Wiki内検索
一覧
連絡事項
09/06/10
ふみお氏の一身上の都合により、氏のSSはまとめから削除されました
あしからずご了承ください
最近更新したページ
最新コメント
FrontPage by 10月22日に更新したひと
SS一覧 by ヘタレS
6-548 by るんるん
FrontPage by 管理人
FrontPage by 7-139
タグ
(´・ω・) 1-108 1-130 1-180 1-194 1-213 1-24 1-247 1-286 1-311 1-32 1-362 1-379 1-46 1-486 1-517 1-639 1-644 1-654 1-76 2-112 2-15 2-163 2-178 2-185 2-219 2-220 2-360 2-457 2-489 2-49 2-491 2-493 2-498 2-539 2-545 2-587 3-114 3-120 3-128 3-130 3-142 3-149 3-151 3-186 3-240 3-295 3-304 3-382 3-389 3-552 3-560 3-619 3-635 3-644 3-68 4-112 4-113 4-119 4-136 4-156 4-158 4-181 4-199 4-213 4-418 4-468 5-102 5-158 5-192 5-230 5-233 5-238 5-254 5-265 5-271 5-275 5-285 5-321 5-372 5-378 5-413 5-422 5-436 5-438 5-454 5-50 5-516 5-544 5-596 5-612 5-630 5-635 5-637 5-714 5-73 5-754 5-759 5-772 5-79 5-808 5-813 5-818 5-825 5-831 5-913 5-918 5-922 6-301 6-356 7-163 7-189 7-206 7-228 7-259 7-269 7-306 7-358 7-380 7-381 7-401 7-465 7-547 7-577 7-615 7-624 7-642 7-647 7-672 7-677 7-711 7-720 7-721 8-111 8-114 8-126 8-16 8-167 8-194 8-20 8-21 8-219 8-231 8-235 8-239 8-258 8-267 8-294 8-328 8-338 8-349 8-354 8-367 8-371 8-380 8-382 8-389 8-453 8-455 8-456 8-460 8-463 8-467 8-468 8-501 8-517 8-532 8-553 8-559 8-568 8-575 8-581 8-587 8-604 8-620 8-646 8-665 8-670 8-692 8-729 8-732 8-740 8-757 8-758 8-762 8-775 9-102 9-124 9-219 9-225 9-230 9-257 9-283 9-29 9-301 9-304 9-34 9-40 9-44 9-5 9-59 9-65 9-69 9-8 9-95 @台詞なし acter◆irhnk99gci coobard◆6969yefxi index 『彼女』の呼び声シリーズ ◆5z5maahnq6 ◆6x17cueegc ◆8pqpkzn956 ◆95tgxwtktq ◆csz6g0yp9q ◆dppzdahipc ◆f79w.nqny ◆ga4z.ynmgk ◆mhw4j6jbps ◆mz3g8qnie ◆q0jngalkuk ◆q2xbezj0ge ◆xndlziuark ◆zsicmwdl. 1スレ 2スレ 3スレ 4スレ 5スレ 7スレ 8スレ 9スレ お魚 かおるさとー かおるさとー◆f79w.nqny こたみかん◆8rf3w6pod6 さんじゅ じうご じぇみに。 にっぷし まら文太 アンドリュー家のメイド エロ ソラカラノオクリモノ ツンデレ ネコなカノジョシリーズ バレンタイン ファントム・ペイン ミュウマシリーズ リレー小説 縁シリーズ 球春シリーズ 近親 君の匂いをシリーズ 黒い犬シリーズ 時代物 従姉妹 書く人 小ネタ 人間は難しい 精霊シリーズ 短編 痴女 著作一覧 長編 通りすがり 電波 非エロ 微エロ 不機嫌系無口さんシリーズ 保守ネタ 埋めネタ 未完 無口でツンツンな彼女 無口で甘えん坊な彼女シリーズ 無口スレ住人 矛盾邂逅 幼馴染み 流れss書き◆63.uvvax. 籠城戦

苺(仮題)

どうして、こんなことになったんだろうか?
泣きそうな顔をした苺に押し倒されてぼんやりと思う。

「啓くん…」

滅多に言葉を発しない口から漏れたのは、俺の名前。
そして、その唇が俺に重ねられる。
そう、触合うだけの、幼稚とも言える、キス。

この細い体のどこに、俺を押し倒すような力があったのか?
それともこれは、いつも伝えようとして口にできなかった気持ちの力なのか?
とにかく、抵抗しようという考えさえも、奪われてしまった。

唇を重ねたまま、苺は制服のボタンに手を掛け、羞恥に顔を染めながら、ブラさえも外す。
桃色の頂点が視界に入る頃、ようやく苺は唇を離した。
「苺、お前何を考えて…!?」
言葉は最後まで続かなかった。
苺はその華奢すぎる手で、俺の手を掴み、そして自らの膨みに押しつけた。
「…ぁ、あたしのこと、嫌いにならないで…!!」

消え入りそうな声で言いながら、俺の手の形を変えていく。
小柄な体躯に合わない、大きく、形の良い膨みが、醜くゆがんでいく。
「ちょ…っ!!苺、やばいからやめろ…!!」

己の欲望が形になっていくのを感じた。
「…ぁ」
そして、その感触は苺にも伝わる

反則だと思った。
なんで、こんなに、こいつは嬉しそうに、幸せそうに、無邪気に微笑むんだろう。

この微笑をズタズタにしてやろうかとさえ考えてしまう。

「自業自得だからな」
「…っ!?」
苺の肩を掴み、一気に引寄せ、そして床に押しつけた。
折れない程度に加減して両手を片手で括り、耳朶の溝をを、舌でなぶった。
途端に苺の表情が、恐怖に染まる。
そう、もっとその顔を見せて欲しい。
「ぃゃ…!!」
絞り出すような拒絶の声も、嗜虐心をあおる。

「どうして、あんなことしたんだよ?」
空いている手で、苺の体をなぞっていく。
その度に、苺の体はビクリと反応し、目にたまっていた涙がボロボロと落ちた。

「ゃぁあっ!!啓くん…っ」
「言えよ」
「っふぁ…!!ゃめ…」
「ったく、いやがる言葉だけは言えるのかよ?」

業をにやして、スカートの中に手を伸す。
苺の抵抗が激しくなるが、力任せに押さえこんだ
「……の」
下着の中に指が入り、硬い蕾をこじあけている最中に苺が呟く。
「だって…、ほ、保守して欲しかったんだもん」

作者 2-220
2008年01月20日(日) 11:51:07 Modified by n18_168




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。