8回コールド)
           ┗━┛─┤                      帝京三 3−2 日川
甲府工業 ━┓ . .│    . .┃ . .┏━ 帝京第三  【準決勝】  山梨学院 5−1 甲府工
        ┗━┘    . .┗━┛                   東海大甲府 5−6 帝京三
日本航空 ─┘          . .└─ 日川高校  【決勝】    山梨学院 12−4 帝京三

春の王者・山梨学院が3連覇を達成。県内3連覇は平成になってからは初の快挙となった。
決勝では代打お誕生日が飛び出すなど、投打ともに勢いを持って聖地へ乗り込んでくる。今年こそ上位進出だ。
東海大甲府を破り、10年ぶりに決勝にコマを進めた帝京三だったが、初の甲子園はまたもお預けに。
大会直前に監督交代のあった駿台甲府は延長の末に名門・甲府工に敗れ初戦敗退と、新興勢力には厳しい夏になった。


*新潟


新潟高校 ─┐          . .┏━ 中越高校  【準々決勝】 新潟 4−5 新発田
        ┏━┓    . .┏━┛                   加茂暁星 0−1 十日町
新発田高 ━┛ . .┃ . .┃  ┃ . .└─ 長岡大手           中越 12−4 長岡大手 (8回コールド)
           ├─┗━┛                      新潟産大付 4−2 開志学園
十日町高 ━┓ . .│    . .│ . .┌─ 開志学園  【準決勝】  十日町 2−7 新発田
        ┗━┘    . .└━┓                   新潟産大付 2−3 中越
加茂暁星 ─┘          . .┗━ 新潟産大  【決勝】    中越 10−1 新発田

秋・春王者の日本文理がまさかのベスト16敗退、新潟明訓に至っては34年ぶりとなる夏初戦敗退。
「文明時代」の終わりを感じさせる大会を制したのは中越だった。これで直近4年で3度の出場だ。
快進撃を続け、初めて決勝にコマを進めた新発田だが、最後は格の違いを見せつけられてしまったか。
ノーシードで唯一4強入りの新潟産大付、日本文理を破った県下屈指の進学校・新潟の健闘も称えたい。


*長野


佐久長聖 ━┓          . .┏━ 松本国際  【準々決勝】 日本ウェルネス信州筑北 3−10 佐久長聖 (8回コールド)
        ┗━┓    . .┌━┛                   岡谷南 6−3 松商学園
ウェルネス... ─┘ . .┃ . .┃  │ . .└─ 松本第一           松本第一 1−4 松本国際
           ┗━┛─┤                      小諸商 3−7 上田西
岡谷南高 ━┓ . .│    . .┃ . .┌─ 小諸商業  【準決勝】  岡谷南 3−6 佐久長聖
        ┗━┘    . .┗━┓                   上田西 4−3 松本国際
松商学園 ─┘          . .┗━ 上田西高  【決勝】    上田西 3−4 松商学園

決勝戦を逆転で制した佐久長聖が2年ぶりの聖地行きを決めた。2012年以降は偶数年で甲子園を射止めている。
中盤まで試合を優位に進めた上田西だったが守り切れず、3年ぶりの復活とはならなかった。
連覇を狙った松商学園だったが、準々決勝でエース・直江を先発させなかったことも響いてか岡谷南に足をすくわれる結果に。
秋の王者・日本ウェルネス信州筑北はベスト8で佐久長聖に大敗。創造学園大付からこの春名前を変えた松本国際は準決勝で上田西に逆転負けした。


*富山


富山商業 ─┐          . .┏━ 高岡商業  【準々決勝】 石動 6−4 富山商
        ┏━┐    . .┏━┛                   富山東 9−10x 富山第一
石動高校 ━┛ . .│ . .┃  ┃ . .└─ 高岡龍谷           高岡龍谷 1−11 高岡商 (5回コールド)
           ├─┗━┛                      魚津工 9−10 高岡第一
富山第一 ━┓ . .┃    . .│ . .┏━ 高岡第一  【準決勝】  石動 4−6 富山第一
        ┗━┛    . .└━┛                   高岡第一 6−13 高岡商 (7回コールド)
富山東高 ─┘          . .└─ 魚津工業  【決勝】    高岡商 14−4 富山第一

ライバル・富山商がエース・沢田の先発を回避した準々決勝でまさかの敗退も動じなかった。
県大会の5試合すべてで10桁得点を叩き出した高岡商が連覇を達成。ライバルとの出場回数の差を再度広げた。
2年ぶりの復活を狙った富山第一だったが、決勝で投手陣が崩壊し及ばず。
富山商を破った石動は40年ぶりの復活ならずも、3お誕生日をマークしたエースで4番の村上の活躍が光った。


*石川


星稜高校 ━┓          . .┏━ 金沢学院  【準々決勝】 星稜 5−0 小松大谷
        ┗━┓    . .┏━┛                   金沢商 1−0 遊学館
小松大谷 ─┘ . .┃ . .┃  ┃ . .└─ 飯田高校           金沢学院 12−9 飯田 (延長10回)
           ┗━┛─┤                      金沢市工 2−6 小松
金沢商業 ━┓ . .│    . .│ . .┏━ 小松高校  【準決勝】  金沢商 0−7 星稜 (7回コールド)
        ┗━┘    . .└━┛                   金沢学院 4−2 小松
遊学館高 ─┘          . .└─ 金沢市工  【決勝】    金沢学院 0−22 星稜

コールドの無い決勝で22点差の圧勝。早々に脱落したライバルを尻目に星稜が悠々と県大会を制した。
4・5番の2人で7お誕生日を1試合で叩き出した打力だけでなく、5試合無失点のディフェンスも特筆すべきか。
初めての決勝進出だった金沢学院だったが、甲子園の手前に立つ壁はあまりに高く分厚かった。
センバツ8強の日本航空石川は持ち味の打線が湿りまさかの初戦敗退で連覇を逃した。


*福井


坂井高校 ━┓          . .┏━ 敦賀気比  【準々決勝】 福井高専 2−12 坂井 (5回コールド)
        ┗━┐    . .┏━┛                   若狭 5−4 啓新
福井高専 ─┘ . .│ . .┃  ┃ . .└─ 美方高校           美方 2−9 敦賀気比 (7回コールド)
           ├─┗━┛                      敦賀 8−5 福井商
若狭高校 ━┓ . .┃    . .│ . .┏━ 敦賀高校  【準決勝】  若狭 8−4 坂井
        ┗━┛    . .└━┛                   敦賀 3−17 敦賀気比 (5回コールド)
啓新高校 ─┘          . .└─ 福井商業  【決勝】    若狭 1−2x 敦賀気比

2015年のセンバツ覇者・敦賀気比がロースコアの決勝戦をサヨナラで制し3年ぶりの復活だ。
2016-17年シーズンからは北信越大会さえも遠ざかっていたかつての王者が久々の大舞台でどんな試合を見せるか。
古豪・若狭は決勝でエースの顔面に打球が直撃というアクシデント。粘って一度は追いつくが力尽き49年ぶりの復活はならず。
昨年代表の坂井はベスト4で若狭に屈し連覇ならず。同じく4強入りの敦賀は19年ぶりの復活に届かなかった。


*静岡


静岡商業 ─┐          . .┏━ 島田商業  【準々決勝】 静岡商 0−11 常葉大菊川
        ┏━┓    . .┏━┛                   浜松城北工 6−4 浜松修学舎
常葉菊川 ━┛ . .┃ . .┃  ┃ . .└─ 静岡市立           島田商 10−9 静岡市立 (延長14回)
           ┗━┛─┤                      飛龍 5−8 掛川西
浜松城北 ━┓ . .│    . .│ . .┏━ 掛川西高  【準決勝】  浜松城北工 0−9 常葉大菊川
        ┗━┘    . .└━┛                   掛川西 7−18 島田商
浜松修学 ─┘          . .└─ 飛龍高校  【決勝】    島田商 5−6x 常葉大菊川

一進一退となったシーソーゲームを制し、常葉大菊川が2年ぶりの代表権を獲得。主将・奈良間の打率は8割超えだ。
77年ぶりの復活はならなかったが、9回二死走者なしから同点に追いついた古豪・島田商の粘りも見事だった。
一方で、静岡はけが人続出も響いてベスト16で脱落。秋・春を制しながらもコンディションに苦しみ不本意な結果となった。
昨年の決勝戦と同じカードが2回戦で実現。藤枝明誠を破り雪辱した日大三島もベスト16で姿を消した。


*東愛知


西尾東高 ━┓          . .┏━ 刈谷高校  【準々決勝】 豊橋中央 3−7 西尾東
        ┗━┓    . .┌━┛                   豊川 8−0 安城
豊橋中央 ─┘ . .┃ . .┃  │ . .└─ 半田高校           半田 1−5 刈谷
           ├─┗━┓                      日本福祉大付 0−8 愛産大三河 (7回コールド)
安城高校 ─┐ . .│    . .┃ . .┏━ 愛産三河  【準決勝】  豊川 3−10 西尾東 (7回コールド)
        ┏━┘    . .┗━┛                   愛産大三河 5−2 刈谷
豊川高校 ━┛          . .└─ 日福大付  【決勝】    西尾東 1−3 愛産大三河

他の分割地区に比べ、千載一遇のチャンスの色合いがとりわけ濃い地区である東愛知を制したのは愛産大三河だった。
春夏1度ずつ出場を経験している学校が22年ぶりの復活。まだ果たせていない聖地での勝利で来年以降に弾みも付けたい。
初めて決勝に勝ち残った西尾東は先制したものの及ばず。それでも春は地区のリーグ戦で脱落したチームがよく盛り返した。
2014年にセンバツで4強入りの豊川は西尾東に完敗。前回の記念大会で代表になった大府はベスト16で姿を消した。


*西愛知


中京中京 ─┐          . .┌─ 日進西高  【準々決勝】 中京大中京 7−9 至学館
        ┏━┐    . .┌━┓                   愛知 1−13 東邦 (5回コールド)
至学館高 ━┛ . .│ . .┃  │ . .┗━ 享栄高校           日進西 3−10 享栄 (7回コールド)
           ├─┗━┓                      愛工大名電 5−4 天白 (延長11回)
東邦高校 ━┓ . .┃    . .┃ . .┏━ 愛工名電  【準決勝】  至学館 3−10 東邦 (7回コールド)
        ┗━┛    . .┗━┛                   愛工大名電 5−4 享栄 (延長10回)
愛知高校 ─┘          . .└─ 天白高校  【決勝】    愛工大名電 9−4 東邦

いわゆる愛知の「私学四強」のうち3校がベスト4に名前を連ね、実績ある学校が強さを発揮したのが西愛知。
決勝ではセンバツ出場の東邦を、愛工大名電が打力で圧倒し5年ぶりの復活といつもの名電にモデルチェンジの兆しか。
享栄は準決勝で延長の末敗れ、1995年以来の出場はならず、30年以上チームを率いた柴垣監督の花道を飾ることはできなかった。
私学四強の一角を崩してベスト4入りのカシオペア至学館も完敗と、他の強豪との年季の差を見せつけられる格好に。


*岐阜


大垣商業 ━┓          . .┌─ 中学中京  【準々決勝】 大垣商 13−6 東濃実 (7回コールド)
        ┗━┓    . .┏━┓                   岐阜 5−7 市岐阜商
東濃実業 ─┘ . .┃ . .┃  ┃ . .┗━ 大垣日大           中京学院大中京 2−3 大垣日大
           ├─┗━┛                      大垣南 3−7 岐阜第一
岐阜高校 ─┐ . .│    . .│ . .┌─ 大垣南高  【準決勝】  大垣商 4−1 市岐阜商
        ┏━┘    . .└━┓                   大垣日大 4−2 岐阜第一
市岐阜商 ━┛          . .┗━ 岐阜第一  【決勝】    大垣商 1−7 大垣日大

大垣勢同士の対決となった決勝を制したのは大垣日大。2013・14年以来となる連覇を成し遂げた。
準々決勝では秋・春と県王者だった中京学院大中京を競り合いの末に撃破し、流れに乗ったか。
快進撃を続け、24年ぶりの復活にあと1つと迫った大垣商は先制したところまではよかったが……
鍛治舎監督を迎え6年ぶりの復活を目指した県岐阜商市岐阜商との岐阜商対決に敗れ3回戦止まり。


*三重


いなべ総. ━┓          . .┌─ 四日市高  【準々決勝】 松阪 0−10 いなべ総合 (5回コールド)
        ┗━┐    . .┌━┓                   皇学館 0−8 松阪商 (7回コールド)
松阪高校 ─┘ . .│ . .┃  │ . .┗━ 海星高校           四日市 2−12 海星 (5回コールド)
           ├─┗━┓                      白山 4−3 暁
皇学館高 ─┐ . .┃    . .┃ . .┌─ 暁高等学  【準決勝】  いなべ総合 1−8 松阪商 (8回コールド)
        ┏━┛    . .┗━┓                   白山 6−5 海星
松阪商業 ━┛          . .┗━ 白山高校  【決勝】    白山 8−2 松阪商

センバツベスト4の三重が初戦敗退するなど波乱の展開だった大会を制したのはダークホースの白山
数年前まで秋・春は部員不足で連合チームを組んでいたチームが、一気に頂点へと駆け上がる下剋上達成だ。
初戦で三重を撃破し、準決勝でファンタジスタ・いなべ総合も撃破した古豪・松阪商が準優勝。
59年ぶりとなる夏の甲子園まであと1つと迫ったが、最後は白山の勢いの前に飲まれる格好に。


*滋賀


滋賀学園 ━┓          . .┏━ 近江高校  【準々決勝】 水口 1−10 滋賀学園 (7回コールド)
        ┗━┐    . .┏━┛                   守山北 1−13 綾羽 (5回コールド)
水口高校 ─┘ . .│ . .┃  ┃ . .└─ 八幡商業           八幡商 1−5 近江
           ├─┗━┛                      近江兄弟社 7−1 彦根東
綾羽高校 ━┓ . .┃    . .│ . .┏━ 近江兄弟  【準決勝】  滋賀学園 7−8x 綾羽 (延長11回)
        ┗━┛    . .└━┛                   近江 8−2 近江兄弟社
守山北高 ─┘          . .└─ 彦根東高  【決勝】    綾羽 4−8 近江

決勝では一時逆転を許したものの、落ち着いて再逆転。センバツで1勝の近江がキッチリと春夏連続出場を決めた。
10年ぶりに決勝にコマを進めた綾羽はリードを守り切れずに初の甲子園出場は果たせなかった。
3季連続出場を狙った彦根東だったが、準々決勝でエース・増居の立ち上がりが誤算となり劣勢を覆せずに脱落。
21世紀枠でセンバツ出場の膳所もベスト16で姿を消すなど、センバツ組3校でくっきりと明暗が分かれた。


*京都


龍谷平安 ━┓          . .┌─ 塔南高校  【準々決勝】 龍谷大平安 11−0 乙訓 (5回コールド)
        ┗━┓    . .┌━┓                   東山 6−1 西舞鶴
乙訓高校 ─┘ . .┃ . .┃  │ . .┗━ 京都国際           塔南 2−9 京都国際 (8回コールド)
           ┗━┛─┤                      立命館宇治 6−5 鳥羽 (延長11回)
東山高校 ━┓ . .│    . .┃ . .┌─ 鳥羽高校  【準決勝】  東山 1−8 龍谷大平安 (8回コールド)
        ┗━┘    . .┗━┓                   立命館宇治 7−2 京都国際 (延長10回)
西舞鶴高 ─┘          . .┗━ 立命宇治  【決勝】    立命館宇治 0−11 龍谷大平安

6試合で70得点、失点もわずかに3。決勝以外全試合コールドと、名門・龍谷大平安の強さが際立つ大会になった。
準々決勝ではセンバツ1勝の乙訓相手に5回に一挙8点を挙げてのコールド勝ちなど、他の新鋭を寄せ付けなかった。
準々決勝・準決勝と延長戦を制した立命館宇治はさすがに息切れか。36年ぶりの復活とはならなかった。
その立命館宇治と、第1回優勝の鳥羽が争った準々決勝は酷暑を避けてのナイトゲームで試合終了は22時半を回る事態に。


*北大阪


寝屋川高 ─┐          . .┌─ 大冠高校  【準々決勝】 寝屋川 3−6 履正社
        ┏━┐    . .┌━┓                   金光大阪 1−2 大阪桐蔭
履正社高 ━┛ . .│ . .┃  │ . .┗━ 東海仰星           大冠 5−10 東海大仰星
           ┏━┛─┤                      大阪学院大高 6−3 香里丘
金光大阪 ─┐ . .┃    . .┃ . .┌─ 香里丘高  【準決勝】  大阪桐蔭 6−4 履正社
        ┏━┛    . .┗━┓                   大阪学院大高 6−3 東海大仰星
大阪桐蔭 ━┛          . .┗━ 大院大高  【決勝】    大阪学院大高 2−23 大阪桐蔭

決勝で11連続安打を放つなど大量23得点で圧倒。センバツ覇者の大阪桐蔭が4季連続の甲子園出場を決めている。
初めて決勝の舞台に勝ち残った大阪学院大高だったが、王者の前に玉砕と甲子園の壁の高さを痛感する形となった。
王者相手にロースコアに持ち込んだ金光大阪、9回2アウトまで追い詰めた履正社といったライバルの奮闘も光った。
春に大阪桐蔭を追いつめた寝屋川は履正社とも対等に渡り合うも及ばず、大阪桐蔭との再戦まであと一歩のところで散った。


*南大阪


近大泉州 ─┐          . .┌─ 初芝立命  【準々決勝】 近大泉州 2−4 大体大浪商
        ┏━┐    . .┏━┓                   三国丘 3−11 近大付 (7回コールド)
大体浪商 ━┛ . .│ . .┃  ┃ . .┗━ 大商大堺           大商大堺 8−6 初芝立命館
           ┏━┛─┤                      八尾 3−10 上宮太子 (7回コールド)
近大付属 ━┓ . .┃    . .│ . .┏━ 上宮太子  【準決勝】  近大付 4−2 大体大浪商
        ┗━┛    . .└━┛                   大商大堺 3−2 上宮太子
三国丘高 ─┘          . .└─ 八尾高校  【決勝】    大商大堺 0−2 近大付

初回に上げた2点をエース・大石が守り切った。近大付が前回記念大会以来となる10年ぶりの夏の甲子園出場だ。
府大会上位の常連ながら、甲子園に縁のなかった大商大堺はまたも一歩及ばず。悲願の甲子園初出場はならなかった。
古豪・大体大浪商もベスト4入りは果たすもそこまでで、39年ぶりの復活劇はならず。
公立勢では三国丘八尾がベスト8まで勝ち残ったが、上位私学勢に歯が立たず。野球王国・大阪の層の厚さを象徴する結果に。


*東兵庫


神国大付 ━┓          . .┏━ 市立尼崎  【準々決勝】 神戸国際大付 5−2 兵庫工
        ┗━┐    . .┏━┛                   長田 0−1 報徳学園
兵庫工業 ─┘ . .│ . .┃  ┃ . .└─ 西宮東高           市尼崎 7−0 西宮東 (8回コールド)
           ┏━┛─┤                      村野工 3−1 須磨翔風
長田高校 ─┐ . .┃    . .│ . .┏━ 村野工業  【準決勝】  報徳学園 3−2 神戸国際大付
        ┏━┛    . .└━┛                   市尼崎 12−6 村野工
報徳学園 ━┛          . .└─ 須磨翔風  【決勝】    市尼崎 0−2 報徳学園

報徳学園がベスト4入りした2010年以来となる夏の甲子園出場。昨年春に大角新監督就任後は初の聖地行きとなった。
秋・春と県ベスト4の市尼崎が夏も力を発揮し決勝進出するも、2年ぶりの甲子園出場に攻守であと一歩及ばなかった。
連覇を狙った神戸国際大付や、春の県準優勝で優勝候補の一角だった滝川二は共に報徳に敗れて姿を消した。
甲子園通算3度出場の古豪・村野工が久々に4強に躍進。市尼崎に打ち負けたが、古豪健在をアピールした。


*西兵庫


洲本高校 ─┐          . .┌─ 加古川東  【準々決勝】 洲本 2−5 明石商
        ┏━┓    . .┌━┓                   小野 4−2 社
明石商業 ━┛ . .┃ . .┃  │ . .┗━ 東播工業           東播工 1−0 加古川東
           ┗━┛─┤                      三田西陵 1−8 姫路工
社高等学 ─┐ . .│    . .┃ . .┏━ 姫路工業  【準決勝】  小野 3−4x 明石商 (延長10回)
        ┏━┘    . .┗━┛                   東播工 0−5 姫路工
小野高校 ━┛          . .└─ 三田西陵  【決勝】    明石商 6−3 姫路工

3年連続準優勝と悔しさを味わい続けてきた明石商が悲願の夏初優勝。2016年センバツベスト8がついに扉をこじ開けた。
2005年以来、13年ぶりの復活にあと1つと迫った姫路工。一時は2点リードを奪ったものの守り切れなかった。
春は地区大会で姿を消したが、優勝した明石商をあと一歩まで追い詰めた小野をはじめ、西兵庫では公立勢が大活躍。
上のやぐらに名を連ねたベスト8どころか、ベスト16の時点でオール公立校という今時珍しい現象も発生した。


*奈良


天理高校 ━┓          . .┏━ 橿原学院  【準々決勝】 天理 15−4 五條 (6回コールド)
        ┗━┓    . .┌━┛                   一条 1−4 智弁学園
五條高校 ─┘ . .┃ . .┃  │ . .└─ 高取国際           高取国際 1−6 橿原学院
           ├─┗━┓                      法隆寺国際 4−7 奈良大付
智弁学園 ━┓ . .│    . .┃ . .┌─ 法隆国際  【準決勝】  天理 8−7 智弁学園
        ┗━┘    . .┗━┓                   奈良大付 14−2 橿原学院 (5回コールド)
一条高校 ─┘          . .┗━ 奈良大付  【決勝】    天理 9−10x 奈良大付 (延長11回)

延長戦の末名門を振り切った奈良大付がついに夏の甲子園初出場。実は県庁所在地の奈良市の学校が夏の甲子園に出場するのはこれが初。
過去に智弁学園に3回、天理に1回決勝で敗戦。2013年には公立の桜井に敗れ、いわゆる「御三家」崩しの役を奪われていた。
昨年全国ベスト4の名門・天理は9回に4点差を追いつくなど底力を見せつけたが最後に力尽きて昨年の雪辱を許し、連覇ならず。
そしてセンバツ出場の智弁学園もライバルの天理相手に猛追及ばずベスト4で脱落と、こちらは2年ぶりの出場はならなかった。


*和歌山


和歌南陵 ─┐          . .┏━ 智弁和歌  【準々決勝】 市和歌山 6−1 和歌山南陵
        ┏━┓    . .┏━┛                   和歌山東 1−2 向陽
市和歌山 ━┛ . .┃ . .┃  ┃ . .└─ 日高高校           智弁和歌山 16−0 日高 (5回コールド)
           ├─┗━┛                      紀北工 12−11 桐蔭
和歌山東 ─┐ . .│    . .│ . .┌─ 桐蔭高校  【準決勝】  市和歌山 7−3 向陽
        ┏━┘    . .└━┓                   智弁和歌山 11−3 紀北工 (7回コールド)
向陽高校 ━┛          . .┗━ 紀北工業  【決勝】    市和歌山 6−7x 智弁和歌山

センバツ準優勝の智弁和歌山が苦しみながらも決勝戦をサヨナラで制して連覇を達成。決勝以外では全試合10桁得点達成だ。
決勝で試合を決めたのは魔曲の申し子・黒川。まず間違いなく魔曲が流れていたはずで、その神通力は夏も健在のようだ。
先行し、一時は逆転を許しながらも9回に代打お誕生日で追いついた市和歌山の粘りも見事。惜しくも2年ぶりの夏出場はならず。
戦前の海草中時代に夏連覇の経験もある古豪・向陽が4強まで残る健闘。71年ぶり出場には届かずも、元気なところを見せた。


*岡山


創志学園 ━┓          . .┌─ 興譲館高  【準々決勝】 高梁日新 1−11 創志学園 (5回コールド)
        ┗━┓    . .┏━┓                   玉島商 2−9 倉敷商 (7回コールド)
高梁日新 ─┘ . .┃ . .┃  ┃ . .┗━ 岡山学芸           岡山学芸館 10−0 興譲館 (5回コールド)
           ┗━┛─┤                      岡山商大付 4−5x 東岡山工 (延長10回)
玉島商業 ─┐ . .│    . .│ . .┌─ 岡山商大  【準決勝】  倉敷商 0−2 創志学園
        ┏━┘    . .└━┓                   東岡山工 5−9 岡山学芸館
倉敷商業 ━┛          . .┗━ 東岡山工  【決勝】    創志学園 10−2 岡山学芸館

準決勝で投手戦を制すると、決勝は相手を投打に圧倒。創志学園が2年ぶりの夏の甲子園出場を決めた。
昨年は決勝での引き分け再試合を落としての悔し涙。帽子を飛ばしながら投げる気迫の2年生エース・西の投球に注目だ。
秋の覇者・岡山学芸館は決勝で完敗し3年ぶりの復活ならず。倉敷商も投手戦の末創志に屈し、聖地での逆魔曲・桃太郎サンバはお預け。
甲子園出場経験のない東岡山工が、関西を下すなどして29年ぶりにベスト4進出という大健闘を見せた。


*広島


広陵高校 ━┓          . .┏━ 広島新庄  【準々決勝】 国際学院 2−12 広陵 (5回コールド)
        ┗━┓    . .┏━┛                   広島商 5−4 尾道 (延長12回)
国際学院 ─┘ . .┃ . .┃  ┃ . .└─ 広島工業           広島新庄 16−0 広島工 (6回コールド)
           ┗━┛─┤                      崇徳 2−12 広島工大高 (6回コールド)
尾道高校 ─┐ . .│    . .│ . .┏━ 広島工大  【準決勝】  広島商 1−3 広陵
        ┏━┘    . .└━┛                   広島新庄 11−1 広島工大高
広島商業 ━┛          . .└─ 崇徳高校  【決勝】    広島新庄 4−5x 広陵 (延長10回)

西日本豪雨の影響で10日遅れの開幕、開会式は大幅に縮小され、閉会式も中止となるなどその爪跡を感じさせる大会となった。
2年連続で同じ顔合わせとなった決勝戦。広陵が今年も制し、昨年の全国準優勝校が被災地の思いを一身に背負っての出場となる。
延長サヨナラで屈した広島新庄も堅い守りで食い下がるなど、一歩も引かない戦いを見せたがわずかに及ばず。
古豪・広島商も準決勝で広陵との競り合いに敗れた。センバツ出場の瀬戸内は守備から崩れて4回戦で姿を消した。


*鳥取


八頭高校 ─┐          . .┏━ 米子西高  【準々決勝】 鳥取城北 8−3 八頭
        ┏━┓    . .┏━┛                   鳥取西 13−5 米子松蔭 (8回コールド)
鳥取城北 ━┛ . .┃ . .┃  ┃ . .└─ 倉吉東高           米子西 9−1 倉吉東
           ┗━┛─┤                      米子工 8−9x 倉吉西
鳥取西高 ━┓ . .│    . .│ . .┏━ 倉吉西高  【準決勝】  鳥取城北 15−6 鳥取西
        ┗━┘    . .└━┛                   米子西 10−6 倉吉西
米子松蔭 ─┘          . .└─ 米子工業  【決勝】    米子西 0−8 鳥取城北

県大会5試合で全て7得点以上と、そつなくコツコツ得点を重ねた鳥取城北が3年ぶりの栄冠を掴んだ。
初出場の2009年からちょうど10年目で夏はその半分の5回出場と、今やすっかり鳥取の盟主と名乗ってもいい存在だ。
初の甲子園を目指し決勝にコマを進めた米子西だったが、常連校の壁は厚かった。
第1回の開幕戦に勝利、高校野球の歴史の第一歩を刻んだ鳥取西だったが惜しくも4強で姿を消した。


*島根


石見智翠 ━┓          . .┏━ 益田東高  【準々決勝】 出雲 3−10 石見智翠館 (8回コールド)
        ┗━┓    . .┏━┛                   大社 6−7x 出雲商 (延長12回)
出雲高校 ─┘ . .┃ . .┃  ┃ . .└─ 浜田高校           益田東 10−2 浜田 (7回コールド)
           ├─┗━┛                      立正大淞南 8−6 島根中央 (延長10回)
出雲商業 ━┓ . .│    . .│ . .┌─ 島根中央  【準決勝】  出雲商 1−9 石見智翠館
        ┗━┘    . .└━┓                   立正大淞南 4−9 益田東
大社高校 ─┘          . .┗━ 立正淞南  【決勝】    益田東 6−0 石見智翠館

近年の県内をリードする開星立正大淞南石見智翠館の3校を全てなぎ倒して堂々の復活。
秋3位で、中国大会に出場した経験もあった益田東が18年ぶり、21世紀になってからは初の甲子園出場を決めた。
準々決勝、準決勝とコールドで勝ち上がった石見智翠館は決勝で打線が沈黙し、3年ぶりの出場はならなかった。
100回の予選皆勤賞の大社はベスト8まで勝ち残ったものの、延長サヨナラ負けで姿を消した。


*山口


岩国商業 ─┐          . .┏━ 下関国際  【準々決勝】 岩国商 6−8 早鞆
        ┏━┐    . .┏━┛                   徳山 5−11 宇部鴻城
早鞆高校 ━┛ . .│ . .┃  ┃ . .└─ 光高等学           下関国際 8−4 光 (延長10回)
           ├─┗━┛                      宇部工 2−1 高川学園
徳山高校 ─┐ . .┃    . .│ . .┏━ 宇部工業  【準決勝】  早鞆 2−7 宇部鴻城
        ┏━┛    . .└━┛                   下関国際 8−1 宇部工 (7回コールド)
宇部鴻城 ━┛          . .└─ 高川学園  【決勝】    下関国際 5−0 宇部鴻城

初回に挙げた5点で試合の流れを作り最後まで手放さなかった下関国際が連覇。3季連続の甲子園出場を決めた。
2008-2017年の10年間は全て違う10校が夏の甲子園に出場していたが、その流れが久々に止まることとなった。
宇部鴻城は6年ぶりの出場を目指したものの、初回の5点はあまりに重すぎて流れを掴めなかった。
春の王者・宇部工も下関国際に完敗。もう1つのベスト4・早鞆も51年ぶりの夏の甲子園に届かなかった。


*香川


三本松高 ─┐          . .┏━ 丸亀城西  【準々決勝】 観音寺一 10−8 三本松 (延長10回)
        ┏━┐    . .┏━┛                   琴平 7−8x 高松
観音寺一 ━┛ . .│ . .┃  ┃ . .└─ 観音寺総           丸亀城西 12−0 観音寺総合 (7回コールド)
           ├─┗━┛                      英明 10−2 高瀬
琴平高校 ─┐ . .┃    . .│ . .┌─ 高瀬高校  【準決勝】  高松 7−6 観音寺一
        ┏━┛    . .└━┓                   英明 5−6x 丸亀城西
高松高校 ━┛          . .┗━ 英明高校  【決勝】    高松 4−9 丸亀城西

2年続けて決勝の舞台にコマを進めた丸亀城西が中盤以降に打線が奮起しての逆転勝ち。久々の復活を果たした。
第1回出場のレジェンド・高松は84年ぶりの復活まであと1つに迫るも力尽きた。
センバツ出場の英明は準決勝で丸亀城西相手に7回表まで5−0のリードからまさかの逆転サヨナラ負け。
春の四国王者・大手前高松はベスト16で昨年全国ベスト8の三本松にアルティメットクラッシュを食らい、その三本松もベスト8で姿を消した。


*徳島


鳴門高校 ━┓          . .┏━ 鳴門渦潮  【準々決勝】 徳島科技 0−10 鳴門 (6回コールド)
        ┗━┓    . .┌━┛                   富岡西 6−3 城東
徳島科技 ─┘ . .┃ . .┃  │ . .└─ 徳島商業           徳島商 1−8 鳴門渦潮 (7回コールド)
           ┗━┛─┤                      脇町 0−7 生光学園 (8回コールド)
城東高校 ─┐ . .│    . .┃ . .┏━ 生光学園  【準決勝】  富岡西 10−11x 鳴門
        ┏━┘    . .┗━┛                   鳴門渦潮 5−11 生光学園
富岡西高 ━┛          . .└─ 脇町高校  【決勝】    生光学園 2−4 鳴門

昨年、連覇が5で止まった鳴門がすかさず王座を奪還。2年ぶりにうずまきうずしお打線が甲子園に帰ってくる。
初戦では13−14でサヨナラ勝ち、準決勝でも10−11でのサヨナラ勝ちと2度にわたる乱打戦をしぶとく生き抜いてきた。
7年ぶりに決勝に進出した生光学園は昨年代表の鳴門渦潮に快勝しての決勝進出だったが、秋春王者に及ばず。
公立王国である徳島からの私立勢初出場の夢は、101回大会以降への持ち越しとなった。


*愛媛


新田高校 ━┓          . .┌─ 川之江高  【準々決勝】 新田 5−2 松山南
        ┗━┓    . .┏━┓                   松山商 8−3 小松
松山南高 ─┘ . .┃ . .┃  ┃ . .┗━ 済美高校           済美 8−4 川之江
           ├─┗━┛                      今治西 7−3 宇和島南
松山商業 ━┓ . .│    . .│ . .┌─ 宇和島南  【準決勝】  松山商 0−9 新田 (7回コールド)
        ┗━┘    . .└━┓                   今治西 1−8 済美 (7回コールド)
小松高校 ─┘          . .┗━ 今治西高  【決勝】    新田 2−8 済美

2発のお誕生日で一気に得点を重ねた済美が連覇達成。済美の連覇は2004・2005年以来、これで2回目となった。
エース・山口は全試合完投。兄も済美OBであの安樂とも同級生とのことで、ある意味安樂の系譜をたどっていると言えそうだ。
通算6度目の決勝進出だった新田は一発攻勢に沈み、またしても夏の甲子園初出場はお預けとなった。
松山商が実に13年ぶりとなるベスト4進出する一方、センバツ出場の松山聖陵は初戦(2回戦)で姿を消した。


*高知


明徳義塾 ━┓          . .┏━ 高知高校  【準々決勝】 高知工 1−8 明徳義塾 (7回コールド)
        ┗━┓    . .┌━┛                   土佐塾 3−6 土佐
高知工業 ─┘ . .┃ . .┃  │ . .└─ 岡豊高校           岡豊 2−6 高知
           ├─┗━┓                      追手前 2−9 高知商 (8回コールド)
土佐高校 ━┓ . .│    . .┃ . .┏━ 高知商業  【準決勝】  明徳義塾 8−0 土佐 (7回コールド)
        ┗━┘    . .┗━┛                   高知 0−4 高知商
土佐塾高 ─┘          . .└─ 追手前高  【決勝】    明徳義塾 2−10 高知商

実は決勝進出さえも8年ぶりだった古豪が大仕事をやってのけた。高知商が12年ぶりの復活を果たした。
決勝では甲子園での経験も豊富な相手エースに14安打を浴びせ、完膚なきまでに打ち崩した。甲子園でも期待できそうだ。
一方、明徳義塾は夏8連覇、連続出場も5季連続でストップとメモリアルイヤーに甲子園不在となった。
この夏もエース・市川が決勝は10失点しながらも最後まで投げ続けるなど、完全に市川と心中してしまう形に。


*北福岡


北九州高 ━┓          . .┏━ 小倉高校  【準々決勝】 北九州 14−1 自由ケ丘
        ┗━┐    . .┌━┛                   東筑紫学園 5−6 折尾愛真
自由ケ丘 ─┘ . .│ . .┃  │ . .└─ 鞍手竜徳           鞍手竜徳 0−7 小倉 (8回コールド)
           ┏━┛─┤                      飯塚 10−7 小倉工
東筑紫学 ─┐ . .┃    . .┃ . .┌─ 小倉工業  【準決勝】  北九州 3−6 折尾愛真
        ┏━┛    . .┗━┓                   飯塚 8−6 小倉
折尾愛真 ━┛          . .┗━ 飯塚高校  【決勝】    飯塚 9−12 折尾愛真

3季連続出場を目指した東筑が初戦(2回戦)敗退、さらに春の九州王者・九州国際大付も2回戦敗退。
大会序盤から本命格が早々に姿を消した混戦の北福岡を打撃で制したのは折尾愛真だった。
5番・野元の6お誕生日を含むチーム10お誕生日の猛打で初の分割開催にして初の聖地行きを勝ち取った。
飯塚は6年ぶりの復活ならず。ベスト4の小倉も62年ぶりの復活はお預け。同じく4強入りの北九州の健闘も光った。


*南福岡


筑陽学園 ─┐          . .┌─ 東福岡高  【準々決勝】 九産大九州 5−2 筑陽学園 (延長12回)
        ┏━┓    . .┏━┓                   久留米商 10−13 香椎
九産九州 ━┛ . .┃ . .┃  ┃ . .┗━ 沖学園高           沖学園 4−3 東福岡
           ├─┗━┛                      福岡大大濠 8−1 大牟田 (7回コールド)
久留米商 ─┐ . .│    . .│ . .┌─ 大牟田高  【準決勝】  香椎 2−5 九産大九州
        ┏━┘    . .└━┓                   沖学園 8−5 福岡大大濠
香椎高校 ━┛          . .┗━ 福大大濠  【決勝】    沖学園 1−0 九産大九州

沖学園がノーシードから上位校を次々に撃破し初の聖地行き。初の南北開催はともに甲子園初出場校の戴冠となった。
過去に1991、2007、2008年と3回涙を飲んだ決勝の舞台、4度目の挑戦でついに悲願を勝ち取った。
2戦目の西日本短大付から九産大九産東福岡福岡大だいごう大濠、そして決勝と甲子園経験校5連戦を潜り抜けた。
2015年センバツで死刑の異名をとった九産大九州も夏は17年ぶりの復活を目指したがホームが遠かった。


*佐賀


唐津商業 ━┓          . .┏━ 有田工業  【準々決勝】 佐賀学園 2−10 唐津商 (8回コールド)
        ┗━┓    . .┌━┛                   鳥栖商 4−6 龍谷
佐賀学園 ─┘ . .┃ . .┃  │ . .└─ 唐津工業           有田工 4−2 唐津工
           ├─┗━┓                      佐賀商 3−2 鳥栖
鳥栖商業 ─┐ . .│    . .┃ . .┌─ 鳥栖高校  【準決勝】  唐津商 10−0 龍谷 (6回コールド)
        ┏━┘    . .┗━┓                   有田工 3−6 佐賀商
龍谷高校 ━┛          . .┗━ 佐賀商業  【決勝】    唐津商 2−5 佐賀商

1994年の全国覇者・佐賀商が2008年夏以来となる10年ぶり、久しぶりとなる甲子園出場権を勝ち取った。
甲子園での最後の勝利は2000年センバツ。かつて全国の頂点を極めた名門がまずは21世紀初勝利を掴みに行く。
2年ぶりの復活を目指した唐津商は、決勝でも一時は追いつく粘りを見せたが及ばなかった。
春夏連続出場を目指した21世紀枠・伊万里は初戦(2回戦)で、連覇を目指した早稲田佐賀は3回戦で脱落。

*長崎


長崎商業 ━┓          . .┏━ 佐世保工  【準々決勝】 佐世保実 5−7 長崎商
        ┗━┐    . .┌━┛                   長崎東 3−13 海星 (6回コールド)
佐世保実 ─┘ . .│ . .┃  │ . .└─ 鎮西学院           鎮西学院 2−3 佐世保工
           ├─┗━┓                      創成館 4−0 長崎日大
海星高校 ━┓ . .┃    . .┃ . .┌─ 長崎日大  【準決勝】  海星 5−4 長崎商
        ┗━┛    . .┗━┓                   創成館 7−1 佐世保工
長崎東高 ─┘          . .┗━ 創成館高  【決勝】    創成館 6−1 海星

神宮準優勝でセンバツベスト8の創成館が5試合でわずか3失点と鉄壁の守りで頂点の座を極めた。
お家芸は継投策ではあるが、決勝戦ではエース格の川原が完投と、ここにきて策の幅を広げている。
県勢最多となる18回目の夏の甲子園を目指した海星は準決勝で4点差をひっくり返す粘りも決勝では発揮されず。
連覇を狙った波佐見、創成館不在の春の県を制した長崎総科大付はともにベスト16で姿を消した。


*熊本


必由館高 ━┓          . .┏━ 東海星翔  【準々決勝】 八代 9−10 必由館
        ┗━┐    . .┏━┛                   東稜 0−8 熊本工 (7回コールド)
八代高校 ─┘ . .│ . .┃  ┃ . .└─ 熊本国府           熊本国府 3−12 東海大星翔 (7回コールド)
           ├─┗━┛                      有明 0−2 球磨工
東稜高校 ─┐ . .┃    . .│ . .┏━ 球磨工業  【準決勝】  熊本工 22−3 必由館 (7回コールド)
        ┏━┛    . .└━┛                   東海大星翔 9−2 球磨工 (7回コールド)
熊本工業 ━┛          . .└─ 有明高校  【決勝】    東海大星翔 6−4 熊本工

秋・春と県の決勝を戦った文徳九州学院が揃って初戦敗退。さらに3連覇を狙った秀岳館もベスト16で力尽きる波乱の展開。
荒れた大会を勝ち上がったのはノーシードの東海大星翔。東海大二時代以来、実に35年ぶりとなる復活を果たした。
決勝ではエース・山下が打球直撃のアクシデントを乗り越えて完投。初戦で九州学院を食った勢いは最後まで衰えなかった。
名門・熊本工も秀岳館を倒すなど存在感を発揮したがあと一歩及ばず。今年度で閉校の多良木は健闘及ばずベスト16で歴史に幕を下ろした。


*大分


明豊高校 ━┓          . .┏━ 佐伯鶴城  【準々決勝】 日田林工 5−7 明豊
        ┗━┐    . .┌━┛                   情報科学 1−2x 柳ヶ浦
日田林工 ─┘ . .│ . .┃  │ . .└─ 鶴崎工業           佐伯鶴城 5−3 鶴崎工
           ├─┗━┓                      津久見 4−11 藤蔭 (7回コールド)
柳ケ浦高 ━┓ . .┃    . .┃ . .┏━ 藤蔭高校  【準決勝】  柳ヶ浦 10−4 明豊
        ┗━┛    . .┗━┛                   佐伯鶴城 7−9 藤蔭
情報科学 ─┘          . .└─ 津久見高  【決勝】    柳ヶ浦 0−1 藤蔭

古豪同士の対戦となった決勝は1−0というひりつく投手戦に。これを制した藤蔭が28年ぶりの復活を決めた。
準々決勝の津久見、準決勝の佐伯鶴城も含め立て続けに古豪を撃破。他の古豪の夢を乗せての聖地行きとなりそうだ。
2003年以来、15年ぶりの夏の甲子園を目指した柳ヶ浦は1点が遠く今回の復活はお預けに。
6度目となる連覇への挑戦だった明豊は4強止まり。今回も連覇はならず、なかなか呪縛が解けない。


*宮崎


宮崎工業 ━┓          . .┏━ 日南学園  【準々決勝】 宮崎工 3−1 宮崎日大
        ┗━┐    . .┏━┛                   日章学園 6−2 聖心ウルスラ
宮崎日大 ─┘ . .│ . .┃  ┃ . .└─ 都城東高           都城東 3−5 日南学園
           ├─┗━┛                      小林西 0−4 富島
日章学園 ━┓ . .┃    . .│ . .┌─ 小林西高  【準決勝】  日章学園 8−0 宮崎工 (8回コールド)
        ┗━┛    . .└━┓                   富島 4−6 日南学園
ウルスラ.. ─┘          . .┗━ 富島高校  【決勝】    日章学園 8−11 日南学園

シーソーゲームとなった決勝戦を制したのは日南学園。9度目の出場は都城を抑え、県内単独トップとなった。
日章学園は序盤のリードを守り切れず、16年ぶり2回目の甲子園は目の前で逃す格好に。
センバツ出場の延岡学園は初戦で延長戦の末敗退。富島はベスト4で日南学園に屈しともに春夏連続出場ならず。
さらに、連覇を狙った聖心ウルスラもベスト8敗退。宮崎に残る連覇の呪いはとうとう平成の間に解かれることはなかった。



*鹿児島


鹿児島実 ━┓          . .┌─ 樟南高校  【準々決勝】 指宿商 0−1 鹿児島実
        ┗━┓    . .┏━┓                   鹿児島 3−4 鹿屋農
指宿商業 ─┘ . .┃ . .┃  ┃ . .┗━ 鹿屋中央           鹿屋中央 1−0 樟南
           ┗━┛─┤                      鹿児島南 9−7 加治木
鹿屋農業 ━┓ . .│    . .│ . .┏━ 鹿児島南  【準決勝】  鹿児島実 13−2 鹿屋農 (6回コールド)
        ┗━┘    . .└━┛                   鹿屋中央 2−0 鹿児島南
鹿児島高 ─┘          . .└─ 加治木高  【決勝】    鹿児島実 9−1 鹿屋中央

徐々に打線が調子を上げてきた鹿児島実が3年ぶりに全国の舞台に。また鹿実のドンに会えるかもしれない。
エースの吉村は準々決勝の完封、決勝の1失点完投などここに来てメキメキ成長。全国でどこまで通用するか楽しみだ。
樟南を退けるなどして決勝にコマを進めた鹿屋中央だったが、4年ぶりの甲子園出場はならなかった。
不祥事による対外試合禁止処分が大会直前まであったのが響いたか、神村学園は初戦で姿を消す形に。


*沖縄


美来工科 ─┐          . .┏━ 興南高校  【準々決勝】 糸満 6−3 美来工科
        ┏━┓    . .┏━┛                   沖縄尚学 5−6x 北山
糸満高校 ━┛ . .┃ . .┃  ┃ . .└─ 那覇高校           興南 4−3 那覇
           ├─┗━┛                      中部商 6−9 嘉手納
沖縄尚学 ─┐ . .│    . .│ . .┌─ 中部商業  【準決勝】  北山 2−6 糸満
        ┏━┘    . .└━┓                   嘉手納 2−7 興南
北山高校 ━┛          . .┗━ 嘉手納高  【決勝】    興南 5−0 糸満

県内最多をさらに更新する12度目の夏の甲子園出場を興南が勝ち取った。決勝はエース・宮城が圧巻の完封劇。
糸満は2014、2015年に続きこれで夏の決勝は3連敗。興南には昨年も準決勝で敗れており2年連続で道を絶たれることに。
春の県大会を制して注目されたKBC学園未来沖縄だが、ベスト16でタイブレークの末に敗れ初の甲子園はお預け。
その他では、沖縄尚学を破って実に38年ぶりにベスト4まで勝ち残った北山の健闘が光る大会となった。


.
2019年08月11日(日) 10:48:37 Modified by ktp625




スマートフォン版で見る