研究業績(速読)

注意事項

以下にあげたリストの中にはシンポジウムの発表、講演の概要も含まれている。また、査読を得ていない論文も含まれている点に注意されたい。言語教育の色合いが強いものは除いている。


日本認知科学会

栗山貢 加藤正晴 植田一博 川口英夫 敦森洋和 佐々木豊文
読書の習熟化が脳活動に与える影響: NIRSによる計測
日本認知科学会第21回大会発表論文集、p.38-39、2004

加藤正晴 栗山貢 植田一博 佐々木豊文 川口英夫 敦森洋和
読書の習熟化が視覚的注意に与える影響:視覚的探索課題を用いて
日本認知科学会第21回大会発表論文集、p.322-323、2004


日本教育工学会

西康隆
小学生用速読トレーニングプログラムの開発とその効果
日本教育工学会論文誌 28巻増刊号(ショートレター特集) p25-28,2004

富山大学教育実践研究指導センター紀要

石井成郎 高橋和弘 向後千春
速読法の練習後における文章の理解度の変化
富山大学教育実践研究指導センター紀要(1996)


日本基礎心理学会

斎田真也
速読と眼球運動
基礎心理学研究 第23巻第1号(2004)


Neuro Report

Norio Fujimaki; Tomoe Hayakawa; Shinji Munetsuna; Toyofumi Sasaki
Neural activation dependent on reading speed during covert reading of novels.
Neuroreport. 15(2):239-243, February 9, 2004.


Cognitive Neuroscience Society

Masaharu Kato; Mitsugu Kuriyama; Kazuhiro Ueda; Toyofumi Sasaki; Hirokazu Atsumori; Hideo Kawaguchi; Yukuo Konishi;
The effects of reading speed on visual search task
XXVII Annual Conference of the Cognitive Science Society (2005)

Masaharu Kato; Mitsugu Kuriyama; Kazuhiro Ueda,Toyofumi Sasaki; Hirokazu Atsumori,Hideo Kawaguchi; Yukuo Konishi;
The effects of reading speed on brain activity: A NIRS study
Annual Meeting of Cognitive Neuroscience (2005)


日本読書学会

山本哲也 佐藤泰正 桐原宏行
速読訓練の効果に関する検討
読書科学 第43巻第2号(1999年)

瀬川武美
コンピューター提示による日本語速読訓練の可能性と問題点
読書科学 第28巻第2号(1984年)

佐藤泰正
大学生に行なった速読訓練の効果(1)
読書科学 第11巻第3号(1968年)


日本トランスパーソナル心理学/精神医学会

栗田昌裕
速読訓練中に生ずる視覚の変容の種類とそれを体験する者の割合の解析
第1回学術大会 一般演題発表(1999)


国際生命情報科学会


河野貴美子
脳こそクールビズ
脳とこころの画像化をめざして
Journal of International Society of Life Information Science 23巻2号(2005年)

河野貴美子 佐々木豊文
速読熟達過程における脳波等生理指標変化
Journal of International Society of Life Information Science 23巻1号(2005)

栗田昌裕
栗田式速読法初級5日間クラスにおける理解度の改善の研究
Journal of International Society of Life Information Science Vol.21, No.2(2003)

栗田昌裕
栗田式速読法中級クラスを受講した160人の心身機能の変化
Journal of International Society of Life Information Science Vol.21, No.1(2003)

栗田昌裕
10日間の速読講習による1550人の心身機能の変化
Journal of International Society of Life Information Science Vol.20. No.2(2002)

河野貴美子、山本幹男、小久保秀之、田中昌孝、陳偉中、張トウ、古角智子
子供における課題集中時脳波の経年変化
Journal of International Society of Life Information Science Vol.20, No.1(2002)

栗田昌裕
運動を伴った画像を用いる裸眼立体視による視力の即時効果
Journal of International Society of Life Information Science Vol.20, No.1(2002)

栗田昌裕
2日間の速読講習による832人の心身機能の変化
Journal of International Society of Life Information Science Vol.19, No.1(2001)
2007年08月19日(日) 22:01:34 Modified by mind_extream




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。