Wiki内検索
一覧
連絡事項
09/06/10
ふみお氏の一身上の都合により、氏のSSはまとめから削除されました
あしからずご了承ください
最近更新したページ
最新コメント
FrontPage by 10月22日に更新したひと
SS一覧 by ヘタレS
6-548 by るんるん
FrontPage by 管理人
FrontPage by 7-139
タグ
(´・ω・) 1-108 1-130 1-180 1-194 1-213 1-24 1-247 1-286 1-311 1-32 1-362 1-379 1-46 1-486 1-517 1-639 1-644 1-654 1-76 2-112 2-15 2-163 2-178 2-185 2-219 2-220 2-360 2-457 2-489 2-49 2-491 2-493 2-498 2-539 2-545 2-587 3-114 3-120 3-128 3-130 3-142 3-149 3-151 3-186 3-240 3-295 3-304 3-382 3-389 3-552 3-560 3-619 3-635 3-644 3-68 4-112 4-113 4-119 4-136 4-156 4-158 4-181 4-199 4-213 4-418 4-468 5-102 5-158 5-192 5-230 5-233 5-238 5-254 5-265 5-271 5-275 5-285 5-321 5-372 5-378 5-413 5-422 5-436 5-438 5-454 5-50 5-516 5-544 5-596 5-612 5-630 5-635 5-637 5-714 5-73 5-754 5-759 5-772 5-79 5-808 5-813 5-818 5-825 5-831 5-913 5-918 5-922 6-301 6-356 7-163 7-189 7-206 7-228 7-259 7-269 7-306 7-358 7-380 7-381 7-401 7-465 7-547 7-577 7-615 7-624 7-642 7-647 7-672 7-677 7-711 7-720 7-721 8-111 8-114 8-126 8-16 8-167 8-194 8-20 8-21 8-219 8-231 8-235 8-239 8-258 8-267 8-294 8-328 8-338 8-349 8-354 8-367 8-371 8-380 8-382 8-389 8-453 8-455 8-456 8-460 8-463 8-467 8-468 8-501 8-517 8-532 8-553 8-559 8-568 8-575 8-581 8-587 8-604 8-620 8-646 8-665 8-670 8-692 8-729 8-732 8-740 8-757 8-758 8-762 8-775 9-102 9-124 9-219 9-225 9-230 9-257 9-283 9-29 9-301 9-304 9-34 9-40 9-44 9-5 9-59 9-65 9-69 9-8 9-95 @台詞なし acter◆irhnk99gci coobard◆6969yefxi index 『彼女』の呼び声シリーズ ◆5z5maahnq6 ◆6x17cueegc ◆8pqpkzn956 ◆95tgxwtktq ◆csz6g0yp9q ◆dppzdahipc ◆f79w.nqny ◆ga4z.ynmgk ◆mhw4j6jbps ◆mz3g8qnie ◆q0jngalkuk ◆q2xbezj0ge ◆xndlziuark ◆zsicmwdl. 1スレ 2スレ 3スレ 4スレ 5スレ 7スレ 8スレ 9スレ お魚 かおるさとー かおるさとー◆f79w.nqny こたみかん◆8rf3w6pod6 さんじゅ じうご じぇみに。 にっぷし まら文太 アンドリュー家のメイド エロ ソラカラノオクリモノ ツンデレ ネコなカノジョシリーズ バレンタイン ファントム・ペイン ミュウマシリーズ リレー小説 縁シリーズ 球春シリーズ 近親 君の匂いをシリーズ 黒い犬シリーズ 時代物 従姉妹 書く人 小ネタ 人間は難しい 精霊シリーズ 短編 痴女 著作一覧 長編 通りすがり 電波 非エロ 微エロ 不機嫌系無口さんシリーズ 保守ネタ 埋めネタ 未完 無口でツンツンな彼女 無口で甘えん坊な彼女シリーズ 無口スレ住人 矛盾邂逅 幼馴染み 流れss書き◆63.uvvax. 籠城戦

斎藤(仮題)

放課後、ひとけのない図書室の奥、ほんのかすかな声が響いた。


本を選んでいた斎藤の、ばっさりと切ったショートカットの首筋が、とてもきれいだったので…、つい、うなじを撫でた。

そのとき不意をつかれた斎藤が出した
「ひゃ!…なに?…」
という普段通りの小さな声に、俺はたまらなくなったなぜか。とまらなくなった何かが。スイッチが完全に入ってしまった。

瞬間、後ろから強い力で斎藤を抱きよせる。
驚いた顔をする斎藤に何も言わず、首筋に何度もキスをした。
斎藤の体がこわばる。
セーラー服の中に侵入した俺の右手は、ブラジャーの上から小さめの胸を発見し、少しだけ強く揉んだ。
「…だめ、図書室…!」
と小さなウィスパーボイスで斎藤が嫌がる。

首筋から耳に唇をうつしてささやく
「本当にいや?」
斎藤が困った顔で後ろを向き、ブンブンとうなずく。
俺はその唇にかみついて、長いキスをした。斎藤は、驚いた様子だったが、なぜか抵抗はしなかった。

くちゅくちゅとキスの音が鳴る。ブラジャーのすき間から指で胸の先を探ると、斎藤の体がびくびくとふるえる。
唇を離すと、斎藤の息づかいが荒い。
肩をゆらして
「…も…やだっ…」と下を向いた。

「じゃあ確かめてみようか?」
斎藤が顔を上げ、訴えるようなる眼でこっちを見た。
左手で細く白い内股をゆっくりと撫であげ、スカートの中にたどり着くと、ショーツの上からも、湿っていることがわかる。ステッチのふちから、あたたかい液体が滲んでいた。
斎藤は体を小さく震わせて目をつぶっていた。耳がまっ赤だ。

「濡れてるよ…本当に嫌なの?」

わざと小さな声でささやくと、涙に潤んだ瞳がじっと俺を見つめ、観念したように首を横にふった。
ショーツの上からそのまま指を何度も上下させる。斎藤の口から小さな声がもれる。
「んっ…ぁん!…ふぁっ…ん…!」

耳を近づけないと聞こえないくらいだ。
「もっと聞かせて」
もう、水に浸したようになってしまったショーツをさげ、指で唐突に中心を犯した。

「ひぁっ!!…あっ!んーっ!ん!あー!あっ!…ん」

かぶるようにチャイムの音が鳴り、斎藤の声はかき消されたがその声は、耳元で大きく響いた。

―いつもは無口で声も小さい斎藤から、初めて本当の声を聞いた気がした。


「いじわるしてごめんな…人が来ちゃうよな」

放心した眼の斎藤と向き合い、もう限界だった俺は、斎藤の中に入った。立っていられなくなったのか、ずるずると座り込んでしまった斎藤を追って、俺達は床で一つにまるまった。

図書室の窓から風が吹いてカーテンが揺れる。外では野球部の号令が聞こえた。
斎藤は何度も小さくあえぎながら「すき…」と呟いて、そのあとかすかな声で「だめ!…いく…」と言った。
二人は汗まみれで、斎藤の顔は涙に濡れていた。
高校最後の、夏休みだった。

作者 5-759
2008年09月25日(木) 22:45:10 Modified by n18_168




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。