現在地 >> メニュー >> OpenCV >> C++インターフェイス編01
INDEX: C++インターフェイス編01 >> C++インターフェイス編02

参照カウンタ ポインタクラス


単なる「IplImage *型」や「CvMat *型」は、
「cvReleaseImage関数」や「cvReleaseMat関数」で使用後にメモリを解放する手間があった。

OpenCV2.0では、「参照カウンタ型のポインタクラス」が用意された。
これは、指し示すものがなくなったら、メモリを自動的に破棄してくれるもの。
(いわゆるスマートポインタみたいなもの)

このクラスは
class cv::Ptr<typename _Tp>
となっている。

【使い方】
	cv::Ptr<IplImage> imgA = cvLoadImage("test.jpg");
	if(imgA.empty())
	{
		std::cerr << "Can't Load Image \n";
		return -1;
	}
... ...
▲最初が少し異なるだけで後は同じようにメンバを使用できる
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

目次

― その他 ―

Wiki内検索

計測中...(07.10.8〜)

Save The World






▲よろしければ広告のクリックもお願いします


▲ランキングに参加しました

管理人/副管理人のみ編集できます