寝取られ体験談のまとめ

おすすめ度:★★☆☆☆  タイプ:妻の浮気(再構築) 寝取られ評価尺度:レベル4
 

キーワード

妻46歳、多恵子、バツ1同士の夫婦、妻の浮気、妻の勤務先の社長に、再構築、自業自得夫
妻多恵子、勤務先の社長と体の関係、男に狙われないか心配、私を裏切っていた、1年ほど前、妻が会社の接待に同席、偶然旧友に会い二人で居酒屋に、愛する妻のノロケ、薄暗い飲み屋街のはずれ、妻を見かけた、多恵子は酔っている、足元がおぼつきません、妻は男に体を支えられ、男の顔は、いやらしく、にやけて、二人の様子を観察、ラブホテルの前にきた二人は会話、「また休んでいこうか」、「大丈夫よ」、「お願い、社長。今日も激しくして・・・」、50代後半くらい、頭の禿げかかった、脂ぎった感じの男に体を抱かれたまま、ラブホテルの中に、私たち夫婦はお互いバツ1同士の夫婦、十数年前に結婚、私は42歳、妻多恵子は46歳、子どもはいません、妻は痩せ型、背丈も170センチ近く、美人、40代に見えず30代前半くらいに見られる、スラリと伸びた脚、50代くらいの男達に舐めまわすような視線、欲望の視線を集める、デートの予定を変更、昼前から多恵子をラブホテルに、何回も肉棒を蜜壷に挿入、何度も絶頂を味あわせ、精子を多恵子の中に、実はその頃多恵子は他人妻、子どもをつくる期待を失い、妻は3年ほど前そういう会社を見つけ、十数名くらいの小さい工場の事務員の仕事、正職員のOLとして、妻は社長の愛人に、ラブホテルのそばの電柱の横に立ちつくし、接待のある日は決まって膝頭が完全に出る丈の短いスカート、ホステス役、普段は塗らないペディキュア、ミニのスーツ、社長に自分の「女」の部分をアピール、スーツを脱がされブラウスや下着も剥ぎ取られ、きれいな脚は大きく開かされ、妻の蜜壷は、この脂ぎった男の肉棒を入れられ、欲望のはけ口にされ、3時間近くたって、二人が出、社長は話題を変え、自分の身の上話、15年ほど前、妻を癌で亡くした、あなたの奥さんが面接に来た、必死に働いて稼ごうと、注文を受け作った私の会社の製品にミスが、窓口になった部長のところに詫びに、多恵子さんを自分に貸せ、多恵子さんは人妻、「今回の件を水に流してくださるなら」、シティーホテルに二人は入っていった、そんな薄汚い男に妻を抱かせた挙句に自分も手を出した色ボケ、人妻を勝手に他の男に抱かせ、自分もやった、会社の危機のときに自分からあの男に抱かれることを選んだ、ケダモノのような男に穢され、私から抱いて欲しいと、人妻に手を出したのがいけない、1円の慰謝料も貰えずに、体一つ高橋の家を出された、私と別れて、私を自由に、紺色のミニのスーツが似合う、スレンダー、若々しい妻、スカートから伸びる美しい脚、光沢のあるパンティーストッキング、ピンクのペディキュア、妻に襲い掛かり、ベットに転がした、抵抗、スーツのボタンをはずし、ブラウスを脱がせ、抵抗をやめません、「いいかげんにしないか。ブラウスを引き千切るぞ!」、耳たぶを、首すじを舐められると、喘ぎ声、片方の乳首を舐め、片方を指でつまみ、空いた片手で股間をこねくり回し、レースのパンティーとパンストの上に、蜜が染み出し、蜜壷はヌチュヌチュと湿った音を奏で

リンク

 
 
 
DMM.R18で購入

部長の奥さんがエロすぎて… 祈里きすみ
 
 
 
 
 

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます