魔法先生ネギま!wiki - カゲタロウ
22巻にて初出の影使い。「ボスポラスのカゲタロウ」と名乗っている。
グラニクス市街でネギを急襲し、片腕切断という大怪我を負わせた。ネギ曰く、「高音さんと同系統の能力者だが、練度が違いすぎる」とのこと。大分烈戦争に於いて紅き翼に負かされた経験があるようだが、真実は不明。ナギ・スプリングフィールド杯決勝戦でラカンとタッグを組み、ネギと小太郎の前に立ち塞がった。ラカン的強さ表で当初戦闘力は700とされていたが、実際は3000近い実力を持っている。初出でのラカンとの悶着は芝居だったようで、ネギが弟子入りするより前から酒を酌み交す仲だった模様。影を編んで作り出す槍の射出が基本的な戦闘スタイル。建造物の貫通や切断などは容易に行える。

【使用技】
・影布七重対物障壁(unbrae septemplex paries anti-corporalis)
・百の影槍(centum lanceae unbrae)