【ラフィー・エイタン】

年金党党首

―――

1926年11月、パレスチナ(現イスラエル領)にて生まれる。独立前にはユダヤ人自主防衛組織前衛隊(パルマハ)に所属し、独立運動に携わる。独立後は対内諜報機関(シャバック)を経て、対外諜報機関(モサド)に所属。アドルフ・アイヒマン誘拐作戦を指揮する。

1970年代、アリエル・シャロンがイツハク・ラビン首相(当時)のテロ問題顧問を努めたときに支援する。1981年、アリエル・シャロン国防相(当時)により、欧米の軍事テクノロジー収集部隊の隊長に任命。1985年、ジョナサン・ポラード事件が発覚。エイタンは責任を取り辞任した。

1990年政界を離れ、不動産、石油、ハイテクなどを扱う会社を開く。2006年、年金党を創立。2003年総選挙で年金党は7議席を獲得する快挙を成し遂げる。



参考:
http://he.wikipedia.org/wiki/%D7%A8%D7%A4%D7%99_%D...
2006年07月26日(水) 04:00:59 Modified by moshejp




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。