現在地 >> メニュー >> CUDA >> CUDA::基本編07 >> CUFFT::離散フーリエ変換
関連:CUFFT::planの作成

離散フーリエ変換


離散フーリエ変換には、
  1. GPU上のメモリを確保
  2. CPUからGPUにデータをコピー
  3. CUFFTライブラリで離散フーリエ
  4. CPUに戻す
という手順になる。

[例]

cufftComplex *HostData, *DeviceData; //データ
... ...
//デバイス側のメモリ確保
int nbyte = sizeof(cufftComplex)*ElementNum;
cudaMalloc( reinterpret_cast<void**>( &DeviceData), nbyte);
... ...
//GPUへメモリコピー
cudaMemcpy(DeviceData, HostData, nbyte,cudaMemcpyHostToDevice);
... ...
//離散フーリエ
cufftExecC2C(plan, DeviceData, DeviceData, CUFFT_FORWARD);
cudaMemcpy(HostData, DeviceData, nbyte,cudaMemcpyDeviceToHost); //CPUにコピー

目次

― その他 ―

Wiki内検索

計測中...(07.10.8〜)

Save The World






▲よろしければ広告のクリックもお願いします


▲ランキングに参加しました

管理人/副管理人のみ編集できます