日本の周辺国が装備する兵器のデータベース


▼DAS2012防衛展示会で公開されたCG
外部リンク

性能緒元
排水量4,500t
全長140m
全幅
主機CODAD 2軸
 MTU製ディーゼルエンジン(型式名不明) 4基
速力28kts
航続距離
乗員

【兵装】
対空ミサイル対空ミサイル用VLS32セル
対艦ミサイル4連装対艦ミサイル発射筒2基
対潜ロケット87式250mm6連装対潜ロケット発射機(FQF-3200)2基
魚雷YU-7 324mm短魚雷/B515 324mm3連装魚雷発射管2基
PJ-26 60口径76.2mm単装砲1基
近接防御730型30mmCIWS2基
搭載機対潜ヘリコプター搭載機数不明

【電子兵装】
3次元対空レーダー2405B(フレガートMAE-5)1基
対空/水上レーダー346型(MR-36A)1基
火器管制レーダーMR-90(Front Dome)SAM用2基
 MR-331(Band Stand)SSM/砲用1基
 344型(MR-34)SSM/砲用1基
チャフ/フレア発射装置726-4型18連装デゴイ発射機2基
ソナー
衛星通信用レドーム1基
注:搭載装備名はCGからの推測

4500トン級駆逐艦は、中国軍系の兵器輸出企業である保利集団公司が各国に提案中の輸出向け新型駆逐艦[1]。2012年4月、マレーシアの首都クアラルンプールで開催されたDAS2012防衛展示会でその存在が明らかにされた[1]。同艦の型式名は公開されていないので、本稿ではその排水量から仮に「4500トン級駆逐艦」と表記する。

【船体】
4500トン級駆逐艦のサイズや艦形は、中国海軍が整備を進めている054A型フリゲイトに似ており、同級をタイプシップとして設計が行われた可能性がある。船体は本格的なステルス対策が施されており、対レーダー・ステルスのために傾斜船型とされており、上部構造物は逆方向に傾斜させるため艦首から艦尾まで全通するナックル・ラインを設けている。

船体中央に中央船楼部を配置しているのは054A型と同じだが、上部構造物の配置にはいくつかの変更点が確認できる。主な変更箇所は以下の通り[1]。
後部マスト054A型では煙突と一体化していた後部マストをヘリコプター格納庫直前に移動
艦対艦ミサイルの搭載箇所054A型では前部マストと煙突の間だったのが、煙突と後部マストの間に配置換え
CIWSの搭載箇所054A型では、730型CIWSを上部構造物中央部の左右両舷に配置していたが、4500トン級では艦橋直前の第二甲板とヘリコプター格納庫上部に配置。CIWSの射撃可能範囲が拡大し、特に艦の前後からの飛来目標への対応能力が向上したと思われる

排水量4500トン、全長140mの船体には、4基のMTU製ディーゼルエンジン(型式名不明)が搭載されており最高速力28ktsを発揮する[1]。

【兵装・電子装備】
4500トン級駆逐艦の兵装について、公式に明らかにされているのは下記の内容[1]。
艦対艦ミサイルQuad SSM launchers2基
艦対空ミサイルQuad VLS units4基
76mm gun1門
近接防御7-barrel 30mm CIWS2基
魚雷torpedo launchers2基

具体的な兵装の名称は明らかにされていないが、DAS2012防衛展示会で公開されたCGを参照するとSSMはC-802、SAMはYL-200(HQ-16の輸出名称[2])、76mm砲はPJ-26、CIWSは730型、魚雷はYU-7型324mm短魚雷になると思われる。また、兵装表には挙げられていないが、CGでは艦首部に対潜ロケット発射機2基(87式250mm6連装対潜ロケット発射機と推測される)が装備されている。船体後部にはヘリコプター格納庫と発着甲板があり、CGではZ-9C対潜ヘリコプターが描かれている[1]。

電子装備に関しては、CGから推測すると、前部マスト頂部に2405B三次元対空レーダー(露フレガートMAE-5のコピー)1基、後部マスト頂部に346型Xバンド対空/対水上捜索レーダーが搭載されている。艦橋上部の344型(MR-34)レーダーとは砲の管制を、同じくMR-331(Band Stand)火器管制レーダーはSSM/砲の管制と水上目標の探知を行う。YL-200艦対空ミサイルの管制に使用されるMR-90(Front Dome)イルミネーターは、CGでは2基が装備されている。これは4基のMR-90を搭載する054型の半分の数であり、同時誘導可能なHQ-16ミサイルの数が少なくなってしまうが、その意図は不明。このほか、対艦ミサイルに対する防御用にチャフ発射機2基が装備されている。

【今後の展望】
保利集団公司では、大型艦艇から小型艇まで幅広いラインナップを揃えて国際市場への売込みを図っている。4500トン級駆逐艦はその中でも最大級の艦艇の地位を占めている。ただし、大型艦艇のため価格も相応のものになると見られ、各国の同クラスの水上戦闘艦との競争を制して輸出が実を結ぶか今後の展開が注目される所。

【参考資料】
[1]Navy Recognition「Chinese Company Poly Technologies showcased several new ship designs for export at DSA 2012」(2012年4月29日)
[2]平可夫「054A導弾護衛艦出口」(『漢和防務評論』2012年6月号)32頁

中国海軍

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます