Wiki内検索
最近更新したページ
最新コメント
疲労骨折 by stunning seo guys
短趾屈筋   by check it out
日焼け〜日光皮膚炎〜 by stunning seo guys
メタボリック症候群 by check it out
持久力 by check it out
持久力 by seo thing
鷲足炎 by check this out
診療報酬 by tips about seo
足底腱膜炎 by seo thing
日焼け〜日光皮膚炎〜 by tips about seo
タグ
このウィキの読者になる
更新情報がメールで届きます。
このウィキの読者になる
フリーエリア

胸郭出口症候群

【概念】

鎖骨の後方で前斜角筋の前を鎖骨下静脈が通過し、前斜角筋中斜角筋の間を鎖骨下動脈?腕神経叢?が通過する。これらの血管神経束は鎖骨下で胸郭との間に形成される間隙を通り、小胸筋の下を走り上腕に至る。斜角筋から小胸筋に至るまでの血管と神経の圧迫により疼痛が生じる。

【症状】

頚部痛、上背部痛、肩甲部痛、上肢の痛み、手指の異常知覚、血管運動兆候(手の蒼白、冷感、チアノーゼ?)、手の筋力低下などを訴える。環指と小指の症状が強いことが多い。姿勢や体位の変化、腕の使用あるいは腕の挙上により疼痛と腕の疲れが増強する。

【診断】

moleyテスト
鎖骨上窩で腕神経叢?を指で圧迫すると圧痛と放散痛を訴える。

Adsonテスト 
前斜角筋を調べるテスト。橈骨動脈?の拍動を確認しながら、頚椎を患側に回転・後屈させて深呼吸をさせる。橈骨動脈の拍動が減弱あるいは消失したら陽性。

Wrightテスト
肩関節90°外転、肘関節90°屈曲の肢位をとり橈骨動脈の拍動を確認する。橈骨動脈の拍動が減弱あるいは消失したら陽性。

Rooseテスト
Wrightテストと同じ肢位で2〜3秒間に1回の割合で手を握ったり開いたりする動作を3分間行わせる。症状が誘発されれば陽性。

上記の整形外科的特殊テストは、再現率が30〜50%と報告されており、陽性反応が出たからといっても必ずしも、胸郭出口症候群であると診断することができない。そのため、その他の所見や症状などを併せて鑑別していく必要がある。

【治療】

上肢の症状が憎悪する姿勢や動作を避けるように指導する。リハビリテーションとして、前鋸筋肩甲挙筋などの肩甲帯挙上筋?の筋力強化やストレッチを行う。斜角筋が付着している第一肋骨が斜角筋の過緊張により挙上を強いられている場合があり、肋椎関節のモビライゼーションなどは斜角筋群の筋緊張の調整に有効である。

私的見解

性・職業・体型・頚肋などの要因が関与し、男性より女性に多く発生する。頭部前方突出位(forword-head)やなで肩などの特異姿勢でいる方に多く発症する。これらの症例は特に、腹筋群の活動性が低く、体幹を崩した姿勢でいる。腹筋群の活動性低下に対し、脊柱起立筋?などの背部筋群は過収縮を呈し、過剰な固定を行っている場合が多い。そのために、頚椎の前彎は減少し、ストレートネックに繋がる。ストレートネックを代償するために、斜角筋は過緊張を強いられ、神経圧迫へと移行していく。
2008年12月05日(金) 15:10:47 Modified by ID:TavBKDmbDQ




スマートフォン版で見る