スピノザ

スピノザ


スピノザは、アムステルダムの富裕なユダヤ人の貿易商の家
庭に生まれます。
 スピノザの両親はポルトガルでのユダヤ人迫害から逃れオ
ランダへ移住してきました。
 スピノザは、幼少の頃より学問の才能を示し、ラビとなる訓
練を受けましたが、稼業を手伝うために高等教育は受けません
でした。
 ラビは、ユダヤ教に於いての宗教的指導者であり、学者でも
あるような存在です。
 ラビの訓練を受けたスピノザではありましたが、伝統から自
由な宗教観を持ち、神を自然の働きやありかた全体と同一視す
る立場から、当時のユダヤ教の信仰のありかたや聖典の扱いに
対して批判的な態度をとり、追放されました。
 追放後はハーグに移住し、転居を繰り返しながら執筆生活を
行い、そうした生活の中で、次第にルネサンスの哲学者デカル
トの思想に傾倒しました。
 そして、代表作エチカの執筆は進められていましたが、オラ
ンダの政治情勢の変化などに対応して神学・政治論の執筆を優
先させ、1670年に匿名で版元も偽って神学・政治論を出版した
のです』
 親交を結んでいたオランダ共和派の有力者、ヤン・デ・ウィット
が惨殺されるという事件もありました。この折りには、スピノザ
は生涯最大の動揺を示したといわれています
 さて、 スピノザの汎神論は唯物論的な一元論でもあり、後
世の無神論や唯物論に強い影響を与え、または思想的準備の役
割を果たしたといわれています。
 生前のスピノザ自身も、神を信仰する神学者でありながら、
無神論者のレッテルを貼られ異端視され、批判を浴びていまし

 スピノザの汎神論は唯物論的な一元論であることから、神を
信仰する神学者でありながら、無神論者のレッテルを貼られ
異端視されてしまいました
 スピノザの汎神論の説得力は、当時の正しいとされるキリス
ト教の聖書の解釈よりも上回ったいえるかもしれません。
 さて、スピノザの汎神論は唯物論的な一元論でもあり、後
世の無神論や唯物論に強い影響を与え、または思想的準備の役
割を果たしたといわれています。
 生前のスピノザ自身も、神を信仰する神学者でありながら、
無神論者のレッテルを貼られ異端視され、批判を浴びていまし

 スピノザは、プファルツ選帝侯からハイデルベルク大学教
授に招かれましたが、思索の自由が却って脅かされることを
恐れたスピノザは、これを辞退しました
 スピノザは高い評価を受ける一方で、神学・政治論が禁
書となってしまいます。
 この影響で翌1675年にエチカを完成させたものの、出版を
断念しています。
 エチカは、スピノザの思想の総括と言えるでしょう。
 ただ、このエチカは、執筆には15年の歳月をかけていまし
たが、生前出版されることは在りませんでした。スピノザは、
肺の病を患っていたため、エチカを完成させた翌年スヘーフェ
ニンヘンで44歳の短い生涯を終えたためです。
 スピノザの能力は評価されつつも、当時のキリスト教社
会にはスピノザの哲学が受け入れられなかったのは、その
遺骨はその後廃棄され墓は失われたということから読み取
れます。
 エチカは、スピノザ没後友人により1677年に刊行されて
います。
 スピノザは、真の論理的徹底を実現した哲学者でもあり、
幾何学的順序に従って証明した倫理学でも有名です。
 スピノザの哲学は、デカルトにおける物体と精神の二
元論に対して、唯一無限である実体=神を想定し、この
神はキリスト教的人格神ではなく、自然そのものであり、
自然は、物質である。とする汎神論的一元論を唱えまし
た。
 スピノザの哲学は幾何学的順序にしたがって、それこ
そ、理路整然と説明されました。
 こうして、一種の数学的合理主義による機械的唯物論に
傾き、スピノザは、無神論として白ぞけられたが、100
年後のドイツ観念論に影響を与え他と言われています。。


WRITER:呟き尾形
(注:呟き尾形の解釈です)
2018年11月18日(日) 21:18:18 Modified by tubuyaki1




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。