【ハマス】

イスラエルにテロで対抗している、パレスチナの原理主義組織。

ハマスには、テロでイスラエルに対抗している軍事的勢力、政治的勢力と、民衆の福祉の為の社会的勢力がある。

―――

ハマスは、パレスチナ解放運動とイスラム原理主義が結びついた組織。ハマスによると、イスラエルは、占領による人口国家。また、イスラエルを含むパレスチナ全土は聖地なので、イスラム政権下にあらなければならないとしている。それを認めるなら、ユダヤ教徒もキリスト教徒も、そこに住んでも良いとしている。

ハマスの活動は主に2つ:イスラエルに対するジハード(聖戦)と社会福祉。社会福祉では、病院や学校を建てる他に、食糧支援なども行っている。しかし、テロと強烈な反イスラエル教育を行っているのも事実。


また、4つの事に重点を置いている:.ぅ好薀┘襪梁減澆鯒Г瓩覆せ;▲ぅ好薀爐鮨じる事;パレスチナ組織の間での争いを避ける事;だは世傍佞蕕錣覆

ハマスの歴史:

ハマスは80年代、イスラエルの援助を受け、PLOに匹敵できる組織として、1987年に創立する。政治的には、第一次インティファーダと共に、パレスチナ民主主義といスラム的思想を結びつける。

第一次インティファーダで、イスラエル兵の誘拐及び殺害があった後、ハマス創立者のアハメド・ヤシン師は裁判の結果、刑務所へ。1992年の国境警備隊員の誘拐及び殺害の後、イスラエルはハマス幹部らを逮捕。その後、415人の幹部をレバノンに追放する。この間、ヒズボラの影響を得る。

ハマスは1994年から自爆テロを実行するようになる。始めは、ユダヤ人過激派によるイスラム教徒の殺害後に、次はハマス幹部暗殺後に実行される。


エルアクサ・インティファーダ(第二次インティファーダ)勃発後、ハマスは力をつけ始める。これは、自治政府の弱体化と民衆からの支持によるもの。アラファトは、自治政府に代わって、対イスラエルのテロをするハマスを容認していた。

エルアクサ・インティファーダが始まってから、イスラエルはハマスの幹部暗殺の方針で対応する。これにより、ハマス創立者のヤシン師、その右腕ランティシなどが死亡する。

エルアクサ・インティファーダ勃発からヤシン殺害までの間に、ハマスは425のテロを実行、377人のイスラエル人が死亡し、2076人が負傷した。イスラエルによる暗殺の方針は、ハマスに大打撃を加える。


2005年7月、ファタハとハマスが衝突。パレスチナ人2人が死亡し、数十人が負傷する。これらは、軍事的にハマスの勝利に終わるが、政治的には民衆のハマスへの支持は減少する。

しかし、2005年のパレスチナ総選挙はハマスの勝利に終わる。新首相はイスマイル・ハニヤ。


参考:
http://he.wikipedia.org/wiki/%D7%97%D7%9E%D7%90%D7...
2006年05月03日(水) 03:18:23 Modified by moshejp




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。