【国家宗教党】

1956年創立のシオニズム的宗教的の政党。シオニズム、ユダヤ教、愛国心を信じていて、政治的には右寄りとされている。ヘブライ語では「マフダル」(「国家宗教党」の略)。

国家宗教党はユダヤ人入植地建設を支持し、パレスチナ国家樹立に反対している。大イスラエル主義を信じ、ヨルダン川より西にアラブ国家を作ることに反対している。しかし、テロの停止とイスラエルが主権を持ち続けるのを条件として、パレスチナ自治区の建設に賛成している。

ここ数十年では、宗教的シオニズムの若者に兵役を推進し、兵役を道徳的義務だけではなく、宗教的善行とみなしている。

宗教面では、ユダヤ国家の維持と、ユダヤ教やシオニズムの価値観を掲げている。また、国家宗教党は自らを社会党と称し、弱い立場の人間の保護を掲げている。前国会と現国会の社会的法案提出は、国家宗教党からの議案が多かった。

2006年総選挙では、国家統一党と合併。9議席獲得する。



参考:
http://he.wikipedia.org/wiki/%D7%9E%D7%A4%D7%93%22...
2006年05月03日(水) 06:26:11 Modified by moshejp




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。