日本の周辺国が装備する兵器のデータベース


▼「武進2号」改装を受けた「萊陽(DD-920)」。1993年の写真。

▼上の写真は「雲陽(DD-927)」、下は「正陽(DD-928)」。いずれも「武進3号」改装実施後の写真。



▼アメリカ海軍に就役直後のギアリング級。


性能緒元
満載排水量3,540t
全長119.0m
全幅12.4m
主機GE蒸気タービン 2軸(60,000馬力)
速力30kts
巡航速力15kts
乗員275名

【兵装】「武進3号」改装艦
対空ミサイルRIM-66艦対空ミサイル「スタンダードSM-1MR」/ 連装/3連装発射筒2基/2基(合計10)
対艦ミサイル「雄風2型」艦対艦ミサイル/ 4連装発射筒1基
対潜ミサイルRUR-5A対潜ロケット「アスロック」 / Mk112 8連装発射機1基
魚雷Mk36 mod5 324mm短魚雷 / Mk32 3連装発射管2基
オットー・メララMk75 62口径76mm単装砲1基
近接防御Mk15 ファランクス Block1 20mmCIWS1基
 ボフォース70口径40mm単装機関砲2基
 12.7mm重機関銃4〜6基
搭載機MD-500/ASW対潜ヘリコプター1機

【電子兵装】「武進3号」改装艦
2次元対空レーダーシグナールDA081基
水上捜索レーダーレイセオンSPS-101基
火器管制レーダーシグナールSTIR(SM-1MR/76mm砲用)1基
 ウェスティングハウスW-160(40mm機関砲用)1基
光学照準装置シグナールLION Mk21基
戦闘システムハネウェル/中山科学院 H-930MCS1基
航海レーダー 1基
TACAN航法装置SRN151基
EMS/EMC装置長風III型(ヒューズSLQ-17/SLQ-31)1基
チャフ発射機CR-201 16連装発射機4基
ハル・ソナーSQS-23H1基

第二次大戦末期に建造されたアメリカ海軍の艦隊型駆逐艦で、1971〜1983年にかけて計14隻が台湾に引き渡された。台湾に引き渡された時点でアメリカ海軍の手により全艦FRAM改装が施されていたが(富陽、當陽はFRAM-II、その他はFRAM-I)台湾海軍では、これらの艦に「武進1号」「武進2号」「武進3号」と呼ばれる大規模な近代化改装を順次施していった。最も規模の大きい「武進3号」改装では、対空能力の強化を目的として「スタンダードSM-1MR」艦対空ミサイルの運用能力が付与された。台湾海軍はギアリング級の内7隻に対して「武進3号」近代化改装を行い、ミサイル駆逐艦に区分できるレベルの兵装に一新され海軍の艦艇区分もDDからDDGに変更された。しかし艦齢が50年を越え老朽化が進んだことにより徐々にリタイアが進み、2005年11月26日に最後まで残っていた瀋陽が退役した。「武進3号」改装艦に搭載されていた各種の兵装は他の艦艇に移設されることになり、SM-1MRのシステム一式は済陽級フリゲイト(ノックス級)に、FCS、W-160火器管制レーダー、「雄風2型」艦対艦ミサイル発射筒、76mm単装砲は錦江型ミサイル艇の一部に搭載されている。

なお綏陽は1998年8月3日、演習で給油訓練を行っている時に給油管の閉鎖不良から火災が発生し、7名が死亡する事故を起こしている。

富陽(FuYang)DD-907旧Ernest G. Small(DD-838)1945年8月就工1971年7月1日年台湾海軍就役。「武進1号」改装を受け1980年5月17日現役復帰。1999年12月16日退役。
當陽(DangYang)DD-911旧Lioyd Thomas(DD-764)1947年5月就工1972年10月12日台湾海軍就役。「武進2号」改装を受け1980年5月現役復帰。1999年3月16日退役。
建陽(ChienYang)DD-912旧James E. Kyes(DD-787)1946年2月就工1973年4月18日台湾海軍就役。。「武進3号」改装を受け1988年現役復帰。退役。
漢陽(HanYang)DD-915旧Herbert J. Thomas(DD-833)1945年5月就工1975年台湾海軍就役。「武進2号」改装を受け1978年11月現役復帰。退役。
萊陽(LaiYang)DD-920旧Shelton(DD-790)1946年6月21日就工1973年4月18日台湾海軍就役。「武進2号」改装を受け1980年現役復帰。1999年3月16日退役。
遼陽(LioaYang)DD-921旧Hanson(DD-832)1945年5月11日就工1973年台湾海軍就役。「武進3号」改装を受け1991年5月7日現役復帰。退役。
瀋陽(ShenYang)DD-923旧Power(DD-839)1945年10月26日就工1977年台湾海軍就役。「武進3号」改装を受け1991年5月現役復帰。2005年11月26日退役。
開陽(KaiYang)DD-924旧Richard B. Anderson(DD-786)1945年9月13日就工1977年8月31日台湾海軍就役。「武進2号」改装を受け1980年1月3日現役復帰。退役。
陽(TeYang)DD-925旧Sarsfield(DD-837)1945年7月31日就工1977年10月1日台湾海軍就役。「武進3号」改装を受け1987年12月20日現役復帰。退役。
綏陽(SuiYang)DD-926旧Leonard F. Mason(DD-852)1946年6月28日就工1978年3月10日台湾海軍就役。「武進1号」改装を受け1984年現役復帰。退役。
雲陽(YunYang)DD-927旧Hamner(DD-718)1946年7月11日就工1981年4月台湾海軍就役。「武進3号」改装を受け1986年現役復帰。退役。
正陽(ChengYang)DD-928旧Johnston(DD-821)1946年10月10日就工1981年7月台湾海軍就役。「武進3号」改装を受け1986年現役復帰。退役。
邵陽(ShaoYang)DD-929旧Hollister(DD-788)1946年5月26日就工1983年7月9日台湾海軍就役。「武進3号」改装を受け1990年12月26日現役復帰。退役。
資陽(TseYang)DD-930旧Hawkins(DD-873)1945年2月10日就工1983年7月9日台湾就役。「武進」改装は実施せず。退役。

【参考資料】
[1]Jane’s Fighting Ships 2007-2008(Jane’s Information Group)749頁。
[2]世界の艦船別冊 中国/台湾海軍ハンドブック 改定第2版(2003年4月/海人社)122〜123頁。
[3]世界の艦船増刊第33集 (1992.NO.448) 世界の大型水上戦闘艦120〜121頁。
[4]Global Security
[5]中國軍艦博物館「DD/DDG:907富陽 911當陽 912建陽 915漢陽 920萊陽 921遼陽 923瀋陽 924開陽 925陽 926綏陽 927雲陽 928正陽 929邵陽 930資陽」

台湾海軍

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます