【ツィーピー・リブニー】

イスラエルの外相。元リクード党議員。

―――

1958年、国会議員の娘として生まれる。1980〜1984年、モサドで勤務した後、法律修士をとり、10年ほど弁護士として働く。

1999年、リクード党から国会入り。2001年、開発大臣に任命される。その後、無任所大臣、農林大臣、移民大臣(2003年)、建設大臣(2004年)を勤める。ラピッド法務大臣が辞任すると、後任となる。

リクードの分裂が開始したとき、シャロン派と反対派を結ぶ努力をし、分離計画の可決を可能にする。リクードの中では中立と見られている。2005年、右派政治家として初めて、ラビン首相暗殺記念式典で演説する。

同年11月、シャロンと共にリクードから離党。カディーマ党に転籍する。

同年12月、リクード党員の内閣離脱を受け、外相に任命。2006年総選挙では、カディーマから国会入り。


参考:
http://he.wikipedia.org/wiki/%D7%A6%D7%99%D7%A4%D7...
2007年01月24日(水) 00:23:30 Modified by moshejp




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。