GTD(仕事術:書籍・PDAなど)のメモ



どうしたら深く考えることができるのかの1つの回答がここにある。
著者の方法論にしたがって、毎日、メモを書いていると、自分のなかにあるもやもやしたものが明確になってくる。

やりかたは単純
  • A4の白紙を横にして1件1ページで書く。
  • A4のコピー用紙にゲルインクのボールペンで
    • 1行目にテーマを書き、下線を引く。
    • 右上に年月日を書く
    • テーマに沿って浮かんだことを1ページに4から6行、各行20から30文字で1ページを1分以内で、毎日10ページ書く。(書く大きさなどのバランスは著者のFacebookのページを参照)
    • 縦書きにしたり、ワープロにしたりしてはいけない。現在のフォーマットは著者の試行錯誤の結果としてのノウハウが詰まっている。

ポジティブなこともネガティブなことも、他人に見せないようにして、書き込む。
ここ2週間ほど、朝または帰りに喫茶店に入り、この書籍に沿って考えを書き出すことを実践をしているが、いろいろなことを考えるようになってきた。
是非、自分で読んで試してもらいたい。

紙はコピー用紙(普通紙。インクジェットプリンタ用紙は表面加工がありペンで書きにくい)で1枚で2円いかないものをヨドバシでさがした。
書き終わったものは、Scansnapで数日分ずつ、jpgにスキャンしてDropboxに放り込んでいる。

Facebookのページでは赤羽氏が添削をしているので参考になる。

「ゼロ秒思考」メモを書いて悩みをなくし、頭を整理しよう
赤羽雄二のブレークスルーブログ

日常の鞄がA5サイズなので(ぎっくり腰をやって鞄を小さくした)、A4コピー用紙を運ぶためにこんなケースを買ってみた

バンナイズA4コピーノート

その後


 ゼロ秒思考をはじめて1カ月足らず。現在300枚弱のメモを書いた。紙に向かっても何を書いてよいか思いつかない時は、まず、ビジネス書を読んで、その読書メモを書き、次にその本を題材にして、浮かんだアイデアを書いている。最近、要約記事を再開しはじめたのも、その影響だ。一日分のノルマを書き終えると、頭がすっきりするし、翌日は、それをもとに議論もできるようになってくる。是非、誰でも今日からはじめてみてほしい。1週間毎日10枚書き出すことは、必ずあなたにプラスになると思う。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます