【アミール・ペレツ】


ひげがトレードマークの労働党党首、国防相。労働組合の元委員長。

―――

1952年、モロッコに生まれ、56年にイスラエルに家族とともに移住。始めはメバセレット・ツィヨンに住むが、その後スデロット。に移る。

1983年、スデロット。の市長選挙で当選。スデロット市長として町の教育に力を入れる。

1988年には、労働党党員として国会入り。党内のハト派として知られていた。

93年には、労働組合の議長選に出馬するが落選。翌年、ハイム・ラモンと共に出馬し、ラモンは委員長に就任する。

95年、ラモンの辞任を受け、労働組合委員長に就任。それから今まで、委員長の座にいる。97年には、政党「アム・エハッド」を結成し、99年には2席、2003年には3席取得する。その後、アム・エハッドは労働党に吸収される。

2005年11月、労働党党内選挙で当選。労働党党首となる。2006年総選挙の後、国防相に任命される。ペレツの国防相任命は、「軍隊経験が薄いものに国防相は勤まらない」と非難の声も出た。


参考:
http://he.wikipedia.org/wiki/%D7%A2%D7%9E%D7%99%D7...
2006年07月26日(水) 04:11:32 Modified by moshejp




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。