カテゴリー
最近更新したページ
メニューバーA
ここは自由に編集できるエリアです。
メニューバーB
ここは自由に編集できるエリアです。

マーチャンダイジング【merchandising】

マーチャンダイジングを企画するとは、結局「ターゲットに、何を、いくらで、どのように提供するか」を決定することです。すなわち、設定したターゲットに対し、
提供物の品揃え(仕入・在庫)を決定する、
価格を決定する、
販売形態を決定する、
ことです。
 マーチャンダイジングを「品揃え(仕入、在庫)」という意味にのみよく使われますが、実は「価格決定」「販売形態の選択」という意味も含まれています。同じような種類の商品でも、販売形態によって売れる価格、必要な品揃えも変わるからです。


品揃えの決定:
 マーチャンダイジングの概念は、前述の通りですが、その中核は品揃えの決定です。品揃えがマーケティング計画とズレていれば、どんなにプロモーションをうまく行ってもターゲット顧客を攻略することはできません。
 品揃えを決定する際の重要なテーマは、製品をどのように捉えるかです。
 一般に、品揃えを決定する際、「深さ」「幅」「一貫性」という三次元で捉えます。深さとは、製品ライン内のアイテムすなわち、サイズ、価格、スタイル、色など外見で区別される単位の数で示し、幅は、扱う製品ラインの数で示し、一貫性は、各製品ライン間の使用用途・グレードなどの関連度で示します。これらの組合せにおいて、品揃えの四つの基本パターンが、あります。
 最近では、コンピューターによる情報システム化が進み、品揃え、棚割り、仕入発注、などが自動で行われるシステムが開発され、活用されています。
2005年11月18日(金) 19:45:45 Modified by mizunobara




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。