日本の周辺国が装備する兵器のデータベース


▼F-5E



▼F-5F



F-5E性能緒元
空虚重量4,392kg
全長14.69m
全幅8.13m
全高4.16m
エンジンJ85-GE-21 A/B 2,260kg ×2
最大速度M1.6
巡航速度693km/h
戦闘行動半径700km
上昇限度15,590m
武装M39A2 20mm機関砲×2(各280発)
 AIM-9サイドワインダー空対空ミサイル
 「天剣1型」赤外線誘導空対空ミサイル(TC-1)
 各種爆弾/ロケット弾等3,180kg
乗員1名

F-5E/FタイガーIIはF-5A/Bフリーダムファイターの発展改良型だ。F-5Aは簡素なジェット戦闘機として多くの国で採用され好評を博していたが、東側の戦闘機がMiG-17やMiG-19からMiG-21へと能力が高まっていく中で、F-5Aにもその能力向上が求められるようになった。アメリカ空軍はIFA(国際戦闘航空機)計画で新型供与用戦闘機の開発をメーカーに求め、1970年11月にノースロップF-5-12が採用されてF-5EタイガーIIの制式名称が与えられた。

F-5Eは機首とコックピット周りはF-5Aのものを基本とし、それ以外の胴体は構造を一新した。エンジンにはパワーアップ版のJ85-GE-21を装備し、より大きな空気流入量を確保するため胴体側面のインテイクを拡大している。また後部胴体側面にルーバー式のインレットも増設した。F-5Eは当然重量が増加したが翼面荷重をF-5Aと同等に維持するために、主翼は中央翼部で43.3cm拡げて翼面積を増加した。また主翼付け根前縁長(LEX)部も拡大した。主翼端増槽は廃止され、AIM-9の専用搭載ステーションとなった。F-5Eの最も大きな変化はレーダー火器管制システムの装備である。とはいっても機体の大きさや価格を考えると高級なレーダーは装備できない。そこで採用されたのがエマーソンAN/APQ-153であった。このレーダーはシステム重量僅か50kgという極めて小型のもので、Iバンドを使う空対空戦用のレーダーである。従って地形回避やグラウンド・マッピング機能は持たないが、F-4サイズの目標ならば26km、F-5サイズの小型目標でも13km程度で探知できる。ルック・ダウン能力は有していない。

台湾は1973年からAIDC(航空工業開発センター:Aero Industry Development Center)でF-5E/Fのライセンス生産を開始した。この計画はピース・タイガーIと呼ばれて100機が生産され、その後引き続いてピース・タイガー2でE型47機、ピース・タイガー3でE型20機と複座のF型3機、ピース・タイガー4でE型15機とF型15機、ピース・タイガー5でE型30機とF型18機、ピース・タイガー6でE型30機とF型30機が生産された。1986年の生産終了までに合計E型242機とF型66機が台湾空軍に引き渡された事になる[1]。台湾での生産は当初は部品調達率9%でノックダウン生産に近いものであったが、最終的には47%の部品が台湾で生産されるようになった[1]。

台湾で生産されたF-5E/Fには蒋介石総統(大統領)の名である「中正」に因んで「中正号戦闘機」の名称が与えられた。

1980年代中頃からはF-5E/Fの対地攻撃能力を向上させる改修が行われた。この改修によってフィアー社製のグリフォF多モード・レーダーとAN/ALR-46(v)3レーダー警戒装置、AN/ALE-40(v)7チャフ・フレア・ディスペンサー、AN/AVQ-27レーザー目標指示器(F型のみ)を装備し、AGM-65マーベリック空対地ミサイルやペイブウェイIIレーザー誘導爆弾の運用が可能になった。引き続いて1998年からはタイガーIVに準じた近代化改修がAIDCにより提案された。レーダーをF-16MLUと同じAN/APG-66(v)に換装し、エアデータ・コンピューター、HUD、大型カラー・ディスプレイ、HOTASなどを導入した近代化F-5Eは台湾空軍に配備されているF-16に劣らない性能を持っている。このアップグレード案はTiger 2000と命名されたが、台湾空軍では未採用に終わった。

大量にライセンス生産された台湾のF-5E/Fは、防空専用戦闘機のF-104Gとタッグを組んで台湾の主力戦闘機として全土に展開していたが、台湾空軍は2007年にF-5E/Fを第一線任務から退役させることを決定した。退役した機体のほとんどはモスボール保管されているという。現在、台湾空軍のF-5E/Fは第737戦闘航空団の第7戦闘航空隊(転換訓練/アグレッサー部隊)と訓練開発センターに配備されている。台湾空軍では2010年頃までに全てのF-5Eを退役させる見通しを立てていたが、F-5E/Fの後継機となるF-16C/D戦闘機の導入が滞っているため2011年9月現在も運用が続いている。

(台湾空軍のF-5E/Fの事故・喪失記録)
1978年8月7日、F-5Eが墜落。
1981年8月8日、F-5Fが中国へ亡命し北京で展示された。
1981年9月25日、台北市大屯山地でF-5Fが墜落、パイロット2名が死亡。
1981年11月2日、屏東小琉球西南方海域でF-5Eが墜落。パイロット1名死亡。
1982年4月14日、台南市近海でF-5Eが墜落、パイロット1名死亡。
1982年11月22日、F-5Fが夜間飛行訓練から帰還中にマシントラブルで嘉義基地で墜落。パイロット1名死亡。
1985年12月17日、F-5EがT-CH-1練習機と空中衝突、練習機パイロットは死亡、F-5Eのパイロットも重症を負った。
1988年9月28日、F-5Eが宜蘭近海で哨戒飛行中に墜落。パイロット1名死亡。
1989年1月26日、志航基地所属のF-5Fが南垳路天池附近で墜落、パイロット2名死亡。
1989年2月11日、F-5Eが中国へ亡命し大破した。
1989年5月9日、台南基地所属のF-5Eが台南市近海で墜落、パイロットは脱出に成功。
1989年5月、F-5Fが澎湖馬公の外海で墜落、パイロット1名死亡。
1989年7月15日、桃園基地所属のF-5Fが桃園蘆竹鄉の水田に墜落、パイロット2名死亡。
1990年10月2日、台南基地所属のF-5Eが台南市近海で墜落、パイロットは脱出に成功。
1991年1月、F-5Eが墜落、パイロット1名は行方不明。
1991年5月24日、台南基地所属のF-5Eが離陸後エンジンに鳥を吸い込んで墜落、パイロット1名死亡。
1991年5月28日、台南基地所属のF-5Eが射撃訓練中にマシントラブルで屏東県佳冬戦備道附近で墜落、パイロット一名死亡。
1991年7月26日、嘉義基地所属のF-5Eが改修後の試験飛行中にマシントラブルが原因で雲林台西近海で墜落。パイロットは脱出に成功。
1992年5月28日、花蓮市近海でF-5Eが墜落。パイロット行方不明。原因不明。
1992年10月5日、澎湖島の外海でF-5Fが墜落。パイロット2名行方不明。原因は操作系統のトラブル。
1995年6月19日、台南基地のF-5Eが前輪故障で不時着、パイロットは生還。
1995年12月20日、台中市の外海でF-5Eが墜落。パイロット1名死亡。機械故障が原因。
1996年6月2日、志航基地所属のF-5Fが太平洋での偵察哨戒飛行中に行方不明。事故原因不明。
1997年9月30日、花蓮近くの山地で、F-5EとF-5Fが墜落。パイロット3名が死亡。原因不明。
1998年12月3日、台東市の空軍基地でF-5Fが墜落。パイロット2名が死亡。バードストライクが原因。
2001年10月5日、台東市外海でF-5Fが墜落。パイロット2名が行方不明。バーティゴが原因。
2003年10月12日、新竹市の外海でRF-5Eが墜落。パイロットは脱出し生還。エンジントラブルが原因と推測される。
2005年1月27日、志航基地所属のF-5Fが離陸前に滑走路を外れ、増倉が破損して燃料に引火、搭載していたAIM-9P4空対空ミサイルが誘爆して全損。パイロット2名は避難に成功。
2006年6月17日、F-5Fが台湾中部の嘉義県で訓練中に墜落し、パイロット1名が死亡、1名が重傷を負った。バードストライクが原因と推測される。
2006年8月28日、志航基地でF-5Fが墜落。パイロットは脱出に成功。
2007年5月11日、湖口台地区でF-5Fが墜落。パイロット2名が死亡。
2009年7月15日、澎湖島の外海でF-5Fが対地攻撃訓練中に墜落、パイロット2名が死亡。
2011年9月14日 宜蘭近郊の山地上空でF-5FとRF-5E偵察機が空中衝突。パイロット3名が死亡[5]

【参考資料】
[1]漢翔航空工業股份有限公司公式サイト「F-5E/F中正號戰鬥機 (1973〜1986)」
[2]Yahoo!奇摩部落格-中華台灣福爾摩沙國防軍「捍衛台灣領空超過30年--F-5E/F老虎二式(中正號)戰鬥機」(2007年4月6日)
[3]自由電子報「F5F戰機墜海 已尋獲屍塊」(2009年7月16日)
[4]Yahoo!奇摩部落格-中華台灣福爾摩沙國防軍「空軍F-5E/F戰機服役至今29件飛安意外 (修訂過)」(2007年5月16日)
[5]自由電子報「兩戰機失事 高華柱致歉」(2011年9月16日)

戦闘機年鑑2005-2006
世界航空機年鑑2005
AIDC公式サイト
Alert5
TaiwanAirPower.org
航空ファン
世界の傑作機
空軍世界
自由電子報

台湾空軍

<<Amazon Associate>>
世界航空機年鑑2005 出版社: 酣燈社
戦闘機年鑑(2005-2006) 青木 謙知 (著)/出版社: イカロス出版

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます