【エフード・オルメルト】


イスラエルの首相。元エルサレム市長。

―――

1945年、ビンヤミナ近辺のナハラット・ジャボティンスキーで生まれる。ヘブライ大学で、心理学、哲学と法律を勉強し、本職は弁護士。


1973年、リクード党から国会入りし、1998年には無在所大臣に、1990年には厚生大臣に任命される。

1993年にはエルサレム市長選に当選。しかし、再び国会議員になる為、2003年に辞任する。2003年の選挙の後、首相代理兼通産大臣に任命される。


オルメルトはポスト・シャロンを目指し、シャロンの分離計画を支持するが、ライバルのネタニヤフの経済計画は非難した。

2005年8月、ネタニヤフが財務大臣を辞任してからは、オルメルトが代わりに代理の財務大臣となった。同年11月、正式に財務大臣となる。



シャロン離党後、自らもカディーマに移籍。2006年1月のシャロン入院を受け、オルメルトがカディーマの党首となる。同年3月の総選挙では、カディーマを勝利に導き、首相となる。



参考:
http://he.wikipedia.org/wiki/%D7%90%D7%94%D7%95%D7...
2007年01月24日(水) 00:22:38 Modified by moshejp




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。