現在地: メニュー >> 実践編11 >> 実践編11::gluProjectの自作

gluProjectの自作


リファレンスにあるような計算式でgluProject関数は計算している。
これも自分で実装すると、例えば以下のようになる。

※簡潔にするため、OpenCVの新しいC++インターフェイスを用いている

【例】
... ...
	static double modelview[16];
	glGetDoublev(GL_MODELVIEW_MATRIX, modelview);
	static double projection[16];
	glGetDoublev(GL_PROJECTION_MATRIX, projection);
	static int viewport[4];
	glGetIntegerv(GL_VIEWPORT, viewport);


	cv::Mat Model(4,4,CV_64FC1,modelview);
	cv::Mat Proj(4,4,CV_64FC1,projection);

	cv::Mat PM = Model *Proj;

	MygluProject(PositionXYZ[0],PositionXYZ[1],PositionXYZ[2],PM,viewport,&winX,&winY,&winZ);

... ...

int MygluProject(double objx, double objy, double objz, cv::Mat &PM, const int viewport[4],double *winx,double *winy,double *winz)
{
	double in[4]= {objx,objy,objz,1.0};
	cv::Mat v(4,1,CV_64FC1,in);

	cv::transpose(PM,PM);//転置
	cv::Mat v_dash = PM * v;

	if(v_dash.at<double>(3,0) == 0.0)
	{
		return GL_FALSE;
	}

	v_dash = v_dash / v_dash.at<double>(3,0);

	*winx = viewport[0]+(1+v_dash.at<double>(0,0))*viewport[2]/2;
	*winy = viewport[1]+(1+v_dash.at<double>(1,0))*viewport[3]/2;
	*winz = (1+v_dash.at<double>(2,0))/2;

	return GL_TRUE;
}

【メモ】
OpenGLは行列の配置が異なるのでM×Pを計算して転置した。

サンプルコード

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

目次

― その他 ―

Wiki内検索

計測中...(07.10.8〜)

Save The World






▲よろしければ広告のクリックもお願いします


▲ランキングに参加しました

管理人/副管理人のみ編集できます