【ダリヤ・イツィク】

国会議長(2006年3月〜)。カディーマ所属。暫定大統領(2007年1月〜)。

―――

1952年10月、エルサレムに生まれる。文学、歴史、法律で学士号を取得。教師を経て教育委員会のエルサレム支部長を務める。その後、エルサレム副市長となる。

政界ではこれまで、環境大臣、通産大臣となり、2005年の連立政権発足と共に通信大臣となる。イツィクは、労働党党内選挙で、席の特別確保無しに選ばれた数少ない女性の1人(ちゃんと党内選挙に出て国会入り)。

2005年11月、労働党離党とカディーマ党への転籍を表明。(ペレスが、シャロン支持の条件として、イツィクのカディーマ党参加を要求したともいわれている)


2006年総選挙には、カディーマから国会入り。女性初の国会議長となる。2007年1月、カツァブ大統領の職務停止を受け、基本法に基づき、暫定大統領に就任する。



参考:
http://he.wikipedia.org/wiki/%D7%93%D7%9C%D7%99%D7...
2007年01月27日(土) 20:52:50 Modified by moshejp




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。