Wiki内検索
一覧
連絡事項
09/06/10
ふみお氏の一身上の都合により、氏のSSはまとめから削除されました
あしからずご了承ください
最近更新したページ
最新コメント
FrontPage by 10月22日に更新したひと
SS一覧 by ヘタレS
6-548 by るんるん
FrontPage by 管理人
FrontPage by 7-139
タグ
(´・ω・) 1-108 1-130 1-180 1-194 1-213 1-24 1-247 1-286 1-311 1-32 1-362 1-379 1-46 1-486 1-517 1-639 1-644 1-654 1-76 2-112 2-15 2-163 2-178 2-185 2-219 2-220 2-360 2-457 2-489 2-49 2-491 2-493 2-498 2-539 2-545 2-587 3-114 3-120 3-128 3-130 3-142 3-149 3-151 3-186 3-240 3-295 3-304 3-382 3-389 3-552 3-560 3-619 3-635 3-644 3-68 4-112 4-113 4-119 4-136 4-156 4-158 4-181 4-199 4-213 4-418 4-468 5-102 5-158 5-192 5-230 5-233 5-238 5-254 5-265 5-271 5-275 5-285 5-321 5-372 5-378 5-413 5-422 5-436 5-438 5-454 5-50 5-516 5-544 5-596 5-612 5-630 5-635 5-637 5-714 5-73 5-754 5-759 5-772 5-79 5-808 5-813 5-818 5-825 5-831 5-913 5-918 5-922 6-301 6-356 7-163 7-189 7-206 7-228 7-259 7-269 7-306 7-358 7-380 7-381 7-401 7-465 7-547 7-577 7-615 7-624 7-642 7-647 7-672 7-677 7-711 7-720 7-721 8-111 8-114 8-126 8-16 8-167 8-194 8-20 8-21 8-219 8-231 8-235 8-239 8-258 8-267 8-294 8-328 8-338 8-349 8-354 8-367 8-371 8-380 8-382 8-389 8-453 8-455 8-456 8-460 8-463 8-467 8-468 8-501 8-517 8-532 8-553 8-559 8-568 8-575 8-581 8-587 8-604 8-620 8-646 8-665 8-670 8-692 8-729 8-732 8-740 8-757 8-758 8-762 8-775 9-102 9-124 9-219 9-225 9-230 9-257 9-283 9-29 9-301 9-304 9-34 9-40 9-44 9-5 9-59 9-65 9-69 9-8 9-95 @台詞なし acter◆irhnk99gci coobard◆6969yefxi index 『彼女』の呼び声シリーズ ◆5z5maahnq6 ◆6x17cueegc ◆8pqpkzn956 ◆95tgxwtktq ◆csz6g0yp9q ◆dppzdahipc ◆f79w.nqny ◆ga4z.ynmgk ◆mhw4j6jbps ◆mz3g8qnie ◆q0jngalkuk ◆q2xbezj0ge ◆xndlziuark ◆zsicmwdl. 1スレ 2スレ 3スレ 4スレ 5スレ 7スレ 8スレ 9スレ お魚 かおるさとー かおるさとー◆f79w.nqny こたみかん◆8rf3w6pod6 さんじゅ じうご じぇみに。 にっぷし まら文太 アンドリュー家のメイド エロ ソラカラノオクリモノ ツンデレ ネコなカノジョシリーズ バレンタイン ファントム・ペイン ミュウマシリーズ リレー小説 縁シリーズ 球春シリーズ 近親 君の匂いをシリーズ 黒い犬シリーズ 時代物 従姉妹 書く人 小ネタ 人間は難しい 精霊シリーズ 短編 痴女 著作一覧 長編 通りすがり 電波 非エロ 微エロ 不機嫌系無口さんシリーズ 保守ネタ 埋めネタ 未完 無口でツンツンな彼女 無口で甘えん坊な彼女シリーズ 無口スレ住人 矛盾邂逅 幼馴染み 流れss書き◆63.uvvax. 籠城戦

隠し事(前編)

梶谷壮(かじやそう)が藤村都古(ふじむらみやこ)に初めて会ったのは九月の末だった。

まだまだ日射しの強い放課後の屋上。
「えーと……」
壮は多少弱まった西日を横に、一人の少女と相対していた。
小さな少女である。壮よりも三十センチは小さい。短い髪を小さくまとめ、心なしかうつむいている。スリッパの色は藍色なので、一年生ということになる。一つ下だ。
ここに来たのはクラスメイトに呼ばれたからである。しかしいざ来てみれば、この縮こまった下級生がいるだけで、他に人影はない。
(ヨシの奴……)
壮は困惑して軽く頭を掻く。
少女が顔を上げた。
「あ……の、」
「うん?」
「私……その……」
随分と小さな声だ。顔を真っ赤にして懸命に言葉を紡いでいる。
これはひょっとして、よくテレビや漫画でやっているあれだろうか。壮は他人事のように思う。まさか自分がこんな場面に立つとは。
いやいやと居住まいをただす。相手は見た感じ真剣だ。こちらも真面目に、
「好き、です。付き合って……下さい」
真摯な眼差しを向けられて、壮は一瞬たじろいだ。が、すぐに持ち直して、
「えっと……藤村さん、だったね」
「は、はいっ」
予想外に大きな声が返ってきた。少女ははっとなってうつむく。まるで自分で出した声に驚いたかのようだ。いや、実際そうなのかもしれない。
おとなしい印象は悪くない。というか結構好みだ。
しかしこれが初対面なのである。軽い気持ちで応えるのは、少しかわいそうだと思った。
「気持ちは嬉しいんだけど、俺、まだ君のことをよく知らない。だから、その……申し訳ないんだけど……」
少女の体がびくりと震えた。
「……まずは友達からでいいかな?」
震えはすぐに止まった。
「……?」
「いや、その……急に付き合うのはちょっと早いかなって思うんだけど……ダメかな?」
ぶんぶんと首を振られた。
「よ、よろしく……お願い……します」
蚊の鳴くような小さな声。
「う、うん。こちらこそ」
少女はぺこりと頭を下げると、足早に階段へと駆けていった。壮はそれを何とはなしに眺めていた。
無難な答えを返したが、よかったのだろうかと壮はしばし悩んだ。告白なんて初めての体験だったから、緊張もした。
これが二人の馴れ初めだった。

井上至統(いのうえよしつな)は壮の中学からの友達である。
気のいい男で、多くの友人関係を築いている。容姿、成績共に並。多少運動が得意なくらいで、履歴書には平凡な経歴しか記されないだろう。
しかし、なぜか印象に残る男だ。なんというか、振る舞いや言葉に自信が満ち溢れているようで、人を惹き付ける力がある。面接で強いタイプだ。
壮は少し苦手にしていた。嫌いではないが、常にペースを握られているような気がして困る。
だからこの日の昼休みも、壮は正直至統との昼食に乗り気ではなかった。
「カジ、どうしたの?」
至統は弁当箱から顔を離し、壮に問いかけてきた。
「いや、別になんでもない」
首を振り、ごまかすように焼きそばパンを頬張る。
至統は肩をすくめ、
「僕に気があるとか?」
「何でそうなるんだよ。そんな趣味はない」
「じゃあなんで僕とメシ食ってんのさ?」
「お前からこっちに来たんだろ」
「そうじゃなくて、藤村と食べればいいのに」
壮は言葉に詰まった。
至統は首を傾げ、
「最近どうなの?」
「どうって……」
「藤村とさ。うまくいってる?」
「まあ……それなりに」
言われて壮は都古のことを思い浮かべる。
告白から一ヶ月。二人はそれなりの関係を続けている。
何度か一緒に帰ったり、休日にデートもした。あまり喋りが得意ではないらしく、必要最低限な会話しかしなかったが、壮は、おとなしく控え目な娘がタイプなので、むしろ好ましかった。
まだはっきり返事をしたわけではないが、壮の心は八割方付き合う方向に傾いている。
至統が都古の相談を受けて、一ヶ月前のあの場を作ったわけだが、それに関しては壮は何も目の前の友人に言っていない。礼の一つでも言うべきなのだろうが、至統はあまり気にしないようにも思える。
代わりに言ったのは別のことだ。
「あの子、普段どんな感じなんだ?」
これを訊くためにわざわざ昼食を共にしているのである。壮は己にそう言い聞かせた。
至統はきょとんとした。口の中の唐揚げを噛み潰し、ゆっくりと呑み込む。
「何?」
「だから、普段の様子だよ。何か他と違ったりとか」
「趣味とかかな。本人に聞けばいいんじゃない? ていうか、聞いてないの?」
「テレビドラマが好きらしい。他には特に聞いてない」
至統の目が細まる。
「……何やってんのさ。君ら本当に付き合ってるの?」
「まだ付き合ってるわけじゃない」
「まだ、ってことは付き合う気はあるんだね」
「……」
即返されて、壮は押し黙る。やっぱり苦手だこいつは。
「……なんか、わからなくてな」
「相手のことが?」
頷くと、至統は肩をすくめた。
「わかり合うのはこれからじゃない?」
「いや、そうなんだけど……あの子、なんか隠してるように見えるんだ」
そうなのだ。
壮は都古の振る舞いに小さな違和を感じていたのだ。
話すとき、触れ合うとき、都古は極端におとなしい。というより無口になる。聞けば答えるし、話を振れば合わせてくれる。しかし基本的に口数は少なく、物言いもはっきりしないことが多い。
そういう性質だと言えばそれまでだし、それだけなら壮にとって別に気にかかることではない。
しかし、都古の所作はどこか変だった。
どこがと訊かれると、はっきりとは答えられない。
ただ、例えば会話の途切れた後にふと見ると、なぜか顔を曇らせていたりするのだ。疑問に思って尋ねてみると何でもないとばかりに首を振るだけで、答えてはくれない。
あまり心眼は鋭くないが、その表情は何かに悩んでいるように思えた。
始めは自分に問題があるのかもと自己を省みたが、特に思い至ることはない。
ならば都古自身の問題か。彼女に何か悩みがあって、それは知られたくない類のものなのかもしれない。
あくまで想像内の話だ。
それでも気のせいと言うには、あの表情は深刻に過ぎるように見えた。

「あんまり好きでもないの? ひょっとして」
言われて壮は眉をしかめた。
「なんで」
「嫌ってはいないけど、決定的に好きになるほどの理由がない。そういう風に見えるよ」
「……」
全てを見抜かれているような気がした。壮は諦めたように溜め息をつく。
自信家というわけでもないのだろうが、至統はこの言い切りの力が強い。自身の直感的な眼力がおおよそ見誤らないことを、自信ではなく事実として捉えているのかもしれない。
それは、おそらく正しい。
苦々しく思わないでもないが、壮は素直にそれを受け止めていた。
付き合う方向に八割傾いた理由。それは多分に都古自身には関係ないのかもしれない。なぜなら、それは都古そのものを見てのものではないからだ。
おとなしい性格。控え目な態度。かわいらしい容姿。そういったものがたまたま自分の好みにマッチしただけで、壮はろくに相手のことを知らない。
それは少し恋愛とはズレているのではないか。もっと本質的な部分で相手を好きになる、そんな深さが足りない。
別にそれがなしだとは思わない。海のように深い愛情がなくても、浅瀬でパチャパチャ遊ぶ恋愛も存在する。どちらかというと児戯やごっこに類する。往々にして楽しかったりする。
しかしそれでは相手の本気に応えられない。本質に関わる残りの二割は決して軽くない。
ならばはっきり断った方が彼女のためなのかもしれないが、その選択肢は壮の頭の中にはなかった。結論を出すためにまずは理解しようと思ったからだ。
今のところ理解は深まっていない。
「違和感を覚えているのか……」
至統は一人ごちると、水筒からコップにお茶を入れた。落ち着いた動作でそれを飲み込むと、気楽な口調で言い切った。
「カジ。君はとてもいい奴だから、藤村とも絶対うまくいくよ。保証する」
「な、なんだよ急に」
「そのうち違和感なんて綺麗になくなると思う。喉に引っ掛かった魚の骨みたいなものだ」
「……そうだといいけどな」
壮は曖昧に答える。
「藤村が仮に何か隠し事をしていたとして、それは多分君に許せないことではないんじゃないかな。君は優しいから」
「……気持ち悪いな。何か知ってるのか?」
どうにも含みのある言い方に、つい疑念が生まれる。実はこいつはその隠し事とやらを知っていて、自分に黙っているのではないか。
壮は悪人を見るような、疑いの目を向ける。
至統は少しも動じなかった。
「今日は帰りどうするの?」
「さあ。向こうが誘ってきたら付き合うけど」
「たまには自分から誘ってみたら? きっと喜ぶよ」
それは、考えの一つとしてあった。
「そうしてみるよ」
「頑張れ。実際さ、好きかどうかは別にして、藤村のこと結構気に入っているんでしょ」
また言い切られた。
「他の人なら簡単にOKするところだけど、君は変に真面目だから、真剣に向き合おうとする。今は気持ちを整理してる段階かな」
「おい」
「ホントいい男だなー。藤村もそんなところに惹かれたのかな?」
この男にしては軽い口調だった。ひょっとして、からかわれているのか?
壮は焼きそばパンを一気に口に入れると、あっという間に嚥下した。
「……ほんっと嫌な奴だよお前は」
至統はおかしそうに笑った。

放課後。
靴箱の前で待っていると、やがて都古が階段から下りてきた。
壮の姿を認めると、都古はひどく驚いた顔になった。急いで側まで駆け寄ってきて、ぺこりと頭を下げる。
「いつも誘ってもらっているから、今日は俺から誘おうと思って」
「……うれしい、です」
小さな声で囁くと、恥ずかしそうに顔を伏せた。
靴を履き、外へ。並んで校庭を横切り学校を出る。
十月の風はどこか寂しい。寒くはないが、心に吹き荒ぶような印象を残して、淡く響く。
アスファルトに落ちるいくつもの紅葉は、秋真っ只中を嫌でも感じさせてくれる。昨日の雨の水溜まりに、ひらひらと葉が紙のように落ちた。
一ヶ月前まではまだ暑さも残っていたが、今はさすがに気温も落ち着いてきた。すぐにこれから列島は厳しい寒さに覆われる。四季の変化をはっきりと肌で感じとれるだろう。
壮は都古の歩調に合わせてゆっくりと秋の帰り道を進む。
(二人で歩くには少しコツがいる、か)
好きな歌詞だ。君の歩幅は狭い、と心の中で続ける。今は冬ではないが。
カラオケでも誘おうか。ただいっしょに帰るだけというのはもったいない気がした。
彼女がいいと言うならば、どこかに連れていってあげよう。カラオケは無口な彼女には合わないかもしれないから、他のところでもいい。もっと触れ合うことで理解を深めたい。
「あの、さ」
都古が顔を上げた。身長差三十センチは頭一つ分では埋められない。完全に見上げる形になる。
「時間あるなら、どこか遊びに行かないか? ゲーセンとかさ」
都古の目が見開かれた。
しかし、すぐに顔が曇る。
「ごめん……なさい」
「え、ダメ?」
「……家の用事が」
心底申し訳なさそうな様子に壮は居心地が悪くなった。
慌てて手と首を同時に横に振る。
「ああ、いやいや、気にしないでくれ! いきなり誘ったのが悪かったな。用事あるならしょうがない」
どうもうまくいかない。申し訳ないのはこちらの方なのだ。
「……」
「……」
一足早く冬が訪れたかのように、二人の間に沈黙のカーテンが引かれる。
壮は気まずい思いでいっぱいになった胸を掻きむしりたくなった。
この沈黙は駄目だ。何か話題を振らないと、
「うれしい……です」
不意の言葉は、なんのことかわからなかった。
「な、何が?」
「一緒にいるだけで、楽しいです。……嬉しいです」
急にはっきりとものを言われて、壮は呆けたように都古を見やる。
一瞬目が合う。恥ずかしかったのか、都古はすぐに視線を逸らした。
壮は内の気まずさをあっさりと忘れる。代わりに胸の奥が温かくなるのを自覚した。
誰かに真剣に想われるって、こんなに嬉しいことなんだ。
あまり相互理解にこだわる必要はないのではないか。彼女の誠実な想いの前には、いろいろ難しく考えるのが愚かなことに思えてくる。
都古の顔が淡い赤に染まっている。
壮は穏やかに微笑み、口を開いた。
「藤村」
初めてさん付けせずに呼ぶ。小さな後輩は再び顔を上げた。
「ありがとな」
「……?」
怪訝な表情をされる。
特に意味はなかった。自然と口から生まれただけで、壮自身にもよくわからない言葉だった。向けられる好意に応えたかったのかもしれない。
壮はしばらく何も言わなかった。都古も同じく口を開かなかった。
さっきまでの気まずい沈黙とは違った。主観だが冬を越えたような気がした。
斜陽が民家の紅葉の色を深める。少し離れて公園内では公孫樹の葉が舞い散る。街路樹の合間を縫って雀達が茜色の空へ飛び立っていく。
緩やかな足取りで二人は歩く。

しばらく進み、やがて駅前の交差点に辿り着いた。バスに乗らなければならない都古とはここで別れる。
「それじゃ、また明日」
丁度いいタイミングでやって来たバスを見て、壮は都古に軽く右手を振った。
都古は、
「……先輩」
そのとき浮かんでいた表情は、壮がこの一ヶ月間気にしてきた顔だった。
何か言いたいことがあるのに言い出せないような、怯えの色が浮いた顔。
壮は急に現れた事態に言葉を失った。
何をやっている。壮は己を叱咤する。彼女にそんな顔をさせてはいけない。早急に話を訊かないと。
「藤、」
「また……明日です」
壮が何か言う前に都古は挨拶を残し、バスに乗り込んだ。
ショートカットの後ろ髪がドアの向こうに消え、バスが走り去っていく。
呼び掛けの言葉は中途半端に喉に残ったままで、壮は道の先を不抜けたように眺めた。


壮は家までの道を歩きながら、心を決めていた。
明日、返事をしよう。


翌日。
昼休みに壮は一年三組の教室へと向かっていた。都古は確か三組のはずだ。
昨日、返事をすると決めた。
出来れば放課後の方がよかったが、また用事があるかもしれない。返事以外にも彼女と話すこともあった。
壮の答えは『付き合う』だ。
適当に決めたわけではない。残りの二割が完全に埋まったわけではないが、自分の心が少し見えたからだ。
昨日の帰り道、都古から向けられた想いにあてられたかのように胸が温かくなったとき、彼女のことを好きになれると思った。
少しずつ心がはっきりとした形を取っていく。まだ未来形でしか言えない想いだが、今は彼女そのものを見つめることが出来る。
あとは時折見せるあの顔をなんとかしたかった。
何か悩みがあるとして、彼女がそれを打ち明けてくれないのは、こちらがきちんと答えを返してないためではないのか。そのために不安が先立って言い出せないのではないか。
ならば早く安心させてやりたい。彼女の想いに応えて、あの表情を消し去ってやりたい。
緊張で高鳴る心臓を軽く叩き、壮は一年の教室が並ぶ二階へと下りた。


一年三組の教室に都古の姿はなかった。
中にいた生徒に尋ねると、体育館で前の時間に使った用具の片付けをしているらしい。
しばらく待とうかとも思ったが、周りの後輩から好奇の目を向けられたので、その場から離れることにした。その足で体育館に向かう。
すると階段に差し掛かったところで、後ろから誰かが横に並んできた。
「カジ、どこ行くの?」
苦手な声に壮は辟易した。
「どこだっていいだろ」
「つれないな。せっかく大物を釣ろうというときに」
「掛け詞か? それになんだよ、大物とか釣るとか。藤村に失礼だ」
「誰も藤村のことだなんて言ってないよ」
「思ってるだろ。今から体育館に行くんだ。邪魔するなよ」
「それは残念。僕は購買部だ。弁当忘れちゃって」
すぐに一階。頼むから今は視界から消えてくれ。
その念を聞き分けたかのように、至統はあっさり壮から離れて購買部へと向かう。壮はほっとして体育館に繋がる渡り廊下を渡ろうとして、
「カジ!」
予想外に強い声が耳を打った。引っ張られるように呼び掛けに振り向くと、至統は随分と真面目な表情だった。
「藤村のこと、ちゃんと見てやってほしい」
「は?」
「もしも見失ったりしたら、絶対に許さない。僕は君ほど寛容じゃないから」
言い切られた。
刹那、背筋が波打つように震えた。
息を呑んだときには、至統は購買部へと走り去っていた。
壮は友人の残像を目の中で見つめる。思えば彼が怒りのような感情の起伏を露にしたのは、知り合って初めてのことだった。
おそらく彼は──。
優しいのはお前の方だ。そう心中に呟くと、壮は一息に渡り廊下を渡った。

扉のガラス窓から見える体育館内には二つの人影があった。まだ片付けは終わってないようで、壮は入り口で二の足を踏む。
手伝おうかとスリッパを脱ごうとして、その体が止まった。
中から話し声が響いてきた。
「それで、みやちゃんは悩んでるんだ?」
二人しかいないせいか、広い空間でありながら声は明瞭だった。
「本っ気の本気だもん! 馬鹿みたいだけど、それでもそうしないといけなかったんだから!」
さらに強い声が耳を打った。よく通る、耳に心地いいまでの声量だった。
強烈な違和感を覚えた。
声の主は確かにあの都古だった。しかし彼女は、こんなにはっきりものを言う娘だっただろうか。
声がまた響く。
「私、本気で梶谷先輩のことが好きなんだもん……仕方ないじゃない! でも先輩と接点なんてなかったから、私は」
何の話だろう。自分のことが話題にされていて、壮はひどく落ち着かなくなる。都古の毒々しいまでに濃い気持ちが伝わってくる。思わず後退してしまいそうだ。いや、嬉しいが。
もう一人の女生徒の、清廉な声が返す。
「でもみやちゃんは、もう騙したくないんでしょう?」
「うん……」
「じゃあ謝ればいいよ。私も彼氏と色々あったけど、お互いにぶつけあったらすっきりしたよ」
「幼馴染みが相手でしょ? ゆかりちゃんみたいにうまくはいかないよ」
都古の声はどこか気落ちしていたが、よく通っていた。どうも彼女のこれまでの態度と結び付かない。
壮は中の様子をもう少しはっきり見ようと、扉に近付き、
都古と目が合った。
「!」
壮は慌てて扉の陰に身を隠す。話に惹かれて迂濶な真似をしてしまった。
気付かれていないことはないだろう。距離があったとはいえ、たかだか十メートル程度だ。こちらが向こうを確認出来たのだから、向こうも出来るはずだ。
会話がしばし止まる。
それからすぐに足音がこちらに迫ってきた。シューズが床に擦れてきゅっ、と高く鳴る。
壮は観念して扉を開いた。
壮が館内に向けて姿を現す。体操着の知らない女子が一人、目の前に立っていた。
視線を奥にやると、少し離れて都古の姿。
青ざめた顔で立ち尽くしている。壮は頬を掻き、考える。立ち聞きしていたことを謝らなくてはと言葉を探す。
「藤、」
瞬間都古は背中を向け、脱兎のごとく駆け出した。
「え?」
壮はいきなりの出来事に呆然となる。
「みやちゃん!?」
女生徒が都古の突然の行動に驚きの声を上げる。
逃げた。そのことを遅れて理解する。
「梶谷先輩、ですか?」
横から急に呼ばれて、壮は軽く目を見開く。
「そうだけど」
「みやちゃん泣いてました。先輩、追い掛けて下さい」
「きみは?」
「私は邪魔なので戻ります。先輩が一人で行かなきゃダメだと思います。みやちゃんの話を聞いてやって、そして許してあげて下さい」
「は、はあ?」
わけがわからなかったが、壮は言われるままに館内に入る。都古の逃げた先、舞台裏へと走った。
広く静かな空間に、足音が響いた。

次話
作者 かおるさとー ◆F7/9W.nqNY
2008年01月20日(日) 09:36:01 Modified by n18_168




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。