日本の周辺国が装備する兵器のデータベース




079型揚陸艦は1970年代から建造が開始された中型LMS型揚陸艦。NATOコードはYulian class(ピンイン式発音だとユーリェン。玉連と表記される事が多い)

079型は1970年代に北ベトナムが中国に中小型揚陸艦の建造を求めた事に端を発する。要求では搭載量200〜250tクラスで速力は12〜15Kts、簡易な構造で信頼性の高い設備を有し、大量建造に適した揚陸艦である事が求められた。079型の設計は1971年から上海の708研究所で行われ、1973年には設計作業が完了した。1番艦の建造は広州黄埔造船廠で行われ、1974年5月に起工、1976年7月22日に進水した。しかしベトナム戦争停戦後に中国と北ベトナムとの関係に変化が生じたため、079型を北ベトナムに供与する話は頓挫し中国軍向けに建造される事になった。1番艦は1976年12月〜1977年1月にかけて揚陸試験を実施して良好な揚陸・離岸性能を証明し、搭載能力が高く建造は容易で経済性に優れた艦であると評価された。ただし荒天時の航行には支障があり速力が低い事は問題視された。

079型は低コストで調達し得る良好な性能を有する中型揚陸艦であると判断され、主に中国沿海島嶼部や中国が実効支配している中沙諸島や南沙諸島(スプラトリー諸島)での輸送任務に当てられる事が決定された。建造は広州黄埔造船廠や廈門造船廠で行われた。1972年〜1978年にかけて黄埔造船廠で建造された27隻は079型、1979年〜1983年にかけて廈門造船廠で建造された改良型は079-II型と命名されている。合計31隻(艦番号#957〜988)が1972年から1983年の間に建造され、全て南海艦隊に配備された。079型の一部は旧式化に伴って現役を退いている。

079型の基本的なスペックは以下の通り。基準排水量730t、満載排水量833.4t、全長60.3m、全幅10m。機関は6300Zcディーゼル(600hp)2基。最高速力は14kts、航続距離1,000海里で連続7日間の航海が可能。発電用に12V135Ca-1ディーゼルエンジン(450hp)2基も装備されている。艦の乗員は60名。079型は、海岸に直接ビーチングして艦首扉から物資や車両の積み下しを行う。艦内には車両甲板があり、以下の様な装備の搭載が可能。

1)63A式水陸両用戦車(WZ-213)など5輌
2)野戦トラックなど8輌
3)85mm野砲もしくは対戦車砲4門+牽引用トラック4輌
4)戦車1個小隊(3輌)と兵員250名
5)貨物200t

074型は、自衛用に61式25mm連装機関砲を4基搭載している。一部の艦は、25mm機関砲の他に対地攻撃用の81H型122mm40連装ロケット発射機を搭載する。

性能緒元
基準排水量730t
満載排水量833.4t
全長63m
全幅10m
主機6300Zc ディーゼル(600馬力)2基×2軸
速力14kts
乗員60名

【搭載部隊】
戦車63式水陸両用戦車など5輌
トラック8輌
85mm対戦車砲+牽引用トラック4門+4輌
兵員1個中隊250名
積載貨物  200t

【兵装】
近接防御61式25mm連装機関砲4基
ロケット砲81H型122mm40連装ロケット発射機1基(一部の艦)

【電子装備】
レーダー航海レーダー1基
 水上捜索用レーダー1基

同型艦
1番艦079型  957広州黄埔造船廠で建造、1976年進水南海艦隊所属
2番艦079型汾河Fen-He958広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
3番艦079型  959広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
4番艦079型  960広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
5番艦079型泉河 961広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
6番艦079型  962広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
7番艦079型  963広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
8番艦079型  964広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
9番艦079型  965広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
10番艦079型  966広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
11番艦079型  967広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
12番艦079型  968広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
13番艦079型  969広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
14番艦079型  970広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
15番艦079型  971広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
16番艦079型  972広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
17番艦079型五指山Wuzhishan973広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
18番艦079型莲花山 974広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
19番艦079型岚河 975広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
20番艦079型  976広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
21番艦079型定军山Dingjunshan977広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
22番艦079型  978広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
23番艦079型伊河 979広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
24番艦079型清河 980広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
25番艦079型  981広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
26番艦079型  982広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
27番艦079型  983広州黄埔造船廠で建造南海艦隊所属
28番艦079-II型  984廈門造船廠で建造、1979年進水南海艦隊所属
29番艦079-II型  985廈門造船廠で建造南海艦隊所属
30番艦079-II型泗河Si-shu986廈門造船廠で建造南海艦隊所属
31番艦079-II型  987廈門造船廠で建造南海艦隊所属

【参考資料】
Chinese Defence Today「Type 079 (Yulian Class) Medium Landing Ship」
Global Security「Yulian-class Landing Craft Utility Type 79」
中国武器大全「玉連級(079II)中型登陸艦」

中国海軍

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます