現在地 >> メニュー >> 基本編23
INDEX:基本編22 << 基本編23 >> 基本編24

ポリゴンオフセット


例えばまったく同じ位置に物体を描画し、zバッファを有効にした場合、
glDepthFunc( GL_LEQUAL )などの設定では、正しく表示されない可能性がある。
(物体とそのワイヤーフレームを同時に描画する場合など)


[例]

glEnable(GL_DEPTH_TEST);
... ...
glutSolidSphere(1,20,20); //球を描画
glutWireSphere(1,20,20); //球のワイヤーフレームを描画

▲正しく描画されない可能性がある。

このような場合にポリゴンオフセットを使う事ができる。

つまり、描画物のzバッファにオフセット値を加える事で、
同じ位置だが、わずかに「前or後ろ」に存在するようにして、zバッファを比較する事ができる。
(詳しくは赤本などで)

使い方


オフセット値を決定と有効化すればよい。

[例]

glEnable(GL_POLYGON_OFFSET_FILL);
glPolygonOffset(1.f, 1.f);
glutSolidSphere(1,20,20);
glDisable(GL_POLYGON_OFFSET_FILL);



サンプルコード>>基本編23::まとめコード
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

目次

― その他 ―

Wiki内検索

計測中...(07.10.8〜)

Save The World






▲よろしければ広告のクリックもお願いします


▲ランキングに参加しました

管理人/副管理人のみ編集できます