現在地: メニュー >> 発展編01 >> 発展編01::テクスチャ座標の生成 >> 発展編01::EyeLinearMapping

EyeLinearMapping


テクスチャ座標の生成方法を「GL_EYE_LINEAR」に指定すると、視野空間における座標値を使って計算をする。
つまり、視点位置からのテクスチャ投影のような感じになる。

計算式は同じ
テクスチャ座標 = a*X + b*Y + c*Z + d*W
ここで、
  • X,Y,Z,W → 座標
  • a,b,c,d → 平面の方程式 ax + by + cz + d = 0 の各係数

[例]
    GLfloat xPlane[] = { 1.0f, 0.0f, 0.0f, 0.0f }; //x = 0
    GLfloat yPlane[] = { 0.0f, 1.0f, 0.0f, 0.0f }; //y = 0

    glTexGeni(GL_S, GL_TEXTURE_GEN_MODE, GL_EYE_LINEAR);
    glTexGeni(GL_T, GL_TEXTURE_GEN_MODE, GL_EYE_LINEAR);
    glTexGenfv(GL_S, GL_EYE_PLANE, xPlane);
    glTexGenfv(GL_T, GL_EYE_PLANE, yPlane);



サンプル
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

目次

― その他 ―

Wiki内検索

計測中...(07.10.8〜)

Save The World






▲よろしければ広告のクリックもお願いします


▲ランキングに参加しました

管理人/副管理人のみ編集できます