Wiki内検索
一覧
連絡事項
09/06/10
ふみお氏の一身上の都合により、氏のSSはまとめから削除されました
あしからずご了承ください
最近更新したページ
最新コメント
FrontPage by 10月22日に更新したひと
SS一覧 by ヘタレS
6-548 by るんるん
FrontPage by 管理人
FrontPage by 7-139
タグ
(´・ω・) 1-108 1-130 1-180 1-194 1-213 1-24 1-247 1-286 1-311 1-32 1-362 1-379 1-46 1-486 1-517 1-639 1-644 1-654 1-76 2-112 2-15 2-163 2-178 2-185 2-219 2-220 2-360 2-457 2-489 2-49 2-491 2-493 2-498 2-539 2-545 2-587 3-114 3-120 3-128 3-130 3-142 3-149 3-151 3-186 3-240 3-295 3-304 3-382 3-389 3-552 3-560 3-619 3-635 3-644 3-68 4-112 4-113 4-119 4-136 4-156 4-158 4-181 4-199 4-213 4-418 4-468 5-102 5-158 5-192 5-230 5-233 5-238 5-254 5-265 5-271 5-275 5-285 5-321 5-372 5-378 5-413 5-422 5-436 5-438 5-454 5-50 5-516 5-544 5-596 5-612 5-630 5-635 5-637 5-714 5-73 5-754 5-759 5-772 5-79 5-808 5-813 5-818 5-825 5-831 5-913 5-918 5-922 6-301 6-356 7-163 7-189 7-206 7-228 7-259 7-269 7-306 7-358 7-380 7-381 7-401 7-465 7-547 7-577 7-615 7-624 7-642 7-647 7-672 7-677 7-711 7-720 7-721 8-111 8-114 8-126 8-16 8-167 8-194 8-20 8-21 8-219 8-231 8-235 8-239 8-258 8-267 8-294 8-328 8-338 8-349 8-354 8-367 8-371 8-380 8-382 8-389 8-453 8-455 8-456 8-460 8-463 8-467 8-468 8-501 8-517 8-532 8-553 8-559 8-568 8-575 8-581 8-587 8-604 8-620 8-646 8-665 8-670 8-692 8-729 8-732 8-740 8-757 8-758 8-762 8-775 9-102 9-124 9-219 9-225 9-230 9-257 9-283 9-29 9-301 9-304 9-34 9-40 9-44 9-5 9-59 9-65 9-69 9-8 9-95 @台詞なし acter◆irhnk99gci coobard◆6969yefxi index 『彼女』の呼び声シリーズ ◆5z5maahnq6 ◆6x17cueegc ◆8pqpkzn956 ◆95tgxwtktq ◆csz6g0yp9q ◆dppzdahipc ◆f79w.nqny ◆ga4z.ynmgk ◆mhw4j6jbps ◆mz3g8qnie ◆q0jngalkuk ◆q2xbezj0ge ◆xndlziuark ◆zsicmwdl. 1スレ 2スレ 3スレ 4スレ 5スレ 7スレ 8スレ 9スレ お魚 かおるさとー かおるさとー◆f79w.nqny こたみかん◆8rf3w6pod6 さんじゅ じうご じぇみに。 にっぷし まら文太 アンドリュー家のメイド エロ ソラカラノオクリモノ ツンデレ ネコなカノジョシリーズ バレンタイン ファントム・ペイン ミュウマシリーズ リレー小説 縁シリーズ 球春シリーズ 近親 君の匂いをシリーズ 黒い犬シリーズ 時代物 従姉妹 書く人 小ネタ 人間は難しい 精霊シリーズ 短編 痴女 著作一覧 長編 通りすがり 電波 非エロ 微エロ 不機嫌系無口さんシリーズ 保守ネタ 埋めネタ 未完 無口でツンツンな彼女 無口で甘えん坊な彼女シリーズ 無口スレ住人 矛盾邂逅 幼馴染み 流れss書き◆63.uvvax. 籠城戦

短編@台詞なし(2)

今年はとても寒い。
例年は滅多に雪が降らないこの町でも、それなりの雪が積もった。
我が家でも早々に炬燵を出して、春がやってくるのを今か今かと温もりの中で待つ。
今日も小柄で無口な少女と二人で炬燵で温まって居た。
少女の小さな手が差し出される。
少女の手からオレンジ色を受け取り、丁寧に皮を剥いていく。
やがて丁度いい具合に熟れた果肉が顔を出す。
皮を剥き終えると再び小さな手が差し出され、その上に剥き終えたばかりの蜜柑を乗せてやる。
彼女はそれを口にいれるのかと思いきや、白く残った筋を一本一本丁寧に剥いていく。
丸裸にされたオレンジ色はひとつ、またひとつと解体されていく。
少女の小さな手が差し出される。
手の中には丁寧に解体された蜜柑の一房。
それを受け取ろうとすると、ひょい、と遠ざかる。
少女の顔をみると首をふりふりと横に振り、次に口をぱくぱくとして見せた。
なるほどと思い、口を開けて待つ。
少女の手から解体された果肉が口の中に放り込まれる。
咀嚼すると、確かな甘みと仄かな酸味が口の中に広がる。
嚥下し終わると、再び少女が蜜柑の一房を差し出す。
口を開けると、少女はまた首を横に振った。
訝しんでいると、手首を掴まれ、掌の上に蜜柑の一房を置かれた。
少女を見やると、口を小さく開けて待っている。

少女の口に蜜柑を入れてやる。
それを飲み込み、少女は満足そうに薄く微笑むと、再び蜜柑の一房を差し出してきた。
口を開けると、再び口の中に甘味と酸味が同時に広がる。
4つ目は少女へ。
5つ目は少女から。
6つ目は少女へ。
7つ目は少女から。
8つ目は少女へ。
最後に、一つだけ残った。
少女は何かを考えるような顔をして、それから何故か頬を染める。
少女の考えていることは何となく読めたが、可愛らしく頬を染める彼女を見て、あえて黙っておく。
少女は頬を染めたまま、最後の一つをおずおずと口へ運び、咥えた。
そして、咥えたままこちらへ擦り寄ってくると、潤んだ瞳でこちらを見上げる。
少女の顔が近づき、それにつられてこちらも近づけてしまう。
少女が咥えたままの蜜柑を咥え、軽く押し潰す。
果汁が口の中に広がるが、この甘味は蜜柑だけのものだろうか。
何時の間にか、互いに口の中に舌を差し込み、蜜柑の果汁と、お互いの唾液を啜りあっていた。
名残惜しく口を離すと、ほんの少しの間だけ橋が架かり、途切れる。
少女を抱きしめ、少女に抱きしめられる。
そうして今日も、春がやってくるのを今か今かと待つ。
小さな少女との温もりの中で。
2011年08月24日(水) 10:09:56 Modified by ID:uSfNTvF4uw




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。