Wiki内検索
メニューバーA
タグ
心に残る名言集
最近更新したページ
2013-03-24
2012-12-28
2012-11-23
2011-12-28
2011-12-10
2011-11-04
2011-05-04
2010-08-01
2010-07-29
2010-07-27
2010-06-15
2010-05-22
2010-05-06
2010-04-01
2010-03-28
2010-03-25
2010-03-12

20090228

Ubuntu

CD-ROM/FDドライブも無く、USBブートもできないノートPCにUbuntuのインストールを試みた。
調べるとUNetbootinを使えば上記が可能らしい。通常はネットからインストールするみたいだがインストール用のパーティションとは別にISOイメージを置くパーティションがあればそこにISOイメージを置いてインストールができそうだったので「そちらのが早そうだ。」と採用。WindowsXPがインストールされた状態でパーティションをすでに2つ分けていたので、XPのインストールされているパーティションにISOイメージを置いてインストールしてみた。

手順

  • UNetbootinとUbuntuのISOイメージ(今回は8.10を使用)をダウンロード。XPのあるパーティションに置く。
  • UNetbootinの設定
    • インストール元としてISOイメージを指定。
    • 一番下のTypeのところでインストール先を選ぶんだと思ったが、HDD Driveを選択するとなぜかCドライブ(ISOイメージを置いているドライブ?)しか見えない。どこかで後で指定できると書いてあるのを見たのでそのままにしておく。
    • OKを押すと再起動する。
  • 起動画面でUbuntuを選択。
  • Ubuntuの画面が起動するのでデスクトップにある[インストール]をダブルクリック。
  • 言語を選択。
  • タイムゾーンを選択。
  • キーボードレイアウトを選択。
    • japan - OADG 109Aを選択。レイアウトの詳細はこちらを参照。
  • パーティションの設定。と、ここでNG。「パーティションの準備中」と表示されたままパーティションの情報がまったく表示されない。時間がかかってるだけかと思い深夜だったので朝まで放置してみたが変わっていなかった。
    • 「パーティション切っとかないとだめかな?」と思い、いったんインストーラを終了。
    • [システム]→[システム管理]→[パーティション・エディタ]でGpartedを起動。
    • インストール用のext3領域と、swap領域を作成。
    • 再度インストーラを起動するも同様の症状。
    • いろいろ調べて回ったところ関係ありそうな情報を発見。イメージを置いた領域が見えるとまずいらしいのでアンマウントしてみる。
    • 最初Gpartedからアンマウントしようとしたらできなかった。
    • 次に以下のコマンドで実施したところOK。
sudo umount -l /cdrom
    • 再度インストーラを起動したところパーティションを認識した。
  • パーティションの設定が自動だとXPの領域も含めて100%Ubuntuで使う設定だったので手動を選択。
  • Gpartedで切っていた領域をルート(/)とswapとして指定。
    • このときルートパーティションにフォーマットのチェックを入れておかないと警告みたいなのが出たので、いったんキャンセルしてフォーマットにチェックをいれた。
  • あとは特に困るような設定もなくウィザードとおりに進めていけばOK。

設定

キーボードレイアウト

GNOMEだとキーボードレイアウトを設定するGUIがあるのだが、LXDEになかったので方法を調査。
こちらの情報と元にCtrlとCapsを入れ替え。
/etc/default/console-setup内のXKBOPTIONSを次のようの変更した。
XKBOPTIONS=""
↓変更
XKBOPTIONS="ctrl:swapcaps"

タブレット

やっとメインの設定へ。
SS3500のタブレットがLinuxでの使えるらしいのでThe Linux Wacom Projectこちらの情報を元に導入。
最初makeせずに試したら「You need to compile and install wacom.(k)o manually if your kernel is out of date.」と言われたのでmakeからやり直した。これ、よく見たら"if"があるやん。makeいらんかったかも・・・。

  • 手順
    • 基本的によくわかってないので情報元の内容とおりに実施した。
(1)sudo apt-get install build-essential libx11-dev libxi-dev x11proto-input-dev xserver-xorg-dev tk8.4-dev tcl8.4-dev libncurses5-dev
※最初tcl/tkを8.3でやってしまったらどこかでこけた。
(2)sudo apt-get upgrade
(3)sudo apt-get install linux-headers-generic
(4)sudo apt-get xorg-dev
(5)tar xjvf linuxwacom-0.8.1-6.tar.bz2
(6)cd linuxwacom-0.8.2-2
(7)./configure --enable-wacom --prefix=/usr/local/
(8)sudo make
(9)sudo make install
(10)sudo cp ./src/2.6.27/wacom.ko /lib/modules/`uname -r`/kernel/drivers/input/tablet/wacom.ko
(11)sudo depmod -e
(12)sudo modprobe wacom
(13)最後にxorg.confに設定を追記
Section "InputDevice"
Driver "wacom"
Identifier "stylus"
Option "Device" "/dev/ttyS0" # SERIAL ONLY
Option "Type" "stylus"
Option "ForceDevice" "ISDV4" # Serial Tablet PC ONLY
EndSection

Section "InputDevice"
Driver "wacom"
Identifier "eraser"
Option "Device" "/dev/ttyS0" # SERIAL ONLY
Option "Type" "eraser"
Option "ForceDevice" "ISDV4" # Serial Tablet PC ONLY
EndSection

Section "InputDevice"
Driver "wacom"
Identifier "cursor"
Option "Device" "/dev/ttyS0" # SERIAL ONLY
Option "Type" "cursor"
Option "ForceDevice" "ISDV4" # Serial Tablet PC ONLY
EndSection

Section "ServerLayout"
Identifier "Simple Layout"
Screen "Default Screen"
# InputDevice "Mouse1" "CorePointer"
# InputDevice "Keyboard1" "CoreKeyboard"
InputDevice "cursor" "SendCoreEvents"
InputDevice "stylus" "SendCoreEvents"
InputDevice "eraser" "SendCoreEvents"
EndSection

ペンの頭の消しゴムは使えないけど、書く分にはぜんぜん問題なし。あと、この作業中にxournalってアプリがあるのを知ったんだがMicrosoft Journalそっくりで書き心地もいい感じ。すげー!

インストール後の問題

問題1

  • ブートマネージャの設定
途中でcdromをアンマウントしたためか、デュアルブートにするときは必須なのかわからんが、上記でインストールしただけだと起動時にXPの選択が表示されない。
そこで、こちらの情報を元にGrubを設定した。
どうやらデフォルトで設定されていたUbuntuの設定とは別にWindowsを追加すればいいようだ。なので次を実施。
(1)$ gksu gedit /boot/grub/menu.lstでエディタを起動。
(2)hiddenmenuの先頭に#を入れコメントアウトし、メニューを表示するように変更。
(3)XPのブートについて追記。Windowsのサンプルが記載されている箇所があるのでそこを利用すればよい。
title= WindowsXP
root= (hd0,0)
makeactive
chainloader= +1
(4)先頭がXPのブートになったのでdefaultの値を0→1へ変更。
(5)保存し再起動して確認。

問題2

  • UNetbootinのアンインストール
起動時にXPを選択するとWindowsのブートローダの画面にUNetbootinが残ったままになっていた。XPにログオン後再度UNetbootinを実行しアンインストールすることで削除できた。

問題3

  • 画面解像度の設定
デフォルトだと800x600までしか選択できずに困った。Windowsのような設定画面を探そうとするが見つからない。どうやら設定ファイルでやった方が早そうだ。こちらによると水平周波数と垂直周波数を指定すればよいらしい。
(1)sudo gedit /etc/x11/xorg.conf
(2)Monitorセクション内に以下を追加。
※もちろん使用しているモニタにより変わる。
HorizSync 30-90
VertRefresh 50-100
(3)いったんログアウトし再ログイン。
(4)[システム]→[設定]→[画面の解像度]で選択できる解像度が増えているので、使いたい解像度を選択する。

画面の解像度の設定がこんなに大変じゃ、一般ユーザが使うのは厳しいなあ・・・。

問題4

xrandrで画面を回転できない。
調べると、なんかTridentのドライバーのバグ、かつ、今後修正されることはないだろう的な雰囲気が・・・。
試しにvesaドライバにしてみてもだめだった。

タブレットは使えるのに、画面回転できないんじゃ使い辛い・・・。

ギビバイト、メビバイト

Ubuntuのインストール中にGpartedを使ったら単位の表現が「ギビバイト」になっていた。
「ギガバイトだろ、ギビバイトってなんやねんw」
って、思ったらちゃんとある単位なのね・・・。
2009年03月01日(日) 13:55:16 Modified by n0gam0ga




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。