Wiki内検索
一覧
連絡事項
09/06/10
ふみお氏の一身上の都合により、氏のSSはまとめから削除されました
あしからずご了承ください
最近更新したページ
最新コメント
FrontPage by 10月22日に更新したひと
SS一覧 by ヘタレS
6-548 by るんるん
FrontPage by 管理人
FrontPage by 7-139
タグ
(´・ω・) 1-108 1-130 1-180 1-194 1-213 1-24 1-247 1-286 1-311 1-32 1-362 1-379 1-46 1-486 1-517 1-639 1-644 1-654 1-76 2-112 2-15 2-163 2-178 2-185 2-219 2-220 2-360 2-457 2-489 2-49 2-491 2-493 2-498 2-539 2-545 2-587 3-114 3-120 3-128 3-130 3-142 3-149 3-151 3-186 3-240 3-295 3-304 3-382 3-389 3-552 3-560 3-619 3-635 3-644 3-68 4-112 4-113 4-119 4-136 4-156 4-158 4-181 4-199 4-213 4-418 4-468 5-102 5-158 5-192 5-230 5-233 5-238 5-254 5-265 5-271 5-275 5-285 5-321 5-372 5-378 5-413 5-422 5-436 5-438 5-454 5-50 5-516 5-544 5-596 5-612 5-630 5-635 5-637 5-714 5-73 5-754 5-759 5-772 5-79 5-808 5-813 5-818 5-825 5-831 5-913 5-918 5-922 6-301 6-356 7-163 7-189 7-206 7-228 7-259 7-269 7-306 7-358 7-380 7-381 7-401 7-465 7-547 7-577 7-615 7-624 7-642 7-647 7-672 7-677 7-711 7-720 7-721 8-111 8-114 8-126 8-16 8-167 8-194 8-20 8-21 8-219 8-231 8-235 8-239 8-258 8-267 8-294 8-328 8-338 8-349 8-354 8-367 8-371 8-380 8-382 8-389 8-453 8-455 8-456 8-460 8-463 8-467 8-468 8-501 8-517 8-532 8-553 8-559 8-568 8-575 8-581 8-587 8-604 8-620 8-646 8-665 8-670 8-692 8-729 8-732 8-740 8-757 8-758 8-762 8-775 9-102 9-124 9-219 9-225 9-230 9-257 9-283 9-29 9-301 9-304 9-34 9-40 9-44 9-5 9-59 9-65 9-69 9-8 9-95 @台詞なし acter◆irhnk99gci coobard◆6969yefxi index 『彼女』の呼び声シリーズ ◆5z5maahnq6 ◆6x17cueegc ◆8pqpkzn956 ◆95tgxwtktq ◆csz6g0yp9q ◆dppzdahipc ◆f79w.nqny ◆ga4z.ynmgk ◆mhw4j6jbps ◆mz3g8qnie ◆q0jngalkuk ◆q2xbezj0ge ◆xndlziuark ◆zsicmwdl. 1スレ 2スレ 3スレ 4スレ 5スレ 7スレ 8スレ 9スレ お魚 かおるさとー かおるさとー◆f79w.nqny こたみかん◆8rf3w6pod6 さんじゅ じうご じぇみに。 にっぷし まら文太 アンドリュー家のメイド エロ ソラカラノオクリモノ ツンデレ ネコなカノジョシリーズ バレンタイン ファントム・ペイン ミュウマシリーズ リレー小説 縁シリーズ 球春シリーズ 近親 君の匂いをシリーズ 黒い犬シリーズ 時代物 従姉妹 書く人 小ネタ 人間は難しい 精霊シリーズ 短編 痴女 著作一覧 長編 通りすがり 電波 非エロ 微エロ 不機嫌系無口さんシリーズ 保守ネタ 埋めネタ 未完 無口でツンツンな彼女 無口で甘えん坊な彼女シリーズ 無口スレ住人 矛盾邂逅 幼馴染み 流れss書き◆63.uvvax. 籠城戦

・男装無口

「おい…!?う…、嘘だろ!?」
俺は親戚の娘と一緒に来た執事喫茶で思わずそう言ってしまった。
無理もない。なぜなら、俺の同級生の高原 咲が執事の格好で働いているのだから。
「え!?ええっ!?何で執事!?っちょ!?」
「ちょっと、なにキョドってんのよ!?大人しくしてよね?」

「…………は〜い」
と返事はしたものの…。
「無理だろ〜!!!!?
あの無口でおしとやかな高原が執事…つまり男装してるんですよ!?相当レアでしょ!!?
…けど、高原って男装似合うな…。
凛とした顔立ち、細身でスタイルがいいし…。
他の人と比べて背が低いから逆に存在感が際立つな。
綺麗な美少年執事って感じか?」
などと考えていると、高原がこちらの席に近づいて来る。

そして、とうとう俺は高原と目が合ってしまった。
「や、やあ。こ…こんにちわ、高原さん♪」
俺が軽く手を挙げて挨拶した途端、高原は一気に顔を真っ赤にしてフリーズした。

若干の静止の後、再起動した高原が一目散にこちらに来て俺の腕を掴ん
だ。
「………少し……お借りします。」
と高原が俺の親戚の娘に小声で呟いたと同時に、俺を店の外まで連れて行かれる。

「………」
「………」
連れ出されたのはいいものの、なかなか切り出しにくい…。
思い切って俺は高原に真意を聞いてみる。
「なんで執事?てか、なんで男装?」
「………」
「ああ!!言いにくいよね!?じゃあ、聞かないよ…。
ってか、今見た事は誰にも言わない!!うん、これは俺とお前だけの秘密ってことで…。
じゃあ、俺はこれで……。」
逃げようとする俺を逃がしまいと、高原は俺の裾を掴んだ。
そして、少し泣きそうな顔をしながら俺の顔を見上げこう言った。
「…………約束……だよ……?」
「お、おうよ!!もちろん!」
「……優しいね………君。……そんな……君が………前から……好き
…………///」
……ちゅっ
「…これも……秘密…………///」

作者 5-772
2008年09月26日(金) 00:05:40 Modified by n18_168




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。