Wiki内検索
一覧
連絡事項
09/06/10
ふみお氏の一身上の都合により、氏のSSはまとめから削除されました
あしからずご了承ください
最近更新したページ
最新コメント
FrontPage by 10月22日に更新したひと
SS一覧 by ヘタレS
6-548 by るんるん
FrontPage by 管理人
FrontPage by 7-139
タグ
(´・ω・) 1-108 1-130 1-180 1-194 1-213 1-24 1-247 1-286 1-311 1-32 1-362 1-379 1-46 1-486 1-517 1-639 1-644 1-654 1-76 2-112 2-15 2-163 2-178 2-185 2-219 2-220 2-360 2-457 2-489 2-49 2-491 2-493 2-498 2-539 2-545 2-587 3-114 3-120 3-128 3-130 3-142 3-149 3-151 3-186 3-240 3-295 3-304 3-382 3-389 3-552 3-560 3-619 3-635 3-644 3-68 4-112 4-113 4-119 4-136 4-156 4-158 4-181 4-199 4-213 4-418 4-468 5-102 5-158 5-192 5-230 5-233 5-238 5-254 5-265 5-271 5-275 5-285 5-321 5-372 5-378 5-413 5-422 5-436 5-438 5-454 5-50 5-516 5-544 5-596 5-612 5-630 5-635 5-637 5-714 5-73 5-754 5-759 5-772 5-79 5-808 5-813 5-818 5-825 5-831 5-913 5-918 5-922 6-301 6-356 7-163 7-189 7-206 7-228 7-259 7-269 7-306 7-358 7-380 7-381 7-401 7-465 7-547 7-577 7-615 7-624 7-642 7-647 7-672 7-677 7-711 7-720 7-721 8-111 8-114 8-126 8-16 8-167 8-194 8-20 8-21 8-219 8-231 8-235 8-239 8-258 8-267 8-294 8-328 8-338 8-349 8-354 8-367 8-371 8-380 8-382 8-389 8-453 8-455 8-456 8-460 8-463 8-467 8-468 8-501 8-517 8-532 8-553 8-559 8-568 8-575 8-581 8-587 8-604 8-620 8-646 8-665 8-670 8-692 8-729 8-732 8-740 8-757 8-758 8-762 8-775 9-102 9-124 9-219 9-225 9-230 9-257 9-283 9-29 9-301 9-304 9-34 9-40 9-44 9-5 9-59 9-65 9-69 9-8 9-95 @台詞なし acter◆irhnk99gci coobard◆6969yefxi index 『彼女』の呼び声シリーズ ◆5z5maahnq6 ◆6x17cueegc ◆8pqpkzn956 ◆95tgxwtktq ◆csz6g0yp9q ◆dppzdahipc ◆f79w.nqny ◆ga4z.ynmgk ◆mhw4j6jbps ◆mz3g8qnie ◆q0jngalkuk ◆q2xbezj0ge ◆xndlziuark ◆zsicmwdl. 1スレ 2スレ 3スレ 4スレ 5スレ 7スレ 8スレ 9スレ お魚 かおるさとー かおるさとー◆f79w.nqny こたみかん◆8rf3w6pod6 さんじゅ じうご じぇみに。 にっぷし まら文太 アンドリュー家のメイド エロ ソラカラノオクリモノ ツンデレ ネコなカノジョシリーズ バレンタイン ファントム・ペイン ミュウマシリーズ リレー小説 縁シリーズ 球春シリーズ 近親 君の匂いをシリーズ 黒い犬シリーズ 時代物 従姉妹 書く人 小ネタ 人間は難しい 精霊シリーズ 短編 痴女 著作一覧 長編 通りすがり 電波 非エロ 微エロ 不機嫌系無口さんシリーズ 保守ネタ 埋めネタ 未完 無口でツンツンな彼女 無口で甘えん坊な彼女シリーズ 無口スレ住人 矛盾邂逅 幼馴染み 流れss書き◆63.uvvax. 籠城戦

膝上が指定席・裏

 おまけ・裏

 首筋に舌を這わす従妹。
 上から落ちないように体を支えているつもりが、僕の手は彼女の腰に。
 そこ、弱いんだって。
 知ってて、やってるの?
 顔に尋ねると、悪戯っぽく笑う。
 このう、と頭を押さえると、や、と小さく抵抗する。
 知っててやってるなら、容赦しない。

 一旦は優しく、細やかな髪を撫でる。
 けれどすぐ彼女を横に寝かし直し、ぐっと顔を寄せる。
 口を唇で強引に塞ぐ。最初はつつくように、そして徐々に長いキスへ。
 左腕を枕にして、右手で彼女の小さな顔や上半身を、撫で回す。
 息が少し荒くなって、それでも息継ぎの後に、今度は舌を入れる。
 熱い。そして、背徳感。
 思わず気持ち半ばに、口内を犯すのを止めた。

 仰向きに戻って、呆然と天井を見つめる。
 そんな僕の手を、動かす二つの小さな手。
 人差し指の先に濡れたものが触れる。
 それは触れては離れを繰り返し、そして段々と、触れる時間が長くなる。
 やがて、まるで味わうように絡みだすのは、彼女の舌。
 物足りないの? 何も言わない。
 ただ、目が合わさった時、彼女の求めていることは、避けられない気持ちだと、気付く。

 僕は彼女をきつく抱き締めた。
 もう一度満足のいくまでキスをして、舌を湿らせる。
 自分と相手の興奮が、同じ方向へと向いていると知った時、二人は体を、肌を探り合い、またより深い心の奥を探り合う。
 トレーナーの中に手を突っ込むだけでは満足出来なくて、密着しながら脱がす。
 ひらひらのミニスカートはそのままに、今度は下半身へ。
 ゆっくり付け根の辺りに手を這わせ、そして筋をなぞる。
 息は荒い。
 トーンの高い息遣いが彼女。低いのが僕。

 カラータイツと下着を順に取り去り、僕もまた、服を脱ぐ。
 嫌? もう、止めてほしい?
 彼女は首を、健気に横に振るだけ。
 剥き出しの竿は見境無くも真上を差して、”繋がり”を待っている。
 まずは指で、少しだけ慣らす。
 直に触れる彼女の秘部は小さく、そして滑らか。
 徐々に感じ始めていたのか、切ない声が途切れ途切れ、漏れる。

 彼女もまた、本能からか僕の竿を手に取っていた。
 弄られる下半身に感じながら、包んで捏ねるような両手使い。
 若干の震え。
 抑えられない欲情が液となって先から零れて、竿をぬるぬると覆っていくのが分かる。
 それは彼女の手を汚しつつ、満遍なく塗り広げられていく。
 発作のような吐息。
 びくん、と彼女の体が痙攣し、そして脱力した。

 手前まで指を入れたところで、果てた彼女。
 大丈夫?
 しかし、僕を見る目は潤んでいて、それが絶対的に、やるせない。
 好きだよ。
 そして全部、自分のものに、してしまいたい。
 外から中まで、きっと、ずっと、好きになれる。

 きつい痛みは、どこか現実味がない。
 貫く時、彼女の声にならない悲鳴が、僕を責めた。
 けれど引き返す道は、もうない。
 愛撫をしながら、好きを囁きながら、何度も中を広げて、そこに挿す。
 無茶なことに必死になって、後がどうなるかも知らず、また顧みることも出来ない。
 それなりに入った辺りで、今度は上下に扱く。
 押し潰されそうな、竿と心。
 確かな快感と不確かに渦巻くたくさんの感情で飽和した、息苦しさ。

 やがて、込み上げてくるものを感じた。
 止めない。
 来い。
 !!
 熱い。
 何かが、弾けた。
 自分の竿から彼女の中に、熱は全てそこに奪われていくかのよう。

 ぐちゃぐちゃのままに、僕は彼女を抱き締める。
 何一つ拒否しないで、そして今も、彼女は僕を抱き締め返してくれている。
 もしかして? いや、違うよね。
 僕は、彼女の名前を呼ぶ。
 呼び捨てにされ、一瞬戸惑う。
 しかし、彼女は言葉の変わりに、僕の体を強く、ぎゅっと締める。
 好きだよ。
 もう一度、ぎゅっとされる。
 好きだよ。
 ぎゅっ。
 好き。
 ぎゅっ。
 好き。
 ぎゅっ。

 改めて彼女の顔を見ると、涙で汚れながらも、口元は緩んでいた。
 嬉しいの? どうして?
 しかし答は、唇で返してくる。
 短いキスと、嬉しそうな吐息。
 何故こんなにも、大人を知っているんだろう。
 え? まだしばらくこうしていてほしい?
 勿論良いよ。僕も、そう思っていたから。
 そしてまた、抱き締める。

 愛らしい彼女は、今僕にとっては絶対無二の、子。
 けれど唯一、足りないものがある。
 どうしても、その言葉を聞きたい。
 僕には全てを受け入れて、体を許してくれる彼女。
 何度も確認したけど、偽りはないようにしか見えない。
 ただ言葉では、まだ彼女の本当の気持ちを、聞いていない。
 どうしたら?
 僕は、すべすべの肌を余さず、小さな胸も自分にしっかり押し付けて、足を絡めた。
 そして、これ以上ないくらいの思いをぶつけるように、強く抱いてみた。

 思わず気持ちが詰まって、軽く溜息が出た。
 すると彼女は、涙が出そうな僕の目元から頬に、撫で下ろすように触れた。
 視線が合わさって、それは何故か今更ピュアな、甘酸っぱい感情を呼び起こす。
 何?
 その時、彼女は僕に、どんな幸せよりも幸せなものをくれた。
「すき」
2011年08月24日(水) 10:31:51 Modified by ID:uSfNTvF4uw




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。