現在地 >> メニュー >> CUDA >> CUDA::基本編06 >> CUBLAS::メモリ
関連:CUBLAS::データ設定


CUBLAS:メモリ確保・破棄


メモリの確保・破棄は「cublasAlloc()関数」、「cublasFree()関数」で行う。


■cublasStatus CUBLASAPI cublasAlloc (int n, int elemSize, void **devicePtr)
  • 要素がn個の配列のオブジェクトをGPUメモリに作成する。
  • elemSize:バイト数


■cublasStatus CUBLASAPI cublasFree (const void *devicePtr)
  • メモリ破棄

[例]

float* GpuData = NULL;
... ...
cublasStatus status;
int n = 256*256;
status = cublasAlloc(n, sizeof(GpuData[0]), (void**)&GpuData); //メモリ確保
if(status != CUBLAS_STATUS_SUCCESS){
	//---- エラー処理 ----/
}
... ...
status = cublasFree(GpuData); //メモリ破棄
if(status != CUBLAS_STATUS_SUCCESS){
	//---- エラー処理 ----/
}
... ...


次 >> CUBLAS::データ設定
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

目次

― その他 ―

Wiki内検索

計測中...(07.10.8〜)

Save The World






▲よろしければ広告のクリックもお願いします


▲ランキングに参加しました

管理人/副管理人のみ編集できます