OneNoteの便利に活用する使い方、情報の整理方法など

Microsoft Office OneNoteの類似品の説明とそれらとの比較です。

【OneNoteとEvernoteの比較】
EverNoteはウェブベースの「電子スクラップブック」アプリケーション。無料版と有償版がある。
ウェブにシームレスに接続するためのクライアントアプリケーションも用意されている。
新規にノートを追加するときの手順は
evernoteは、ウェブブラウザからだと
[ログイン] → [新規作成ボタン] → [オンラインエディタで編集] → [保存ボタン]
という手順を踏む。
ローカルアプリからだと
[タスクトレイのアイコンクリック] → [新規作成ボタン] → [エディタで編集] → [保存ボタン]
となる。

OneNoteだと
[タスクトレイのアイコンクリック] → [適当に書き込む]( → あとで[任意のノートブックやページに移動])
なので、簡便性はOneNoteの方が圧倒的に上。

evernoteはブログで記事を書くのと同じ手順を踏むので操作が冗長である印象が強い。
せめて空白部分をダブルクリックすればオンラインエディタ画面が表示されるぐらいはして欲しい。
UI(ユーザインタフェース)のこなれて無さはちょっと許容しがたい。ローンチから2年経ってこれだと大きな改善は期待薄。ぶっちゃけ、ビジネスマン向けアプリの少ないLinuxユーザがアーリーアダプターとして盛り上げているだけという気がする。

ウェブ閲覧時のウェブページの保存に関してを比較する。
evernote、OneNoteともにブラウザからボタン一つで可能(evernoteはPCにプログラムをダウンロードしてインストールする必要有り)。筆者の環境では、evernoteはIE、Operaでは正常に動作しなかったので、FireFoxで行った。
手順としてはまず準備として
[プログラムのダウンロード] → [インストール] → [ダウンロードページのリンクをリンクバーにドラッグ&ドロップ]
そうすると、以降、クリップしたいページを閲覧時にリンクバーのボタンをクリックすれば保存画面がポップアップされる。
実際の保存時の手順は、
evernoteは
[ウェブページ閲覧] → [リンクバーのボタンをクリック] → [ポップアップした保存画面で追加のテキスト等を記述] → [閉じる]
となる。

OneNoteだと、
[ウェブページ閲覧] → [IE上のOneNoteボタンをクリック]
となる。

ただし、両製品に共通する問題として、ウェブページをまるごと保存しようとすると正常に保存されないことがある、ということがある。よほどシンプルなページでないとまともに保存されない。ロイターや読売新聞のサイトを試したが、evernoteだと単なる空白として保存された(URLのみ保存)。OneNoteは保存はされるがデザインが崩れる。
ウェブページの保存に関しては、どちらも保存したい文字列を選択した状態でボタンをクリックしないとダメなようだ。


【まとめ】
evernoteの致命的な欠点は「オンライン」ということ。evernote社がどのような情報管理をしているかはさだかでないが、一般的に業務のサポートツールとして使用することはこの点だけで難しくなるだろう。情報セキュリティをあまり重視していない会社なら良いのだろうけど。
また、UI(ユーザインタフェース)のこなれて無さは”気軽にメモを取る”ためのツールとしてはダメすぎる。さまざまなデバイスからのアクセスを重視するあまりPC向けウェブアプリなら当然のAJAXを多用することができていないのだろう。

ということで、evernoteは管理者的には100点満点中40点ほどしか与えられない。

なお、Evernoteは無償版で試しているが、
有償版は
月々$5で
  • 月のアップロード リミットが 500MB* に拡張
  • ノートに任意のファイルを追加し、あらゆるプラットフォームやデバイスに同期させてアクセスできます
  • iPhone iPod Touch ユーザーの方はオフラインでもノートブックにアクセスできます
  • PDF 文書内の検索
  • SSL 暗号化通信を利用した強固なセキュリティでログイン、ノート転送を実現
  • 画像認識の優先使用
  • プレミアム サポート
  • 広告無し
とのことで、オンラインでありUIが×、という欠点は覆されないものと思われる。

【OneNoteと紙copiLite】
作成中
【OneNoteとFreeMind】
作成中
【OneNoteとGoogle Notebook】
作成中
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

基本情報

Microsoft Office OneNote

開発元:マイクロソフト
対応OS:Windows
種別:デジタルノートブック
公式サイト:office.microsoft.com/ja-jp

使ってみよう

管理人/副管理人のみ編集できます