Wiki内検索
メニューバーA
タグ
11-471 28-206 28-342 28-519 304 428 458 47 532 6-502 913 aa gbhs4w75 mspuqpiv pluto ピチピチ ◆1gx5q3ma8y ◆34ietljps6 ◆6gzt0d6rrc ◆8giervnano ◆9oq0gi8lfs ◆gtd5kcksn. ◆jhf0qdqssc ◆k1m2.fa0dm ◆nna2fui0zk ◆okpddn8iwc すいもう すずか すずか×アリサ なのは なのは×ティアナ なのは×フェイト なのはフェイトの娘 はやて はやて×すずか はやて×カリム アギト アクエリアス アリサ アリサ×すずか アリシア アルキメデス アルフ ウーノ ウェンディ エイミィ エリオ エロ オットー カリム キャロ キャロ×フェイト ギンガ ギンガ×フェイト クアットロ シグナム シグナム×ティアナ シャーリー シャッハ シャマル シャマル×キャロ スバル スピノザ セイン セッテ チンク ティアナ ティアナ×なのは ディード ディエチ デバイス トーレ トーレ×セッテ ドゥーエ ドクター ナカジマ家 ナンバーズ ノーヴェ バルディッシュ フェイト フェイト×なのは フェイト×ギンガ プレシア ヤンデレ ユーノ ユーノ×ロッサ ヨン◆h7y.esozi リインツヴァイ リイン初代 リンディ ルーテシア レイジングハート レティ ロッサ ヴィータ ヴィヴィオ ヴィヴィオ×なのは 或る捜査官 恭也 空気ブレイカー 高町家 鮫島 士郎 紫水 自作絵 修学旅行 宵月 八神家 非エロ 美由希 落ちはまだ未定 薔薇
最新コメント
最近更新したページ
フリーエリア
11-471(2) 28-206(13) 28-342(2) 28-519(2) 304(14) 428(1) 458(1) 47(3) 532(3) 6-502(2) 913(3) aa(1) gbhs4w75(2) mspuqpiv(6) pluto(1) ピチピチ(33) ◆1gx5q3ma8y(2) ◆34ietljps6(54) ◆6gzt0d6rrc(17) ◆8giervnano(1) ◆9oq0gi8lfs(3) ◆gtd5kcksn.(8) ◆jhf0qdqssc(55) ◆k1m2.fa0dm(10) ◆nna2fui0zk(2) ◆okpddn8iwc(2) すいもう(2) すずか(18) すずか×アリサ(4) なのは(356) なのは×ティアナ(1) なのは×フェイト(30) なのはフェイトの娘(5) はやて(81) はやて×すずか(1) はやて×カリム(1) アギト(4) アクエリアス(28) アリサ(23) アリサ×すずか(1) アリシア(1) アルキメデス(2) アルフ(6) ウーノ(2) ウェンディ(5) エイミィ(1) エリオ(1) エロ(96) オットー(2) カリム(9) キャロ(4) キャロ×フェイト(1) ギンガ(16) ギンガ×フェイト(3) クアットロ(5) シグナム(59) シグナム×ティアナ(2) シャーリー(3) シャッハ(2) シャマル(15) シャマル×キャロ(1) スバル(39) スピノザ(1) セイン(2) セッテ(4) チンク(12) ティアナ(59) ティアナ×なのは(1) ディード(3) ディエチ(1) デバイス(1) トーレ(4) トーレ×セッテ(2) ドゥーエ(4) ドクター(1) ナカジマ家(1) ナンバーズ(25) ノーヴェ(8) バルディッシュ(1) フェイト(339) フェイト×なのは(21) フェイト×ギンガ(3) プレシア(1) ヤンデレ(2) ユーノ(9) ユーノ×ロッサ(1) ヨン◆h7y.esozi(1) リインツヴァイ(9) リイン初代(2) リンディ(5) ルーテシア(1) レイジングハート(2) レティ(2) ロッサ(1) ヴィータ(45) ヴィヴィオ(75) ヴィヴィオ×なのは(5) 或る捜査官(12) 恭也(1) 空気ブレイカー(2) 高町家(1) 鮫島(1) 士郎(2) 紫水(1) 自作絵(12) 修学旅行(1) 宵月(2) 八神家(1) 非エロ(349) 美由希(1) 落ちはまだ未定(4) 薔薇(1)
タグ検索でアリサ23件見つかりました。
 1  2  次の3件
14-603
ん、なのは。……やっぱ、いい」 「ア、アリサちゃん!? ちょ、ちょっと、待って!」 電話の相手は、私がミッドに来る前の友人のアリサ・バニングス。海鳴に居たときの仲良し5人のうち、海鳴に残った一人だ。 用件も言わずに切ろうとするので、慌てて引き留める。 「いいって言ってるでしょ!」 「で、でも、話すことがあったんじゃ……」 「もう無いわよ!」 食い下がる私に、意地になって言い返すアリサちゃん。 なんだか海鳴に居た頃を思い出す、懐かしい情景。 電話越しに耳を叩く怒鳴り声に閉口しながらも
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/14%2d603... - 2008年06月03日更新
この温もりをただ抱きしめたくて-番外編
「でも、何で食べてくれないんだろう?アリサちゃん達を連れてきてみようかな…」 犬とかに詳しいし…。と私に向かって話す。 アリサというのは、いつもこの子が私の餌を持ってくるときに、何かと手伝ってもらっている子の事らしい。 相談にのったりしてもらっているのはいいが、ここに連れてこられたらまずいかもしれない。 その子がエクソシストである可能性もあるわけだ。 「ワゥン」 耳を伏せて、声を出す。 すると、怯えているのに気づいたのか、再び頭を撫でてくる。 「大丈夫だよ。怖くないから…」
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/%a4%b3%a4%ce%... - 2008年06月03日更新
ある日の情景
ップリングは確定してません。 登場人物はアリサ、なのは、ちょこっとすずか。 中学生設定で、アリサ視点の話です。 「ねえ、バニングスさんちょっと良いかな?」 今はガッコのお昼休み。 いつもは五人で取る食事も今日は私ひとり。 なのは、フェイト、はやてはお仕事。 すずかは風邪を引いてしまっている。 正直面白くない気分のところに面白くない連中。 当然の様に無愛想に返事を返す。 「ん?何?」 「あ、あの、ちょっと聞きたい事があって・・・・・」 こういう手合いは多い。 自慢するわけじゃないけど、私は学園トップ
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/%a4%a2%a4%eb%... - 2008年03月24日更新
将来の夢
6 寝ようと思ったときに限って妄想がw アリサすずかものです 「すずかー、将来の夢の作文何書いた」 「アリサちゃん、アリサちゃんたちとずっといれますようにって書いたよ」 「何よそれ、それは願いであって作文の趣旨とあってないわよ」 「じゃあ、アリサちゃんは何て書いたの」 「あたし?あたしはね  まずパパの経営する会社に入って  もちろんコネなんか使わずバニングス家の令嬢ではなく  アリサ・バニングスとしてね。  それから会社の中で業績を積んでいって  最終的には社長になってパパの会社を継
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/%be%ad%cd%e8%... - 2008年02月04日更新
12-793
て私の大好物のすずアリで・・・ 「アリサちゃん、最近なんだかアリすずっていうのが主流らしいよ」 「へ、へぇ、そうなんだ」 「まあ、私はアリサちゃんと一緒にいるだけで嬉しいんだけど、どうせだったら私は攻めたいかな? アリサちゃん、喘いでる時のアリサちゃんとか凄く可愛いし」 「/////わ、私も」 「私も、なに?」 「うぅ、わ、私も攻めるより・・・すずかに、攻められるほうが落ち着く・・・」 「アリサちゃん・・・」 「ちょ、ちょっとすずか!な、なに覆いかぶさってるのよ!?」 「違うよ、アリサちゃん。押し倒
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/12%2d793... - 2008年02月04日更新
8-644
憎まれ口を叩きながらも外気の寒さに震えたアリサ・バニングスは こたつに潜り込む、フェイトはその間に暖かいお茶とお茶菓子を準備してきていた。 ようやく温まったのかアリサはもそもそとカバンの中を探ると数冊のノートを取り出した。 「はい、コレが2日分のノート!で、こっちがテスト対策用にこの私が作ってあげたノートよ!  フェイトの苦手な国語系はさらに2冊分あるからせいぜい頑張りなさいよ」 アリサは捲くし立てるように一息で言い切ると満足したのか お茶に手をつける「あ、甘ッ!???」 その様子がなんだか可笑しくてフェ
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/8%2d644... - 2008年01月20日更新
年越し
夜の鐘が鳴り響く。  紅白を見終えた私とアリサちゃんはベッドに腰掛けていた。 「あ〜今年が終わっちゃう〜」 「うん。もうすぐだね」 「この時期になるといつも思うけど、一年ってほんとあっという間」 「そうだね。だけど、今年は今までとは違う特別な一年だったな。  だから、振り返ると思い出がいっぱい」 「そうよね……。すずかと恋人になった年、だからね」  アリサちゃんははにかみながらそう言った。 「デートもいっぱいしたし、キスもいっぱいしたし。それに……」  アリサちゃんは言葉尻を濁すと赤くなってもじもじしだし
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/%c7%af%b1%db%... - 2008年01月01日更新
iff
今日こそハッキリさせて貰うわよ」 「私とアリサちゃん、どっち選ぶんか」 「私は……」 612 名前:iff (2/6) ◆6Gzt0D6RRc [sage] 投稿日:2007/12/29(土) 02:06:53 ID:pbKhbmI6 「選ばない。アリサちゃんも、はやてちゃんも」 私の答えに、二人は怪訝そうな表情を浮かべる。 「何? 他に好きな人でも、出来たの?」 「そうじゃないよ。でも……どっちか選ばなきゃいけないなら、私は二人とも諦める」 二人はチラリと目配せし、再び口を開く。 「選ばれん
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/iff... - 2007年12月30日更新
誘う幻
「すずかは恋ってしたことある?」 「アリサちゃんは?」 「…あるって言ったら?」 あたしは興味があった。すずかが何て答えるのか。 889 名前:誘う幻(3/10) 304[sage] 投稿日:2007/12/18(火) 00:23:09 ID:seuBlRUW 「その人は幸せだね。アリサちゃんに好きになってもらえるなんて  とっても幸せだよ。」 「…本当にそう思う?」 「うん。」 「へぇ…その人あたしの目の前にいるのよね。」 「…」 「…」 「…」 「…あたしはすずかに恋してる。もちろん愛だってあ
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/%cd%b6%a4%a6%... - 2007年12月18日更新
9-724
いつきでこんなのを投下してみました 「アリサちゃん、すずかちゃん、はやてちゃんお話があるの」 「何よ、改まって」 「・・・あのね・・・この頃フェイトちゃんと一緒に居るとドキドキするの。どうしてなのかな?」 「「「・・・・・・」」」 「わたし、おかしいのかなあ?」 「別におかしくなんかないわよ」 「そうや。ドキドキするんは、なのはちゃんがフェイトちゃんに恋をしてるっちゅうことやねんから」 「よかったね、なのはちゃん」 「それにしても、今更そんなこと自覚するなんてね」 「そこがなのはちゃんらしいけどね」 「
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/9%2d724... - 2007年12月17日更新
ともだち
下します 小学校一年生の時の喧嘩の直後のアリサ、すずか、なのはの話 4レス使用予定 637 名前:ともだち[sage] 投稿日:2007/12/12(水) 22:12:45 ID:fl4Swc2m 「これとかどうかしら?」  アリサの選んだソレを見て鮫島は無言で頷いた。 「べつにこれは、だれかへのぷれぜんととかじゃないんだからね!?  これはちょっとわるいことしたから、わびをいれるってやつよ。  そう、わびさびよ。わびさびってやつよ!」  間違えた日本語を指摘しようとした鮫島だったが、彼を無視して既にア
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/%a4%c8%a4%e2%... - 2007年12月14日更新
夕暮れに本を閉じて
7:26 ID:jgrtS8FF 「――アリサちゃん?」  不意に、そんな声をかけられた。  振り返れば、すずかが本を閉じ、こちらに微笑を向けていて。あたしはそれに、思わず苦笑で返す。 「ごめん、お邪魔しちゃった?」 「ううん、別に。――迎えに来てくれたの?」 「ん、そのつもりだったんだけどね。いいわよ、続き読んでて。もう少し待ってるから」  読んでいる最中の真剣な表情を思い返して、あたしはそう返すけれど。すずかはゆっくりと、首を横に振った。  そして、閉じた本を小脇に抱えて、あたしの元へと駆け寄ってくる
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/%cd%bc%ca%eb%... - 2007年11月26日更新
8-800
れているのかな? ということですずか×アリサです すずかがエロキャラで腹黒です アリサ「なのはたちミッドに帰っちゃったね」 すずか「はやてちゃん、もう少し自分の時間を持ってもいいのに」 アリサ「ところで、すずか」 すずか「なに、アリサちゃん」 アリサ「この手は何?」 すずか「何って女の子同士のスキンシップだよ」 アリサ「今までしていなかったのに何故突然?」 すずか「はやてちゃんがね、なのはちゃんとフェイトちゃんは     ミッドに行ってからも揉んであげてるんやけど     アリサちゃんには手
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/8%2d800... - 2007年11月25日更新
7-935
し、頭冷やそうか……。 「私の好きな人はアリサちゃんだよ」 「「「「!?」」」」 「ツンデレだし」 「なにょは、それあたしもだろ!」 「なのはさんあたしもですよ!」 ヴィータちゃんとティアナが叫ぶ。 「金髪だし」 「私のことだよね、もちろん。でないと許さないけど、ねえ、なのは」 怖いよ、フェイトちゃん。 「なあなのはちゃん、関西弁ってどうおもう?」 「ん、特には……」 「……」 「と、とにかくアリサちゃんが大好きなの。わかったらはやく仕事に戻ろうね、でないと『お話』きいてもらうから」 しぶしぶと各々
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/7%2d935... - 2007年11月10日更新
鮫島日記
ダメよ・・・こんな所で」 「そう言ってもアリサちゃんの身体は嫌がってないよ」 小学生の頃と比べてスキンシップが激しくなったような気はするが、今日も変わらず仲が良いお二人だった。 ○月△日 今日もいつものようにお嬢様方を送迎する。 「すずか・・・すずかぁっ!」 「アリサちゃん、イッちゃったんだ。 アリサちゃんのお汁でシートがこんなに濡れちゃってるよ」 「す、すずかが上手過ぎるからいけないのよ!」 今日も変わらずお二人は仲が良い。 ですが、出来ればシートはあまり汚さないで頂きたいのですが。 「もう一回・・・
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/%bb%ad%c5%e7%... - 2007年11月08日更新
ヤンデルなのはさん(痴女的な意味で)
分私が最初だろう. 次にはやて,その次にアリサとすずかの順だろう. 今思い返せば,最初の…その発端だったのは,なのはが空から堕ちた後のリハビリ時. 「ねぇ…フェイトちゃん…そこもお願い」 そう言いながら自分の股間を指差すなのはに,私はその通り,動かないなのはの腕の代わりにそこを洗っていた. 親友とはいえ,流石に恥かしいな,と思いながらどぎまぎしながらそこを洗う私の耳に,聞きなれないなのはの声が,届いていた. 「っん……ぁっ」 聞きなれないなのはの甲高い声に何事かと思ってなのはを見れば,浴室の熱気の所為とは
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/%a5%e4%a5%f3%... - 2007年11月08日更新
「また明日」まで、もう少しだけ
* 「――それじゃあ、また明日ね、アリサちゃん」 「うん、また明日」  いつもの夜、すずかの家の前。リムジンから降りて、すずかが手を振る。あたしもそれに振り返す。  一日の終わり、また明日の朝まですずかとはお別れ。まぁ、あとで電話はするんだけどね。  ファリンが迎えに出てきたのを確かめて、あたしはウィンドウを上げた。外の物音が遠くなる。「よろしいですか、お嬢様」という鮫島の声に頷き――と。  コンコン、とウィンドウがノックされた。振り向けば、すずかがまだそこにいて。 「なに?」  ウィンドウを開けて
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/%a1%d6%a4%de%... - 2007年11月08日更新
5-027-1
か凄い可愛いよ なのはちゃんらしくて」 アリサやすずかはそう言うけれど わたしは何だか、胸の辺りがもやもやして仕方なかった。 なのはがわたしのプレゼントを大切にしてくれるのは嬉しい でも・・・ 心の中ではこう考えてた 「抱きつくなら、わたしに抱きついてくれればいいのに」 三人が目を丸くしてわたしを見ている。思っていただけのつもりが 声になり出てしまっていたのだ。 「あ、あれ?? あの・・・だから、わたし・・・」 焦るわたしを見つめるなのはの顔は 少しだけ 赤かった。 すごく焦っていたせいか、その後
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/5%2d027%2d1... - 2007年10月27日更新
5-027-3
8:44 ID:55JiDs/0 「でもアリサ、何であんな所に・・・」 車中にて、わたしは当然の疑問をアリサにぶつけた。 「・・・・・・・」 アリサは黙ったままこちらを睨む。 その目元には、寝不足のためかわずかな隈が出来ていた。 「ん・・・」 わたしがその反応に何を言って良いのかわからず、言葉を濁していると アリサは自分のバッグを開けて、くずかごに投げ捨てるときのように丸まった紙を取り出し 有無を言わさずわたしに押し付けた。 「えと・・・」 わたしが訝しがりながらもその紙を開くと、中からは慣れ親しんだ金
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/5%2d027%2d3... - 2007年10月27日更新
アリ×すず×?
にきていた。 「グァムも久しぶりだね、アリサちゃん」 すずかの水着姿がまぶしい。 「そーね。ま、日本人もいっぱいだから外国にきた実感ないわねー」 そうなのよ。なんであたしらがいまさら定番観光地にきたかというと… 「お三方…いえ、お四方で行かれるのでしたら危険の少ないところへお願いいたします」 と、鮫島のたっての願いだったのよ。 大学生にもなって…と思うけど、今回はしかたないのよね… というのも、 「うわー、うみってすごーい!アリサおねーちゃん!すずかおねーちゃん!はやくー! アルフいくよー!」 「
https://seesaawiki.jp/w/nanohayuri/d/%a5%a2%a5%ea%... - 2007年10月27日更新
 1  2  次の3件



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。