Wiki内検索
一覧
連絡事項
09/06/10
ふみお氏の一身上の都合により、氏のSSはまとめから削除されました
あしからずご了承ください
最近更新したページ
最新コメント
FrontPage by 10月22日に更新したひと
SS一覧 by ヘタレS
6-548 by るんるん
FrontPage by 管理人
FrontPage by 7-139
タグ
(´・ω・) 1-108 1-130 1-180 1-194 1-213 1-24 1-247 1-286 1-311 1-32 1-362 1-379 1-46 1-486 1-517 1-639 1-644 1-654 1-76 2-112 2-15 2-163 2-178 2-185 2-219 2-220 2-360 2-457 2-489 2-49 2-491 2-493 2-498 2-539 2-545 2-587 3-114 3-120 3-128 3-130 3-142 3-149 3-151 3-186 3-240 3-295 3-304 3-382 3-389 3-552 3-560 3-619 3-635 3-644 3-68 4-112 4-113 4-119 4-136 4-156 4-158 4-181 4-199 4-213 4-418 4-468 5-102 5-158 5-192 5-230 5-233 5-238 5-254 5-265 5-271 5-275 5-285 5-321 5-372 5-378 5-413 5-422 5-436 5-438 5-454 5-50 5-516 5-544 5-596 5-612 5-630 5-635 5-637 5-714 5-73 5-754 5-759 5-772 5-79 5-808 5-813 5-818 5-825 5-831 5-913 5-918 5-922 6-301 6-356 7-163 7-189 7-206 7-228 7-259 7-269 7-306 7-358 7-380 7-381 7-401 7-465 7-547 7-577 7-615 7-624 7-642 7-647 7-672 7-677 7-711 7-720 7-721 8-111 8-114 8-126 8-16 8-167 8-194 8-20 8-21 8-219 8-231 8-235 8-239 8-258 8-267 8-294 8-328 8-338 8-349 8-354 8-367 8-371 8-380 8-382 8-389 8-453 8-455 8-456 8-460 8-463 8-467 8-468 8-501 8-517 8-532 8-553 8-559 8-568 8-575 8-581 8-587 8-604 8-620 8-646 8-665 8-670 8-692 8-729 8-732 8-740 8-757 8-758 8-762 8-775 9-102 9-124 9-219 9-225 9-230 9-257 9-283 9-29 9-301 9-304 9-34 9-40 9-44 9-5 9-59 9-65 9-69 9-8 9-95 @台詞なし acter◆irhnk99gci coobard◆6969yefxi index 『彼女』の呼び声シリーズ ◆5z5maahnq6 ◆6x17cueegc ◆8pqpkzn956 ◆95tgxwtktq ◆csz6g0yp9q ◆dppzdahipc ◆f79w.nqny ◆ga4z.ynmgk ◆mhw4j6jbps ◆mz3g8qnie ◆q0jngalkuk ◆q2xbezj0ge ◆xndlziuark ◆zsicmwdl. 1スレ 2スレ 3スレ 4スレ 5スレ 7スレ 8スレ 9スレ お魚 かおるさとー かおるさとー◆f79w.nqny こたみかん◆8rf3w6pod6 さんじゅ じうご じぇみに。 にっぷし まら文太 アンドリュー家のメイド エロ ソラカラノオクリモノ ツンデレ ネコなカノジョシリーズ バレンタイン ファントム・ペイン ミュウマシリーズ リレー小説 縁シリーズ 球春シリーズ 近親 君の匂いをシリーズ 黒い犬シリーズ 時代物 従姉妹 書く人 小ネタ 人間は難しい 精霊シリーズ 短編 痴女 著作一覧 長編 通りすがり 電波 非エロ 微エロ 不機嫌系無口さんシリーズ 保守ネタ 埋めネタ 未完 無口でツンツンな彼女 無口で甘えん坊な彼女シリーズ 無口スレ住人 矛盾邂逅 幼馴染み 流れss書き◆63.uvvax. 籠城戦

【妹が無口な訳】

【妹が無口な訳】


 美代(みよ)が初めて俺の家に来た時、とっても奇妙な感じがした。母親が他界して5年目の夏の事、
親父が突然再婚するという話を持ってきた。子供だった俺には母親が新たにできるという感覚は無くて、
知らない人が突然押しかけてきて同居するって気分だった。

 だから、美代を義妹として迎える事が出来なくて、その時俺はずっと不機嫌な顔をしていた。

【……】

 真っ赤な顔をして、美代は小さくお辞儀をした。その美代を俺は睨み返してしまった。美代は直ぐに
母親の後ろに隠れてしまったけど、睨むほど嫌だったんじゃない。ただ単に恥ずかしかっただけだと思う。
天然のウエーブが掛かった肩位までの髪に、くりくりとした目。口数が少なくて、目立たない子というのが
美代の第一印象だった。
 俺は子供の時に母親が死んでから、ずっと父親に育てられていた。だから、女の子にどう接したらいいか
なんて、その時は全く分からなかった。だからとても怖くて、どきどきしていた。

 でも、差し出された小さな手を握り返した時、そんな気持ちがすっと引いていったような気がした。
それは、握った美代の小さな手も震えていたからだ。妹になるこの子も怖いんだ。そう思った時、不思議と
怖いという気分が消え、守ってあげたいという気持ちが芽生えていた。


 そして今10年の月日が流れ、俺は高校をもう直ぐ卒業する。東京の大学を受験する予定の俺は、この春
この家を出て下宿をする予定だ。美代はまだ高校2年で高校生活をエンジョイしている……と、思う。
何故、俺がここで希望的観測なモノの言い方をするかというと、美代の性格がちょっと心配だったからだ。

(トン、トン)

 『Miyo』というネームプレートの掛かった扉をノックする。暫くすると扉がゆっくりと開いて、美代が
眠たそうな眼を擦りながら部屋から出てきた。
「おい、もう遅刻するぞ。そろそろ起きようぜ」
「……」
「今日は2月14日だろ。そんなのんびりしていていいのか?用意とかあるんじゃないか?」
「……ない」
 何だか不貞腐れている。いつもこんな調子だ。大体、2月14日といえば、女の子にとって見れば
一大イベントじゃないのか?製菓メーカーの陰謀に乗って、ワイワイと盛り上がるのが普通の女子高生だろうに。

「お前なぁ。そこそこ可愛い顔しているんだから、期待している男子も多いと思うぞ。義理チョコでも
やって、ちょっと愛想を振りまけばボーイフレンドの1ダースも直ぐにできるだろうに」
「……」
 じっと黙って俺を見つめる。この10年で兄の俺が言うのも何だが、美代は可愛く成長した。セミロングの
髪がふわっと腰に掛かり、切れ長の目に長いまつげ。すっと鼻筋が通り、微笑むと日本人形のような清楚な
感じのする少女になった。
「もしかして、義理チョコも無しか?」
「……ん、」
 ところが誤算はこの性格だ。口数が極端に少ない。しかも、男に興味がない。中学の頃から俺が知っている
だけで美代は20人には告白されているはずだ。その度にこの義妹は決まってこの言葉を口にする。

【困ります……】

 俺からすれば、なんて高飛車な受け答えだと思うのだが、世の中の男供にとって見ればこれがまたいいらしい。
美人でクリーンで清楚。しかも、勉強も学年の常に上位クラス。高嶺の華という奴なんだろうが、俺からして
見れば、今パジャマで寝ぼけ眼(まなこ)の妹が高嶺の華にはどう見ても見えないぞ。
「とにかく、直ぐ着替えて直ぐ来いよ……ってお、おいっ!」
 美代がその場でパジャマのボタンを外し始めやがった。慌てて振り向いて視線を逸らす。
「馬鹿、俺以外の奴の前でそんな恥ずかしい事、絶対やるなよ。美人のイメージが崩れ落ちるぞ。正体、ばれるぞ」
「いい」
「俺が困るだろ。美人の妹が俺の唯一の自慢なんだ。この俺がここまで守ってきたって触れ込みなんだから。
正体ばれたら彼氏になる奴が俺くらいしかいなくなるぞ。いいか、わかったな」
「…………うん」
 俺と美代はこんな日常を繰り返していた。学校で完璧なはずの妹が何故か俺の前ではとてもだらしが無い。
小学校の時は犬に襲われそうになっても逃げないし、中学校の時は変なナンパ野郎に連れて行かれそうになっても
ぼうっとして逃げない。その度に俺は美代を助ける役目をしてきて、損ばかり被って来た。全く、しょうがない
義妹だよ。

 やれやれという気持ちで母親が作ってくれた朝ごはんを食べようと階段を降りようとする。すると、美代が
俺の肩をぽんと叩く。何だ?と思って振り向くと、美代が俯いて手に包みを持っていた。
「はい」
 手渡されたピンクの包み。可愛い包装紙に赤いリボンが掛かっている。
「何だ……義理チョコ、無いって言っていたのにあるんじゃないか。サンキュー。誰からも貰えないと寂しいと
思っていたんだ」
 俺は制服のポケットにそれを仕舞いこむと、上機嫌で階段を降りた。
「……義理はないよ」
 僅かに揺れる髪。俺はそれを聞いてはいなかった。


 高校3年の2月にもなると、学校での授業というのは殆ど無い。出席を取って終業というのが普通になる。
受験勉強も追い込みの時期に来ており、教室の中もかなり切羽詰った雰囲気になっている場合が多い。
「勉強をする前に、糖分の補給でもしておくか」
 脳の活性化には糖分がいいという豆知識を知っていた俺は、今朝美代からもらった包みをポケットから取り出した。
小さな包みを無造作に開けると、中には可愛いチョコとメッセージカードが入っていた。
「あれ、何だこれ?」
 小さな箱には4つ折にしたメッセージカードが入っていた。そのメッセージカードを俺は何気なく読んでみる。

≪兄さん。今日、どうしても渡したいものがあります。受け取っていただけるのなら、私が帰って30分したら
部屋に取りに来てください。 美代≫

「何でこんな2度手間な事をするんだ?チョコ渡したのにわざわざ時間指定までして……ははぁ、分かった。
請求書だろ。それも3倍返しの。欲しいものがあったから、義理チョコ渡しておねだりか。30分後というのは、
買出しに行くんで私服にでも着替えるんだろ。まぁ、見え透いた手だが、今日は気分がいいし乗ってやるか」
 俺はそのメモをポケットに仕舞った。

 やがて、美代が帰ってきたらしく、トントンと小気味のいい階段の足音が聞こえた。俺は30分という時間を
正確に待って、美代の部屋を訪ねる。


(トントン)

 今朝と同じようにノックをする。だが、返事が無い。もう一度同じようにノックをする。すると、僅かに
美代の声が中から聞こえてきた。
「…………いいよ」
 蚊の鳴くような声の了解を聞いて、俺は美代の部屋に入った。ちなみに美代の部屋は6畳の洋室にベッドと
机が置いてある。小奇麗にまとまった、いかにも女の子って感じの部屋だ。
「来たぞ。でも、今月ピンチだからそんなに高いのは無しにしろよ」
 だが、中に入って驚いた。……暗い。雨戸が閉まっていて、部屋の電気も消してある。
「おいおい、真っ暗じゃないか」
 何の冗談かと思って手探りでスイッチを探す。
「!」
 俺がスイッチのあると思われる部分に手を伸ばすと、そこの位置には手があった。細く長い指。その手が
俺の手を握り締める。
「おい、何の冗談だよ。いい加減にしないと怒るぞ」
「……やだ」
「……えっ?」

 美代は高校生でもかなりスタイルのいい方だ。今朝、パジャマを脱ぎかけた胸元から見えた双丘もふっくらと
その存在感があって、かなりのインパクトだった。その胸の膨らみが俺の手のひらに押し付けられている。
ふにゅっとした感触が俺の両手に伝わってきた。
「じょ、冗談はやめろって」
 暗闇に慣れてきたのかうっすらと部屋の中が見えてきた。モデルのような体系に長い髪。美代が俺の目の前に
立っている。石鹸の匂いとシャンプーの香りが部屋を包んでいた。

(コクン)

 思わず生唾を飲み込んでしまった。そこには、レースの下着姿の美代が立っていた。しかも、目を瞑り、握った
手は震えている。
「……好き…………です」
「ちょ、ちょっと。美代……」
 それっきり、俺は声が出なかった。
 妹からの告白。だが、こんな展開は正直予想していなかった。しかも、とびきり不器用だぞ。いきなり下着姿で
告白かよ。勉強は学校でも群を抜いて良いくせに、恋愛は赤点以下だ。こういうサービスをしなくたって、美代は
十分可愛いのに。
「可愛い?」
 俺は自分で呟いて必要以上に動揺している自分に気がついた。美代の告白。美代は……美代は家族の……はず
だよ……な。

 今まで一番身近で一番親しかった家族。
 愛情という感情をあえて押し殺していた家族。
 見守っていくのが当然と考えていた家族。

「俺……は……お前を」
 
 知っている中で一番可愛い異性。
 一番分かり合えていた異性。
 何でも言い合える異性。

「いいのか?……俺で」

 一番抱きしめたかった少女。
 一番キスしたかった少女。
 一番好きだった少女。


「……兄さんだから……」

 何かが弾けた。意図的に恋愛感情を殺してきた自分の気持ちの中で、何かが解き放たれる。胸まで鼓動が必要以上に
高鳴り、今にも飛び出しそうになる。暗闇に目が完全に慣れた頃、熱い吐息が目の前にあった。吸い込まれるように俺は
それに応じる。

「俺も……だ。ずっと前から……好きだった」
「んっ……」

 重なるだけのキス。だが、俺と美代にとってはとても大きな意味を持つキス。兄妹が一人の男と一人の少女に
戻るための大切な儀式。カチカチと震える歯が美代の緊張を表していた。胸にあった手をゆっくりと解き、左手を
肩にまわした。そして、残った右手で頭を優しくなでる。

「お前は緊張した時、こうやって頭をなでてやると直ぐ笑顔になって緊張がほぐれたよな」
 実際、俺も緊張しっぱなしだった。でも、今まで妹を守ってきた俺は、まず妹の事を考えてしまう。
「告白してくれたのは嬉しいよ。でも、無理はしなくていい。その気持ちは十分受け取ったから」

 だが、その言葉を聞いた美代はふるふると首を振る。目元に光るものがあった。
「……何で……泣いてるんだ」
「……」
 何も言わずに俺の胸に顔をうずめてくる。時折嗚咽を漏らしているのが分かった。部屋の明かりをつける。
すると、美代の机の上には俺が受ける大学の入学案内があった。その横に置かれた1枚の写真。家族で旅行に行った
時に撮った写真。うつむき加減の美代とブイサインをしている俺の写真。2人だけで写っている珍しい写真。
「お前、これ……ずっと前の……」
「……いっちゃ……やだ」

 どんないい男に告白されても断り続けた妹。その妹の気持ちを感じ取れなかった鈍感な兄。俺はずっと遅れて
やっと理解した。
「すまなかった。気がついてやれなくて」
「んんっ……あ、ん……」
 二度目のキスはフレンチキス。お互いの気持ちを確かめ合うように、二人の時間を埋めるように求めあう。
歯で閉ざされていた美代の口内に舌先でノックする。ゆっくりと開いた口内に舌を絡めると、甘い舌がそれに
答えてきた。舌が絡み合い、唾液を吸って、その行為に没頭した。

「……あっ……ふっ」
 美代が声にならない吐息を漏らす。涙を溜めた目がとろんとした状態になり、桜色に染まった頬と口元から
トロトロと唾液が零れ落ちる。
「俺、美代が欲しい。もう、ずっと離さないから」
「……ん」
 返事の代わりに、首を僅かだけ上下させる。やばい……凄く可愛い。恥ずかしい話だが、俺ももう理性が
飛ぶ寸前だ。みっとも無い話だが、下半身に血液が逆流し体中が高揚している。そんな時、美代の両腕が
俺の胸板に絡み付いてきた。ぎゅっと抱き合う二人。豊満な胸の柔らかさが胸と胸の重なり合いから伝わって来る。
そして、美代のショーツが俺の誇張しきったパンツに触れる。一瞬、びくっと腰を引くが、恐る恐るその腰を
密着させてくる。

 その行為が引き金になった。俺の中で美代に対する性欲が爆発していた。今まで求めてはいけないと考えて
いた物が直ぐそこにある。妹だった少女の全てを……美代の全てを見てみたい。美代の全てを犯したい。
そして、全てを手に入れたい。もう、俺の気持ちは決まっていた。下着姿の美代の柔らかな胸を右手で包み込む。
右手の中で納まりきれない豊満なおっぱいが手のひらからこぼれていた。それをゆっくりと揉み回していく。
≪……くっ、……ふっ、うっ≫
 胸は感じるのか、必死に美代は耐えている様子だった。俺は、すっとブラジャーの横から指を入れ、ぷっくりと
膨れた乳輪と既にツンと尖った乳首を指の間で挟んで刺激した。
≪きゃっ、……うんっ≫
 今まで聞いた事の無いような可愛い声で鳴く。普段、無口な分、こういう可愛い声で鳴かれるともっと意地悪
したくなってくる。

「どうしてそんなに感じているの?美代はこんなにいやらしい妹だったんだ」
 美代は首を横に振って慌てて否定する。
「俺の事、おかずにオナニーしていたこともあるんじゃないか?」
 また、同じように首を振る。その様子を見た俺は、愛撫の手を止めた。性感を刺激され、快感に没頭していた
美代は、驚いて顔を上げる。
「ごめん、やっぱり俺これ以上はできないわ。美代は嘘をついているみたいだし」
 懇願するように目で訴えかけるが、俺はすっと体を離す。すると、美代は小さな、とても小さな声で答える。
「…………シマシタ」
「えっ?何?聞こえないよ。もっとちゃんと教えて」
「…………オナニー」
「好きって言っているのに、美代は隠し事するんだ」
「オナニー……しました……兄さんで」
 搾り出すように美代は答えた。全身が真っ赤に染まり、完全に下を向いてしまっている。だが、俺は知って
いた。美代はこうする事で俺に完全に身を任せてくる。これは長い間付き合ってきた美代を、緊張させず
逆に受け入れやすくする俺の芝居だった。その効果は直ぐに現れる。下半身のピンク下着から薄っすらと
染みが見え始めている。女性特有の匂いが僅かに部屋に漂ってくる。

「正直に答えてくれたんだ。嬉しいよ。俺も正直に自分を出すよ」
 俺はそう言って上着とズボンを脱いだ。反り返ったそれを美代に見せる。美代は目を瞑っていたが、促すと
ゆっくりと目を開ける。
「俺がこうなっているのも美代が好きだから。美代が欲しいからこうなってる」
 最初は遠慮がちに見ていたそれを、美代が段々目が離せなくなってきている。俺はそれを確認して、
両手を俺のモノに導いた。
「あっ」
「ゆっくりと触って。これが、美代に入るんだから」
 両膝を着いて、美代が両手で陰茎を包み込む。そこで動きがぴたっと止まる。
「片手で包み込んで、上下にゆっくりと動かすんだ。そして、もう一つの手は前立腺や裏筋を刺激して」
 ゆっくりと指示通りに動かす。ピクピクと動くのに驚いた様子だったが、徐々にペースを上げて刺激してくる。
と、同時に俺にもぞわっとした快感がこみ上げてくる。美人で人気者のアイドルだった自分の義妹が、俺の指示通りに
誇張したものを愛おしそうに摩っている。
「あっ、くっ、んんっ、うっ、んん……上手いぞ。くっ、んん、、」

 俺も声を上げると嬉しそうに奉仕をしてきた。遠慮がちに顔を近づけている。どうやら知識である程度の
事は知っているようだ。フェラチオをやっていいかどうか迷っているらしい。
「く、口で……やって欲しい」
 そう、言うとコクリと頷いて恐る恐る唇に亀頭を含んだ。バナナを大切に舐めるように先の部分だけを
唇と舌で刺激する。生暖かい感触の刺激が背筋を電流のように駆け巡る。
「やば、出る。引いてくれ」
 だが、行為に没頭していた美代に通じるわけもなく、ちゅっちゅっと刺激を続ける。

「あっく、、、うっっっ、、くぅ」
(びゅくっ、びゅっく)

 俺のモノが放たれた。美代はびっくりしてその場に固まっている。唇と頬に、白い白濁液がとろりと流れて
ぽたぽたと床に落ちる。
「すまん、汚しちまった。拭いてくれ」
 ティッシュを渡すと、にっこりと微笑む。そして、それを拒否して指ですくって一生懸命に飲もうとする。
「いいから、いいから。そこまでしなくても」
 俺は、さすがに罪悪感に捕らわれて止めようとした。それを美代は悲しそうな顔をして拒否する。
「いいの……」
 そう言ってまた綺麗にすくって舐めた。

「今度は俺が気持ちよくするよ」
 コクンと頷くと、美代はもたれ掛かってきた。ベッドまで美代を運んで、下着を脱がす。既に薄い毛に
びっしょりと愛液が溢れ出し、内股の部分まで垂れていた。ずっと我慢していたのか、クリトリスも既に大きく
勃起している。
「兄さんの……欲しい」
 美代は懇願する。既に受け入れる体制は出来ているようだった。俺のも準備が整っていた。少し休憩したのが
良かったようだ。唾液で濡れた淫茎が既にこれ以上は無いというくらいに誇張している。
「ゆっくり入れるから、肩の力を抜いて。いくぞ……」
 膣の入り口に亀頭をあてがう。ぬらぬらとした液が直ぐに亀頭に絡みつく。ゆっくりと探るように上下させると、
それだけで熱い吐息を漏らす。

≪くっちゅっ……≫
「んあ……ぅ……はん、あっ……う」
 片手でしっかりと押さえ、ゆっくりと埋没させていく。きつい。正直、亀頭の部分が入ったところで、
押し返されてしまう。しかも、ぬるっとした感触と、ギュウギュウと締め付ける膣内でなかなか挿入していかない。
「あっ、、くっ、、くぅ、、あくっぅ」
 美代も痛さで必死に耐えているようだった。
「大丈夫か。やめるか?」
 美代の目から涙がほろほろと零れた。必死に笑顔を作って首を横に振る。痛くないわけ無い。でも、必死に
耐えている。早く終わらせてあげよう。この気持ちに応える為に。俺は覚悟を決めた。
「ちょっとだけ我慢してくれ。きついかもしれないが」

 強く腰を打ちつけた。膣内が今まで以上にぎゅうっと締まる。背中に回された指が俺の肉に食い込んでくる。
≪くっぅぅぅぅうう!!!≫
 ゆっくりとゆっくりと陰茎が膣内を侵攻していく。やがて全てが埋没した時、美代の膣内からは赤い鮮血が
つつっと、流れ出していた。

 少しの時間、そのまま俺と美代は抱き合っていた。やがて、美代が俺に軽いキスを求め、俺が応えてやると
目で合図を送ってきた。美代も痛みが和らいだようだ。
「動くよ」
「……ん」
 俺は美代の合図でゆっくりと出し入れを再開する。すると、先ほどのきつい感じは無くなり、少しづつスムーズに
動くようになってきていた。
「トロトロとして、美代の膣内(なか)、熱い」
「……んっ、んぁっ……あ、ふっ……ぁっ」
 美代も先程とは違い、徐々にだが吐息の中に妖艶な息遣いが混じってくる。時折、きゅっと膣内が締まり俺の亀頭
を刺激してくる。子宮口に亀頭の部分がコンコンと当たる。その度に美代の足先がびくっと緊張する。
「美代が感じているのが分かる。俺のが美代を感じてる……」
「んっ、んんっ、あっ、、ぁぅっ……兄……んぁっ……さぁっん……」

≪くちゅっ、ぐっちゅっ……くちゅ……ちゅっく≫

 静まった部屋に性器が出し入れされる音が響く。赤い血と白い愛液が混じりあい、潤滑油となってその音が加速
していく。少しずつ早くなるその淫音と共に、美代の喘ぎ声も加速していく。

「ん、、、んっ、、、、あっ、あぁうっ、、ぅぅっん、あぁっ、、んっんん、、」
「もう……そろそろ」
 俺がそう言うと、美代が懇願してくる。
「んっ、……はっぁ……やっ……なか……ぁぁっ、、なかに……んんっ……お願い」
「分かった。俺、膣内(なか)に……美代に膣内(なか)に……出すから」
 ぎゅうっと今までにない締め付けが俺を襲う。同時に、俺の前立腺から一気に射精感が高まっていく。
「んっ、ぁぁっ、ぁぁ、ぁっくぅ、ぁぁぁぁぁぁっっっ!!!」

 次の瞬間、(どくん)と俺の中で脈打った。何度も何度もそれは収縮される膣内と子宮に放たれる。
一緒に果てた美代がぽろぽろと涙を流して目を閉じる。そして、暫くして小さな声で何かを言った。

≪…………だね≫ 

 うとうとしていた俺はその言葉を聞き取れなかった。

 1ヵ月後。俺は東京の大学の入学が決まった。少し早いが下宿先が決まったので、今日はその引越しをしている。
美代とはあれから多少仲良くなったが、表立っては普通のままだ。それは俺と美代が決めた約束があったからだった。
それは俺が高校を卒業するまでは兄妹のままでいようという事。それは俺の両親を安心させるためにそうしようと
二人で決めたことだった。美代は1年後に東京の大学に受かるだろう。そうしたら、また仲良く暮らせるさ。

 電車が出発すると、目に涙を溜めて手を振る美代。多少寂しさが残るが、1年の辛抱だ。まぁ、直ぐに時間は経つ。
そう思ってふとポケットを触ると一通の手紙が入っていることに気がついた。ピンクの封筒に見慣れた字。美代からだった。
封を開けてそれを読む。


 兄さん

 バレンタインの時、私の気持ちを受け止めてくれてありがとう。私はずっと兄さんの事が好きでした。
 子供の時、初めてあったあの日から、私は兄さんの事をずっと見ていたの。
 私が困った時、私が助けを求めていた時、いつも近くにいてくれた。

 そうそう、覚えてる?小さい時、どんな女の子が好き?って私が質問した時、兄さんは大人しい子って言ってた事。
 私、今でもよく覚えてる。


「ん?ちょっと待てよ」
 俺はそこまで読んで、嫌な予感が頭をよぎる。妹に会って少しして、こんな事を話した記憶がある。だが、何でこんなに
胸騒ぎがするんだろう。


 私、それからなんだ。無口になろうって決めたの。いつの間にかそれが普通になっちゃったけどね。


「すると、俺が美代をあんな無口で無愛想な女の子にしたって事か?」
 俺の背中に汗が滴り落ちる。いや、これが問題ではない。胸騒ぎがどんどんと大きくなる。


 それから、お嫁さんにするならどんな子とするって話になって、初めて好きって告白した子とするって……


 やばい。これは本格的にやばい。


 一緒になったら俺はその子を一生面倒見るぞ。その子を手元に置いてずっと離さないんだって。言ってたよね。
 私も離れたくない。少しの間だって。兄さんのいない生活なんて考えられないし。結婚は早いほうがいいし。
 子供も早く欲しいし。
 だから私、兄さんの所に行くね。直ぐに……待ってて。

 
 そういえば美代は一度こうと決めたら絶対に実行に移す、有言実行型人間だった。まさか……まさか……。
 

 私、今の学校辞めて東京の女子高に転向することになったから。来年は同じキャンパスだね。あ、心配なく。
 兄さんの大学だったら、私今直ぐに試験受けても入れるから。ちゃんと可愛がって面倒見てくださいね。
 

 俺は美代がもう既に全ての手配を済ませていることをこのとき悟った。しかも、結婚する気満々で俺の下宿に
転がり込んでくる。しかも、既に美代の荷物が届いているという事か?学校と親を丸め込んで。普段は無口な癖に、
何で手紙だとこんなに饒舌でしたたかなんだ!そりゃ、美代は好きだけど、同棲だの結婚だのって……まだ、俺
高校卒業したばかりだぞ。

 俺が手紙を丸めてポケットにしまいこんだとき、≪ぽんっ≫と誰かに肩を叩かれた。振り返るとそこには……。



おしまい

作者 1-247?
2008年01月20日(日) 09:23:56 Modified by n18_168




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。