日本の周辺国が装備する兵器のデータベース


▼M41D軽戦車



M41A1軽戦車性能緒元
全長8.212m
車体長5.819m
全幅2.726m
重量23.496トン
速度72.42km/h
航続距離161km
エンジンコンチネンタル AOS-895-3 V6空冷スーパーチャージド・ガソリン 500hp
兵装M32 76.2丱薀ぅ侫詼ぁ1(65発)
 M2 12.7亠ヾ惱董1(600発)
 M1919A4 7.62亠ヾ惱董1(4900発)
装甲9.53〜38
乗員4名

M41D軽戦車性能緒元
全長8.2m
車体長5.8m
全幅2.72m
重量25トン
速度72km/h
航続距離450km
エンジン8V-71T 液冷スーパーチャージド・ディーゼル 405hp
砲俯仰角-10度〜20度
兵装M32K1 76.2丱薀ぅ侫詼ぁ1
 12.7亠ヾ惱董1(2,175発)
 T74 7.62亠ヾ惱董1(5,000発)
装甲
乗員4名

M41ウォーカー・ブルドッグ軽戦車は、M24軽戦車の後継として1946年からゼネラルモーターズで開発(生産はGMの系列会社キャデラック社が実施)された軽戦車である。アメリカ以外の西側諸国にも広く供与され、各型合計5,500両近くが製造された。台湾へのM41軽戦車の供与は1958年から開始され、最終的には700両を超えるM41シリーズが配備されることになり、陸軍と海兵隊に配備された。

台湾では1970年代初めからM41軽戦車を基にした軽戦車開発計画「神狗案」を立案し、1975年から「中華民国64年式軽戦車」として改修・生産を開始した。開発は台中市の戦車発展中心(Fighting Vehicles Development Center)で行われ、生産は同じく台中市の戦車司令部(Fighting Vehicles Command)で行われた。

車体、機関部は原型のM41A2/A3と同じであるが、より硬度の高い鋼板を使用し溶接方式にも改良を加え防御理力の向上を目指した。車体、砲塔には圧延鋼板製の追加装甲が付加され、砲塔内部の搭乗員の配置も台湾兵士の体格にあわせて変更された。主砲、12.7弌7.62亠ヾ惱討和耋儿饂困諒に換装され、車内の通信装置や電気系統も台湾製の物で一新された。射撃統制装置も近代化されている。さらに64式軽戦車の後期生産型は、台湾国産の新型射撃統制装置、レーザー測遠機、弾道計算機を搭載して命中精度をさらに向上させた。暗視装置は赤外線赤外線・白色光投光器だが、後期型にはパッシブ式暗視装置が搭載されたとの情報もある。NBC防御装置は未搭載。

1994年には台湾海峡を挟んだ中国との緊張が高まり、台湾陸軍では旧式化したM41A2/A3軽戦車の近代化改修により防衛力の強化を行うことを決定した。この「M41戦車性能提昇案」に基づいて13億新台湾ドルを投じて50両が近代化された。この車両はM41Dと呼ばれている。

主砲はM32の改良型のM32K1 76.2佶い亡港された。M32K1の口径は元のM32と同一だが、新型の多孔式マズルブレーキが装着され排煙機の位置も前寄りに変更された。APDS弾、M496 HEAT弾、WP弾、そしてM464 APFSDS弾の発射が可能であり、M464 APFSDS弾は距離1200mで250个龍兌噌殀弔魎喞眠椎宗M41Dは台湾国産の新型射撃統制装置、レーザー測遠機、弾道計算機、米TI社製CVTTS(Combat Vehicle Thermal Targeting System)赤外線暗視装置(有効視界1000m)を搭載して命中精度を大幅に向上させた。ただし砲安定装置は未搭載のため行進間射撃は出来ない。M41Dは、エンジンを台湾でライセンス生産されているデトロイト・ディーゼル8V-71Tディーゼルエンジン(405馬力)に、変速装置はアリソンCD-500-3(前進2段・後進1段)に換装された。これは台湾軍で使用しているM109A5 155mm自走榴弾砲などと同系統のものであり、部品の共通性を増す効果があった。改修により車体重量は25トンに増大したが、最高速度は原型と同じ72kmを維持し、航続距離は160kmから450kmに大幅に伸長されている。

砲塔両側面にはT85 666連装発煙弾発射機が搭載され、車体側面にはサイドスカートを装着、そのほかにエンジン煙幕放出装置が付加されるなど間接防御力の向上にも努めている。M41Dへの改修は1994年から開始され1996年までに50両が改修されたが、アメリカからのM60A3の調達が優先されたためその後の改修ペースは鈍い。64式軽戦車、M41Dの任務は、偵察や警戒護衛、攻撃支援、上陸部隊への反撃、対コマンド作戦、機動力が要求される山地部での作戦などが想定されている。

M41シリーズは1980年代には800両近くが配備されて台湾陸軍で最多の戦車となっていた。その後次第に数を減らしていくが、現在でも400両近くが配備されている。装甲、攻撃力共に旧式化しているが、近代化改修によって中国軍の59式戦車を正面から撃破でき、中国南方に多数配備されている62式、63式軽戦車には性能的優位を保っているため、なおしばらく配備が継続されるものと見られる。M41の後継車両としては、アメリカのM8軽戦車、アルゼンチンのTAM戦車などの名前が浮上したこともあったがいずれも実現しなかった。最終的には、現在開発中のCM32装輪装甲車「雲豹」に105仞鐚嵋い鯏觝椶靴神鐚峩鄰犒燭後継になるものと思われる。

【参考資料】
中華民国国防部公式Webページ
軍事大辞典
戦車研究所
M41D戦車性能提昇軍記者評為威鋼戦車
兵器装備網《軍事装備資料室》
Global Security

台湾陸軍

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます