日本は言霊、数霊の国です。蘇民将来、八百万の神

賀陽家では恒憲王の三男、故章憲氏の長男、賀陽正憲氏が皇太子と同級生である。
賀陽正憲氏は、卒業後、民間企業をへて、宮内庁に入り、 現在は外務省に出向し、デンマークの日本大使館に駐在している.「賀陽氏は皇太子の親友で、美智子皇后の信頼も非常に篤い。宮内庁に入ったのも、将来の侍従の含みがあるのでしょう。 外務省から欧州の王室のある国に出ているのも、王室外交を勉強させるためだと聞いています」(宮内庁担当記者)

2006年01月14日2009/01/19(月) 11:03:37 ID:uU3mv8kJ
皇族女子と男系男子による宮家の創設など論外、三笠宮系女皇族で年齢的に釣り合うとしたら
・東久邇睦彦氏(26)・竹田恒俊氏(28)・竹田恒昭氏(27)・竹田恒智氏(26)の4人しかいない。
竹田某みたいに話が来ても断わると公言している人もいる(あたりまえだ)。
眞子様、佳子様、愛子様だが賀陽正憲氏長男某氏(14)・賀陽正憲氏次男某氏(9)・東久邇昭彦氏長男某氏(3)の3人しかいない。

旧宮家3男児の系図
◎神武天皇の血継承
皇位を継承する男系男子に牴任"という形でしか愛子さまのご結婚は難しいという主張ですが、では誰に皇位継承者になっていただけばいいのでしょうか?

 「恐れ多いことですが、重大な問題なので具体的に想定させていただきます」として中川筑波大学教授は、愛子さまと年齢が近い旧宮家の三人の男児が候補だと提言しています。
 旧賀陽宮家の在デンマーク大使館一等書記官、賀陽正憲氏(四六)の長男、二男(いずれも小学生)と旧東久邇宮家の住宅建材商社勤務、東久邇照彦氏(二六)の長男(ニっ)です。
いずれも神武天皇以来の男系の血を継承しています=系図。

 皇太子さま(または秋篠宮さま)の次の天皇に即位すると仮定した場合、男系でたどると、三人とも三十九親等離れた皇位継承になります。しかし、女系を含めた通常の数え方だと、旧賀陽宮家の二人は香淳皇后を介して九親等、旧東久邇宮家の一人は昭和天皇の長女、東久邇成子さんを介して六親等です。

 旧宮家はいずれも約六百年前に今の天皇陛下の血筋と分かれた伏見宮家の系統ですが、中川筑波大学教授は伏見宮系は決して傍系ではないと指摘します。
 「伏見宮系は"祖系"(源流)。光格天皇以降、今の天皇陛下に続く閉院宮系はそこから分かれた″支系″といえます。伏見宮家はいざというときに皇位を継ぐため創設された宮家。こういうときこそ出番なのです」

今から皇籍復帰を約六十年前に皇籍を離れた一家が復帰するのは非現実的だという声もありますが、中川氏は「二千年の歴史の中で六十年は一瞬。それに、皇位継承の危機が訪れるのは数十年後。今、皇籍復帰していただけば、その間に皇族らしくなるし、天皇となる方への教育もできます」と話します。

 旧竹田宮家の竹田恒泰氏も昨年出版した著書で、皇籍復帰について「皇室の尊厳と存在意義を守り抜くために、旧皇族の男系男子は責任を感じなくてはならない」と述べています。     
 三人の男児には今から皇族としての生活になじんでもらい、そのうちのどなたかに天皇に即位していただき、愛子さまには皇后になっていただく。中川氏は「それが皇統を継続する唯一の方法」と断言します。

 このように男系男子を維持する方法の提言があるほか、皇太子さまや秋篠宮さまに男児が誕生されるのを国民が待望していることも事実です。政府や国会には二千年の伝統を踏まえた責任ある判断が求められます。 (産経新聞18.1.3付

メニューバーB


にわか神道三六屋からす一家の神道墓、奥都城(おくつき)ができました。奥都城、奥津城は共に「おくつき」と読み、神道で「お墓」の意味です。神道のお墓の竿石は、通常は細長い角柱型で頂上部は四面を三角形に切った角兜巾(かくときん)型です。 これは、「天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ、三種の神器の一つ)を表しております。にわか神道三六屋からす一家の神道墓の竿石は上方にいくに従い細くする軍人墓型とし、四面を三角形に切った角兜巾は完全なピラミッドとしました。○○家は入れません。三六屋からす一家につながる全ての魂のよりどころ、三六屋からす一家の神社です。仏教徒がにわか神道になるのですから、これぐらいインパクトのある竿石が必要です。





Wiki内検索

メニューバーA



天1=2、2=2,3=2,123=6、人4=1、5=1、6=0,7=0、8=1,45678=3、地9=1,10 =3、910=4。日6月3星4,
天+1=日=天=6、6の現人神。67欠け、
 十3年(星)十2月(月)1日(日)。日が1で、月が十2、星十3で完全な生命の樹,十は0ですので321。月日の121は、正6面体ブロック4つで凸の形になって、御輿、三社造りとなっています。天地人634、日月星634。総数13で平成13年に符合。日=天で天照大神。








 中心に言霊スが入ります。音図の向って右半分を主基田すきたと呼びます。
 音図の向って左半分の上段はハマヤラワとなり、音の左半分の真中に言霊ユがはいります。そこでこの音図の半分を悠紀田ゆきたと呼びます。宮中に於いては毎年新嘗祭にいなめさいに、また、天皇一代に一度の即位の時の大嘗祭に主基・悠紀の田を定め、そこから獲れる新米の稲穂を天皇自ら主基田の月読命と悠紀田の須佐男命に言霊を表わす稲穂イの名なの穂ほ を献じて、ここ三千年の月読と須佐男の対立の構図が実は皇祖皇宗の物質科学探究のための言霊学による経綸なのである事を告げ、「物質科学文明成就の暁には天皇自ら言霊布斗麻邇の原理を以って、三千年の月読・須佐男の対立に終止符を打ち、第三の文明時代建設を親裁するぞ」との予告なのです。

悠紀と主基
大嘗祭が行われる年には、まず、所司(官庁の役人)が、その祭に供える稲を出す斎田を選ぶため、悠紀(ゆき)・主基(すき)の国・郡を卜定(ぼくじょう)する。悠紀・主基の国を斎国(いつきのくに)という。悠紀は東日本、主基は西日本から選ばれ、畿内の国から選ばれたことは一度もない。中世以降は、近江国が悠紀、丹波国と備中国が交互に主基とされ、その国の中で郡を卜定した。








東京スカイツリー 高さ世界一の634メートル(ム6サ3シ4)、



美智子皇后(みちこ、旧名:正田美智子(しょうだ みちこ)1934年(昭和9年)10月20日
地4458、人379、天9十2十、=434=11
天1=0、2=1,3=1,123=2、人4=2,5=1,6=0,7=1,8=1,45678=5、地9=2,10=2,910=4、日4月4星3、
つぐのみや、みちこ
天9十2十、地27238、人379=天4人3地5=12。
天1=0、2=3,3=2,123=5、人4=0,5=0,6=0,7=2,8=1,456783、地9=2,10=2,910=4、日4月5星3、1456欠け。

管理人/副管理人のみ編集できます