現在地 >> メニュー >> CUDA >> CUDA::基本編05 >> テクスチャ::グローバルメモリ >> テクスチャバインド::グローバルメモリ

テクスチャへのバインド


データを読み込んだら、「cudaMemcpy()関数」でデータをコピーし、「cudaBindTexture()」でバインドする。

[例]

//テクスチャオブジェクト
texture<unsigned char, 1, cudaReadModeElementType> tex;
... ...
unsigned char* dataf = NULL;
... ...
unsigned char* d_data = NULL;
... ...
//データのコピー
CUDA_SAFE_CALL( cudaMemcpy( d_data, dataf, size, cudaMemcpyHostToDevice));

//テクスチャへのバインド
CUDA_SAFE_CALL( cudaBindTexture(NULL,tex, d_data));

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

目次

― その他 ―

Wiki内検索

計測中...(07.10.8〜)

Save The World






▲よろしければ広告のクリックもお願いします


▲ランキングに参加しました

管理人/副管理人のみ編集できます