【アビー・ディヒテル】

イスラエルの公安大臣。元対内諜報機関長官。

―――

1952年12月、アシュケロンに生まれる。退役後対内諜報機関に参加。1992年、南部方面長となる。1996年、ラビン首相暗殺を受け、警備部長に任命。1999年には諜報副長官に任命される。

2000年、バラク首相(当時)により、対内諜報機関長官に任命される。エルアクサ・インティファーダの時期という対内諜報機関としては最も大変だった時期を任される。多くのテロ防止に成功する。また、この時期の武装組織暗殺には対内諜報機関が大きく関わっている。

ディヒテルは分離壁建設計画を考え推し進めた、何人かの1人。また、パレスチナ囚人(特にテロに関与した囚人)の釈放に大きく反対。


2005年、対内諜報機関を引退。カディーマ結成と共に、同党に転籍。総選挙の結果、国会入り。公安大臣に任命される。



参考:
http://he.wikipedia.org/wiki/%D7%90%D7%91%D7%99_%D...
2006年05月03日(水) 21:36:15 Modified by ka1003




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。