日本の周辺国が装備する兵器のデータベース


▼2010年12月29日に行われた第248戦隊のアジュタント級4隻と「中字」型戦車揚陸艦2隻の退役式典の写真([8]より)


性能緒元
満載排水量375t
全長43.9m
全幅8.5m
全幅2.4m
主機ゼネラル・モーターズ社製 GM 8-268Aディーゼルエンジン4基(880hp) 2軸
速力13kts
航続距離2,500nm/12kts
乗員30〜35名(うち士官6名)

【兵装】
近接防御エリコン20mm機関砲1基
掃海用装備係維掃海具1基
Mk5/6型磁気掃海具1基
Mk4型音響掃海具1基

【電子装備】
航海レーダーDecca 7071基
ソナー(機雷探索用)UQS-1DもしくはQCU-21基

アジュタント級沿岸掃海艇(MSC)はアメリカ戦後第一世代の沿岸掃海艇である。同形艦105隻が建造され、その多くが西側諸国に供与されている[1]。

台湾では1955年から1970年にかけて14隻のアジュタント級を導入、同級は台湾海軍の掃海艇部隊の主力を構成していた[2]。艦名には共通して「永」から始まる名が付与された事から「永字号」級とも呼ばれた。これは他の台湾海軍の掃海艇と共通した艦名の付け方であった。

アジュタント級は磁気を帯びない様に木製船体を採用しており、良好な消磁性を有していた[2]。ただし、船体の歪みによりスクリューのシャフトが変形、機関が故障するトラブルがしばしば発生した事から1984年から「復永計画」と称する改修が施されたが状況は改善せず、海軍内部では「寿山艦隊」と揶揄された(寿山は高雄市近郊にある丘陵地。寿山が見える範囲内でしか航海できないとの意が含まれている)[2]。

1990年代に入り、永豐型掃海艇(MWW-50型)永陽級掃海艦(アグレッシブ級/MSO-422型)といった掃海艇の導入が行われると、アジュタント級の退役が進んでいった。1996年までに10隻が退役し、現在も台湾海軍で運用されているのはUQS-1D型ソナーを搭載した4隻(MCS-158/162/167/168)に留まっている。これらの艦は、一括して左営を母港とする海軍第192艦隊(水雷艦隊)隷下の第248戦隊(1992年1月1日に236戦隊から改称)に配備されていた[7]。

【2011年1月14日追記】
2010年12月29日、台湾海軍のアジュタント級の中で最後まで在籍していた4隻(MCS-158/162/167/168)が退役式を行い現役を退いた[7]。

【永平級艦名一覧】[2]〜[6]
艦名(発音)艦番号旧艦名竣工台湾海軍への就役日と艦歴。
1番艦永平(Yung-Ping)MSC-155旧MSC-1401952年12月20日竣工1955年6月4日就役。1975年11月16日退役。
2番艦永安(Yung-An)MSC-156旧MSC-1231953年9月26日竣工1955年6月4日就役。1990年9月1日退役。
3番艦永年(Yung-Nien)MSC-157旧MSC-2271958年6月30日竣工1955年6月4日就役。退役。
4番艦永川(Yung-Chuan)MSC-158旧MSC-2781959年8月1日竣工1959年6月10日就役。2010年12月29日退役[7]。
5番艦永新(Yung-Hsin)MSC-159旧MSC-3021964年2月29日竣工1965年3月5日就役。退役。
6番艦永吉(Yung-Chi)MSC-160旧MSC-3001955年竣工1965年3月5日就役。1983年11月退役。
7番艦永楽(Yung-Le)MSC-161旧MSC-3061965年10月23日竣工1966年6月10日就役。退役。
8番艦永福(Yung-Fu)MSC-162旧MSC-771952年5月20日竣工1970年3月5日就役。2010年12月29日退役[7]。
9番艦永清(Yung-Ching)MSC-163旧MSC-101→ベルギー海軍Eekloo(M-911)[5]1952年8月9日竣工1970年3月5日就役。1983年11月退役。
10番艦永善(Yung-Shan)MSC-164旧MSC-631952年7月8日竣工1970年3月5日就役。退役。
11番艦永城(Yung-Cheng)MSC-165旧MSC-78→ベルギー海軍Maaseick(M-913)[5]1952年6月30日竣工1970年3月5日就役。1990年9月1日退役。
12番艦永済(Yung-Chi)MSC-166旧MSC-152→ベルギー海軍Charleroi(M-917)[6]1952年6月30日竣工1970年2月19日就役。1990年9月1日退役。
13番艦永仁(Yung-Ren)MSC-167旧MSC-64→ベルギー海軍St. Nicholas(M-918)[5]1952年竣工1970年2月19日就役。2010年12月29日退役[7]。
14番艦永綏(Yung-Sui)MSC-168旧MSC-65→ベルギー海軍Diskdmude(M-920)[5]1953年4月4日竣工1970年2月19日就役。2010年12月29日退役[7]。

【参考資料】
[1]近代世界艦船事典「Adjutant.アジュタント」
[2]中国軍艦博物館「MSC: 155 永平/ 156 永安/ 157 永年/ 158 永川/ 159 永新 160 永吉/ 161 永樂/ 162 永福/ 163 永清/ 164 永善 165 永城/ 166 永濟/ 167 永仁/ 168 永綏」
[3]Jane's Fighting Ships 2009-2010(Stephen Saunders (編) /2009年6月23日 /Janes Information Group)794頁。
[4]Jane's Fighting Ships 1980-1981(Captain John E. Moore, RN (Jane's Publishing Company, London, 1980)436頁。
[5]Wikipedia「ベルギー海軍艦艇一覧」
[6]www.belgian-navy.be - Portail「M917 Charleroi」
[7]Yahoo!奇摩部落格 中華台湾福爾摩沙国防軍「海軍永川、永福、永仁及永綏軍艦今走入歷史」(2010年12月29日)
[8]Yahoo!奇摩部落格 中華台湾福爾摩沙国防軍「中肇、中治軍艦光榮五十載 寫下篇篇史頁」(2010年12月29日)

台湾海軍

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます