寝取られ体験談のまとめ

キーワード

妻48歳、実家に帰ったとき、元彼に泥酔状態で
私58歳、お見合い結婚、まもなく26年目、子供は18才の娘と16才の息子の四人暮らし、妻は幼い顔立ちのせいか歳の割には若く見られ、性格は田舎育ちの性もあり温和でとても優しい、母の知人(後の仲人)の勧めでお見合い結婚、5年前に義父が他界、年に数回は実家に帰って義母を支えていた、夜飲みに行くことが多く、時々朝帰りもある、注意したほうがいいよ、今夜アヤちゃん(妻の同級生)と飲みに行く、車で迎えに来たのは5時過ぎ、11時を回っても帰ってこない、電話しても通じない、迎えに行くことに、カラオケ店を目指しました、30分程で店舗は見つかり、妻の姿はありません、10時過ぎには帰った、深夜スナック、何となくケバイ感じの漂う店、店の前と脇の駐車場には7台ほど車、店内から泥酔状態と思われる女性を抱きかかえた男性が、顔は胸に押し付け歩けない様子、明かりに照らされた女性の顔は紛れも無く妻、迎えに来たことを伝え介抱、スカートが捲れて大腿部まで丸見え、男性がニヤケタ顔で、エロイ奥さんもつとご亭主も心配だネ、アルコールの匂いに混じり精液の匂い、改めて触ったらノーブラ、スカートを捲ったらノーパン、呂律の廻らない言葉でみーんな大好き、K子をもっと可愛がって、妖艶さがありゾクッと、直売所は双方の実家の中間に、控え室とシャワー室もある、首筋や乳房の周り大腿部の付け根付近に赤い痣と言うか点々とキスマークが沢山付けられ、特に乳首は噛まれたのか両方とも歯形で血が滲んで、私の股間は暫くぶりにビンビンに怒張、薄明かりの中にほぼ全裸に近い白い肢体、股間の茂みの漆黒だけが妙に卑猥、貴方にだけはこんな姿を見せたくなかった、肩を震わせ、ブラを着けるとき乳首をチラッと確認、根元のところが赤黒く鬱血状態、妻は乳首や乳房、特に乳首を責められる、たぶん執拗に舐め回され、シャワー場を片付け直売所を後に、お見合いをした時に行った湖の辺に、妻が脇に座りごめんなさいと謝りました、妻の口からポツリポツリと語られた過去の出来事には正直ショック、医療器具メーカーで勤務を開始、2年程経った時、上司とその後深い中に、堕胎を迫られ泣く泣く親の元へ帰り堕胎、叔父の病院で事務員、元彼が交通事故で運ばれ、入院中に交際が再開、両親が交際を反対、元彼とは肉体関係があり妊娠と流産、憂さ晴らしにとカラオケに行かないかとアヤちゃんに誘われ、二度ほど前後不覚の状態の妻を兄嫁は介抱、同店内で意気投合、男女数人で件の店に向かったこと、カクテルに体の中が熱くなり元彼のキスと乳房への、愛撫に昔の感覚が蘇り体の中から快感がこみ上げ、元彼が妻の衣服を脱がし乳首への責めや下半身への愛撫を執拗に実施、何度も寄せ付ける快感のうねりに耐えられなくなり、自分から元彼のモノを頬張った、懐かしい元彼の一物はそれだけでも媚薬、挿入れたときは我を忘れ、無意識に腰を振って、妻の容姿158-87-55-90、熟れた人妻の肢体は格好の獲物、元彼の精飲と射精、短時間で何度も絶頂感、入浴を済ませ床に就いたのが0時過ぎ、目の前でいきなりバスタオルをとり、こんなにされた体でもいいの、乳房や大腿部を晒し、妻を抱きしめ、軽く愛撫、欲望には勝てません、妻の体をくまなく愛撫、乳首に舌を這わせ甘噛み、いよいよ挿入、妻の股間はぐっしょりでぬるぬる、挿入感というか何と言うか抽送感が無い、スカスカ、昨夜太いのでだいぶ犯されたため締りが悪いよう、私のモノを頬張り一心不乱にバキューム、今までに無い行為、怒張した一物から勢い良く妻の口に出し、残滓を舐めとって、口元には昨日同様精液が付着、何時もより長く怒張を続け、バックで嵌めたときは妻も私も長く快感が続き射精も長く感じられました、アーっ出ちゃうーッ、腰をヒクツかせ、股から塩を吹かせ、私の知らなかった妻の体の変化がまた一つ現れた、私の知らない間ここ数年で女の喜びと絶頂感を教え込まれ
 

リンク

 
  
Amazonで購入
 
 

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます