フリーエリア
メニューバーA

予防歯科ガイドライン


ゆーちゃん歯科が、予防歯科を動画で説明


○歯ブラシで、何をとるの。
http://www.youtube.com/watch?v=JkEg1CnGMck

○なぜ、虫歯になるの。
http://www.youtube.com/watch?v=hDroKmncErM

○なぜ、歯周病になるの。
http://www.youtube.com/watch?v=JRVOdOmRzVU

○歯石は、取らないの。
http://www.youtube.com/watch?v=3Kjr6GvZUWs

○歯ブラシの、動かし方は。
http://www.youtube.com/watch?v=E2s4wvubSDs

○歯間ブラシの重要性。
http://www.youtube.com/watch?v=TYMDC99C1sg

○痛くなかった歯を治療したら痛くなったのは<詰めた>。

○痛くなかった歯を治療したら痛くなったのは<根の治療をした>。

EBMセミナー

EBMを理解しよう


○EBMの理解のために
患者になると理解できるよ(5分で理解できるEBM)
 http://www.youtube.com/watch?v=f5vEvcNbhzY

○EBM どんな論文を調べるのか
患者さんと私の冒険の紙芝居
http://www.youtube.com/watch?v=tN1SNdtjCOA

○EBM システィマテックレビューとは
http://www.youtube.com/watch?v=3gd3-V03Pu8


論文を使って批判的吟味の一部


○testEBM検索
http://www.youtube.com/watch?v=8GCa1inwMm8

○testEBM RCTの論文の流れ
http://www.youtube.com/watch?v=c_JzL0lHhV8

○testEBM RCTのPECO
http://www.youtube.com/watch?v=8bsUl5ms520

○testEBM RCTの助成金をチェック
http://www.youtube.com/watch?v=jv6WEpvJReA

○testEBM RCTの批判的吟味どこから
http://www.youtube.com/watch?v=QFzpgqdtOes

○testEBM RCTのサンプルサイズ
http://www.youtube.com/watch?v=XPpWKsqEmmU

○testEBM RCTの脱落ITT
http://www.youtube.com/watch?v=XBg85akKqIc

○testEBM RCTのマスキング
http://www.youtube.com/watch?v=-aklFTwy_fg

○testEBM RCTのベースラインの差
http://www.youtube.com/watch?v=xygp9e_n1P4

○testEBM RCTの結果の大きさ
http://www.youtube.com/watch?v=g1mDAAjLweI

手元にある論文を読んでみよう


○抜歯後の穴に薬剤を入れてドライソケットの予防になる?TCコーンは、エビデンスないと思っていたけど、調べる必要があるのかな〜。
http://zoome.jp/ebm/diary/1
http://zoome.jp/ebm/diary/2




論文を探して読んでみよう

最新コメント
カテゴリー
フリーエリア

口腔ケアの実際

非協力者も参照のこと。

BestPracticeにみる高齢者施設の口腔ケア


  • 感想
以下のレコメンデーションをみても、口腔ケアで書いたように、日本の看護雑誌によく載っている口腔ケアの実践方法と異なる。日本の雑誌では、綿棒が使われたり、特別な歯ブラシで歯肉も刺激するようにブラッシングすることが中心ですとか書かれています。すばらしく、よくまとまったレビューです(よく読むと、Chalmersさんの引用論文にバイアスあり^^;(The University of Adelaideから、The University of Iowa College of Dentistryに移籍したようですclick))。最近では、口腔乾燥に対して、各保湿剤などが記載されています(海外でもオーラルバランスはよく使われている)。すなわち、予防歯科という観点でなく、口腔内を清潔にすることが第1番で(click)、誤嚥性肺炎の予防が主流です(残念ながら、効果は少ないようですが)(click)。そのような違いがあるものの、それよりなにより日本の口腔ケアを頑張ってられる方には、保険点数がないに等しい状況でも熱意をもって活動されているため、頭が下がる思いです。

  • グレードA
    • フッ素含有歯磨き剤で定期的歯磨き
    • フッ素入り飲用水または料理へ使用
    • 砂糖類の摂取量と頻度を減らす
    • 定期的歯科検診と専門的クリーニング

  • グレードB
    • ペースト・洗口剤などで5000ppmの高濃度フッ素の使用
    • 看護および介護スタッフへの口腔保健の学習
    • 口腔乾燥の軽減のため人口唾液やノンシュガーガム
    • 義歯の清掃と夜間はずす(義歯に名前)
    • 施設としての定期的検診のシステム

  • グレードC
    • 口腔の悪習癖を防止したり口腔ケア時に開口器を使用
    • 施設に口腔ケアチームを作る
    • 口腔ケアの専門的スタッフ、アセスメント、予約なども管理する


各論


  • 歯ブラシと綿棒の比較:本邦でも、いまだに看護師さんを中心に綿棒での口腔清掃が行われています。しかも、世界的にも使われてない、オラドール液などを使っています。日本語でも同じような研究があったのですが、もちろん歯ブラシが有効ということです。

Pearson LS, Hutton JL. A controlled trial to compare the ability of foam swabs and toothbrushes to remove dental plaque. J Adv Nurs. 2002 Sep;39(5):480-9. click

Pearson LS. A comparison of the ability of foam swabs and toothbrushes to remove dental plaque: implications for nursing practice. J Adv Nurs. 1996 Jan;23(1):62-9. click

  • 看護系で行われている、綿棒とかウオーターピックとかオラドール液について
批判になるので、少し変更して一般的にしています。多くの看護系の雑誌に記載されています。しかも、緑茶とか研究が数多くあります(いずれもRCTでない)。「ウォーターピックなどの器機を使用する方法と、口腔清拭とがあります。ウォーターピックはノズルから噴出するジェット水流による装置です。歯肉に水流を当てることによってのマッサージ効果があります。口腔清拭は、綿棒や巻綿子または指にガーゼを巻いて歯や歯肉をきれいに拭く清掃方法です。イソジンガーグル、1%オラドール液、ネオステリングリーン、アズノール等を浸して拭きます。なお、ウーロン茶、緑茶、紅茶にはポリフェノール、カテキンという物質が含まれていて、抗菌・解毒作用があります。」もちろん、このHPが推奨していないのは、当然ですね。

とくに、BPにも書かれていますが、レモン水などで清掃すると、エナメル質が溶けるので、とんでもありません。いまでも、「レモン水 口腔清拭」で検索すると、たくさんでてきます。


  • 長期ケア施設に在住する高齢者のう蝕予防に有用なのは、クロルヘキシジンの洗口よりフッ素洗口であったというRCTがあります。まあ、う蝕の予防ですから、フッ素ですよね。しかし、日本で週一回法として行われている0.2%NaFのフッ素濃度を、毎日洗口するということなので、今後の害などの検討がまたれる。(他にも掲載)
Wyatt CC, MacEntee MI. Caries management for institutionalized elders using fluoride and chlorhexidine mouthrinses. Community Dent Oral Epidemiol. 2004 Oct;32(5):322-8.click
2006年05月15日(月) 08:08:48 Modified by mxe05064




スマートフォン版で見る