Wiki内検索
一覧
連絡事項
09/06/10
ふみお氏の一身上の都合により、氏のSSはまとめから削除されました
あしからずご了承ください
最近更新したページ
最新コメント
FrontPage by 10月22日に更新したひと
SS一覧 by ヘタレS
6-548 by るんるん
FrontPage by 管理人
FrontPage by 7-139
タグ
(´・ω・) 1-108 1-130 1-180 1-194 1-213 1-24 1-247 1-286 1-311 1-32 1-362 1-379 1-46 1-486 1-517 1-639 1-644 1-654 1-76 2-112 2-15 2-163 2-178 2-185 2-219 2-220 2-360 2-457 2-489 2-49 2-491 2-493 2-498 2-539 2-545 2-587 3-114 3-120 3-128 3-130 3-142 3-149 3-151 3-186 3-240 3-295 3-304 3-382 3-389 3-552 3-560 3-619 3-635 3-644 3-68 4-112 4-113 4-119 4-136 4-156 4-158 4-181 4-199 4-213 4-418 4-468 5-102 5-158 5-192 5-230 5-233 5-238 5-254 5-265 5-271 5-275 5-285 5-321 5-372 5-378 5-413 5-422 5-436 5-438 5-454 5-50 5-516 5-544 5-596 5-612 5-630 5-635 5-637 5-714 5-73 5-754 5-759 5-772 5-79 5-808 5-813 5-818 5-825 5-831 5-913 5-918 5-922 6-301 6-356 7-163 7-189 7-206 7-228 7-259 7-269 7-306 7-358 7-380 7-381 7-401 7-465 7-547 7-577 7-615 7-624 7-642 7-647 7-672 7-677 7-711 7-720 7-721 8-111 8-114 8-126 8-16 8-167 8-194 8-20 8-21 8-219 8-231 8-235 8-239 8-258 8-267 8-294 8-328 8-338 8-349 8-354 8-367 8-371 8-380 8-382 8-389 8-453 8-455 8-456 8-460 8-463 8-467 8-468 8-501 8-517 8-532 8-553 8-559 8-568 8-575 8-581 8-587 8-604 8-620 8-646 8-665 8-670 8-692 8-729 8-732 8-740 8-757 8-758 8-762 8-775 9-102 9-124 9-219 9-225 9-230 9-257 9-283 9-29 9-301 9-304 9-34 9-40 9-44 9-5 9-59 9-65 9-69 9-8 9-95 @台詞なし acter◆irhnk99gci coobard◆6969yefxi index 『彼女』の呼び声シリーズ ◆5z5maahnq6 ◆6x17cueegc ◆8pqpkzn956 ◆95tgxwtktq ◆csz6g0yp9q ◆dppzdahipc ◆f79w.nqny ◆ga4z.ynmgk ◆mhw4j6jbps ◆mz3g8qnie ◆q0jngalkuk ◆q2xbezj0ge ◆xndlziuark ◆zsicmwdl. 1スレ 2スレ 3スレ 4スレ 5スレ 7スレ 8スレ 9スレ お魚 かおるさとー かおるさとー◆f79w.nqny こたみかん◆8rf3w6pod6 さんじゅ じうご じぇみに。 にっぷし まら文太 アンドリュー家のメイド エロ ソラカラノオクリモノ ツンデレ ネコなカノジョシリーズ バレンタイン ファントム・ペイン ミュウマシリーズ リレー小説 縁シリーズ 球春シリーズ 近親 君の匂いをシリーズ 黒い犬シリーズ 時代物 従姉妹 書く人 小ネタ 人間は難しい 精霊シリーズ 短編 痴女 著作一覧 長編 通りすがり 電波 非エロ 微エロ 不機嫌系無口さんシリーズ 保守ネタ 埋めネタ 未完 無口でツンツンな彼女 無口で甘えん坊な彼女シリーズ 無口スレ住人 矛盾邂逅 幼馴染み 流れss書き◆63.uvvax. 籠城戦
(´・ω・)(1) 1-108(2) 1-130(2) 1-180(2) 1-194(2) 1-213(2) 1-24(2) 1-247(2) 1-286(4) 1-311(2) 1-32(3) 1-362(2) 1-379(3) 1-46(2) 1-486(2) 1-517(1) 1-639(1) 1-644(1) 1-654(2) 1-76(2) 2-112(1) 2-15(1) 2-163(3) 2-178(1) 2-185(1) 2-219(1) 2-220(1) 2-360(1) 2-457(1) 2-489(1) 2-49(1) 2-491(1) 2-493(1) 2-498(1) 2-539(1) 2-545(6) 2-587(1) 3-114(1) 3-120(1) 3-128(1) 3-130(1) 3-142(1) 3-149(1) 3-151(1) 3-186(1) 3-240(1) 3-295(1) 3-304(1) 3-382(1) 3-389(1) 3-552(1) 3-560(1) 3-619(1) 3-635(1) 3-644(1) 3-68(1) 4-112(2) 4-113(2) 4-119(2) 4-136(2) 4-156(2) 4-158(2) 4-181(4) 4-199(2) 4-213(2) 4-418(1) 4-468(1) 5-102(2) 5-158(2) 5-192(2) 5-230(2) 5-233(2) 5-238(2) 5-254(2) 5-265(2) 5-271(2) 5-275(2) 5-285(2) 5-321(9) 5-372(2) 5-378(2) 5-413(2) 5-422(2) 5-436(2) 5-438(2) 5-454(2) 5-50(2) 5-516(2) 5-544(2) 5-596(2) 5-612(3) 5-630(2) 5-635(2) 5-637(2) 5-714(2) 5-73(2) 5-754(2) 5-759(2) 5-772(2) 5-79(2) 5-808(2) 5-813(2) 5-818(2) 5-825(2) 5-831(16) 5-913(2) 5-918(2) 5-922(2) 6-301(1) 6-356(1) 7-163(1) 7-189(2) 7-206(1) 7-228(1) 7-259(1) 7-269(1) 7-306(1) 7-358(2) 7-380(1) 7-381(1) 7-401(1) 7-465(1) 7-547(1) 7-577(1) 7-615(2) 7-624(2) 7-642(2) 7-647(2) 7-672(2) 7-677(2) 7-711(2) 7-720(2) 7-721(2) 8-111(2) 8-114(2) 8-126(1) 8-16(2) 8-167(2) 8-194(2) 8-20(1) 8-21(1) 8-219(2) 8-231(2) 8-235(2) 8-239(2) 8-258(2) 8-267(2) 8-294(2) 8-328(2) 8-338(2) 8-349(2) 8-354(2) 8-367(2) 8-371(2) 8-380(2) 8-382(1) 8-389(2) 8-453(2) 8-455(2) 8-456(2) 8-460(2) 8-463(2) 8-467(2) 8-468(4) 8-501(2) 8-517(3) 8-532(2) 8-553(2) 8-559(2) 8-568(2) 8-575(2) 8-581(2) 8-587(2) 8-604(2) 8-620(2) 8-646(2) 8-665(2) 8-670(2) 8-692(2) 8-729(2) 8-732(2) 8-740(2) 8-757(2) 8-758(2) 8-762(2) 8-775(2) 9-102(2) 9-124(4) 9-219(1) 9-225(2) 9-230(3) 9-257(1) 9-283(1) 9-29(2) 9-301(2) 9-304(1) 9-34(2) 9-40(6) 9-44(2) 9-5(2) 9-59(2) 9-65(2) 9-69(2) 9-8(2) 9-95(3) @台詞なし(6) acter◆irhnk99gci(4) coobard◆6969yefxi(4) index(6) 『彼女』の呼び声シリーズ(6) ◆5z5maahnq6(3) ◆6x17cueegc(6) ◆8pqpkzn956(2) ◆95tgxwtktq(3) ◆csz6g0yp9q(2) ◆dppzdahipc(2) ◆f79w.nqny(2) ◆ga4z.ynmgk(2) ◆mhw4j6jbps(1) ◆mz3g8qnie(16) ◆q0jngalkuk(4) ◆q2xbezj0ge(8) ◆xndlziuark(4) ◆zsicmwdl.(2) 1スレ(39) 2スレ(35) 3スレ(38) 4スレ(19) 5スレ(82) 7スレ(40) 8スレ(65) 9スレ(42) お魚(3) かおるさとー(2) かおるさとー◆f79w.nqny(24) こたみかん◆8rf3w6pod6(13) さんじゅ(3) じうご(6) じぇみに。(2) にっぷし(1) まら文太(2) アンドリュー家のメイド(1) エロ(52) ソラカラノオクリモノ(3) ツンデレ(1) ネコなカノジョシリーズ(8) バレンタイン(2) ファントム・ペイン(8) ミュウマシリーズ(4) リレー小説(7) 縁シリーズ(14) 球春シリーズ(3) 近親(7) 君の匂いをシリーズ(1) 黒い犬シリーズ(2) 時代物(2) 従姉妹(2) 書く人(4) 小ネタ(64) 人間は難しい(4) 精霊シリーズ(2) 短編(1) 痴女(1) 著作一覧(161) 長編(3) 通りすがり(2) 電波(1) 非エロ(157) 微エロ(11) 不機嫌系無口さんシリーズ(15) 保守ネタ(10) 埋めネタ(3) 未完(1) 無口でツンツンな彼女(2) 無口で甘えん坊な彼女シリーズ(8) 無口スレ住人(6) 矛盾邂逅(1) 幼馴染み(18) 流れss書き◆63.uvvax.(2) 籠城戦(2)
タグ検索で小ネタ64件見つかりました。
前の20件  1  2  3  4  次の4件
膝枕の彼女(仮題)
目が覚めた。 どうやらいつの間にか眠っていたらしい。 「・・・・・・・・・おはよう」 聞きなれたか細い声がした。そちらへ目を向けると、 春の優しい日差しに照らされた見慣れた彼女の顔と、真っ青な空。 そこで男は自分が膝枕をされている事に気が付いた。 「・・・・・・おはよう」 恥かしくなって起き上がろうとしたが、彼女の手が男の頭を 幸せそうに撫でているので起き上がる事が出来ない。 しばらく彼女の好きなままにしていると、ボソリと呟く。 「・・・・・・時間・・・・・・止まればいいのに・・・・・
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%c9%a8%cb%ed%a4%... - 2008年01月20日更新
幼馴染の彼女(仮題)
 「俺の子供を産んでくれないか」 プロポーズのつもりで彼女の手を握り、瞳を見つめた。 あまりに唐突だったせいか、彼女の動揺は手に取るように明らかだった。 幼い頃からいつも一緒だった。家が隣で同い年だった俺たちは兄妹と間違われるほど一緒にいた。 口数の少ない彼女は 時に残酷な子供たちの標的になった。 泣きじゃくる彼女を背に、年上の大きな少年を相手に大立ち回りを演じたこともあった。 幼稚園、小学校。俺の隣か後ろに必ず彼女がいた。 気の合う同性の友人にも恵まれたはずなのに、彼女が俺から離れること
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%cd%c4%c6%eb%c0%... - 2008年01月20日更新
彩花(仮題)
「……や」 「ああ、何だ。入ってたのか」 「ん」 「ん、じゃ俺は先に身体を…待て貴様一体どうやって侵入した」  一日の締めは熱い風呂に限る。  そういつものように浴室に入ると、幼馴染の彩花さんがバスタオル一枚で待ち構えておられました。 「これで」  と、何事でもないように銀色の鍵をちらつかせる彩花殿。  …正直うちの両親にはもう少し思慮のある行動を望みたい。無駄とはわかっているのだけれども切実に。 「…で、何故ここに?」 「お風呂、一緒」  What? 「洗いっこ」  …( ゚д
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%ba%cc%b2%d6%a1%... - 2008年01月20日更新
裾をつまむ彼女(仮題)
「だから!先約入ってんだって!勘弁してくれよ!」 ある日曜日の早朝のこと、一人の青年が携帯電話に向かってなにやら怒鳴っている。 「しつこ過ぎるっつーの!こっちは一週間前からだっての!」 その電話口の論争を眺める少女がいた。 凛とした黒髪を肩まで伸ばし、対照的な白のワンピースで着飾っている。 「あー!もう!だから違うって!明日でいいだろ……って…切りやがった…。」 ぼやきながら携帯電話を閉じる青年の服の裾をいつのまにか隣にいた少女が引っ張っる。 「……行けないの…?」 泣きそ
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%bf%fe%a4%f2%a4%... - 2008年01月20日更新
生徒会の無口な面々(仮題)
「「「「…………」」」」 無言の重圧、キツい、正直キツい 「……俺がなにかしたか?」 292は問いかける、生徒会の面々に、 「「「「…………」」」」 が、返ってきたのはまたしても無言、何故か冷や汗が背中を伝う。 ――まずい、なんか知らないが非常にまずい。 第六感が警告を告げる、ここに居るとやばいぞ、と。 「あー……用事なさそうだから俺は帰るよ」 そう言い、後ろにある扉に向かって歩きだそうとしたら 「待て」 「待って」 「待ちなさい」 「待ってください」 制止の言葉がかけられる。
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%c0%b8%c5%cc%b2%... - 2008年01月20日更新
朝の挨拶
………………。 ………。 ぴくっ。 「おーい」 たったったった……。 ぴと。 「おっと」 ぎゅ。 「うん。おはよう。今日は大丈夫?」 こくこく。 「じゃあ行こっか」 くいくい。 「ん?忘れ物?」 ふるふる。 「じゃあ、オンブ?」 ……。っふるふる。 「今、いいなとか思った?」 ぼ。 「顔、赤いよ?」 ぽかっぽかっぽかっ。 「あはは、ごめんごめん」 ぐいっ。 「わっ」 どてっ。 「いたた…なにす、」 ちゅ。 「………」 ………。 「…言ってくれればしゃ
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%c4%ab%a4%ce%b0%... - 2008年01月20日更新
饒舌な彼女(仮題)
二人はおしゃべりでいつも賑やかなバカップル 毎日のように喧嘩もするけどすぐ仲直り。 でも今回ばかりは許せない。 本気で怒った彼女は、彼氏にちょっとした復習を思いつく。 TVでやっていた催眠術の特番。 これで彼氏を黙らせてしまおう!と。 さすがに完璧にしゃべれないのはかわいそうだと思った彼女は、 一日に一言だけならOKと自己流にアレンジを加えた。 そして翌日。 彼氏に催眠術をかけていたはずの彼女は、 目の前のろうそくの明かりが…… …………だんだん……霞んで…きて… しゃべりた
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%f1%c1%c0%e5%a4%... - 2008年01月20日更新
膝の上の彼女(仮題)
 二人でベンチに腰を下ろし、私は彼を見た。 「………………」  彼の所望はきっと膝枕。きっとそうだ。 「……?」  ぽんぽんと膝をたたきながら首をかしげてみる。  が、どうやら違うらしい。 「……」  ふるふると首を振り、彼はじっと私を見る。 「…………」  前からハグ? 「……ん?」  両手を伸ばし、また首を傾げてみる。  が、どうやらこれもまた違うらしい。 「…………」  ふるふると首を振り、彼はまたじっと私を見る。  ええい、どうしたいって言うのよっ――と、聞けたらどれ
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%c9%a8%a4%ce%be%... - 2008年01月20日更新
無口な彼女と無口な彼氏(仮題)
 彼と彼女の間に会話という手段ない、お互いの目を見て、手を触れて お互いを感じれば通じる、だから言葉などいらない。  授業終了の鐘と共に彼女は彼の前に現れた、軽くはにかみながら手にはお弁当。  彼も照れながら受けとると弁当箱を広げる、彼の笑顔が広がった。  彼の前の席を陣取り彼女は輝かしいばかりの目で彼の食事を見守る。  卵焼き、彼はそれを頬張ると彼女に親指を立てて感想を告げる、彼女は歓喜で だらけきった顔、彼は次々と弁当を平らげ、空っぽになった弁当箱を彼女に見せる。  この間クラスは無音
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%cc%b5%b8%fd%a4%... - 2008年01月20日更新
無口コンバットZERO
知っているか? 無口さんは3つに分けられる 滅多に喋らない子 普段無表情な子 人見知りする子 この3つだ あの子は―−たしかに無口だった 「・・・・・・ゅ?」 彼女は妖子 俺の相棒となる女性 「・・・・・・だいすき」 そして彼女の言葉で物語りの幕は上がる 「・・・・・・あれはゆきのふるさむいひだった・・・・・・」 ---- 作者 [[3-142]]
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%cc%b5%b8%fd%a5%... - 2008年01月20日更新
誤解する彼女(仮題)
「だから誤解だって。コンタクト一緒に探して、そのお礼されてただけだって」 「・・・本当?」 「なんでそこまで疑うんだ?どうしたら信用してくれる?」 「・・・してくれたら信じる・・・」 「え?」 「・・・えっちしてくれたら信じる・・・」 「・・・分かったよ。じゃあ夜な」 「駄目・・・今すぐ・・・」 「え?いや、さすがに昼間からは・・・おい!服脱ぐな!」 「やだ・・・我慢・・・できない・・・」 ---- 作者 [[3-130]]
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%b8%ed%b2%f2%a4%... - 2008年01月20日更新
佳奈(仮題)
昼休み終了のチャイムの音が聞こえたため、俺は渋々体を起こした。 「くぅ〜………ふぁ」 現在地は屋上、当たり前だが外にある。 しかし、意外と今の季節でも、昼寝が出来る暖かい場所があるのだ。 「くっー……」 体を大きく伸ばす、ここで俺はようやく、 「なにやってるんだ?佳奈」 俺の方をじっと見ていた俺の彼女の存在に気が付いた。 で、その問いを受けた佳奈は何故か赤面し、何も言わずに顔を逸らす。 「………………」 「………………」 問いに答えが返ってこないため、会話が繋がらず、沈黙が間を支配
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%b2%c2%c6%e0%a1%... - 2008年01月20日更新
双子な彼女(仮題)
 沈黙が落ちていた。   ベッドサイドに腰掛けた俺の前には、双子の少女。  そっくりの子顔、流れるような黒髪を肩の辺りで切りそろえている姿など、  揃いの日本人形を思わせる。  同じように無口で、先ほどから一言も発していないのも相俟って、  俺に、人形遊びをしているような、倒錯的な感覚を覚えさせた。  ただし、二人とも浮かべている表情は豊かで、それでいて正反対だ  右側の少女は俺の膝を無理やりに開き、目を細めてにこにこと笑っていて、  左側の少女は頬を真っ赤に染めながら視線をそらしているが
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%c1%d0%bb%d2%a4%... - 2008年01月20日更新
メタな彼女
 彼女は何も言わない。  ただ、その頬は窓から差し込む夕日より赤くしている。  彼女の目の前には、SSを書き終えて、疲れたためベッドで眠っている>>534がいる。  彼女は、深呼吸して、その上に静かに乗る。  目が覚める>>534。 「ん……な、なにやってんだ。降りろよ>>537子……」  彼女は持ってきていたスケッチブックに文字を書き込む。 『駄作乙www 』  >>534は、一瞬きょとんとした。だが、悪魔のように嗤った。 「そうか」
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%a5%e1%a5%bf%a4%... - 2008年01月20日更新
背中の彼女(仮題)
ふと外を見る。 豪雨、といってもいいような勢いで雨が降っている。 そのせいか、夏――暦の上では秋だが――なのに気温は肌寒いくらいだ。 「ん……」 まぁ、そんな寒さも彼女が俺の背中に抱きついてきているおかげで、たいして感じないが。 「はぁ……いつもいつも、暇さえあれば、俺に抱きつくのはやめろよ」 「……いや?」 「別にいやではないけどな」 というか、すこし話ずれるが自分の好きな人に抱きつかれるのが嫌いな人とかいるのか? 「……なら、いいでしょ」 そういい、先ほどより強く抱きついてくる。
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%c7%d8%c3%e6%a4%... - 2008年01月20日更新
猫な彼女(仮題)
俺は呆然と目の前に立つ彼女を見つめていた。 彼女の顔なんて毎日見ているから今更凝視する必要なんてないのだが、 今日は別だ。 「……私の顔に…何か付いてる?」 「いや、顔には特になにも…」 確かに顔にはご飯粒が付いてるわけではない。 ただ…頭に… 「あのさぁ、何その格好?」 「………猫」 だよなぁ。 彼女の頭上に小さな三角形の耳があった。おしりには細長い茶色い 尻尾がある。 もちろんコスプレ用のパーティーグッズなんだろうけど。 「…こういうの……嫌い?」 「いや、嫌いじゃない。
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%c7%ad%a4%ca%c8%... - 2008年01月20日更新
積極的な彼女(仮題)
太陽のせいで無駄に暑い中オレ達はクーラーのおかげで涼しい部屋でごろ寝中。 「暇だねぇ」 俺の右腕を枕代わりにしている彼女に呟いた。 「……そうだね」 「かといってこのまま寝て過ごすのもなぁ。せっかくの休日だし」 「……出かける?」 「暑いから嫌だ」 俺も返答に彼女は困った表情をする。 「………じゃあどうするの?」 「何かこの有意義な休日に持って来いなものはないのかね?」 「…あるよ」 彼女は自身満々(これでも一応)に答えた。 俺としてはこの暇な時間を潰すことが出来ればそれでいい。
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%c0%d1%b6%cb%c5%... - 2008年01月20日更新
機械音痴な彼女(仮題)
兄「あー! 何やってんだよ!」 妹「……?」 兄「わからないのに勝手に人のパソコンをいじるなよ」 妹「……」 兄「待て、だからっていきなり電源落とすな! テレビ消すのとは全然違うんだ」 妹「……」 兄「いや、確かに使った後はきちんと電気を消せと親父にも言われてるけど」 妹「……」 兄「じゃあ問題ないね、って大有りだ! うおっ、コンセント引っこ抜くなっ! 壊れたらどうすんだ!」 妹「…………」 兄「あ、わ、悪い。急に大声上げて……わわっ、泣くなよ、別に怒ってるわけじゃないんだ、その、」
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%b5%a1%b3%a3%b2%... - 2008年01月20日更新
有無を言わさない彼女(仮題)
「……する」 いきなり、唐突に、彼女が言った 「待て、なにをする気だ」 俺の質問に答えず、服をするすると脱ぎはじめ 俺は彼女がなにしようとしているのか理解した 「待て待て、俺はする気ない、ってかまだ昼前だし」 「……私がしたい」 いや、だから俺の意見を聞け 「我慢しろよ、あと八時間ぐらい」 「……無理」 そんなことを言っている間に、彼女は服を脱ぎ終わり、一糸纏わぬ姿になり 「……する」 「拒否する」 「……却下」 「駄目だ」 「……やだ」 「無理」 彼女は、少し考えこみ、
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%cd%ad%cc%b5%a4%... - 2008年01月20日更新
文字当てゲームの彼女(仮題)
ポンポン 弱々しいながらも気付ける範囲に叩かれて振り向くと 「・・・・・・」 無口な幼なじみがひとり。 といってもこの場には俺を含めて二人しかいないわけだが。 「ん?どうした?」 「・・・背中・・・向けて・・・」 最低限聞き取れる声の言われるがままに背中を向けたのち、 「んで?」 と問えば、 「・・・文字・・・当てて・・・」 と人差し指を出しながら答えた。 なるほど、よくわからんが文字当てゲームをやろうとしてるらしい。 さして断る理由もないので 「よし、来い!」 と威勢よく言
https://seesaawiki.jp/w/n18_168/d/%ca%b8%bb%fa%c5%... - 2008年01月20日更新
前の20件  1  2  3  4  次の4件



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。