現在地 >> メニュー >> CUDA >> CUDA::基本編07 >> CUFFT::planの作成
関連:CUFFT::離散フーリエ変換


planの作成


CUFFTでは、「cufftHandle型」の「プラン」を用意し、これにどんなフーリエ変換かを設定する。

[例]

cufftComplex *HostData, *DeviceData; //複素数型のデータ
... ...
//プラン作成
cufftHandle plan;//cufft用プラン
cufftPlan1d(&plan, 8, CUFFT_C2C, 2); //1次元離散フーリエ変換
... ...
cufftDestroy(plan); //プランの破棄


▲この場合「plan」は、
  • 要素数が8個で、
  • 複素数の入力から複素数の出力
  • バッチ数2

という設定となる。

その他、「cufft.h」にインターフェイスが記述されている。

目次

― その他 ―

Wiki内検索

計測中...(07.10.8〜)

Save The World






▲よろしければ広告のクリックもお願いします


▲ランキングに参加しました

管理人/副管理人のみ編集できます