日本の周辺国が装備する兵器のデータベース




726型エアクッション揚陸艇は、2007年末にインターネット上に写真が公開されたことでその存在が確認された新型エアクッション揚陸艇[2][6]。NATOコードネームは「YUYI class」[3]。本艇は071型ドック型揚陸艦(ユージャオ型/玉昭型)への搭載を意図して開発された[1]。一番艇は2009年12月に進水[1]。2010年7月段階で2隻が就役済み、2隻が建造中とされる[1]。

中国ではこれまでも、724型722-II型といったエアクッション型揚陸艇を開発・運用してきたが、これらは小型で搭載量に限界があり、装甲車両の輸送は困難であった。今回確認された新型艇は、アメリカのLCAC(Landing Craft Air Cushion)に相当するエアクッション揚陸艇であり、LCACと同様に主力戦車などの重車両の揚陸能力を有する。本艇の開発では航空機の技術が広く使用されており、装備の90%以上が航空機分野に由来するものであるとされる[4]。726型の設計はLCACを大いに参考にしており、その外観は類似した所が多い。ただし、艦橋部が左舷に位置しているのはLCACとは反対。また、LCACは、ガスタービン排気口を左右に旋回させてスラスターとして横移動を行うことが可能であるが、726型の排気口は固定式のためこの様な能力は有していない。

【LCACとの性能比較】[6]
726型LCAC
排水量170t(最大)151/165t(満載/最大)
全長33m26.8m
全幅16.8m13.3m
車両甲板長28.8m20.4m
車両甲板幅7.2m8.24m
主機QC-70(7,000hp)2基TF-40B(3430hp)4基
速力40kts前後40kts
航続距離200nm200nm
乗員5名5名
搭載重量60t(最大)55/68t(設計/最大)

726型は全長、全幅、排水量ではLCACよりもサイズが大きいが、エアクッション艇の場合重量増はホバリングに必要な推力が増えてしまうために、物資搭載能力の面では不利に働く。そのため最大搭載重量は726型が8t少ない[6]。車輌甲板の面積は全長では726型が8.4m長く、幅は1.04m狭くなっている[6]。船体中央部には全通式の車輌甲板があり、甲板の前後にランプを備えている。最大搭載重量は60tであり、96式戦車であれば1輌、軽車輌やトラックであれば4輌程度の搭載が可能[6]。通常は非武装であるが、必要に応じて右舷前方に機関銃1挺を装備する事ができる。726型が搭載される071型ドック型揚陸艦は艦内のウェルドックに最大4隻の726型を載せる能力を有している。

従来の中国の両用作戦部隊では、直接海岸にビーチングして戦車を揚陸させるか、揚陸艦に搭載した63A式水陸両用戦車(WZ-213/ZTS-63A)などの水陸両用車両を洋上発進させていたが、前者は揚陸艇のビーチングが可能な揚陸地点が限られ、後者の水陸両用車両は水上速力が10km/h前後と低速であり、装甲の薄いこれらの車両を上陸までの長時間敵の砲火の元に曝さなければならない危険性が存在した。上陸地点の水深に左右されず、平坦な地形であれば海岸線を越えて内陸まで高速で重車両を輸送できる能力を有する本艇の登場は、中国の両用戦闘部隊の能力を大きく改善する物である。

2010年6月30日、アデン湾における海賊対処任務に従事するために052B型駆逐艦「海口」と071型ドック型揚陸艦「崑崙山」から編制される第六次中国海軍派遣艦隊が派遣されたが、「崑崙山」は艦内のウェルドックに小型高速艇2隻と726型エアクッション揚陸艇1隻を搭載していることが報じられた[1][4]。エアクッション揚陸艇は小型高速艇と共に、特殊部隊や臨検隊を乗せて哨戒活動や臨検を実施することが想定されており、9月2日にはアデン湾での最初の護衛任務に従事して2時間に渡り70海里の航程で警戒任務を行っている[5]。

性能緒元
排水量170t(最大)
全長33m
全幅16.8m
車両甲板長28.8m
車両甲板幅7.2m
主機QC-70ガスタービンエンジン(7,000hp)2基、ダクテッド.ファン2基
速力40kts
航続距離200nm
乗員5名

【搭載能力】
搭載重量60t
戦車96式戦車1輌
軽車輌/トラック4輌

【兵装】
近接防御12.7〜14.5mm単装重機関銃1基

▼上陸演習に参加する726型

▼ビーチに上陸する726型

▼戦車を1輌搭載する726型

▼726型の操縦室。目前の艦は071型ドック型揚陸艦


【参考資料】
[1]世界の艦船2010年9月号(海人社)27、171頁
[2]China Air and Naval Power (2007年12月31日)"New Chinese LCAC"
[3]Jane's Fighting Ships 2009-2010(Stephen Saunders (編) /2009年6月23日 /Janes Information Group)155頁。
[4]中華民国国防部公式サイト「中国海军新型气垫艇首次亮相深蓝」(2010年7月5日)
[5]新浪網「我海军气垫艇在亚丁湾海域巡逻护航」
[6]謝立「中国海軍新型気墊登陸艇」『現代艦船』2010-10A/現代艦船雑誌社)23〜27頁

【関連事項】
071型ドック型揚陸艦(ユージャオ型/玉昭型)
中国海軍

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます