このウィキの読者になる
更新情報がメールで届きます。
このウィキの読者になる
カテゴリー
最近更新したページ
最新コメント
VIP的19夏選抜チーム by 名無し(ID:UGsB5MMxfw)
19夏用語解説 by 名無し(ID:3yUHMey5ag)
19夏選手とエピソード by 名無し(ID:DwOQM21Rhg)
19夏用語解説 by 名無し(ID:UGsB5MMxfw)
19夏試合結果 by 名無し(ID:SHILu9ppyw)
FrontPage by (´・ω・`)
FrontPage by 名無し
Menu

19夏試合結果

第一日 (8月6日)
  第一試合 八戸学院光星(青森) 9−0 誉(愛知)
  第二試合 佐賀北(佐賀) 2−7 神村学園(鹿児島)
  第三試合 高岡商(富山) 6−4 石見智翠館(島根) (延長10回)

第二日 (8月7日)
  第一試合 履正社(大阪) 11−6 霞ヶ浦(茨城)
  第二試合 静岡(静岡) 1−3 津田学園(三重)
  第三試合 星稜(石川) 1−0 旭川大(北北海道)
  第四試合 秋田中央(秋田) 0−1 立命館宇治(京都)

第三日 (8月8日)
  第一試合 米子東(鳥取) 1−8 智弁和歌山(和歌山)
  第二試合 明徳義塾(高知) 6−4 藤蔭(大分)
  第三試合 前橋育英(群馬) 5−7 国学院久我山(西東京)
  第四試合 敦賀気比(福井) 5−1 富島(宮崎)

第四日 (8月9日)
  第一試合 花巻東(岩手) 4−10 鳴門(徳島)
  第二試合 飯山(長野) 1−20 仙台育英(宮城)
  第三試合 習志野(千葉) 5−4 沖縄尚学(沖縄) (延長10回)
  第四試合 高松商(香川) 4−6 鶴岡東(山形)

第五日 (8月10日)
  第一試合 日本文理(新潟) 6−10 関東一(東東京)
  第二試合 熊本工(熊本) 3x−2 山梨学院(山梨) (延長12回)
  第三試合 岡山学芸館(岡山) 6−5 広島商(広島)

第六日 (8月11日)
  第一試合 筑陽学園(福岡) 3−5 作新学院(栃木) (延長10回)
  第二試合 東海大相模(神奈川) 6−1 近江(滋賀)
  第三試合 中京学院大中京(岐阜) 4−3 北照(南北海道)
  第四試合 花咲徳栄(埼玉) 3−4 明石商(兵庫)

第七日 (8月12日)
  第一試合 宇和島東(愛媛) 3−7 宇部鴻城(山口)
  第二試合 海星(長崎) 3−2 聖光学院(福島)
  第三試合 智弁学園(奈良) 8−10 八戸学院光星(青森)
  第四試合 神村学園(鹿児島) 3−4 高岡商(富山)

第八日 (8月13日)
  第一試合 履正社(大阪) 7−3 津田学園(三重)
  第二試合 星稜(石川) 6−3 立命館宇治(京都)
  第三試合 智弁和歌山(和歌山) 7−1 明徳義塾(高知)
  第四試合 国学院久我山(西東京) 3−19 敦賀気比(福井)

第九日 (8月14日)
  第一試合 鳴門(徳島) 5−8 仙台育英(宮城)
  第二試合 習志野(千葉) 5−9 鶴岡東(山形)
  第三試合 関東一(東東京) 6−5 熊本工(熊本)

第十日 (8月16日)
  第一試合 岡山学芸館(岡山) 0−18 作新学院(栃木)
  第二試合 東海大相模(神奈川) 4−9 中京学院大中京(岐阜)
  第三試合 明石商(兵庫) 3x−2 宇部鴻城(山口) (延長10回)
  第四試合 海星(長崎) 6−7x 八戸学院光星(青森)

第十一日 (8月17日)
  第一試合 高岡商(富山) 4−9 履正社(大阪)
  第二試合 星稜(石川) 4x−1 智辯和歌山(和歌山) (延長14回)
  第三試合 敦賀気比(福井) 3−4 仙台育英(宮城)
  第四試合 鶴岡東(山形) 6−7x 関東一(東東京) (延長11回)

第十二日 (8月18日)
     準々決勝
  第一試合 明石商(兵庫) 7−6 八戸学院光星(青森)
  第二試合 中京学院大中京(岐阜) 6−3 作新学院(栃木)
  第三試合 星稜(石川) 17−1 仙台育英(宮城)
  第四試合 履正社(大阪) 7−3 関東一(東東京)

第十三日 (8月20日)
      準決勝
  第一試合 履正社(大阪) 7−1 明石商(兵庫)
  第二試合 中京学院大中京(岐阜) 0−9 星稜(石川)

第十四日 (8月22日)
  決  勝 履正社(大阪) − 星稜(石川)



第一日
第一試合 八戸学院光星(青森) 9−0 誉(愛知)
上空から投下された始球式の球を左翼手坂又が捕球、そして元プロ選手・井端氏の始球式から始まった開幕戦。その始まりはド派手だった。
誉先発の杉本は初回から制球が定まらず、先頭に令和初のすないぽ。令和初のメイデンを挟んでさらに令和初のよんたま、もうひとつすないぽで二死満塁という令和初のマリア様ピンチを招く。
ここで八学光星・下山が2球目を強振。浜風と逆の左からの風にうまく乗った打球は左翼スタンドの深いところへ飛び込み、令和初のお誕生日はなんとグランドスラムとなった。
八学光星はさらに4回、立ち直りかけた杉本から令和初の単打とメイデンで好機を作ると、プロ注遊撃手武岡の適時打で追加点を挙げる。
その裏、誉も史上初安打と史上初メイデンで好機を作るも、武岡の好守に阻まれ得点ならず。誉打線は八学光星先発の後藤に5回をわずか1安打に封じられる。
6回、誉は杉本から山口へ継投するが、すないぽとよんたまでピンチを招くとまたもや武岡に中堅手頭上を抜かれ、あわやお誕生日という適時三塁打でさらに失点。近藤の最低限で武岡も還って7-0と傷口を広げてしまう。
7回、誉は二死後、前の回に継投した山田を連打で攻めて三塁に進めたが、山口がみのさんに切って取られる。
すると直後の8回、八学光星はここまで3すないぽの島袋と近藤の連続二塁打で追加点。 さらに原の通天閣打球を始球式キャッチの坂又が見失い、3者連続二塁打。続く大江の最低限でもう1点加え9-0。
その裏の誉は、内田が史上初の長打で好機を演出するも生かせず。9回も得点圏に走者を進めながら最後は右飛で万事休す。
2投手で7すないぽと破壊神になってしまった誉は、友情応援にやってきた光星キラー・東邦ブラバンの戦闘開始も空しく初戦敗退となった。

第二試合 佐賀北(佐賀) 2−7 神村学園(鹿児島)
12年前の「がばい旋風」のエース・久保が監督となって帰ってきた佐賀北。
だが、初回に野選、メイデン処理のやらかし、さらにもう1つやらかし。
神村は適時打無しで3点を先制。守りのチームのはずの佐賀北にガバい守りが出てしまう。
一方、得点にはつながらないものの毎回走者を出し続けていた佐賀北は、5回に連打と最低限で1点を返すと、6回にも主将江藤の長打で1点を返す。
ジワジワと点差を詰め、6回には二塁手久保の超ファインプレーも飛び出し反撃ムードが整った、ように思われた。
ところが7回に再びガバい旋風襲来。右前打を右翼手がまさかのトンネルで令和初のゴルフ場建設。打者走者まで生還してしまい致命的な2点を失った。
なんとか取り返したい佐賀北だったが、終盤には打線も冷温停止。12年ぶりの甲子園での勝利とはならなかった。
結局最初から最後までソツなく試合を進めた神村が初戦突破。初回に打球の直撃を受けた田中瞬が無事に投げ切った。

第三試合 高岡商(富山) 6−4 石見智翠館(島根) (延長10回)
序盤は高岡商ペース。初回に智翠館先発の迫広の制球が定まらずに中出しよんたまで先制。
2回には高岡商の名将・吉田監督の采配が的中。主将森田が追い込まれると、攻撃のタイムを発動し何事かアドバイス。
森田は直後のアウトコースの球を流し打つと、打球は左翼ポールを直撃。お誕生日で2点を追加と着実にリードを広げていく。
投げては右サイドハンド・荒井が要所を締めて4回までを無安打投球で乗り切る。
智翠館の反撃ののろしは、この試合注目されていた関山兄弟からあがった。
5回にチーム初安打を弟の和(なごみ)が放つ。これは得点につながらなかったが、
6回に兄・愛瑠斗(アルト)の安打を足掛かりに満塁の好機を作ると、打席には再び和。
右前適時打を放ち1点を返すが、2人目の走者は高岡商の右翼手・堀が好返球で本塁刺殺。
さらに直後の7回に高岡商は5番・藤井の左前打の打球処理にもたつく間に1点を取り返し主導権を渡さない。
このままガイヤノサで試合が終わるかに思えたが、智翠館の粘りは驚異的だった。
8回に1点を返して2点差とすると、9回には代打攻勢。代打すないぽと代打安打、守備固めから登場の東田も初打席で安打と続き一死満塁と攻め立てると、
主将アルトが左前へ値千金の同点2点適時打。土壇場でついに智翠館が同点に追いつく。
ここで高岡商・吉田監督は継投を決断、一死一二塁と一打サヨナラの場面で右翼手・堀をマウンドに召喚。
この采配が的中し内野ゴロ2つでピンチを切り抜け、試合は令和初の延長戦に突入。
すると10回、高岡商は3番手名田を攻め立て一死一二塁の好機。
ここでまたしても吉田采配が発動、メイデンを命じて二死にしてでも走者を進め、主将・森田に全てを託す。
すると森田がしっかり監督の期待に応え、右翼線へ勝越2点適時打。なんとこれでこの試合3安打4打点1HRの大活躍。
その裏の智翠館は先頭が出塁。嫌な流れになりかけたところで4度目の吉田采配。2番手堀を諦め、地方大会わずか1回しか投げていない松代を投入。
松代は三塁まで走者を進めながらも無失点で踏ん張り高岡商が2年連続の初戦突破とあいなった。
一方の石見智翠館は、関山兄弟を中心に粘りを見せたものの、島根に7年ぶりの勝利は届けられず。
県勢の春夏通算勝率もとうとう3割を割ってしまった。


第二日
第一試合 履正社(大阪) 11−6 霞ヶ浦(茨城)
霞ヶ浦は両プロ注目の好投手鈴木を擁し、一方の履正社も大阪大会のチーム防御率が0点台ということで投手戦が予想されていたこの試合だったが、
蓋を開けてみれば壮絶な花火大会となった。
鈴木の立ち上がりを捉え、履正社の切り込み隊長・桃谷が右翼スタンドに叩き込むと4番井上にも一発が飛び出し中継が始まるまでに2HRで2得点。
履正社は2回には霞ケ浦のやらかしも絡めて追加点を奪うと、3回には下位打線の野上にもお誕生日。
7点を奪って鈴木を3回途中でKO。鈴木は一躍柿田賞有力候補へと名乗りを上げた。
さらには5回に西川のお誕生日が飛び出すと、9回には桃谷がこの日2本目のお誕生日。
霞ケ浦も3回に天野のお誕生日で1点を返し、6回には履正社・清水を捉えて4点を返すがあと1本が出ない。
最終的には12安打6四球をもらうも12残塁2併殺でことごとくチャンスをつぶした。
履正社の1試合5お誕生日は2006年、あの伝説の馬鹿試合の智弁和歌山VS帝京の智弁和歌山に並ぶ大会タイ記録となった。
履正社が「打って打って打ちまくる」と宣言した通り、猛打で霞ケ浦をねじ伏せた。

第二試合 静岡(静岡) 1−3 津田学園(三重)
大正・昭和・平成・令和のすべてで甲子園出場を果たしている伝統校・静岡と、春センバツの雪辱を期す津田学園の一戦。
NHK・沢田石アナのやらかしで始まったこの試合は、今大会初めて初回に点が入らず僅差の守り合いに。
津田学園は2回に世直し安打などでチャンスを作ると、エース・前がジエンゴの2点適時二塁打。
3回にも1点を追加し、静高エースの静ちゃんこと松下をKO。
が、静岡は代わった2年生・松本が好投。再三走者は背負うもあと一本を許さない。
静岡は攻撃でも自慢の機動力で4盗塁と津田学園・前にプレッシャーをかけるが、ダメイデンなど要所でやらかしてこちらもあと一本が出ない。
静岡は8回にようやく4番・小岩の適時打で1点を返すも反撃はここまで。
前は160球で9回を投げ抜き令和初となる10桁奪三振も達成。
沢田石アナのやらかし連発をよそに、両校無失策という締まった一戦となった。
保育、世直し、アマダーを擁する津田学園は、
ライネ、和音(あのん)、鈴木総帥を擁する静岡との珍名さん対決を制し、春センバツで成し得なかった初戦突破。
この日誕生日を迎えた佐川監督に最高のプレゼントを贈って2回戦にコマを進めた。

第三試合 星稜(石川) 1−0 旭川大(北北海道)
優勝候補・星稜のエース奥川を旭川大がどこまで崩せるかに注目が集まった一戦。
奥川は立ち上がりから早速150km/h台を連発し三者連続三振とフルスロットル。
星陵打線も奥川に応え2回表、一死二三塁からスタメンに抜擢された大高の右前適時打で1点を先制。
しかし直後のスク水は旭川大の先発・能登がとっさのウエストで走者を三本間で挟殺、最少失点で切り抜けた。
2回以降は星稜・奥川、旭川・能登の息の詰まる投手戦となっていく。
特に旭川大・能登は幾度となくピンチを背負うもののここ一番で適時打を許さない粘りの投球。
能登の好投に旭川大ナインも守備で応える。8回二死一二塁では右前打で二塁走者が本塁を狙うも右翼手・樋口がストライク返球で本塁刺殺。2点目を許さない。
一方で打線は湿りがち、5回以降は変化球主体に切り替えた奥川の前に無安打と沈黙。右方向へ大飛球は何度もあったものの強烈な浜風に阻まれグラブに収まってしまった。
結局2回に挙げた1点を奥川が守りぬいた星陵に軍配、旭川大はまたしても初戦の壁に跳ね返された。
しかし優勝候補とも目される星稜に大善戦を繰り広げた旭川大に球場、スレから惜しみない拍手が贈られた。

第四試合 秋田中央(秋田) 0−1 立命館宇治(京都)
立命館宇治は37年ぶり、秋田中央は45年ぶりという昭和から平成を飛び越え令和に戻ってきた出場校同士の対戦となった。両校とも現校名では初出場である。
序盤から中盤にかけてはまったく動かず0行進が続く。
秋田中央は6回までわずか2安打、立命館宇治は6回以外すべてのイニングで先頭が出塁するも一死二塁からあと一本が出ない拙攻。
スレでも話題が野呂田の貫録くらいしか無くなり始めた7回にようやく試合が動いた。
きっかけを作ったのは7回表の秋田中央の攻勢。先頭からよんたま、メイデン崩れのラッキー安打、よんたまで無死満塁、初めてチャンスらしいチャンスを迎える。
さすがに先制かと思いきや、ここで神がかり的な投球を見せたのは立命館宇治先発の高木。
まずは投ゴロを打たせ本塁封殺で一死満塁、続く打者は前進守備の遊撃手の好判断で6-4-3の併殺で絶体絶命のピンチを切り抜けた。
この攻防で流れは完全に立命館宇治へ。
その裏、いつものように先頭が出てメイデンで送り一死二塁とお決まりの形を作り、実況にも「ここまでは良いんですが」と煽られる。
続く3番上田の打球は二遊間へ飛んで、二塁手が正面に回り込んで捕球体制に入った。が、ここで痛恨のトンネル
外野のバックアップがもたつく間に二塁走者が生還し立命館宇治が25イニング目にして夏の甲子園史上初得点を挙げて先制。
どうにか追いすがりたい秋田中央だったが高木の前に打線が振るわずそのままゲームセットなってしまった。
立命館宇治が貧打戦投手戦を制して星稜との2回戦に駒を進めた。




第三日
第一試合 米子東(鳥取) 1−8 智弁和歌山(和歌山)
第一試合はマモノスレ諸兄お待ちかねの智辯和歌山と今年も初戦で強豪にぶつかった鳥取代表米子東の対戦。
序盤はお互い3939の投手戦。米子東森下が絶妙に智弁打線のタイミングをはずすと、対する智辯和歌山の池田ァ!は直球中心の力で押す投球。
両チーム守備陣も攻守連発で投手を盛り立てる。今年の智辯和歌山は智辯和歌山なほうの智辯和歌山な様子。
4回裏、智辯和歌山は先頭細川のチーム初安打のタイミングで、ジョックロックを発動する。
少し早めの魔曲発動に住民が困惑する中、細川のトゥギャで得点圏に走者をおいたところで6番東妻の三遊間を抜ける適時打で先制。
ここまで好守備の米子東にも守備の乱れが出るなど令和になっても魔曲の威力は健在のようだ。
しかし例年のように初戦でいいようにやられる気はない米子東、6回の表に先頭諸遊が安打で出塁すると、ランエンドヒットの実質メイデンで二塁へ進んで打席には2番山内。
前進守備の中前へ抜けたあたりを智辯和歌山・細川が懸命の返球も間に合わず、33年ぶりの甲子園での得点で1-1の同点に追いついた。
さらにここから智辯和歌山な守備もあり一死満塁までチャンスを広げるものの、福島三振、土岐も遊ゴロでZGSに終わる。
するとその裏、二死走者なしから智辯和歌山の猛攻が始まった。ここまで2よんたまの根ゴロが右前打で出塁すると、続く東妻が中越え適時三塁打。2打席連続適時打で再びリードを奪う。
さらによんたまを挟んで池田ァ!のジエンゴ。好守の綾原にも適時打が生まれ、米子東森下を引きずり下ろした。
さらに続く7回も二死走者なしから安打とすないぽで一二塁としたところで、米子東は右翼手の土岐をマウンドへ。
しかし代わり端に東妻が3打席連続となる中前打。これを米子東の中堅手・山内が返球した際に足が攣ってしまい、公式お水タイムが挟まれる。
それでも智辯打線の流れは途切れなかった。途中出場の佐藤が中前へ2点適時打、そして池田ァ!が再びのジエンゴ。この回も3点を加え7-1とした。
この6回7回の攻撃は魔曲抜きで奪ったものであり、『智辯本来の攻撃力』が垣間見られた。
8回にもシロクマから1年生4番・徳丸の適時打で突き放した智辯和歌山が、レベルの高い野球の中にやっぱりちょっとした智辯和歌山を挟んで2回戦進出を決めた。

第二試合 明徳義塾(高知) 6−4 藤蔭(大分)
第二試合は今大会最年長の馬淵監督率いる明徳義塾と最年少の竹下監督率いる藤蔭の対戦。
序盤は両高校静かな立ち上がり。スレではパワーアップして帰ってきた明徳楽団で盛り上がる。
ようやくプピーになれてきたか、4回表に明徳義塾はすないぽで綻んだ藤蔭先発・小宮の隙を見逃さない。
奥野の長打と今釘の適時打で二点先制に成功。強豪校らしい盤石の攻めを見せる。
一方藤蔭はクリンナップが3球で片づけられるなど、明徳義塾エース・林田のテンポのいい投球に翻弄され自分たちの打撃ができない。
6回には4回と同様4番安田へのすないぽから打線に火が付く。小泉今釘の適時打含む2犠打4安打で4得点と突き放す。
しかしその裏、代打の川上の安打から勢いづく藤蔭は、ダメイデンなど拙攻はあったものの江口、樋口、塚本の執拗な左翼手狙いで3点獲得。
朝倉にも適時打が飛び出し、表の4失点すかさず取り戻す。
なんとか突き放して安全圏に逃げたい明徳義塾だったがリリーフで投入された藤蔭・片平の前に沈黙。緊迫した試合が続く。
藤蔭はここで追撃といきたいところだがこちらも明徳義塾のリリーフ・山田に抑え込まれ、ついに2点を追ったまま最終回二死。
藤蔭はラストバッターに代打・栄楽を投入。思い出代打かと思われたが栄楽は左前打で望みをつなぐ。
するとここまで無失策と堅い守備を誇った明徳義塾にも焦りが出て遊撃手・米崎がゴロをファンブル。同点の走者を出塁させてしまう。
ここ数年終盤でマモノの襲撃に合ってきた明徳義塾。今年もマモノに呑まれるのかと思われたが、ここで先ほどマモノに憑かれた米崎が好捕でゲームセット。
明徳義塾は強豪らしい堂々とした勝ち上がりで二回戦へ。馬淵監督はこれで甲子園51勝目。歴代勝利数4位タイに並んだ。
敗れた藤蔭は今年も湯豆腐どまり。いつの日かすき焼きを大いに味わう日が来ることを祈るばかりである。

第三試合 前橋育英(群馬) 5−7 国学院久我山(西東京)
関東同士の対決は1、2試合目とは対照的に序盤から試合が動く。
国久我山は先頭打者の安打からメイデン、内野安打でチャンスを作るも無得点。
一方前橋育英は初回トゥギャって作ったチャンスを適時打で返し先制。まさにRun and Go.
前橋育英は2回には一塁手の取りそこなった送球を打者走者が蹴飛ばしてしまう珍プレー。流石はサッカーの名門校である。その間にさらに1点を追加。
この回でもトゥギャるなど群馬県勢得意の機動力で揺さぶりをかけていく。
やらかしからの失点でなおもピンチという嫌な場面だったが左翼手坂口の好捕で傾きかけた流れを引き寄せるとこれを機に国久我山の反撃が始まる。
先頭から青木西川岡田の3連打で電光石火の1点。さらに神山の最低限で試合を振り出しに戻した。
ここからは両校好守が飛び出し、お互い攻めまくるも寸前で踏みとどまるつばぜり合い。
均衡を破ったのは5回裏、連打でピンチに陥った国久我山のバッテリーミスによる失点。久々にスレに踊るKUGAYAMAの文字。
その後名物高速アルプスに後押しされるように梶塚にジエンゴ適時打が飛び出し再び2点差。
6回には両校に悪送球からの失点が重なり点差は変わらないままご退散5-3。
このままやらか試合と化すかと思われた7回表。自らの力で勝利への道を切り開いたのは国久我山であった。
二死走者なしから2番〜6番の上位打線が怒涛の5連打。あっという間に3点を奪い6-5と逆転に成功。
勢いそのままに7回を無失策で切り抜けた国久我山は8回にも連打でチャンスをつかむとエース高下のジエンゴ内野安打で追加点を挙げ7-5。
しかし西川のルンバでさらなる追加点とはならなかった。やはりなんとも締まらない展開。
ここまで相手のミスを上手く突いて得点してきた前橋育英だったが、7回以降は落ち着いた守備を見せた国久我山に付け入るスキを与えてもらえずゲームセット。
全体的に単打構成だが拙攻も多いやらか試合。好守も多く出たが失策も多く出るといったモヤモヤした試合だったが、集中打で攻め立てた国久我山が史上初の2回戦進出を決めた。

第四試合 敦賀気比(福井) 5−1 富島(宮崎)
4試合目の序盤は静かな立ち上がり。
富島は地方大会で自責0ながら失点5ということで守備が心配されたが、そんな心配もなんのその。
富島の黒木バッテリーはコーナーを広く使う投球で敦賀気比を翻弄。
遊撃手の松浦は3回に一人で3つのアウトを捕るなどバックもこれに応える活躍をみせ、智弁とみやまを返上せんとする勢いが見られる。
敦賀気比の守備陣も負けてはいない。初回からさっきの試合とは打って変わって地味展開ながらも好守に大いに盛り上がるマモノスレ。
しかし4回の表、三塁手の悪送球で内野安打を二塁打にされ、さらに走者を進められた場面でエース黒木がARAKAKI。
気を抜いた瞬間智弁とみやま化し先制は敦賀気比に入った。
しかしその裏、1回に好守を見せた松浦が一塁手真っ正面の凡打を自慢の快足を飛ばして内野安打に変えてしまう。この走力にはスレ民も唖然。
初球からトゥギャってあれよあれよと三塁まで進み、二死一三塁となったところで重盗を敢行。
三本間に挟まれるも異次元の加速で捕手のタッチをかいくぐり、なんとほぼ自身の足だけで同点に追いてしまう。まさに走塁マニア失禁不可避の松浦劇場である。
なお、同時に重盗を敢行した黒木は欲張ったため三塁で憤死。この智弁とみやまが!
しかし、松浦が一人気を吐いた直後の5回表、左翼手の落球により再び勝ち越されるという本当に智弁とかいって笑ってられないような状態に。
その後も松浦以外のメンバーが怪しい守備を披露し続ける中、敦賀気比は徐々にエース黒木の球を捕らえ始める。
5回にはやらかし得点後に御簗の適時打、6回には木下高原のクリンナップの連打でさらに得点し4-1と差を広げる。
8回にも上位打線の連打によりついに黒木降板。ジェットストリームアタックのほころびをつくように木下の強烈な投ゴロ間にさらに1点追加。
4点差で最終回を迎えた富島。ここでも希望の一撃を放ったのは松浦。あわやお誕生日かという長打間に自慢の快足を飛ばし一気に三塁打。
最後の反撃にかけるも後続は三振に倒れゲームセット。しかし最後まで松浦劇場は満員御礼であった。
松浦高校...、もとい富島高校は智弁とみやまの汚名を返上できずに敗退。来年こそスレで正式な高名を呼んでもらえるようにがんばっていただきたい。
敦賀気比は好守ともにレベルの高い野球で二回戦へ。松浦に食われたためいかんせん地味な印象だが次は本領を発揮しド派手に行きたいところ。


第四日
第一試合 花巻東(岩手) 4−10 鳴門(徳島)
公立高校の試合が4戦続く大会4日目は常連校同士の一線で幕を開ける。
初回から鳴門高校は塩唐松のピリ辛先頭安打で出塁。ダメイデンを挟みつつも後続がよんたま出塁で満塁になったところで藤中のクリーンヒットでいきなりの先制。
エース温存作戦の出鼻を叩かれた花巻東。得意の手堅い攻撃で走者を送るも鳴門エース西野のここぞを締める投球に得点を許してもらえない。
3回の花巻東はよんたマシンの様相を見せ始めた先発・中森からエース・西舘に早めの交代。しかしここでも投手の立ち上がりを逃さない渦潮打線。
長打からのメイデンと最低限で花巻東のお株を奪うようなような手堅い攻撃で3点目。
中盤の5回、エース西舘がよんたまと自身のやらかしで満塁のピンチを背負うとクリンナップ・原田の長打と西野の最低限ジエンゴで0-7と大きく引き離す。
しかしその裏、まるでリプレイのようによんたまとやらかしで今度は鳴門に満塁のピンチ。ここで花巻東の大砲中村に長打が出て2得点。徐々に相手に迫る花巻野球が始動。
その後試合は膠着状態。試合が動いたのは8回。鳴門のクリンナップの田口、浦、宮崎の3連打で2点を奪い再び7点差。
しかし地方大会では毎試合8回にいろいろやらかしてきた今年の鳴門。案の定その裏には三塁手の悪送球で1点を失ってしまったが大量失点は防ぐ。
9回、鳴門は塩唐松のいぶし銀の死体蹴りで再び7点差。後がない花巻東だったが本日大当たりの向久保があわやお誕生日の三塁打で出塁しいきなりのチャンス。
続く高橋の左前適時打で反撃ののろしを上げるも5ちゃんねるのCloudflare騒動に巻き込まれたマモノを呼び寄せることができず反撃もここまで。
エース西野は150球完投でコケかけながら完投勝利のガッツポ。渦潮打線がみごとに繋がった鳴門高校が雪辱を果たし2回戦に進出した。

第二試合 飯山(長野) 1−20 仙台育英(宮城)
 ∧_∧   ∧_∧
 ( ・ω・)≡つ.;)ω・)    飯山 1−0 仙台育英
 (っ   / (っ   つ
 ( / ̄∪  ( / ̄∪



            仙台育英
            ./    \
            | ^   ^  |     ,..、
           | .>ノ(、_, )ヽ、.|′ _,,r,'-ュヽ
 ビ リ        ! ! -=ニ=- ノ! ,イ彡く,-‐' ゙i,
  __,,, :-―,ァ''" \`ニニ´/゙ア´ ̄`ゝニ'ィ,〉
,:f^三ヲ,r一''^ニ´、、__ l ! ィ彡,ャァ'" ,,..,,、  /lトィヘ
ノ ニ、゙リ  ,..,,   ``ヽ,,,  "´   ゙''ヾミ,r/:.l:.:し′
,ィテ'J´,,..::;;゙i,     ,;,, ;;; ,,;;       ,frア:.l:.:ヾ
リ:.:.:.{'"  ,ィト.     ';;;;;;;;;;;'      ,!;V:.:.ノ:.:.:.:



 ババ   ババ   バババ  ババババ
   ババ ∧_∧ ∧_∧∧_∧バババ
    ∧_∧´・ω・)(´・ω・`)・ω・`∧_∧
   (´・ω・)∧_,∧lll ∪)∧_∧・ω・`)
    ∧_∧ ´・ω∧∪∧(・ω・∧_∧⊂)バババ    飯山 1−20 仙台育英
   (´・ω・)≡つ);;)ω(;;(⊂≡(・ω・`)___\
   (っ  つ=つ(っ  ⊂)⊂=⊂≡ ⊂) \ )
   /∧_∧∧_∧ ∧ ∧_∧∧_∧\バババ
   ( ( ´・ω)(  ´・)(    )`  )(ω・` ) )
  バ(っ  つ/    )(    )   \ ⊂)バババ
 バ /   )`u-u'. バ∪ ̄∪バ`u-u'   \ババ
  ( / ̄∪ ババ バババ ババババ ∪ ̄\ )

第三試合 習志野(千葉) 5−4 沖縄尚学(沖縄) (延長10回)
第三試合は美爆音でおなじみの習志野高校と美指笛でおなじみの沖縄代表沖縄尚学の対戦。
序盤を制したのは習志野。1回には3塁までランナーを進めるも無得点に終わったが、二回にも同じく3塁にランナーを置くと山内がジエンゴタイムリーで先制。
4回には一瞬守備の縺れを確認した習志野の桜井、好走塁とメイデンで三塁に進むとコツコツ野球の権化、スク水性交によりさらに1点追加となる。
さらに連打が飛び出し押せ押せムードの習志野だったが、ここで沖縄尚学の投手が仲村渠から永山へチェンジ。継投策が見事にハマり流れを堰きとめることに成功する。
これに勢いづいた沖縄尚学、4回裏に連打が飛び出しランナーを二人置き、ハイサイおじさんがピュイピュイと鳴り響く中、台湾からの刺客、崔の走者一掃三塁打で同点、さらに奥原のスク水性交で逆転に成功。
しかし習志野は返す刀でよんたま出塁の角田をメイデンで送ったところを今回は1回戦から参戦の根本がすかさずタイムリーで返し同点に。レベルの高い攻走が絡んだ流石の手堅い野球である。
その後両校の好守備や好投により再び訪れた均衡が破れたのは6回裏。ここまで好守連発の習志野角田がやらかしで出塁を許すと、ここでエースの飯塚を投入。
投手の代わり端を好機と見た沖縄尚学、よんたまと崔のサイキックライト前で満塁となったところでハイサイおじさん。ここで奥原がなんとフルカウントの場面で本日二度目のスク水性交。再び逆転に成功する。
これによりエース飯塚お目覚め。ピンチの場面だが後続を完璧に切って取り最低限の失点にとどめる。
後半戦に突入した試合は沖縄尚学の2番手永山の予想外の好投と習志野エース飯塚のエースの風格の投球で投手戦に突入。
いよいよ9回に1点ビハインドで突入した習志野。ヤケクソ気味に流れる爆音のレッツゴー習志野の中、本日先発の山内がH出塁。さらにトゥギャを成功させた事がマモノを呼び寄せたかここまで好守連発の沖縄尚学の内野がまさかのやらかし。
ここで打席に立つは本日やらかした角田。汚名返上となるレフトへのタイムリーを放ち土壇場で習志野は同点に追いつく。
これに応えるようにエース飯塚は6者連続となる三振で追撃を阻止。試合は延長戦へ突入する。
バナナタイムで気力を回復した習志野ナイン。先頭打者の桜井がライト前を放つとここでもきっちりとメイデンを決める。
続くは本日無安打の和田。高めに浮いた初球をしっかり捉え右中間へ。コツコツと1点づつ取り返してきた習志野、延長でついに再逆転。
更なる追加点をライトの好捕で阻止し、もう一度逆転と行きたい沖縄尚学だったが完全にギアの入った飯塚の前に力及ばず3凡。最後はレフト竹縄の好捕で宴もたけなわのゲームセット。
軍配はコツコツ手堅い攻めを執拗に敢行した習志野に上がった。
両校走攻守にわたってハイレベルな内容にマモノの大暴れも加わった本試合は、すべてのスレ住人もご満悦。今大会のベストバウト候補に挙げられている。

第四試合 高松商(香川) 4−6 鶴岡東(山形)
いろいろな意味で非常に内容の濃い3試合が展開された4日目。第4試合は点灯試合となった。
最初に動いたのは高松商。2回裏阿部の先頭Hをメイデンと連打で手堅く1,3塁とチャンスを作ったところで魔曲プリティフライ。
すると5番の石丸のタイムリーによるコツコツネバネバ先制に成功。こちらの魔曲も令和時代においても健在のようである。
3回裏にもよんたま出塁の大塚がトゥギャに成功したところで4番の岸本のセンター返しと好走塁による追加点で2-0。得意のコツネバ野球を実践。
序盤は香川代表のエース香川に差し込まれてきた鶴岡東が反撃の牙を向いたのは中盤の5回。
宝田がHで出塁すれば手堅くメイデンで送り、河野がそれを返すコツネバのお株を奪うように1点を獲得。
これに動揺したか香川の香川はすないぽよんたまで満塁のピンチ。
次の大井はかわしたものの、その次の丸山の放った打球は三塁ベース直撃。逆転の(本来の意味で)お誕生日タイムリー内野安打となる。
その後さらに欲張った山下がホームスチールを敢行するも憤死。コツネバ以外の野球は許さんとばかりの高松商である。
お手本を見せてやるとばかりに6回裏に単打とよんたまで再び満塁のチャンスを作るが、鶴岡東の影山が粘りを見せ、ここは無失点で切り抜ける。
その後高松商は香川。鶴岡東は捉えられ始めた影山から池田ァ!への継投が心配されたが無難に継投を乗り切る。
試合が再び動いたのは後半8回。リアルお誕生日丸山と森の連続長打で2点差に。長打の味を占めた鶴岡東は9回に竹花の(マモノ的な意味での)2ランお誕生日で4点差につき離した。
しかしコツネバ野球の伝道師、高松商は自身の牽制死を棚に上げてこの所業にブチギレ。劣勢のラストイニングで喰い気味に大音量のヤケクソプリティフライを演奏し始める。
よんたま出塁を決めた大塚、続く3番の谷口は右中間を破るタイムリー3塁打。さらに4番の岸本のショートゴロ間に谷口が生還し2点差に迫った。
異様な雰囲気の中押せ押せムードの高松商だったが続く安部の打球はショートフライで粘りもここまで。
長打攻勢が実を結んだ鶴岡東が15年ぶりの初戦突破となった。



第五日
第一試合 日本文理(新潟) 6−10 関東一(東東京)
近年おなじみの顔ぶれでありながら、意外に出場歴の浅い2校の対決。
初回、日本文理は一死満塁から、投手の南が中前適時打でジエンゴ先制し1-0。
3回にも二死二塁から再びジエンゴが決まり2-0、序盤は日本文理が主導権を握る…というわけにはいかない。
その裏、関東一は一死から4番の平泉がバックスクリーンへのソロお誕生日で反撃ののろしを上げると、そこから二死満塁と攻め立てる。
前のイニングでZGSを喫した直後に再び作った大チャンスを生かしたのはこちらも投手だった。エース土屋が走者一掃の右越え3点適時二塁打でジエンゴ返しし、2-4と逆転に成功する。
日本文理もやられっぱなしで黙ってはいない。直後の4回表、連打・メイデンで一死二三塁とすると、1番桑原の適時打で同点。さらに長坂が左越え適時二塁打で再逆転し5-4。
しかしその裏、関東一は先頭平川が安打で出塁すると、先程お誕生日の平泉が今度は右翼線への適時三塁打を放って5-5の同点に追いつき、続く野口が中前へ弾き返して再々逆転して5-6。
激しい点の取り合いで試合の流れが行ったり来たりしていた5回に両チームが継投に入る。
これで落ち着くかと思われた6回裏。関東一は振り逃げから得たチャンスをメイデンで繋いで6番渋谷が左前適時打。次の1点をもぎ取って5-7。
直後の7回、日本文理は内野ゴロ間に1点を返し、6-7と詰め寄った。がその裏関東一は、二塁打、よんたま、メイデンで一死二三塁のチャンスを作ると、3番平川が中前2点適時打で6-9と突き放す。
関東一は8回裏も藤松の三塁打から途中出場の金森が適時打で6-10として9回表へ。
日本文理が10失点し9回ビハインドという状況に頭痛を覚えるスレ民が発生。案の定日本文理の夏はただでは終わらなかった。3つの四死球で一死満塁と攻め立てる。
スレの盛り上がりも最高潮に達したが、南三振、代打渡辺中飛で万事休す。
2人の投手を打ち崩した関東一が、2回戦へ駒を進めた。

第二試合 熊本工(熊本) 3x−2 山梨学院(山梨) (延長12回)
山梨学院の袴チア、熊本工のマトリックスジョジョ立ちJK応援団の激突となった1回戦最終試合。
試合は今大会のトレンドとも言える初回得点から動き始める。
一死から連打で作ったチャンスに併殺崩れでまず山梨学院が1点先制。
その後、一三塁からディレードスチールを刺そうとした送球を、二塁手・遊撃手が共に取れず中前に転がる間に、山梨学院がさらに1点を追加する。
熊本工は序盤、ダメイデンや牽制死を連発。このまま山梨学院ペースで進むかと思われた。
が、4回に強攻に切り替えるとクロスプレーが微妙な判定となったが適時二塁打で1点差に。さらに続く6番・青山も三塁線を破る二塁打で熊本工が一気に同点に追いつく。
熊本工は6回から先発・蓑茂から2番手・村上へとスイッチ。一方、継投が基本であった山梨学院はエース・相澤が続投。
終盤は山梨学院もチャンスを作るが、中直に二塁走者が飛び出して併殺、あるいはZGSともうひと押しがなかなか出ない。熊本工も安打は単発とどちらも本塁が遠い。
令和3試合目となる延長戦に突入しても、山梨学院が押せ押せで10・12回と得点圏にランナーを進める。
が、10回は下位打線がチャンスを生かせず、12回はデスパイネ・野村らが凡退と勝ち越せない。
タイブレークがいよいよ見えてきた12回裏も一死。試合後の談話では「タイミングがあっていなかったので代打も考えた」と語ったが、最終的には7番・山口がそのまま打席へ。
その山口が、相澤の140球目のアウトコースを強振、風に乗ってバックスクリーンに吸い込まれた打球を見送ると、一人でマウンドを守り抜いた相澤はその場に泣き崩れた。
伏兵が令和初となるサヨナラお誕生日で令和初のサヨナラゲーム。熊本工が記念すべき夏30勝目を飾った。
一方、センバツ初戦で24得点の山梨学院打線は、最後まで適時打が出ず、押せ押せの展開を活かせなかった。

第三試合 岡山学芸館(岡山) 6−5 広島商(広島)
2回戦最初の試合は瀬戸内隣県対決。試合は初回から波乱含みだった。
岡山学芸館は背番号3の丹羽が先発するものの、広島商3番・水岡の当たりが丹羽の顔面を直撃。
後の検査で『左顔面骨骨折』と診断されたアクシデントにより、1回を終えたところで早々に交代を余儀なくされてしまう。
いかにベンチも継投を想定していたとはいえ、岡山学芸館にとっては非常に厳しい投手起用を迫られることとなった。
しかし打線がその裏、二死三塁のチャンスから4番長船のボテボテの内野安打で先制点を挙げる。
丹羽の降板を受けスクランブル登板した中川だが直後の2回、安打メイデン安打で一死一三塁のピンチを迎えると、広島商7番・杉山が初球からセーフティスク水。広島商伝統の小技野球で1-1の同点に追いつかれる。
その後は中川も落ち着き、試合も膠着気味。先に動かしたのは広島商だった。
5回のニュース間に、先頭の山路が左翼席へのソロお誕生日。広島商が2-1とリードを奪うと続く6回、無死二三塁から水岡の左前適時打と真鍋の最低限で4-1とリードを広げる。
学芸館はその裏、二死走者なしから3連打で1点を返すが、広島商も直後の7回表。やらかしとよんたまでチャンスを作って4番天井の適時打で失った1点をすぐに取り返し5-2。
このままズルズルいってしまうのかと思われたそのとき、NHKのカメラが学芸館ベンチを抜く意味深なカメラワーク。そこには、大きく顔を腫れあがらせた先発・丹羽の姿が。
なんと顔面骨折で1週間安静を命じられながらも病院からベンチに戻ってきたのだ。
このエースの執念に学芸館ナインが奮起。7回には代わったばかりの広島商2番手・中尾からよんたま2つをもらうと適時内野安打で1点を返し5-3。
続く8回には先頭から安打、メイデン安打、メイデンなどで二死一三塁とすると、2回からマウンドを守り続けてきた中川の適時内野安打で1点を返しついに1点差まで詰め寄る。
続く6番岩端が外のスライダーを弾き返すと、浜風に乗って左翼手の頭上を越える。これで一塁走者中川まで還り、岡山学芸館がとうとう5-6と試合をひっくり返した。
再び追う立場の広島商も9回、相手の敬遠もあって二死一二塁と同点あるいは逆転のチャンスを作ったものの、代打川口が一邪飛に倒れ試合終了。
丹羽が離脱した穴を全員でカバーした岡山学芸館が3度目の正直で史上初勝利。一方広島商は4元号勝利ならず、同じ目標に挑んだ3校はいずれも初戦で敗れることとなった。


第六日
第一試合 筑陽学園(福岡) 3−5 作新学院(栃木) (延長10回)
見どころ満載の6日目の第一試合、作新学院×筑陽学園という比較的地味なカードは福田サイレン間Hで幕を開ける。
プロ注の西舘に対しての奇襲に成功した作新学院は松尾の連打とやらかしで満塁としたところで石井の最低限で先制。
3回にも福田の先頭Hとトゥギャ、やらかしからの最低限とリプレイを見るかのような攻めで2-0。
しかし西舘はチャンスでもクリーンヒットは許さない。作新はリードにもかかわらずいつものごとく地味な攻撃しかできないもどかしい展開。
一方の筑陽学園は3回裏に石川の先頭Hでとメイデンヒットでチャンスを作るもモリシサンバ中の名電はダメイデンとなり、弥富のヒットで返した点数は1点。こちらもつられて地味な攻撃に。
この地味な展開にスレの話題は餃子と梅が枝餅、筑陽学園のふしぎなおどりがメインの話題に。作新がお見合い内野安打からのタイムリーもまたしても1点どまりのため眠気を訴える住人も。
気づけばもう9回裏2死。ところがここでヤケクソ気味に流れるGフレアの中、新藤と野田の連打で1,2塁とお誕生日で逆転のチャンス。
意地を見せたい石川は甘く入ったスライダーをフルスイング。これが目の覚めるような3塁打となり、土壇場で同点。スリープモードだった住人たちを叩き起こす。
しかしこの一発で目を覚ましたのは相手の作新学園も同じであった。延長に入った10回、先頭出塁はまたもや福田。連続トゥギャで3塁まで進むと続く中島が勝ち越しのタイムリー。
さらに続く横山にもタイムリーが出て差を二点に。作新らしかぬ派手な走塁の連続での勝ち越しとなった。
ここでもうひと盛り上がりといきたい筑陽学園だったが、エースの林は2同じチャンスを2回とよこしてくれない。10回裏は3凡に倒れてしまい、ゲームセットとなった。
地味試合から一転しての派手な展開で作新学院は優勝時以来の初戦突破。敗れた筑陽もいい意味で地味試合を作り上げた西舘の投球にはスレ住人も満足気である。

第二試合 東海大相模(神奈川) 6−1 近江(滋賀)
昨年ベスト8の近江と関東王者で県大会決勝で24得点の東海大相模。
戦前の評判は予選ノーエラーと堅守の近江と、強打の相模の勝負。そう見られていたはずだった。

2回に近江キャッチャー・有馬のやらかしで雲行きが怪しくなりはじめた試合。
3回にもやらかしが出るが、ここは近江エース・林がしのいで迎えた4回。
よんたまで出たランナーを二塁に置いてショートゴロを後逸。強打の相模がマリア様戦法で先制する。

5回には相模が初Hから作ったチャンスにダメイデンを挟みながらもタイムリー。
6回には近江の2つのやらかしにつけ込んでタイムリー2本。ヒットは少ないながらも着実に得点を重ねる。
そしてこの時点で近江のやらかしは5つ。マウンドの林の表情も曇りはじめる。

8回に近江はモンマ継投につけ込んで満塁のチャンスからよんたま中出しで1点を返す。
続くチャンスに三振でZGSとなるも、ようやく反撃の糸口をつかみかけたかに見えた、その直後だった。

9回、相模はヒットとセーフティバントで作ったチャンス、ダメイデンがあった直後だった。
キャッチャー・有馬の悪送球で決定的な6点目を失う。堅守のはずの近江、まさかの6やらかしである。 マモリズムは死亡フラグ。
相模は再三のダメイデンや牽制死、盗塁死はあったものの、「アグレッシブベースボール」を掲げる通り、
ミスにもめげずに仕掛け続けての勝利。近江は昨年の借りを返しきれない、あまりにも悔やまれる敗戦となった。

第三試合 中京学院大中京(岐阜) 4−3 北照(南北海道)
荒れに荒れた第二試合の後に始まるのは少し地味なカードと言わざるを得ない北照と偽中京こと中京学院大中京の一戦。
初回は淡々と行くかと思われたがイージーな内野ゴロを中京のファーストが魔送球。どうやら近江ウイルスが消毒できていないようだ。
その後も適度に近江ウイルスに感染する選手が出てくるも、中京院中京の不後と北照の桃枝の快投が続き、中盤までは両者にらみ合いのまま動かず。
両校とも相手投手を捉え始めるもなかなか点が入らない状態が続き、住人の瞼も重くなってきたころ、均衡を切り裂いたのは北照。
6回の表、メイデンと内野安打でチャンスを作るとエースで4番の桃枝が放った打球は泳ぎながらギリギリセカンドの頭を超えセンター前へ。ジエンゴとなる先制を奪う。
ここで中京院中京は継投策に出る。後退した赤塚はあいさつよんたま。これはやってしまったかという雰囲気が流れるも後続を抑え継投成功。
ここまで得点が入らないものの明らかに桃枝をとらえ始めている中京院中京。ため込んだ力を開放したのは終盤7回裏だった。
元がレフト前で出塁し、申原の長打で1点を返し同点。まさかの秋田勢以外のタイガーラグにスレが盛り上がる中、桃枝にツーアウトまで追い込まれるものの、藤田・小田に連続タイムリー、
続く不後は三振を食らうも振り逃げ後必死のヘッスラで一塁到達。鬼島さんに怒られながらも望みをつなぐと、これに応えるは井上のダメ押しの一発。この回打者一巡の4得点の大爆発である。
終盤に一気に試合をひっくり返された北照だがまだ試合は終わっていない。先頭出塁の星野を3塁まで進めるとここで再びセンターオーバーの桃枝のタイムリー長打。しかし後続が続かない。
8回には再びピンチを背負うものの無失点で切り抜け2点を追う北照のラストイニング。中京院中京は一塁→左翼手と動いてきた元を投入。
出端でコントロールが定まらなかったか元は先頭の楠をすいないぽで出塁させる。ここまで桃枝に頼りっぱなしだった北照打線だが、俺達もできるんだとの証明のごとく二年生山崎が放った打球は左中間を破る長打。
いよいよ相手の背中が目の前に見えた北照だったが追い上げもここまで。伊藤星野が凡打に倒れゲームセット。
中京大中京は多種多彩なタイプの継投で勝ち上がり。北照は桃枝の150球を超える熱闘となったがあと一歩及ばなかった。

第四試合 花咲徳栄(埼玉) 3−4 明石商(兵庫)
2年前のチャンピオンでお馴染み強打線、花咲徳栄がいよいよ登場。対するはスーパー2年生来田中森を擁する明石商。
本当にこの2校が初戦でぶつかるのはもったいないと言える両チームの試合となった。
序盤はお互いに0を並べる。徳栄打線は中森の球威あるボールにランナーを出せず。一方明石商は1回2回と1死のランナーをメイデンで進めるもの得点に結びつかない。
両チームから好守も飛び出し、今日最後の試合の空気を程よく盛り上げていく。
そして、本番は中盤からと言わんばかりにここから激しい攻防の幕開けだ。
4回表、花咲徳栄は1死から、橋本、韮澤、井上の3連打で満塁のチャンスを作る。
羽佐田こそ初球凡退も、続く6番中井がフルカウントから中出しよんたまを選び、先制点を奪う。
その裏の明石商、先頭から重宮、安藤の連打で1,2塁にランナーを置くものの、岡田がスリーダメイデンで重宮も2塁ルンバの(σ・∀・)σゲッツ!!に・・・。
結局0で終わったが続く5回。2アウトから来田━(゚∀゚)━!!が安打で出ると、2番捕手水上。「バントでダメなら強攻だろ」という一振りは、バックスクリーンに飛びこむ逆転2ランお誕生日となった。
直後の6回、徳栄は1死満塁から、中井のボテボテ内野ゴロ間に3塁ランナーが還りすかさず同点に追いつくもののその裏。2死から福井が安打で出て7番清水。
打球は遊ゴロ。しかし韮澤の送球がそれ、中井の微妙なタッチは空振り判定。チャンス拡大の明石商は、続く河野がライトへの適時打を放ち、再び3-2と突き放す。中津原はこの回で降板に。
しかし続く7回、1死からこちらも捕手菅原。2ボールからの甘く入った直球を強振すると、打球はレフトスタンドへ。打ち勝つ徳栄、一振りでまたもや振り出しに戻す。
徳栄は2番手に高森を送り込んだがその裏、先頭の来田━(゚∀゚)━!!が左中間を破る二塁打でチャンスメイク。
続く水上が初球をメイデン。これを高森送球やらかし。1,3塁となると続く重宮がライト前への適時打でまたもや勝ち越し。4-3。
8回は互いに得点なく、いよいよ昨日何かを起こしてきた最終9回。
徳栄は先頭中井がライトへの安打で出塁。田村がメイデンで1死2塁とチャンスを作る。
ここで代打南はファウルで粘るものの中飛で2死。後は先ほどお誕生日の菅原。
追い込んで選んだ決め球はスライダー。打球はライトがダイレクトキャッチで試合終了。
135球を投げぬいた中森に最後は軍配が上がり、明石商が夏初勝利を挙げた。


第七日
第一試合 宇和島東(愛媛) 3−7 宇部鴻城(山口)
四国・中国地方勢同士で「宇」の字を冠する両校の対戦となった第一試合。負けたら宇を相手に奪われる。
先に動いたのは2回の宇部鴻城。池村の初Hから山本川村の連打で2点の先制。
3回にもチャンスを作るも無得点に終わったが4回には再び川村のタイムリーと本日の投手、岡田の2ランお誕生日で5-0と突き放す。
しかしその裏の宇和島東の攻撃では先頭の小野が代打Hで出塁すると、赤松のタイムリーで1点。5回には兵頭のソロお誕生日で2点とじわりと宇部鴻城を追う。
後半でも宇部工場のラインはとまらない。6回には長打出塁の岡田が宇和島東のエース舩田のARAKAKIで生還。
そして9回には池村のタイムリーで7点目を獲得。宇和島東をさらに突き放す。
一方宇和島東はZGSやルンバなどの拙攻が目立ち、ランナーは出るものの得点に結びつかない。
9回には阿部和田の連打からの森田の最低限で1点を獲得するも最後は中飛。13安打でわずか3得点と悔いが残る内容となった。
宇部鴻城はシュアーな攻撃と万全な守備で無難な勝ち上がり。温存したエースで勝ちあがりを狙いたい。

第二試合 海星(長崎) 3−2 聖光学院(福島)
海星・柴田、聖光・須藤の両先発の投げ合いで始まった試合。最初のチャンスは聖光だった。
3回、先頭の清水がレフト線へツーベース。ノーアウト二塁と先制のチャンス……かと思われた。
が、清水は何と一塁ベースを踏み忘れ、アピールプレーで敢え無くアウト。チャンスは一瞬でつぶれた。
直後の4回表に海星は4・5番の連打で1点を先制。聖光はその裏にルンバ股くぐりを披露。ウイルスは走塁型だったようだ。
海星は6回に強打の2番・大串のお誕生日で1点を追加。着実にリードを広げていく。
聖光も7回に3番・荒牧のお誕生日で追撃。1点差に迫るが9回に再び聖光に落とし穴が待っていた。
先頭打者の当たりをセカンドがやらかしと、プロトタイプの聖光ウイルス発動。
盗塁、結果メイデンで1アウト三塁としてからの最低限。海星が9回に大きな1点を追加。
結果的にはこれが重くのしかかった。聖光は荒牧の2打席連続お誕生日もソロ。追いつかない程度の反撃で終わってしまった。
海星の先発・柴田が四死球0、93球で完投という快投が光る形で17年ぶりの勝利を手にした。
聖光も先発・須藤が四死球0。7年ぶり、史上21試合目の無四死球試合を演出したが、
攻守とここぞの場面で粗さが出てしまい2年連続で初戦で姿を消してしまった。


第三試合 智弁学園(奈良) 8−10 八戸学院光星(青森)
7日目第3試合からはいよいよ初日に勝ち上がった高校が再び顔を見せる。
本試合は初戦で激戦を勝ち抜いてきた誉を打力でねじ伏せた八戸学院光星と地方大会で多くの逆転試合を演じてきた智弁学園の強打校同士の対戦となった。
試合は初回から動く。智弁への逆恨み復讐に燃える男、近藤のソロお誕生日が炸裂する。
3回には前回ミルクティーどまりだったタピ岡が放った正真正銘のお誕生日に加え、島袋と復讐の鬼近藤の連打で3点を奪い、智弁学園先発の小畠を早くも引き摺り下ろす。
さらに令和男下山のタイムリーも飛び出し序盤は完全に八戸光星ペース。誉の株価が上昇してゆく。
しかし中盤に入った5回あたりから雲行きが怪しくなる。光星のバックにやらかしが発生し、5回裏に智弁学園は八戸光星先発のみなぎたそのARAKAKIでまず1点を返す。
しかし6回の表、序盤同様八戸光星はここでも連打。みなぎたそのジエンゴ、復讐の鬼近藤のタイムリーで7-1と大きく引き離し、エースの山下を引き摺り下ろす。ところが悪夢はここから始まる。
6回の裏、主将の坂下の長打が出るとこれをスーパー1年生前川がタイムリーで生還させ1得点の2-7。ここで智弁学園2015年のセンバツで猛威を振るった本家偽魔曲を展開。
つづく白石は右飛に倒れるものの吉村によんたま。田中にすないぽで満塁のピンチ。ここで初打席の西村に連続すないぽで中出し失点で3-7にしてしまいみなぎたそが降板。
登板したエースの山田は代打西田は討ち取るも、本日Hはないがすべて良い当たりの塚本についにセンター前タイムリーを許す。5-7。
続く山崎によんたまを与え再び満塁のピンチでバッターは打者一巡したビッグイニングの導火線坂下。
彼の強烈な打球は一塁手の近藤のグラブからはじかれる打球となりタイムリーに。6-7の1点差。
これ以上の失点は許されない山田が対戦するのはタイムリー安打の一年生前川。ショート方面に鋭く飛んだ打球はなんと垂直方向に跳ね上がる特大のイレギュラー。
これがタイムリー2塁打となり8-7。ついに逆転を許す。
続く白石から本イニング2つ目のアウトを取って智弁学園の攻撃は終了したが、この回で打者12人7得点の猛攻。
この間恐ろしいほど一定のペースで淡々と流れていた本家偽魔曲の真綿で首を絞めるような威力に改めてマモノスレ民は戦慄したのであった。
7回には反動で落ち着くかと思われたが、八戸光星は連打で1アウト2,3塁、智弁学園もトゥギャで走者を3塁に進める等得点にはならないまでもギリギリの攻防。
しかし後半になって投手を使い切ってしまった智弁学園とエースを温存していた八戸光星に差が現れた。
8回、八戸光星はショート付近に残っていたマモノの残香によるイレギュラーで出塁した近藤を令和男下山がタイムリーで返し同点。
9回に智弁学園は復讐の鬼近藤との勝負を避け満塁策をとるも、守備交代で初打席の沢波に再逆転のタイムリーを食らい10-8とされてしまう。
一方の智弁学園は8回に左打者が連続すないぽを受け、リードを広げるチャンスを得るも、八戸エース山田の土壇場の粘りで無得点。
9回の裏に望みを賭けるも一発出れば同点に戻せる場面で塚本が放った打球はセンターのグラブにおさまりゲームセット。
マモノが6回に大暴れして非常にあれた馬鹿試合となったが、コンスタントに打線をつなげる総合的打力の差で八戸光星が制した。
しかし恐るべきはここまで力をためてきた甲子園のマモノのすさまじさである。なお、上昇気味であった誉株はストップ安

第四試合 神村学園(鹿児島) 3−4 高岡商(富山)
世紀の馬鹿試合ですでにお休みモードの雰囲気が流れる中第4試合がひっそりと開催。
序盤は神村学園田中と高岡商荒井の投げあいで落ち着いた試合運び。どちらのチームもバックの堅い守備が両投手を盛り立てる。
試合が動いたのは4回裏。すないぽARAKAKIでピンチを背負った田中。数少ないチャンスを逃さないのは高岡商。
藤井の右中間へのクリーンヒット、荒井のジエンゴで2点の先制。
その後もお互いに好守のにらみ合いが続くが、再び緊張が破られたのは7回表。
古川と田中一号の連打の後、松尾一号がセンターへのクリーンヒットで1点。
さらに続きたい神村学園だったが本日再三好守のスーパー一年生石黒のスーパーキャッチで追撃を阻止。
その石黒はその後ミルクティーで出塁するもサインミスによるルンバなどでスレを盛り上げる中、高岡打線もこれに鼓舞されるように菅沢鈴木森田の三連打で1点の追加で4-1。
なんとか追いつきたい神村学園だが堅い堅い高岡商の内野の壁にヒット性のあたりを阻まれ得点ができない。
しかし最終回にすないぽ出塁後二死三塁までランナーを進めると田中二号のサード強襲内野安打で1得点。
続く松尾二号は平凡なセカンドフライだったがここまで好守備のセカンドがまさかの落球。
スレは突然のマモノ出現にパニック。マモノの援護を得た神村学園は続く代打の井上にもタイムリーが出て1点差に迫りなおも1,3塁。
一発同点の場面でバッター森口が放った鋭い打球は先ほどのやらかしのセカンド鈴木の前に。
誰もが息を呑む刹那、鈴木は先ほどの自身のミスを心に留めたようながっちりとした捕球。丁寧な送球でファーストへ。ゲームセット。
怒涛のマモノの追撃を振り切った高岡商、昨年のムエンゴに散った雪辱を晴らすため3回戦へ。



第八日
第一試合 履正社(大阪) 7−3 津田学園(三重)
第一試合は履正社と津田学園の関西勢同士の対戦。
本日リアルお誕生日の津田学園エースの前に浴びせられたのはバースデーソングと徹底研究した履正社打線の集中砲火だった。
2回に履正社エースの清水がジエンゴとなる先制打。3回には井上の長打に始まり、野口西川野上の下位打線が連打。恐怖の核弾頭桃谷にも長打を食らいなんと3回6失点。
1回戦に続き履正社のガチムチ打線はプロ注エースをメッタ打ち。履正社打者の打球速度の速さにスレ住人も唖然。
4回から津田学園は軟投派の降井に切り替え。すると前半狂ったように長打を打ちまくっていた履正社打線が沈黙。
流れを傾けた津田学園。5回表にはよんたまと前のライト前でチャンスを作ると津田応援団は呪曲を展開。恐れをなしたか履正社エース清水がARAKAKI。1点を取り返す。
6回にも藤井前川アマダーの連打で満塁のチャンスを作ったところで石川の最低限でさらに追加点。じわじわと追い上げる。
ここまで好投の降井だったが6回には小深田の長打に動揺したかすないぽとARAKAKIで痛い1失点。
しかし自身のパスボールを取替えさんと捕手のアマダーが意地のツーベース。小林もこれ応え奮起。1点を取り返して再び4点差に迫るも、履正社のエース清水も奮起。
9回の津田学園を3凡に討ち取り逃げ切り。徹底した研究で好投手前を打ち崩した履正社が3回戦への進出を決めた。

第二試合 星稜(石川) 6−3 立命館宇治(京都)
星稜の先発は奥川……ではなく2年生の荻原。星稜としては打線の援護が欲しいところ。
初回の攻撃で3つよんたまを貰いながらZGSと、出だしは怪しかったものの2回に先手を取る。
先頭がヒット、メイデンでつなぎ、2アウトから1番・東海林のタイムリーで先取点。
4回にも1点を追加し、じわじわと立命館宇治を引き離しにかかる。
星稜・荻原は3回までは毎回ランナーを背負うピッチングでハラハラさせたものの、
4・5回はエンジンがかかってきたか2イニング連続で三者凡退。
打線も6回に立命館宇治・高木を捉えて一挙3点を追加。5−0と安全圏に入ったかに見えた。
ここで星稜・林監督が動く。荻原をスパッと代えて同じく2年生・寺西をマウンドに送る。
が、よんたま2つでピンチを背負うと6・7番の連続タイムリーで2点を返す。
明らかに速球派の寺西のまっすぐに立宇治打線が合っており、継投ミスかとスレもざわめく。
ここで星稜は温存していた奥川を投入。火消しにかかるが勢いづいた立宇治打線が止まらない。
7番・今野が奥川のまっすぐをレフトへ。これで一気に2点差まで迫る。
が、ここからは奥川が踏ん張る。7・8回もランナーを背負うがもう1本を許さない。
かたや、打線は8回に2アウトから3・4番の連打で決定的な1点を追加。3点差に広げる。
9回に再び林監督が動き、奥川をライトに下げ、昨年逆転サヨナラ満塁お誕生日を浴びた寺沢をマウンドへ。
そしていきなり先頭打者によんたま。寺西の二の舞か、と再びスレはざわめき始める。
しかしここはバックが好守で盛り立てる。後続をしっかりと断ち切り無事3回戦へと駒を進めた。
立命館宇治は奥川を引きずり出したものの後一歩及ばず。初戦突破後の勝ち上がりは今後に託された。


第三試合 智弁和歌山(和歌山) 7−1 明徳義塾(高知)
かつて決勝で雌雄を決したこともある強豪校が2回戦で激突。
魔曲VSプピー と、スタンドの音ネタも互角の一戦となった。

智弁は2回に明徳センター・古沢が外野であん馬を披露する間に作ったチャンスを生かせず。
明徳も初回にZGSをキメてしまうなど、こちらもチャンスを生かせないまま序盤が終了。
4回には智弁がジョックロックを発動しチャンスを作ったが、丸、根ゴロ、東妻の4・5・6番が凡退で無得点。

不発となった魔曲の副作用が心配される中、明徳は5回にすないぽを起点にチャンスメイク。
3番・鈴木がこのチャンスにセンター前にはじき返し、智弁先発・矢田からとうとう1点を先制した。

このまま智弁の負けパターンかと思われたところで、6回から智弁は矢田から池田にスイッチ。
この池田が6回の明徳の攻撃を4球で片づけ、称賛の「池田ァ!」を浴びたところから流れは智弁に。
7回、すかさずジョックロックを奏でると1アウトから池田がヒット、好走塁を絡めて一気に二塁へ進みチャンスメイク。
さらに続く綾原のファーストゴロを明徳がやらかし。粘投の明徳・新地を追いつめたところで打席には今大会ノーヒットの黒川。

黒川の強烈な打球はゲッツーシフトのショート正面へ。ゲッツーかと思われた次の瞬間だった。
イレギュラーで大きく跳ねた打球はそのままセンター前へ。魔曲の申し子の面目躍如の一打で追いつく。昨日もこんなん見たぞ
動揺が収まらない新地に智弁打線が襲い掛かる。続く2番・細川が振り抜いた打球はライトスタンドへ着弾する3ラン。これで4−1。

さらに3番・西川がヒット。丸が凡退した後の5番・根来の打球もライトスタンド最前列へ飛び込む2ラン。6−1。
黒川からの一連の流れに狂喜乱舞するスレを「もうやめて」と悲鳴をあげさせた仕上げは6番・東妻のソロ。あっという間に7−1。
1イニング3お誕生日は2008年に智弁和歌山が作った記録に並んだ。3お誕生日が全員別の選手となると史上初である。
魔曲・ジョックロックの真骨頂とも言える展開にスレは急加速。普段1時間少々かかる1スレ消費がたった17分40秒。平日の昼である。

馬淵監督は100球を超えていた新地を諦めるが時すでに遅し。この後は池田が淡々と火消し。4イニングでヒット1本と完璧に抑え込んだ。
智弁和歌山は3度目の対戦で初めて明徳義塾に勝利。魔曲の威力をまざまざと見せつけ、次は剛腕・奥川に挑む。

第四試合 国学院久我山(西東京) 3−19 敦賀気比(福井)

   .∧_∧       ∧_∧
 ;;;;;、(・ω(:;(⊂=⊂≡ (・ω・ )  久我山 0−3 敦賀気比
    (っΣ⊂≡⊂= ⊂≡ ⊂)
    /   ) ババババ  (   \
    ( / ̄∪       ∪ ̄\ )


   ∧_∧     ∧_∧
   ((.;.;)ω・)=つ≡つ);:)ω・).,,';  久我山 2−3 敦賀気比
   (っ ≡つ≡つ ⊂  ⊂)
  /   ) ババババ (   \
  ( / ̄∪      ∪ ̄\_)


    .∧_∧       ∧_∧
 ;;;;;、(・ω(:;(⊂=⊂≡ (・ω(.;.;)) 久我山 2−6 敦賀気比
    (っΣ⊂≡⊂= ⊂≡ ⊂)
    /   ) ババババ  (   \
    ( / ̄∪       ∪ ̄\ )


         ⊂≡⊂=
        ⊂≡⊂=
     ∧_∧ ⊂≡⊂= ∧_∧
 ;;;;;、(・ω(:;(⊂=⊂≡ (・ω(.;.;))  久我山 2−10 敦賀気比
    (っΣ⊂≡⊂= ⊂≡ ⊂)
    /   ⊂≡⊂=  (   \
    ( / ̄∪ ⊂≡⊂= ∪ ̄\ )
         ⊂≡⊂=
        ⊂≡⊂=
      

 ババ   ババ   バババ  ババババ
   ババ ∧_∧ ∧_∧∧_∧バババ
    ∧_∧´・ω・)(´・ω・`)・ω・`∧_∧
   (´・ω・)∧_,∧lll ∪)∧_∧・ω・`)
    ∧_∧ ´・ω∧∪∧(・ω・∧_∧⊂)バババ    久我山 3−19 敦賀気比
   (´・ω・)≡つ);;)ω(;;(⊂≡(・ω・`)___\
   (っ  つ=つ(っ  ⊂)⊂=⊂≡ ⊂) \ )
   /∧_∧∧_∧ ∧ ∧_∧∧_∧\バババ
   ( ( ´・ω)(  ´・)(    )`  )(ω・` ) )
  バ(っ  つ/    )(    )   \ ⊂)バババ
 バ /   )`u-u'. バ∪ ̄∪バ`u-u'   \ババ
  ( / ̄∪ ババ バババ ババババ ∪ ̄\ )


第九日
第一試合 鳴門(徳島) 5−8 仙台育英(宮城)
大谷の襲来が気になり始めた大会8日目は渦潮打線の鳴門と飯山高校にトラウマ級の攻撃力を見せつけた仙台育英の打撃戦で幕を開ける。
初回から育英打線はここまで一人で投げ抜いてきたエース西川に襲い掛かる。
中里のサイレン間Hに始まり宮本の連打でチャンスを作る。続くはゲッツーになるも併殺間ホームインで先制。
この後も仙台育英の勢いはとまらず。小濃のお誕生日を含め打者8人6安打4得点。NHKの解説もこの攻撃力には唖然、スレ住民も3回までしのぎきった飯山の株が急上昇。
とどめに鳴門市に波浪警報が発令されるなど異様な幕開けとなった。
仙台育英も4回には久々に現れた打撃妨害でマニアを満足させつつチャンスを作ると1回同様中里宮本の連打でさらに2点追加し6-0。
早くも決着がついたかに思えたが、総踊りが中止になった鳴門球児たちの執念を仙台育英は知らなかった。
4回に育英のやらかしとセーフティメイデンで大きなチャンスを得た鳴門高校。浦と宮崎の連続適時打で2点を取り返す。
継投で逃げ切りを図る仙台育英だが、踊り始めた鳴門の勢いをとめることができず、メイデンやトゥギャでしっかりとしたチャンス作りで納田・原田のタイムリーで個の回5点獲得で1点差に迫った。
後半は派手な連打攻勢は息を潜め、相手のほころびをつくような緊迫した試合展開に移行。
6回の仙台育英はライトのやらかしとARAKAKIで作ったチャンスで1ゴロ間の打者生還で1点。
7回には本日11m/hの強い風が生んだポテンHとよんたまのランナーを大栄のジエンゴタイムリーで1点獲得と小粒ながら差を広げていく戦法に切り替え。
一方鳴門は5,6,7回には得点圏にランナーを進める等すかさず追撃のチャンスを狙っていくものの、守備において堅実さを見せ始めた仙台育英に本塁に進む隙を与えてもらえない。
ラストイニングになった9回裏には1年生代打の岸本が鋭いあたりを見せるなど期待は持てたものの、最後まで連打が出ることはなくここで力尽きる結果となった。
この試合の鳴門のやらかし数は5つ。やらかしからの得点機会もあったためシュビノサが勝敗を決した形となった。
仙台育英はこの試合でも自慢の打力を披露。3回戦も同じく強打のあつがきひを打ち崩しての勝利を狙いたいところだ。

第二試合 習志野(千葉) 5−9 鶴岡東(山形)
風速13.5メートルという大谷の影響が強まる中行われた試合は天気と同様に荒れ模様。
2回、鶴岡東打線が習志野先発・山内を捉える。よんたまをきっかけにチャンスを作ると、
連打で1点先制、三振を挟んでから3連打でさらに3点を追加、一気に4点を奪う。
ここでたまらず習志野はエース・飯塚を投入するが、代わり端を3番・山下が捉えて5点目のタイムリー。
スコアボードに大きな5の文字が刻まれ、鶴岡東ペースで試合が進み始める。

4回、習志野はすないぽでこの試合初となる先頭打者出塁。
ここで今日初となるレッツゴー習志野の演奏が始まると、タイムリー2本で3点差に詰め寄る。
飯塚も徐々に調子を上げ、6回〜7回にかけて4者連続三振と鶴岡東打線を手玉に取る。
すると、7回裏。ラッキーセブンということで再度レッツゴー習志野が響き渡ると、満塁のチャンス。
最低限で挙げた1点止まりではあったが、これでついに2点差。習志野が底力を見せるかに思われた。

が、8回に鶴岡東はこの回先頭・丸山がレフトスタンドへお誕生日。
大谷の影響で普段の浜風と逆の向かい風ではあったが、その風を突き抜ける一発で突き放す。
さらに2アウトから3連打でもう2点を追加。再び点差を5点に戻す。

それでも習志野は諦めない。粘投の鶴岡東の先発・影山を8回裏についにマウンドから引きずり下ろす。
代わって登場のエース・池田から連打で2点を返し再び3点差に。そして当然のように池田AAはボコられるのであった。

再び習志野に訪れた上げ潮ムードであったが、その前に再び鶴岡東・丸山が立ちはだかる。
9回、簡単に2アウトを取られた後で打席に入ると今度はライトポール際へ。
雨風強まる中、大谷の強風に乗っての2打席連続お誕生日。これが完全にトドメになった。
9回、最後のレッツゴーやけくそモードも三者凡退でセンバツ準優勝校はココで終戦。
鶴岡東は初めてとなる甲子園での1大会2勝。下馬評を覆す形でベスト16にコマを進めた。

第三試合 関東一(東東京) 6−5 熊本工(熊本)
大谷の勢いが落ち着いてきたもののまだ風は強い中の第三試合。
序盤は関東一校が揺さぶりをかける。大久保の連続トゥギャをはじめ毎回ランナーを得点圏に進めプレッシャーをかける。
熊本工林は寸前で切って逃げ続けるが、3回1,2塁の場面でサードの悪送球によってついに失点してしまう。どっかの林くんも同情の目を向ける。
熊工はここまで関東一のエース土屋に完全に差し込まれていたが、吉山がよんたま出塁したチャンスを見逃さず4番内田が童貞喪失となる右前打で試合を振り出しに戻す。
中盤以降も関東一の執拗な攻撃に苦しむ熊工。5回裏にはセンター前のポテンからキャッチャーのやらかしや走者のルンバなどバタバタしたプレーが目立ったが、
結果関東一校の5連打で一気に2点、さらに右翼手の後逸やらかしでゴルフ場建設間に打者走者も生還するプレーで5-1に突き放す。どっかの林くんも泣いている
6回、熊工はエース林から村上に継投を試みる。緩急をうまく使った投球で本日初めて関東一を三凡にとったところで勢いが熊工に傾く。
内田・森の連打と実質メイデンでチャンスを作ると、打席には前試合サヨナラ本塁打の山口。引っ張った打球は三遊間を鋭く打ち抜くタイムリー。これで御退散5-3。
続く村上は三振に倒れるもキルアが二遊間を抜く電撃ライナー。山口の爆走が功を制し5-4と1点差に詰め寄る。
しかし流れをつかみかけた熊工。攻守変わった7回裏でいきなりサードのやらかしとパスボールで自らピンチを作ってしまう。これを渋谷が最低限で返し2点差。流れを手放してしまう。
なんとなくダレた雰囲気のなか試合は最終回へ。ヤケクソ気味に響く熊工サンライズの中自らのミスを取り返さんとばかりに森が先頭Hで出塁。
これに気押されたかここまで安定したピッチングの関東一・土屋が連続ARAKAKIで森が得点圏。
ここで熊工のクラッチヒッター山口の打球は強烈なショートゴロ。この間に森が生還し土壇場で1点差に。
再びこの流れを手中にしたい熊工だが山下の打球はショートゴロとなりゲームセット。
緊迫した試合はシュビノサが決定的な差となり、関東一校が三回戦への出場権を得た。


第十日
第一試合 岡山学芸館(岡山) 0−18 作新学院(栃木)
2回戦で左頬にピッチャー返しの直撃をくらい骨折した学芸館の丹羽くん。出場を心配するスレ民をよそにまさかの先発出場。最初こそピッチャー返しが飛ぶ度に鬼畜だの右の頬も出すのかなどスレが沸いたが、
初回から作新が継続的に得点をズコバコ入れて地味にレイープ。
スレ民の興味はもはや毎回得点できるか、先発全員安打なるか、学芸館アルプスの学芸会か、そしてノーヒットノーランなるかだが、
岡山学芸館が8回に作新を三者凡退にして、攻撃ではヒットをうち、あらゆる記録をなしにして、
ZGSやニュース間攻撃もない、記録まとめにも試合結果にも何も書く要素の無いゲームにすることで岡山の名誉を守った。

第二試合 東海大相模(神奈川) 4−9 中京学院大中京(岐阜)
序盤から両チームともチャンスは作るが大量点に結びつかない試合展開に。
相模は初回に連打とダブルスチールで早速ノーアウト二・三塁のチャンスを作る。
が、続く3・4・5番が相次いで内野ゴロに倒れて得点ならず。
一方の中京は続く2回表にノーアウト満塁の大チャンス。
こちらも内野ゴロ、三振で2アウトとなりPZGSの期待が高まったが、9番・二村がタイムリー。
それでも後続が倒れてノーアウト満塁で1点止まりとなる。

3回に相模に追いつかれるが、中京は4回に相模のやらかしも絡んでノーアウト二・三塁と勝ち越しの大チャンス。
が、内野ゴロで飛び出した三塁ランナーが三本間に挟まれてアウト、
さらにその間に二塁を狙ったバッターが一二塁間に挟まれてアウト、
三塁に到達していた二塁ランナーがその間にホームをうかがおうとして危うくアウトになりかけ、トリプルプレー未遂を披露。
6回には1アウト満塁のチャンスでスクイズのサインをバッターが見逃したか、三塁ランナーが見間違えたか、
いずれにせよ飛び出した三塁ランナーがまたも挟まれてアウトになるなど勝ち越すことができない。

そうこうしている間に相模は6回裏に井上のお誕生日で勝ち越し。
さらに、中京にやらかしが出る間に3点目。やらかしにつけ込む当たり、初戦の近江戦を思わせる流れに、
スレでは近江ウイルスが隣県の中京に感染したのでは、と推測する向きも。

が、真のウイルスキャリアは直接の対戦相手である相模だった。
7回、前の回からマウンドの2番手・諸隈が3連打を浴びて1点差に詰め寄られる。
モンマおじさんが動いて3番手・シドーを送るが、1アウトを取ってから連打を浴びて逆転を許す。
さらにマシンガン継投。4番手の野口をマウンドへ。この時点でまだ1点差。ここでこらえていればまだ望みはあった。
そして、中京はまたもスク水を外されて三塁ランナーが飛び出す。また走塁ミスか、と思われた次の瞬間だった。
キャッチャーの三塁への送球がランナーに当たってレフトへそれる間に5点目。
動揺が収まらないうちにタイムリーが出ると、その後スリーバントスク水のミスでまたもランナーを挟むが
今度は落球でランナーを殺しきれないうちにとどめのタイムリーを浴びて一気にスコアが8−3に。
守りでミスが続き、致命傷となる7点の大量失点を喰らってしまった。

その裏の相模もタイムリーで1点を返すが、続く満塁のチャンスに5番・金城が倒れてZGS。
その後は中京の長身右腕・赤塚に抑えられ、逆に9回には2アウトからヒット→振り逃げ→イレギュラーでさらに失点。
最後には運に見放された相模。呪いの人形勝利の女神・のんちゃんの存在も明らかになった中京、44年ぶりの8強入り。

第三試合 明石商(兵庫) 3x−2 宇部鴻城(山口) (延長10回)
第三試合は下馬評を覆して職人の意地を見せたい宇部鴻城とスキを見逃さない鬼の経理明石商の対戦。
お盆休みも明けた宇部工場は初回からフル稼働。古川のHの直後に酒井が2ランお誕生日で直納を決める。
明石商はエースの温存が仇となったかと心配されるも、本日先発の杉戸はお誕生日後も表情を変えずに淡々としたピッチングで工場へ出荷停止を言い渡す。
一方宇部工場の先発は本日も岡田主任。初戦と同じく出塁は許すも最後の点検はしっかりと行い得点は許さない。
エースが踏ん張る中両校攻撃陣は不運なあたりや走塁ミスなどで援護の機会を潰す拙攻が目立つ。
この雰囲気を変えたのは明石商3番重宮。5回の裏にバックスクリーンにソロお誕生日を叩き込む。
7回には杉戸の先頭Hで宇部鴻城はここまで好投の岡田からエースの池村へ継投。
7回は無事に乗り切ったものの8回には先頭の宮崎が出塁するとここで代走に窪田投入。メイデン後に三塁トゥギャを決めたことが功を奏し清水の1塁へのトスバッティング間に得点し同点。
再び突き放したい宇部工場はラインフル稼働でチャンスを作るもピンチでも一切表情を変えず杉戸が打ち取る。明石も9回にサヨナラを決めることができず試合は残業延長に突入。
ここでマモノが動いたは10回裏。明石商安藤の初球が一塁でイレギュラーし先頭打者出塁。その後岡田のメイデンは一旦ダメイデン判定されるも、協議の末落球判定となり1,2塁となる。
絶好のチャンスで明石は得意のスモールベースボールを選択し手堅くメイデン。一死二三塁でバッターは清水。先ほどの失点が頭をよぎった宇部工場は敬遠による納期延長を図る。
多くの選択肢がある中、河野へ伝えられた指示は得意のスク水。これが見事に成功し明石商業がサヨナラ勝利を決めた。
明石商業はエースを温存しベスト8進出。宇部鴻城は警戒していた中のくやしい敗戦。甲子園支部からの撤退が決まった。

第四試合 海星(長崎) 6−7x 八戸学院光星(青森)
試合開始が17時15分という長い一日の締めくくりは、ナイターに相応しい(?)星対決。予感通りの長期戦で、千と千尋の時間を食いかねない勢いの激闘が繰り広げられた。
先制は海星。初回、1アウトからすないぽとメイデンでチャンスを作ると、4番高谷がサード強襲の適時二塁打で先制。
続く5番主将坂本、左中間スタンドへ飛び込む2ランお誕生日。初戦でも先制の形を作った2人でリードをとる。
しかしその裏、光星は近藤が2試合連続となるお誕生日をライトスタンドに叩き込みお返し。
さらに3回には先頭太山のお誕生日をきっかけに、2アウト1,2塁として4番原、5番大江の連続適時打で逆転に成功。
続く4回、海星は2番手に江越を送るが、伊藤、太山の連続二塁打で1点を追加すると、さらに1,3塁で島袋の最低限。3点差に突き放す。
ところが、初戦に続き光星魔の6回が待ち受けていた。回途中からマウンドに立っていた山田が、2アウト2,3塁でARAKAKIで1点。
さらによんたまの松尾悠がトゥギャで再び再び2,3塁になったところで、初戦お誕生日の大串から快音が。一二塁間を破る2点適時打。3点のリードを守れず同点に。
その後、8回裏に松尾悠のバックホームで得点を許さなければ、9回表はスリーベースでのピンチが凌がれる。
延長突入前の9回裏、最後の1点をもぎ取ったのは光星だった。1アウトからヒット2本とよんたまで満塁。
明石商がこのシチュでスク水を決めた次の試合、ここで初戦満塁お誕生日の下山は強攻でいった。打球はセンター前にポトリ。光星のサヨナラ勝ちが決まった。試合終了は19時43分。
これで準々決勝で去年のリベンジマッチが実現。


第十一日
第一試合 高岡商(富山) 4−9 履正社(大阪)
明日も試合があるが両校エースを出してここが天王山といわんばかりの構え。
序盤履正社のガチムチ打線は高商荒井にZGS等寸前で粘られるものの、3回に内倉のタイムリーとみのんの走者一掃3ベースで3点の先制。
4回に高岡商はよんたまHでチャンスをつくると藤井の特大最低限で1点返すも返す刀で連打で荒井にプレッシャー。よんたますないぽで中出し得点からの最低限でさらに差を広げる。
6回には再び高商の反撃。再び井林石黒堀でチャンスを作ってからの藤井の最低限でコツコツ得点。しかし倍返しが基本の履正社はその裏の攻撃で井上の2ランお誕生日で7-2と差は広がる。
7回には両校継投に入る。お互い代わり端を攻めるも高岡商は連続長打にもかかわらずマジャルンバでダブルプレー等チャンスを作るも掴みきれない。
対して履正社は交代した松代のおよよでチャンスを作ったところで井上のタイムリー等効率のいい得点で一気に得点。前回までのバカ打ちはないものの焦らすように点差を広げて9-2。
ズルズルとビハインドで迎えた9回表の高岡商。ヤケクソ気味に鳴り響くチャンテ「ホース」の中、石黒・志水・菅沢が3連打で瀬戸際のタイムリーで望みをつなぐ。
鈴木が気迫のヘッスラでゲッツーを阻止間にさらに1点獲得。主将森田がマモノの力でポテンを決め、押せ押せムードの高岡商だが、ラストバッターの石黒が三振に倒れ試合終了。
スコアだけで見ると一方的な試合のように見えるが、高岡商は内野陣の堅実な守備と外野陣の眼を見張るようなファインプレーで、履正社打線の得意のビッグイニングを幾度も阻止。
履正社も高岡商の鋭い打球を冷静に処理する等お互いの守備が締まった好ゲームであったといえる。

第二試合 星稜(石川) 4x−1 智弁和歌山(和歌山) (延長14回)
常連校同士でありながら甲子園では初対決となった一戦はひりつく投手戦に。
星稜の先発は奥川。2回から4回にかけて6者連続三振を取るなど150キロを連発し三振の山を重ねる。
対する智弁は志願先発の小林。序盤からランナーを背負う苦しいピッチングになる。
が、2回はZGSに切って取るなど、星稜もあと一本が出ないままに序盤を終える。

試合が動いたのは4回。星稜は1アウト二・三塁のチャンスで奥川の相棒・山瀬。
左中間への最低限で1点を先制すると、小林はお役御免。2番手・矢田が5回までを抑える。

智弁は6回に星稜のやらかしでランナーを出すとジョックロックを発動。
2アウトから3番・西川がライトへのクリーンヒット。魔曲パワーで奥川から1点をもぎ取る。
その裏からは智弁もエース・池田を投入。ランナーは出すが連打は許さず、スコアボードに0が並び続ける。

延長11回。星稜・奥川に異変が。足を攣ったようなしぐさを見せ、明らかに限界を感じさせる。
スレでも代えさせろ、と大合唱ではあったが奥川は続投。
そればかりか、治療を受けてマウンドに戻った12回は4・5・6番を三者三振という圧巻のピッチング。

そんな奥川を援護したい打線ではあったが、三盗失敗、エンドラン失敗で飛び出したランナーアウト、
策も不発に終わり、智弁・池田を崩しきれないまま、とうとう延長13回、令和初のタイブレークへ。

星稜にとっては2年連続のタイブレークだが、昨年は既に降板していた奥川にとっては初のタイブレーク。
13回は両チームメイデンを封殺。特に智弁は完璧なバントシフトを披露し、得点を許さず14回へ。
14回表はゲッツー崩れで智弁が三塁までランナーを進めるが、奥川が踏ん張る。延長に入って智弁をノーヒットに封じる。

その裏、奥川のメイデンが失敗に終わった直後、この日2安打の6番・福本。
6回からマウンドに上がり、既にほぼ1試合分を投げていた池田の球を振り抜くと左中間スタンドに飛び込むお誕生日に。
昨年サヨナラお誕生日に泣いた星稜が、今年はサヨナラお誕生日で勝利を掴んだ。石川県勢は和歌山県勢に夏の甲子園で初勝利。
粘投の池田はマウンドで泣き崩れた。奥川の前に智辯打線が3安打と沈黙、投手陣の頑張りに報いることができなかった。
くしくも智辯和歌山は春に続き夏もサヨナラお誕生日での敗退に。春夏連続サヨナラお誕生日での敗退は史上初の悲劇である。
5期連続登場の黒川、西川、東妻はとうとう日本一になることは出来なかった。


第三試合 敦賀気比(福井) 3−4 仙台育英(宮城)
圧巻の第二回戦の余韻に浸るスレを襲撃したのは凄惨なレイプでここまで勝ち上がってきた荒くれもの同士の対戦であった。
案の定初回から前回サイクルの敦賀気比杉田がヘッドショットを食らう等荒れた立ち上がり。
両校すないぽや悪送球、ダメイデンやルンバ、スク水失敗等守備面でも攻撃面でも粗い面が目立つ。
そんな中先制したのは敦賀気比。3回に仙台育英鈴木の連続よんたまでチャンスを作ったところで野道がタイムリー。さらにARAKAKIで2,3塁としたところで長浜の走者一掃タイムリーで3-0とする。
試合は相変わらずルンバの多い荒れ模様。その中次にチャンスを掴んだのは仙台育英。二死からの水岡の三塁打で好機を掴むと中里宮本の三連打で3-2と接近。
仙台育英はさらに6回裏にも千葉・大栄の連打からスク水で3-3の同点。さらに笹倉水岡の連打で4-3と逆転に成功する。
途中退場した杉田のためにも踏ん張りたい敦賀気比だが、よんたますないぽで作った満塁のチャンスを逃してしまう等決定機を逃し得点が遠い。
荒れた試合に審判の北田さんも熱中症で倒れ、審判交代という珍事にも見舞われながら点差そのまま9回へ。
先頭の大島が2塁打で出塁後メイデンで3塁へ。同点のランナーを喉元に突きつけられた仙台育英はここでエース大栄から一年生笹倉への継投を試みる。
とんでもない場面の登板にあいさつよんたま等でピンチを広げるも後続をしっかりと討ち取りゲームセット。仙台育英、今年こそ白河の関を破るためにベスト8へ。
一方敦賀気比は決定機を逃したことが響きここで敗退。たらればとなってしまうが初回の杉田の退場が悔やまれる敗退となった。

第四試合 鶴岡東(山形) 6−7x 関東一(東東京) (延長11回)
連日の点灯試合となった4戦目。ここまでジャイアントキリングを続けてきた鶴岡東と機動破壊を掲げる関東一の対戦である。
両校サインミスが連発する珍しい状況の中先制したのは鶴岡東。2回の表よんたま出塁の大井が、山路の長打がクッション付近で暴れている間に生還し1点。
しかしその裏の関東一校は平川の内野安打をミスターと村岡が連打し同点に。さらに大久保が自慢の快速を飛ばしスクイズ間に起きた消えたファースト事件で逆転。
さらに大井が三塁へ投げた牽制が外野へと転がり走者一掃のやらかしで4-1となってしまう。さらにピンチの場面を迎えるもここは景山の牽制が成功。
失点を取り返したい鶴岡東。3回表には竹花の2ランお誕生日で4-3に迫る。
6回表には丸山・森の出塁でチャンスを作ると山路のミルクティーで同点に追いつき、さらにARAKAKI間の走者生還とアウトカウントの置き換え成立を狙ったトリック走塁で4-6と逆転。
非常に珍しい形での得点に盛り上がるスレだったが、7回の関東一の攻撃は打球が走者に当たるフレンドリーファイアによる守備妨害や、
走者本塁侵入前に打者走者がアウトになったことにより、先ほど発生したのアウトカウント置き換えが不成立となる等、
一大会に出るかでないかのプレーがわんさかと飛び出し、スレでは野球ルールに関するクイズ大会が開かれる等ちょっとした混乱に陥る。
しかし、そのような状況でも関東一は重政・渋谷・平泉の3連打でオーソドックスに得点し6-6の同点に追いつく。
ここで鶴岡が景山からエースの池田へ継投。関東一も投手が土屋に代わってからは両校のエースによる投げあいに発展。
バックの堅い守備やファインプレーも飛び出し、前半の馬鹿試合っぷりがウソのようにエースの投球を守り立てる。
そのまま試合は延長に突入。9回や10回も得点圏にランナーを進めていた関東一は、11回にも渋谷の本日5本目のHとなる三塁打を放つ。
強打者平泉は敬遠で勝負を避けられるも、これに火がついたかネクストバッターの平川がレフトへの強烈なライナーヒット。好機での連打で見事にベスト8進出を勝ち取った。
チームの連勝記録を更新した鶴岡東の進撃はここまで。白河の関所越えは他県の代表に託された。


第十二日
準々決勝
第一試合 明石商(兵庫) 7−6 八戸学院光星(青森)
名試合が期待される準々決勝の第一試合は明石商×八戸光星。
1年前の夏の甲子園で延長戦を戦った両校のリターンマッチ。
先発は光星が普段はサードの下山、明石商は中森ではなく杉戸を中1日で起用。
中森の行方にスレが心配をする中、明石商は初回から援護の体勢に入る。

1アウトから水上のよんたま出塁、重宮内野安打で作ったチャンスに安藤、宮崎が連続タイムリー。
そして続く福井がお家芸のスク水も決め、下山からいきなり3点を先取する。
光星も引き下がらず、立ち上がりに制球を乱した杉戸からよんたまんるいのチャンスを作るが、
ここは内野ゴロの間の1点のみに杉戸が食い止める。
すると明石商は2回に来田、水上とランナーを二人置いて4番・安藤がお誕生日。一気に6−1とリードを広げる。

が、杉戸の制球は相変わらず定まらない。3回には連続よんたまで作ったピンチに5番・大江に2点タイムリーを浴び、
5回にはまたも先頭からよんたま、すないぽ、さらにヒットでノーアウト満塁のピンチを招く。気づけば四死球は7つを数えていた。
中森待望論がスレに渦巻く中、ここで明石商・狭間監督が切ったカードは今大会初登板の溝尾。
満塁に強い下山の当たりはサードを強襲、グラブをはじいてレフトへ転がる間に2人が生還(記録はエラー)。
このまま中森抱え落ちで終わるかと思いきや、溝尾が後続のピンチは断ち切ってここは1点差でしのぐ。

それでも光星は6回にも連打とよんたまで作ったチャンスにまたも下山。ストレートのよんたまで中出し。
最大5点ビハインドをついに光星が追いついて試合を振り出しに戻した。
光星は下山からみなぎちゃん、7回途中からはエース・山田を投入し流れを掴みにかかる。
そして7回裏、よんたまのランナーをメイデン、結果メイデンで三塁まで進めて勝ち越しのチャンスを迎える。

ここで狭間監督はついに中森を投入。ケガなのでは、という噂もスレに流れる中、注目された中森の球。
なんとここで自己最速を更新する151キロをマーク。スレの度肝を抜く投球を見せる。
結局、中森は2番・島袋を直球中心に押してファウルフライに打ち取ってピンチをしのぐ。

直後の8回表、明石商はレフトに回っていた溝尾がヒットで出るとよんたまとメイデンで1アウト二・三塁のチャンス。
ここで3番・重宮に、ハザマ得意のスク水を命じるがこれを空振り。飛び出したランナーが挟殺されて勝ち越しのチャンスがしぼんだかに見えた。
ところが、ここで光星・山田が痛恨のARAKAKI。挟殺プレーの間に三塁に進んでいたランナーがここで生還。
先の塁を常に狙うハザマ野球の真骨頂がここで光り、明石商、再度リードを奪う。

光星は8回に相手の野選絡みでチャンスを作ったが、下山は三振、続くバッターのところでのディレードスチールは不発。
9回には先頭の道江がやらかしで出塁、メイデンで進め、2アウトからこの試合ノーヒットのタピオカ。
最後は中森の球威が勝った。ライトフライに打ち取って昨年の雪辱達成。
序盤の馬鹿試合から一転鍔迫り合いとなったが、接戦に強い明石商が粘りきり、夏初勝利から、一気に春夏連続のベスト4となった。
一方の光星、今日は終わってみれば一度もリードを奪えなかった。
  
第二試合 中京学院大中京(岐阜) 6−3 作新学院(栃木)
2試合目は校名を未だに間違えられがちな中京院中京と、地味レイプで勝ちあがり未だ未知数の作新学院の対戦。
実力派同士の一戦は、第1試合に続き初回から試合が動く展開に。
1回表、作新は1アウトからすないぽとヒットでチャンスを作る。
ここでニューステロップで昨今世間を騒がせた煽り運転ドライバー逮捕の報に盛り上がったその直後、
4番・石井がバットを一閃。バックスクリーン左に飛び込む先制の3ランお誕生日。
煽り運転許さない弾と一部で命名された一発で作新が先行する。

今回も地味レイプとなるかと心配されたが、この後は中京エース不後が打たれながらも点を取らせない粘りの投球。
一方作新先発・林は中京打線のインコースを大胆に突く投球を披露。
NHKのアナがインスラ厨になりかけるほどの投球で打たせて取り、アウトの山を重ねていく。
中京は5回からエース・不後を元に代えて流れを変えに行く。
それでもスタンドのエンジェル太鼓の応援もむなしく、6回まで中京は0行進が続いた。

しかし、初戦、3回戦と爆発した7回に中京打線がついに林を捉える。
1アウトから元がヒット。二村によんたまを与えると、ここで中京アルプス、タイガーラグを発動させる。
すると井上・高畠・申原の3連打。2点を返しスレは一気に加速する。
が、元をリリーフしていた赤塚への代打、布谷が初球を引っかけて最悪のゲッツー。逆転には至らない。

それでも火は燻っていたようだ。8回、再びマウンドに戻った元が作新の攻撃を0点に抑えると、
その裏先頭に林がよんたまを出してしまう。ここで小針監督が動く。3回戦でもリリーフした三宅をマウンドへ。
ところがその三宅の制球が定まらない。メイデンの構えにも乱されたか、連続よんたまで満塁。
たまらずマシンガン継投で三宅から坂主へスイッチ。打席には元。坂主が2ボール1ストライクからカウントを取りに来た球を強振。
レフトポール際へ飛び込む値千金の満塁お誕生日。7回では勝負を決められなかった中京、今日は8回に逆転した。

最後は満塁お誕生日の元がマウンドでも躍動し、作新の最後の攻撃を3人で片づけて初のベスト4進出。
のんちゃん・エンジェルと試合が進むにつれて勝利の女神が増えていく中京の躍進はどこまで続くか。
一方、リリーフ陣が持ちこたえられなかった作新。2回以降に追加点が取れなかったのも痛く、優勝した2016年以来のベスト4に至らなかった。

第三試合 星稜(石川) 17−1 仙台育英(宮城)

仙台育英
 ∧_∧      奥川のいない星稜?フルボッコにしてやんよ
 ( ・ω・)=つ≡つ
 (っ ≡つ=つ
 /   ) ババババ
 ( / ̄∪


 ババ   ババ   バババ  ババババ
   ババ ∧_∧ ∧_∧∧_∧バババ
    ∧_∧´・ω・)(´・ω・`)・ω・`∧_∧
   (´・ω・)∧_,∧lll ∪)∧_∧・ω・`)
    ∧_∧ ´・ω∧∪∧(・ω・∧_∧⊂)バババ    星稜 17−1 仙台育英
   (´・ω・)≡つ);;)ω(;;(⊂≡(・ω・`)___\
   (っ  つ=つ(っ  ⊂)⊂=⊂≡ ⊂) \ )
   /∧_∧∧_∧ ∧ ∧_∧∧_∧\バババ
   ( ( ´・ω)(  ´・)(    )`  )(ω・` ) )
  バ(っ  つ/    )(    )   \ ⊂)バババ
 バ /   )`u-u'. バ∪ ̄∪バ`u-u'   \ババ
  ( / ̄∪ ババ バババ ババババ ∪ ̄\ )

第四試合 履正社(大阪) 7−3 関東一(東東京)
第四試合は三日連続の点灯試合。これまで第一試合で戦ってきた履正社と点灯試合を二回制してきた関東一の一戦。
初回大久保の先頭出塁としぶやのすないぽ出塁で作ったチャンスを平泉がバックスクリーンへの3ランお誕生日で3点先制。
甲子園で初めて先制された履正社だが、1回裏には桃谷の長打と井上のタイムリーで1点、二回にも池田ァ!のタイムリーで1点と徐々に追い上げる姿勢。
その後は両投手の粘りで均衡状態に落ち着くものの、5回には履正社のガチムチ打線がついに火を噴いた。
やらかしやよんたまも絡み満塁のチャンスで内倉が放った打球は1,2塁間を鋭く切り裂く同点タイムリー。関東一は先発の谷から土屋へ継投するも、続く西川が最低限を放ちここでついに勝ち越し。
これまで接戦に持ち込むとすぐに逆転を行ってきた関東一だが、履正社エース清水を初回以来全く捉えられない。
履正社は6回にもHとよんたまで満塁のチャンス。ここで4番の井上がダメ押しとなる走者一掃のタイムリーを放ち7-3と関東一を突き放す。
追いすがりたい関東一、8回には一年生Pの市川が履正社打線のクリンナップを3本に打ち取る活躍などで守りから打撃を盛り立てていきたいところであったが、
結局最後まで清水を攻略できず、得意の夜戦で敗北。履正社は得意の打線はもちろん清水の完投勝利という投打のかみ合った盤石の態勢で準決勝へ進む。



第十三日
準決勝
第一試合 履正社(大阪) 7−1 明石商(兵庫)
明石商は休養は十分のエース中森を投入して万全の構え。一方履正社はここまで先発してきたエース清水を温存、岩崎を先発のマウンドに送る。
初回の表の攻撃でプロ注バッターをメッタ打ちにして相手を意気消沈させて来た履正社打線。準決勝でもその爆発力は変わらなかった。
先頭桃谷の監督が思わず「タピオカ入ってない?」と確認しに来るほどの特大ミルクティー三塁打と池田ァの連打であっさりと先制。
その後もあれよあれよといつもの調子で連打初回打者一巡6Hの4得点。中森でもダメなのかとスレはガチムチ打線の底力に心底震える。
しかし野球バカにはこのプレッシャーが効かなかったのか、チーム先頭打者来田━(゚∀゚)━!!が今大初となるお誕生日で反撃の狼煙。
しかし後続は2年生P岩崎にタイミングが合わず連打はおろか、出塁すらままならない。
一方中森は点は取られないもののらしくないよんたま等で毎回ピンチを背負う苦しい展開。
5回には西川とみのんの連打と右翼手のもたつきでついに決壊し5-1と差を広げてしまうも、これが気付けとなったかようやく中森のエンジンがかかりはじめ、2塁を踏ませないピッチングを披露。
これを機に反撃と行きたい明石商だあ岩崎攻略の手口をつかめないまま。8回に狭間監督はエース中森に代打を投入し一転攻勢を狙うも凡打に倒れ失敗。
それどころか中森が降板した明石商は4番の安藤、杉戸と継投するも不安定な制球とみのんの一撃でさらに点差を広められる。
攻撃に転じようとした明石商は結果的に単純な守備緩めを行ったことになり、作戦は完全に裏目に出てしまった。
履正社の岩崎は9回安藤にHを食らうも後続をしっかりと押さえ完投勝利。得意の出会い頭レイプと岩崎の予想を遥かに上回る好投で決勝進出。初の優勝まで、あと1勝。

第二試合 中京学院大中京(岐阜) 0−9 星稜(石川)
のんちゃんの呪いご加護と怪物の一騎打ちとなった準決勝二試合目。
星稜の先発は前回完全休養の奥川。中京院中京は高畠が先頭Hで出塁し希望を見せるも、後続が完全に差し込まれる。
一方で星稜は先頭Hで出塁した東海林を4番の山内が最低限で返し先制するなど、準決勝に続き打撃人の調子は好調の模様。
2回にもフゴの連続よんたまでチャンスを作った後、東海林のタイムリーで追加点。
中京院中京は元・赤塚に継投するも3回には福本のタイムリー、そして山瀬のタイムリーとセンターのやらかしで全走者生還の大量得点。前半で6-0と差をつける。
自慢の打力を見せ付けたい中京院中京だが、休養を挟んだ奥川の調子は絶好調。先頭以降一切走者を出さないピッチングでスレ住人も「こんなもん打てるか!」と半ば呆れ気味。
しかしここまで逆転で勝ちあがってきた中京院中京。後半になるにつれ何かが起こるのではという期待も高まる。
完全に差し込まれた中での魔の七回。四方八方からかかる「のんちゃん起きて〜」の声がようやく届いたか、2死から藤田がライト方面へのクリーンヒット。
ここで必殺コンボの7回でのタイガーラグをぶっ放す中京院中京応援団だが、続く小田はセカンドゴロ。怪物はやはり強かった。
魔の7回発動の反動か7回にブーメラン登板したフゴから奥川の甲子園での脱童貞&タイムリーや山瀬の死体蹴り適時打で9点差とさらに点差を広められる。
8回にはハヤシが動き奥川から寺沢への継投が行われ、ハヤシへの呪い成功かと一瞬スレがざわつくも奥川の後を完璧に引き継ぐパーフェクトピッチング。
中京院中京は終盤の粘りを発揮することなく、自校の勝利数更新はベスト4でストップ。
星稜高校は初の優勝を目指し、今大会最強とも名高い打線と対峙する。センバツでは完全に叩きのめしたが、果たして…?


第十四日
決  勝 履正社(大阪) − 星稜(石川)
2019年08月20日(火) 22:46:14 Modified by nanashisan2017




スマートフォン版で見る